基本情報

写真a

市川 英孝

Ichikawa Hidetaka


職名

准教授

研究分野・キーワード

情報システム 生産マネジメント 商品開発 生産管理 マーケティング

ホームページ

http://ecowww.leh.kagoshima-u.ac.jp/staff/ichikawa/main.html

プロフィール

システムが機能するうえで、その成否を左右する要因について研究している。セル生産などの属人的生産方法をとりあげ、そこで自律的に働く現場作業者のメカニズムを解明し、その応用を追究している。ITの利用の影響、効果などについて研究を行う。経営学上でのマネジメントの面から、その利用法を検討する。商品開発プロセスに関して、企画から販売までを一プロセスととらえ、その全体最適をはかり、企業内のリソースを効果的に活用することに関して研究を行う。

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 経済学博士,経営学,名古屋大学,課程,2011年03月

  • 経済学修士,経営学,名古屋大学,課程,2005年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 法文教育学域法文学系 法文学部 経済情報学科 情報システム設計,准教授,2008年04月 ~ 2017年03月

  • 鹿児島大学 法文教育学域法文学系 法文学部 法経社会学科,准教授,2017年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 商品開発・管理学会,2004年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本経営システム学会,2005年10月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 情報ネットワーク

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 日本語,小笠原地区:理想的な自然遺産運営,鹿児島大学大学院人文社会科学研究科地域経営研究センター叢書3号 (頁 37 ~ 44) ,2018年03月,市川英孝

    研究論文(大学,研究機関紀要),査読無し,単著

  • 日本語,白神地区、知床地区:限定された自然遺産運営,鹿児島大学大学院人文社会科学研究科地域経営研究センター叢書3号 (頁 45 ~ 52) ,2018年03月,市川英孝

    研究論文(大学,研究機関紀要),査読無し,単著

  • 日本語,移住者による島嶼社会の多様性―与論島におけるIターン者の帰属意識について―,インタビューを伺って,鹿児島大学大学院人文社会科学研究科地域経営研究センター叢書2号 (頁 120 ~ 124) ,2017年03月,市川英孝

    研究論文(大学,研究機関紀要),査読無し,単著

  • 日本語,与論町での資源ベース理論によるエコツアーの実践の可能性―地域志向型課題解決―,奄美ニューズレター第41号号 (頁 7 ~ 14) ,2017年03月,市川英孝

    研究論文(学術雑誌),査読無し,単著

  • 日本語,循環型社会システムとしての水力発電(屋久島),鹿児島大学大学院人文社会科学研究科地域経営研究センター叢書1号 (頁 20 ~ 26) ,2016年03月,市川英孝

    研究論文(大学,研究機関紀要),査読無し,単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,『地域産業とマーケティング』(第3章)“地場産業の育成と商品開発に必要な地域のネットワーク化――大分県を例に――”,九州学術出版振興センター,2010年06月,市川英孝

    単行本(学術書),共著

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • 火山噴火危機への呼吸健康障害に基づいた新しい知見に関する研究,2016年06月 ~ 継続中,一般受託研究

  • 錦江町地方版総合戦略に関する資料収集および分析,2015年05月 ~ 2016年03月,一般受託研究

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 与論島における社会の多様化として移住者が住民になる条件に関する研究,萩野 誠,2016年11月 ~ 継続中,琉球大学国際沖縄研究所,国内共同研究

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 日本経営システム学会,国内会議,2018年10月,愛知産業大学,島嶼地域への海洋再生可能エネルギーシステムの導入と活用に関する研究 ― 地域住民の意識分析を中心に ―,口頭(一般)

  • 化学工学会,国内会議,2018年09月,鹿児島大学,南九州のエネルギーの状況とEV普及の可能性について,口頭(招待・特別),持続可能システム,環境政策・環境社会システム

  • 商品開発・管理学会,国内会議,2016年06月,愛知学院大学名城公園キャンパス,付加価値を高める農産品生産戦略~鹿児島のいちご農家の持続可能な農家ブランドへの取組み~,その他

  • International Academic Conference on Social Science and Management(IACSSM) 2015,国際会議,2015年07月,Loisir Hotel Naha,The Creation of New Social Infrastructure System to Spread eht Next-Generation Vehicles -An Example of Yakushima Island's "Zero Emissions" Initiative,その他

  • 商品開発・管理学会,国内会議,2014年06月,鹿児島大学,地域リソースを有効活用したコミュニティビジネスの展開――再生可能エネルギーを利用した商品流通システムの事例――,その他

全件表示 >>