基本情報

写真a

木山 良二

KIYAMA Ryoji


研究分野・キーワード

動作分析、機能障害、脳血管障害

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

099-275-6776

プロフィール

○動作分析 ○脳血管障害の機能障害

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 医歯学域医学系 医学部 保健学科 理学療法学専攻(基礎理学療法学),助教,1999年07月 ~ 2016年10月

  • 鹿児島大学, ,1999年07月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 臨床歩行分析研究会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 理学療法科学学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本理学療法士協会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 運動学

  • 理学療法学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Association between Chronic Pain and Physical Frailty in Community-Dwelling Older Adults,International journal of environmental research and public health,16巻 8号 ,2019年04月,Nakai Y, Makizako H, Kiyama R, Tomioka K, Taniguchi Y, Kubozono T, Takenaka T, Ohishi M

    DOI:10.3390/ijerph16081330 Free full text,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,The Association between Osteoporosis and Grip Strength and Skeletal Muscle Mass in Community-Dwelling Older Women,International journal of environmental research and public health,16巻 7号 ,2019年04月,Taniguchi Y1,2, Makizako H3, Kiyama R, Tomioka K, Nakai Y, Kubozono T, Takenaka T, Ohishi M

    DOI: 10.3390/ijerph16071228,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Associations of social frailty with loss of muscle mass and muscle weakness among community-dwelling older adults,Geriatrics & gerontology international,19巻 1号 (頁 76 ~ 80) ,2019年01月,Makizako H, Kubozono T, Kiyama R, Takenaka T, Kuwahata S, Tabira T, Kanoya T, Horinouchi K, Shimada H, Ohishi M

    DOI:10.1111/ggi.13571,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Uric acid enhances alteplase-mediated thrombolysis as an antioxidant,Sci Rep,2018年10月,Kikuchi K, Setoyama K, Tanaka E, Otsuka S, Terashi T, Nakanishi K, Takada S, Sakakima H, Ampawong S, Kawahara KI, Nagasato T, Hosokawa K, Harada Y, Yamamoto M, Kamikokuryo C, Kiyama R, Morioka M, Ito T, Maruyama I, Tancharoen S.

    DOI:10.1038/s41598-018-34220-1,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 日本語,ウェアラブルセンサーを用いた臨床応用可能な歩行トレーニングシステムの開発, 若手研究者のための健康科学研究助成成果報告書33号 (頁 72 ~ 76) ,2018年04月,川田 将之, 木山 良二, 牧迫 飛雄馬, 窪薗 琢郎

    研究論文(その他学術会議資料等),査読無し,共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,極める変形性股関節症の理学療法(ミニレクチャー 人工股関節の種類と最近の動向について),文光堂,2013年11月,斉藤秀之,加藤 浩,他

    単行本(学術書),共著

  • 日本語,坂道歩行はつらいか?,理学療法のとらえかた PART 2,奈良勲(編),文光堂,2003年01月,木山良二

    単行本(学術書),その他

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2017年04月 ~ 2020年03月,ウェアラブルセンサーを用いた臨床応用可能な歩行トレーニングシステムの開発,木山 良二

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第23回日本基礎理学療法学会学術大会,国内会議,2018年12月,ウェアラブルセンサーを用いた歩行時の Trailing Limb Angleと推進力の評価の妥当性の検討,口頭(一般)

  • 第23回日本基礎理学療法学会学術大会,国内会議,2018年12月,股関節内外旋運動が体幹筋に及ぼす影響,ポスター(一般)

  • 第23回日本基礎理学療法学会学術大会,国内会議,2018年12月,筋骨格モデルシミュレーションを用いた歩行中の膝関節側方安定性に関する研究,ポスター(一般)

  • 第60回日本老年医学会学術集会,国内会議,2018年06月,サルコペニアや運動器疾患を有する地域在住高齢者の歩行中の体幹・下肢の角度,ポスター(一般)

  • 第60回日本老年医学会学術集会,国内会議,2018年06月,高齢者の社会的フレイルと骨格筋量、握力との関連,ポスター(一般)

全件表示 >>