基本情報

写真a

相場 慎一郎

AIBA Shin-ichiro


職名

准教授

生年

1969年

研究分野・キーワード

生物多様性、熱帯雨林、照葉樹林、 針広混交林、植生、森林動態、キナバル山、屋久島

ホームページ

http://biodiversity.sci.kagoshima-u.ac.jp/index.htm

プロフィール

○多雨林の植物多様性と生態系機能の研究

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 理工学域理学系 理工学研究科(理学系) 地球環境科学専攻 多様性生物学,准教授,1999年10月 ~ 継続中

  • 鹿児島大学, ,1999年10月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本生態学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • アメリカ生態学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • イギリス生態学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本熱帯生態学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 生態・環境

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Productivity and morphological traits of fine roots in forest ecosystems along an elevation gradient of Yakushima Island,Journal of Forest Research,2019年02月,Mukai M, Sawada Y, Kitayama K, Aiba S

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Regional forcing explains local species diversity and turnover on tropical islands,Global Ecology and Biogeography,27巻 4号 (頁 474 ~ 486) ,2018年04月,Ibanez T, Keppel G, Baider C, Birkinshaw C, Culmsee H, Cordell S, Florens FBV, Franklin J, Giardina CP, Gillespie TW, Laidlaw M, Litton CM, Martin TG, Ostertag R, Parthasarathy N, Randrianaivo R, Randrianjanahary M, Rajkumar M, Rasingam L, Ratovoson F, Reza L, Sack L, Aiba S, Webb E, Whitfeld TJS, Zang R, Birnbaum P

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Phylogenetic classification of the world’s tropical forests,Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America,115巻 (頁 1837 ~ 1842) ,2018年02月,Slik JWF, Franklin J, Arroyo-Rodríguez V, Field R, Aguilar S, Aguirre N, Ahumada J, Aiba SI, Alves LF, Anitha K, Avella A, Mora F, Aymard C GA, Báez S, Balvanera P, Bastian ML, Bastin JF, Bellingham PJ, van den Berg E, da Conceição Bispo P, Boeckx P, Boehning-Gaese K, Bongers F, Boyle B, Brambach F, Brearley FQ, Brown S, Chai SL, Chazdon RL, Chen S, Chhang P, Chuyong G, Ewango C, Coronado IM, Cristóbal-Azkarate J, Culmsee H, Damas K, Dattaraja HS, Davidar P, DeWalt SJ, Din H, Drake DR, Duque A, Durigan G, Eichhorn K, Eler ES, Enoki T, Ensslin A, Fandohan AB, Farwig N, Feeley KJ, Fischer M, Forshed O, Garcia QS, Garkoti SC, Gillespie TW, Gillet JF, Gonmadje C, Granzow-de la Cerda I, Griffith DM, Grogan J, Hakeem KR, Harris DJ, Harrison RD, Hector A, Hemp A, Homeier J, Hussain MS, Ibarra-Manríquez G, Hanum IF, Imai N, Jansen PA, Joly CA, Joseph S, Kartawinata K, Kearsley E, Kelly DL, Kessler M, Killeen TJ, Kooyman RM, Laumonier Y, Laurance SG, Laurance WF, Lawes MJ, Letcher SG, Lindsell J, Lovett J, Lozada J, Lu X, Lykke AM, Mahmud KB, Mahayani NPD, Mansor A, Marshall AR, Martin EH, Calderado Leal Matos D, Meave JA, Melo FPL, Mendoza ZHA, Metali F, Medjibe VP, Metzger JP, Metzker T, Mohandass D, Munguía-Rosas MA, Muñoz R, Nurtjahy E, de Oliveira EL, Onrizal, Parolin P, Parren M, Parthasarathy N, Paudel E, Perez R, Pérez-García EA, Pommer U, Poorter L, Qie L, Piedade MTF, Pinto JRR, Poulsen AD, Poulsen JR, Powers JS, Prasad RC, Puyravaud JP, Rangel O, Reitsma J, Rocha DSB, Rolim S, Rovero F, Rozak A, Ruokolainen K, Rutishauser E, Rutten G, Mohd Said MN, Saiter FZ, Saner P, Santos B, Dos Santos JR, Sarker SK, Schmitt CB, Schoengart J, Schulze M, Sheil D, Sist P, Souza AF, Spironello WR, Sposito T, Steinmetz R, Stevart T, Suganuma MS, Sukri R, Sultana A, Sukumar R, Sunderland T, Supriyadi, Suresh HS, Suzuki E, Tabarelli M, Tang J, Tanner EVJ, Targhetta N, Theilade I, Thomas D, Timberlake J, de Morisson Valeriano M, van Valkenburg J, Van Do T, Van Sam H, Vandermeer JH, Verbeeck H, Vetaas OR, Adekunle V, Vieira SA, Webb CO, Webb EL, Whitfeld T, Wich S, Williams J, Wiser S, Wittmann F, Yang X, Adou Yao CY, Yap SL, Zahawi RA, Zakaria R, Zang R

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Long-term carbon sink in Borneo’s forests halted by drought and vulnerable to edge effects,Nature Communications,8巻 1966号 (頁 1 ~ 11) ,2017年12月,Qie L, Lewis SL, Sullivan MJP, Lopez-Gonzalez G, Pickavance GC, Sunderland T, Ashton P, Hubau W, Abu Salim K, Aiba S, Banin LF, Berry N, Brearley FQ, Burslem DFRP, Dančák M, Davies SJ, Fredriksson G, Hamer KC, Hédl R, Kho LK, Kitayama K, Krisnawati H, Lhota S, Malhi Y, Maycock C, Metali F, Mirmanto E, Nagy L, Nilus R, Ong R, Pendry CA, Poulsen AD, Primack RB, Rutishauser E, Samsoedin I, Saragih B, Sist P, Slik JWF, Sukri RS, Svátek M, Tan S, Tjoa A, van Nieuwstadt M, Vernimmen RRE, Yassir I, Kidd PS, Fitriadi M, Ideris NKH, Serudin RM, Lim LSA, Saparudin MS, Phillips OL

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 日本語,熱帯林における球果類優占のメカニズム:趣旨説明,日本生態学会誌,67巻 3号 (頁 307 ~ 311) ,2017年11月,相場 慎一郎,宮本 和樹

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,奄美群島の野生植物と栽培植物,南方新社,2018年03月,相場慎一郎

    単行本(一般書),奄美大島と徳之島の山地照葉樹林,分担執筆

  • 日本語,植物学の百科事典,丸善出版,2016年06月,相場慎一郎

    事典・辞書,森林,分担執筆

  • 日本語,生物多様性と保全ー奄美群島を例にー(上),北斗書房,2016年03月,相場慎一郎

    単行本(一般書),渡瀬線と高島・低島,分担執筆

  • 英語,Structure and Function of Mountain Ecosystems in Japan (Kudo G ed),Springer Japan,2016年03月,Aiba S

    単行本(学術書),Vegetation Zonation and Conifer Dominance Along Latitudinal and Altitudinal Gradients in Humid Regions of the Western Pacific,分担執筆

  • 日本語,平成25年度屋久島世界遺産地域における森林動態モニタリング調査業務報告書,環境省九州地方環境事務所,2014年03月,相場慎一郎,澤田佳美,原田廣子,黒瀬大貴,岡部憲和

    調査報告書,照葉樹林(1983-2013)と針広混交林(1993-2013)の動態,共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 日本語,熱帯山地林:熱帯低地林・温帯林との比較. ,鹿児島大学総合研究博物館ニュースレター41号 (頁 17 ~ 19) ,2017年10月,相場慎一郎

    総説・解説(大学・研究所紀要),単著

  • 日本語,鹿児島でがんばる熱帯植物,鹿児島大学総合研究博物館ニュースレター41号 (頁 19 ~ 21) ,2017年10月,相場慎一郎, 川西基博

    総説・解説(大学・研究所紀要),共著

  • 日本語,鹿児島県における2016年1月寒波の植物への影響,Nature of Kagoshima,43巻 (頁 461 ~ 464) ,2017年05月,相場慎一郎, 冨山清升, 川西基博, 福元しげ子, 上村文, 遠城道雄, 築地新光子, 宮本旬子, 落合晋作, 永榮大樹, 前田芳之

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,屋久島の植物と植生,鹿児島大学総合研究博物館ニュースレター33号 (頁 6 ~ 8) ,2013年10月,相場慎一郎

    総説・解説(大学・研究所紀要),単著

  • 日本語,マレーシア・キナバル山にみる多様な熱帯林のすがた,森発見_日本万国博覧会記念機構,2巻 4号 (頁 12 ~ 13) ,2007年12月,相場慎一郎

    総説・解説(その他),単著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第65回日本生態学会大会,国内会議,2018年03月,樹木成長制限要因としての光と栄養塩の重要度は土壌老化にともない変化する:ボルネオ熱帯山地林の例,ポスター(一般)

  • 第27回日本熱帯生態学会年次大会,国内会議,2017年06月,奄美群島の山地照葉樹林の組成と構造,ポスター(一般)

  • 第63回日本生態学会大会,国内会議,2016年03月,仙台国際センター,Vegetation zonation and conifer dominance along latitudinal and altitudinal gradients in humid regions of the western Pacific,ポスター(一般)

  • 第63回日本生態学会大会,国内会議,2016年03月,イントロ:熱帯針葉樹の生物地理,口頭(一般)

  • 第63回日本生態学会大会,国内会議,2016年03月,屋久島森林生態系における土壌栄養塩可給性の標高変化に伴う細根動態,ポスター(一般)

全件表示 >>