基本情報

写真a

神﨑 亮

Ryo Kanzaki


職名

准教授

研究分野・キーワード

分析化学・溶液化学・錯体化学

ホームページ

http://envchem.sci.kagoshima-u.ac.jp/

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学),分析化学,九州大学,課程,2002年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 理工学域理学系 理工学研究科(理学系) 地球環境科学専攻 環境解析,准教授,2009年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本熱測定学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本化学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本分析化学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 分析化学

  • 溶液反応化学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Validation of pH Standards and Estimation of the Activity Coefficients of Hydrogen and Chloride Ions in an Ionic Liquid, Ethylammonium Nitrate,The Journal of Physical Chemistry B,122巻 46号 (頁 10593 ~ 10599) ,2018年11月,Ryo Kanzaki, Hikaru Daiba, Hitoshi Kodamatani, Takashi Tomiyasu

    DOI:10.1021/acs.jpcb.8b08870,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Dispersion mechanism of polyacrylic acid-coated nanoparticle in protic ionic liquid, N,N-diethylethanolammonium trifluoromethanesulfonate,Journal of Colloid and Interface Science,516巻 (頁 248 ~ 253) ,2018年,Ryo Kanzaki, Clément Guibert, Jérôme Fresnais, Véronique Peyre

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Copper(II) Chloro Complex Formation Thermodynamics and Structure in Ionic Liquid, 1-Butyl-3-Methyl¬imidazolium Trifluoromethanesulfonate,The Journal of Physical Chemistry B,121巻 41号 (頁 9569 ~ 9665) ,2017年,Ryo Kanzaki, Shuma Uchida, Hitoshi Kodamatani, Takashi Tomiyasu

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,A pH Scale for the Protic Ionic Liquid Ethylammonium Nitrate,Angewandte Chemie International Edition,2016巻 (頁 6266 ~ 6269) ,2016年,Ryo Kanzaki, Hitoshi Kodamatani, Takashi Tomiyasu, Hikari Watanabe, Yasuhiro Umebayashi

    DOI:10.1002/anie.201511328,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Raman Spectroscopic Speciation Analyses and Liquid Structures by High-Energy X-ray Total Scattering and Molecular Dynamics Simulations for N-methylimidazolium-Based Protic Ionic Liquids,Bulletin of the Chemical Society of Japan,89巻 (頁 965 ~ 972) ,2016年,Hikari Watanabe, Hiroyuki Doi, Soshi Saito, Koichiro Sadakane, Kenta Fujii, Ryo Kanzaki, Yasuo Kameda, Yasuhiro Umebayashi

    DOI:10.1246/bcsj.20160130,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,コンパクト分析化学(978-4782705841),三共出版,2013年03月,脇田久伸、横山拓史 編著、岡上吉広、神崎亮、栗崎敏、沼子千弥、白淑琴

    単行本(学術書),共著

  • 日本語,金属錯体の機器分析(上)錯体化学会選書7(978-4782706398),三共出版,2010年10月,大塩寛紀 編著、石黒慎一、尾関智二、海崎純男、神崎亮、齋藤一弥、坂本良太、寺岡淳二、西原寛 共著

    単行本(学術書),共著

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 日本語,プロトン性イオン液体のpHと酸塩基性,分析化学,64巻 3号 (頁 189 ~ 196) ,2015年03月,神崎 亮

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 日本語,プロトン性イオン液体中における酸塩基反応熱力学,熱測定,39巻 1号 (頁 2 ~ 8) ,2012年,神崎 亮

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 日本語,非水溶液・イオン液体の酸塩基性とpH測定,Electrochemistry,78巻 8号 (頁 687 ~ 692) ,2010年,神崎 亮、宋 雪旦、石黒 慎一、梅林 泰宏

    総説・解説(学術雑誌),共著

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2014年04月 ~ 2017年03月,イオン液体はどのような溶媒か?反応エネルギー論にもとづくアプローチ

  • 新学術領域研究,2009年04月 ~ 2011年03月,水-非水混合溶媒系におけるATPおよびその断片化学種の酸塩基反応,神崎 亮

    水-非水混合溶媒系におけるATPおよびその断片化学種の酸塩基反応

  • 基盤研究(B),2008年04月 ~ 2011年03月,イオン液体に溶存する金属イオンの溶媒和錯体構造と錯形成,石黒 慎一、梅林 泰宏、神崎 亮

    イオン液体に溶存する金属イオンの溶媒和錯体構造と錯形成

  • 若手研究(B),2007年04月 ~ 2009年03月,プロトン性イオン液体中における酸塩基平衡,神崎 亮

    プロトン性イオン液体中における酸塩基平衡

研究発表 【 表示 / 非表示

  • CATS 2017 (The 8th International and The 10th Japan-China Joint Symposium on. Calorimetry & Thermal Analysis),国際会議,2017年11月,Fukuoka, Japan,Solvation and Reaction of Ions in Ionic Liquids,口頭(基調)

  • CALCON 2016 (Calorimetry conference 2016),国際会議,2016年07月 ~ 2016年08月,Hawaii, USA,Thermodynamic Approach on Chemical Reaction in Ionic Liquid,口頭(招待・特別)

  • 34th International Conference on Solution Chemistry,国際会議,2015年08月 ~ 2015年09月,Prague, Czech Republic,Chloro Complex Formation of Cupper (II) in 1-Butyl-3-methylimidazolium Ionic Liquids,ポスター(一般)

  • The 5th International Symposium on the New Frontiers of Thermal Studies of Materials,国際会議,2013年10月,Yokohama, Japan,Ionization Thermodynamics in Protic Ionic Liquids,口頭(招待・特別)

  • The 33rd International Conference on Solution Chemistry (33 ICSC),国際会議,2013年07月,Kyoto, Japan,Ionization Reaction Thermodynamics in Protic Ionic Liquid, Ethylammonium Nitrate,口頭(一般)

全件表示 >>