基本情報

写真a

比地岡 浩志

HIJIOKA Hiroshi


職名

講師

研究分野・キーワード

口腔癌、Notchシグナル、EMT、顎変形症

ホームページ

http://www.hal.kagoshima-u.ac.jp/dental/Omfs2/index.html

プロフィール

○口腔癌における臨床および分子生物学的研究 ○顎変形症患者の顎顔面形態の三次元的解析

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 医歯学域医学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 顎顔面機能再建学講座,講師,2012年06月 ~ 2017年10月

  • 鹿児島大学 歯学部 歯学科 口腔顎顔面外科学, ,2012年06月 ~ 継続中

  • 鹿児島大学 医歯学域附属病院 附属病院 診療センター 口腔顎顔面センター,講師,2017年11月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本口蓋裂学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本顎変形症学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本口腔内科学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本頭頸部癌学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本口腔腫瘍学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 顎顔面奇形

  • 口腔癌

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Transfection of T-Box Transcription Factor BRACHYURY and SOX2 Synergistically Promote Self-Renewal and Invasive Phenotype in Oral Cancer Cells,International Journal of Molecular Sciences,19巻 11号 (頁 3620 ~ ) ,2018年11月,Akimoto N, Nakamura K, Hijioka H, Kume K, Matsumura Y, Sugiura T

    DOI:10.3390/ijms19113620,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Assessment of postoperative complications using E-PASS and APACHE II in patients undergoing oral and maxillofacial surgery,Patient Safety in Surgery,12巻 3号 ,2018年04月,Ishihata K, Kakihana Y, Yoshimura T, Murakami J, Toyodome S, Hijioka H, Nozoe E, Nakamura N

    DOI:10.1186/s13037-018-0152-6,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Cystadenocarcinoma of the minor salivary gland arising in the upper lip: A surgical case of an inadequate cytology specimen hampering conclusive diagnosis,Human Pathology: Case Reports,9巻 (頁 64 ~ 68) ,2017年09月,Yoshimura T, Yamada S, et al

    DOI:10.1016/j.ehpc.2016.08.006,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,A diagnosis system for detecting cervical lymph node metastasis in oral squamous cell carcinoma: Collective consideration of the results of multiple imaging modalities,Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology,29巻 3号 (頁 210 ~ 216) ,2017年05月,Ishida T, Hijioka H. et al

    DOI:10.1016/j.ajoms.2016.12.007,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,PCP4/PEP19 promotes migration, invasion and adhesion in human breast cancer MCF-7 and T47D cells,Oncotarget,7巻 31号 (頁 49065 ~ 49074) ,2016年08月,Yoshimura T, Hamada T, Hijioka H, Souda M, Hatanaka K, Yoshioka T, Yamada S, Tsutsui M, Umekita Y, Nakamura N, Tanimoto A

    DOI:10.18632/oncotarget.7529.,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,鹿児島大学病院口腔顎顔面外科における口腔扁平上皮癌に対する取り組みと治療成績,鹿児島県歯科医師会会報 Teethful,2013年01月,比地岡浩志,石田喬之,久米健一,吉村卓也, 西原一秀,野添悦郎, 中村典史

    調査報告書,共著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第87回(公社)日本口腔外科学会九州支部学術集会,国内会議,2019年06月,長崎,長掌筋腱付き前腕皮弁により口角を挙上し、再建を行った下唇癌の1例,口頭(一般)

  • 第23回九州地区口腔癌研究会学術講演会,国内会議,2019年06月,長崎,再発を繰り返し治療に苦慮している局所進行上顎歯肉扁平上皮癌の一例,口頭(一般)

  • 第22回九州地区口腔癌研究会,国内会議,2018年06月,福岡,当科における口腔扁平上皮癌症例の新旧TNM分類の比較,口頭(一般)

  • 第72回 NPO法人日本口腔科学会学術集会,国内会議,2018年05月,当科における過去3年間の口腔癌の治療成績に関する臨床病理学的検討,口頭(一般)

  • 第36回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会,国内会議,2018年01月,新潟,口腔扁平上皮癌症例におけるリンパ節転移予測因子としてのbudding scoreの有用性の評価,口頭(一般)

全件表示 >>