基本情報

写真a

長田 恵美

NAGATA Emi


職名

講師

研究室電話

099-275-6182

プロフィール

口腔細菌の全身の健康に及ぼす影響に関する研究

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 九州大学  歯学部

    大学,1989年03月,卒業,日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 九州大学  歯学研究科

    博士課程,1993年03月,修了,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(歯学),矯正・小児系歯学,九州大学,課程,1993年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学, ,2000年08月 ~ 継続中

  • 鹿児島大学 医歯学域歯学系 医歯学総合研究科 健康科学専攻,助教,2003年04月 ~ 2017年03月

  • 鹿児島大学 医歯学域附属病院 附属病院 診療センター 発達系歯科センター,講師,2017年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本小児歯科学会,1989年04月 ~ 継続中,日本国

  • 国際歯科研究学会,1993年04月 ~ 継続中,日本国

  • 国際歯科研究学会日本部会,1993年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本口腔衛生学会,2001年04月 ~ 継続中,日本国

  • 九州口腔衛生学会,2012年10月 ~ 継続中,日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 予防歯科学

  • 小児歯科学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 専門医

  • 認定医

  • 途上国派遣専門家

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Invasive Streptococcus mutans induces inflammatory cytokine production in human aortic endothelial cells via regulation of intracellular toll-like receptor 2 and nucleotide-binding oligomerization domain 2,Molecular Oral Microbiology,32巻 (頁 131 ~ 141) ,2017年04月,Nagata E., Oho T.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Factors associated with choking during meals, a risk indicator for repetitive fever in community-dwelling elderly people,Makara J. Health Res.,21巻 1号 (頁 30 ~ 34) ,2017年04月,Nishiyama T., Nagata E., Oho T.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Impact of a 7-day field training on oral health condition in Japan Ground Self-Defense Force personnel,Mil. Med.,2017年,Yamashita K., Nishiyama T., Nagata E., Ramadhani A., Kawada-Matsuo M., Komatsuzawa H., Oho T.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 日本語,特定健康診査と歯周疾患検診の同時実施から得られた結果について,鹿児島県歯科医師会会報,104巻 (頁 8 ~ 10) ,2012年01月,西山毅、長田恵美、五月女さき子、佐藤節子、山口泰平、於保孝彦

    研究論文(学術雑誌),査読無し,共著

  • 英語,Streptococcus oralis coaggregation receptor polysaccharides induce inflammatory responses in human aortic endothelial cells.,Mol.Oral Microbiol.,27巻 (頁 295 ~ 307) ,2012年01月,de Toledo A., Nagata E., Yoshida Y., Oho T.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,鹿児島大学新入生の歯科検診結果について,鹿児島大学新入生の歯科検診結果について,2007年01月,日野陽一、佐藤節子、山口泰平、北田勝浩、長田恵美、鉛山ゆかり、伊藤博夫、於保孝彦

    調査報告書,共著

  • 日本語,急性歯性感染症の原発病巣としての歯周ポケット、「歯周病と全身の健康を考える」,(財)ライオン歯科衛生研究所財団記念図書編集委員会,2004年10月,長田恵美、伊藤博夫

    単行本(学術書),共著

  • 日本語,マレイ・ディクソン著「医療に恵まれないところでの歯科保健の手引き−歯科保健の国際協力活動マニュアル−(Where There Is No Dentist)」歯科保健医療国際協力協議会,口腔保健協会,1992年,石井拓男、市野浩司、宇野公男、上條英之、北村 豊、中田 稔、長田恵美、真木吉信、村居正雄、山岸真弓美

    単行本(一般書),セメント充填,共訳

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 平成28年度鹿児島大学歯学部同窓会奨励賞,2016年11月05日,日本国,その他の賞,鹿児島大学歯学部同窓会,長田恵美

  • 平成25年度日本口腔衛生学会学術賞“LION AWARD”,2013年05月16日,日本国,その他の賞,日本口腔衛生学会,長田 恵美

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2017年04月 ~ 2020年03月,口腔バイオフィルムによる動脈硬化誘発機序の解明―菌種の多様性が導く病原性―,長田恵美

  • 基盤研究(C),2014年04月 ~ 2017年03月,口腔細菌による動脈硬化発症における先天性免疫因子gp340の関与,於保孝彦

  • 基盤研究(C),2014年04月 ~ 2017年03月,ヒト歯垢による動脈硬化誘発機序の実験的解明,長田恵美

  • 基盤研究(C),2011年04月 ~ 2014年03月,ミュータンスレンサ球菌による新規動脈硬化発症機序の解明—菌の細胞内侵入と認識応答,長田恵美

  • 挑戦的萌芽研究,2011年04月 ~ 2013年03月,唾液タンパク質と口腔細菌の相互作用:菌体付着と菌体凝集を決定する因子の解明,於保孝彦

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 九地連研究事業,2012年04月 ~ 2013年03月,地域住民の特定健康診査と歯周疾患検診による健康状態の把握,於保孝彦

    九地連

  • かごしま口腔保健協会「歯科保健に関する調査研究」,2011年04月 ~ 2012年03月,残存歯数と全身健康状態および生活状態との関係調査,西山毅

    かごしま口腔保健協会

  • 九地連研究事業,2010年04月 ~ 2011年03月,特定健診および口臭検査を活用した歯科保健活動の活性化に関する研究,西山毅

    九地連

  • かごしま口腔保健協会「歯科保健に関する調査研究」,2009年04月 ~ 2010年03月,地域住民における口臭と全身健康状態との関係調査,日野陽一

    かごしま口腔保健協会

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 94th General session and Exhibition of the International Association for Dental Research ,国際会議,2016年06月,大韓民国 ソウル,Streptococcus mutans induces cytokines in HAECs via TLR2 and NOD2,ポスター(一般)

  • 第65回日本口腔衛生学会・総会,国内会議,2016年05月,東京,ヒト歯垢刺激によるヒト動脈内皮細胞におけるパターン認識受容体の発現誘導,ポスター(一般)

  • 第32回日本小児歯科学会九州地方大会および総会,国内会議,2014年11月,北九州市,上顎永久中切歯の褐色斑にホワイトニングを行った症例,ポスター(一般)

  • 第62回日本口腔衛生学会・総会,国内会議,2013年05月,長野,自由集会「歯科における健康を多角的視点から考える」良きかかりつけ医は万病に効く-口腔バイオフィルム感染症の予防-,シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • 第62回日本口腔衛生学会・総会,国内会議,2013年05月,長野,平成25年度日本口腔衛生学会学術賞“LION AWARD”受賞講演Invasion of human aortic endothelial cells by oral viridans group streptococci and induction of inflammatory cytokine production,口頭(招待・特別)

全件表示 >>

 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本口腔衛生学会,予防歯科臨床委員会委員,2017年05月 ~ 継続中

  • 日本口腔衛生学会,査読委員,2015年05月 ~ 継続中