基本情報

写真a

宇野 誠一

UNO Seiichi


職名

准教授

研究分野・キーワード

メタボロミクス、多環芳香族炭化水素、ニトロアレーン、石油汚染、農薬、環境汚染物質の体内動態、微量分析

プロフィール

メタボロミクス化石燃料由来の化学物質の海産生物に対する影響内分泌攪乱物質排ガス由来の化学物質の水生生物に対する影響と環境動態

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 農水産獣医学域水産学系 水産学部 附属海洋資源環境教育研究センター,准教授,2004年01月 ~ 継続中

  • 鹿児島大学 大学院連合農学研究科 農水圏資源環境科学専攻 水産資源利用学, ,2004年01月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本環境化学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本環境毒性学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 環境毒性学

  • 環境化学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,The wharf roach, Ligia sp.: a novel indicator of polycyclic aromatic hydrocarbon contamination in coastal areas. ,International Journal of Environmental Research.,12巻 (頁 1 ~ 11) ,2018年,M. Honda, X. Qiu, J. Koyama, S. Uno, SL. Undap, Y. Shimasaki, Y. Oshima

    研究論文(学術雑誌),未設定,共著

  • 英語,Measurement of urinary concentrations of the mycotoxins zearalenone and sterigmatocystin as biomarkers of exposure in mares.,Reproduction in Domestic Animals,in print巻 ,2018年,M. Takagi, S. Uno, E, Kokushi, F. Sato, M. M. P. Wijayagunawardane, J. Fink-Gremmels

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語, Toxic evaluations of sediments in Tokyo Bay, Japan, usingJapanese medaka embryos. ,Environ. Sci. Pollut. Res.,24巻 36号 (頁 27702 ~ 27709) ,2017年,S. Uno, E. Kokushi, M. Kawano, A.E. McElroy, J. Koyama

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Evaluation of 2,4-dichlorophenol exposure of Japanese medaka, Oryzias latipes, using a metabolomics approach.,Environ. Sci. Pollut. Res.,24巻 36号 (頁 27678 ~ 27686) ,2017年, E. Kokushi, A. Shintoyo, J. Koyama, S. Uno

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Effects of oxygenated polycyclic aromatic hydrocarbons on the early life stages of Japanese medaka. , Environ. Sci. Pollut. Res. ,24巻 36号 (頁 27670 ~ 27677) ,2017年,M. Kawano, S. Uno , J. Koyama, E. Kokushi, A. McElroy

    研究論文(学術雑誌),未設定,共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 英語,Toxicological Effects of Heavy Oil on Carp by NMR-based Metabolic Profiling of Plasma.,Interdisciplinary Studies on Environmental Chemistry-Biological Responses to Chemical Pollutants, Eds., Y. Murakami, K. Nakayama, S.-I. Kitamura, H. Iwata and S. Tanabe by TERRAPUB,2008年01月,Seiichi Uno, Emiko Kokushi, Jiro Koyama

    単行本(学術書),共著

  • 日本語,化学物質の生態リスク評価と規制-農薬編ー3.3貝類の農薬類生物濃縮,日本環境学会監修アイピーシー発行,2006年01月,編著者:畠山成久

    単行本(学術書),共著

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 日本語,北米で増加する奇形カエル,化学と工業,51巻 (頁 920 ~ ) ,1998年01月,宇野誠一

    総説・解説(学術雑誌),単著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • International Conference on Environmental OMICS,国際会議,2011年11月,中国,Toxicity evaluations for individual and mixed exposures of phenanthrene and pyrene in medaka (Oryzias latipes) alevin with metabolomics and transcriptomics,その他

  • International Conference on Environmental OMICS,国際会議,2011年11月,中国,Transcriptomic and metabolomic changes caused by the effects of single and combined environmental stressors,その他

  • 日本水環境学会シンポジウム,国内会議,2011年11月,宮城,医薬品の生態毒性評価-作用機序に基づく新たな視点の必要性,その他

  • 衛生薬学・環境トキシコロジー,国内会議,2011年10月,石川,複合的な環境要因に対する生体応答の検出と影響の評価,その他

  • 第17回日本環境毒性学会・バイオアッセイ研究会合同研究発表会,国内会議,2011年09月,鹿児島,PAH類に暴露したヒメダカ稚魚のメタボロームとトランスクリプトームの変動の比較,その他

全件表示 >>