基本情報

写真a

東 美智代

HIGASHI Michiyo


職名

准教授

研究分野・キーワード

肝内胆管癌、複合糖蛋白質

研究室電話

099-275-5270

プロフィール

○ヒト癌の産生するムチン抗原と癌の生物学的悪性度の関連性

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 医歯学域附属病院 附属病院 診療施設 病理部,准教授,2015年12月 ~ 継続中

  • 鹿児島大学 医歯学域医学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 腫瘍学講座,准教授,2003年04月 ~ 2015年11月

  • 鹿児島大学 医歯学域医学系 医学部, ,2003年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本病理学会,1994年06月 ~ 継続中,日本国

  • 日本臨床細胞学会,2013年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本癌学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 病理学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,TET1-mediated DNA hypomethylation regulates the expression of MUC4 in lung cancer,Genes Cancer,8巻 3-4号 (頁 517 ~ 527) ,2017年07月,Yokoyama S, Higashi M, Tsutsumida H, Wakimoto J, Hamada T, Wiest E, Matsuo K, Kitazono I, Goto Y, Guo X, Hamada T, Yamada S, Hiraki T, Yonezawa S, Batra SK, Hollingsworth MA, Tanimoto A.

    DOI:10.18632/genesandcancer.139,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Diagnostic efficacy of liquid-based cytology for solid pancreatic lesion samples obtained with endoscopic ultrasound-guided fine-needle aspiration: Propensity score-matched analysis,Dig Endosc,28巻 5号 (頁 608 ~ 616) ,2017年07月,Hashimoto S, Taguchi H, Higashi M, Hatanaka K, Fujita T, Iwaya H, Nakazawa J, Arima S, Iwashita Y, Sasaki F, Nasu Y, Kanmura S, Ido A.

    DOI:10.1111/den.12827,研究論文(学術雑誌),未設定,共著

  • 英語,Assessment of tumor characteristics based on glycoform analysis of membrane-tethered MUC1,Lab Invest,2017年06月,Matsuda A, Higashi M, Nakagawa T, Yokoyama S, Kuno A, Yonezawa S, Narimatsu H.

    DOI:10.1038/labinvest.2017.53,研究論文(学術雑誌),査読有り,単著

  • 英語,Epithelioid schwannoma of the skin displaying unique histopathological features: a teaching case giving rise to diagnostic difficulties on a morphological examination of a resected specimen, with a brief literature review,Diagnostic pathology,2017年01月,Yamada, S. Kirishima, M. Hiraki, T. Higashi, M. Hatanaka, K. Tanimoto, A.

    DOI:10.1186/s13000-017-0604-9,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Immunohistochemical expression of mucin antigens in gallbladder adenocarcinoma: MUC1-positive and MUC2-negative expression Is associated with vessel invasion and shortened survival,Histology and histopathology,2017年01月,Hiraki, T. Yamada, S. Higashi, M. Hatanaka, K. Yokoyama, S. Kitazono, I. Goto, Y. Kirishima, M. Batra, S. K. Yonezawa, S. Tanimoto, A.

    DOI:10.14670/HH-11-824,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,専門医のための消化器病学第2版: 膵腫瘍におけるムチンコア蛋白(MUC)の分子病理,医学書院,2013年08月,米澤傑、東美智代

    単行本(学術書),共著

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 日本語,新規DNAメチル化解析法の開発と応用,化学工業・化学工業社,66巻 1号 (頁 28 ~ 33) ,2015年01月,横山勢也、北本祥、山田宗茂、東美智代、米澤傑

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,エピジェネティクスによるムチン発現制御,THE LUNG perspectives・メディカルレビュー社,22巻 2号 (頁 185 ~ 189) ,2014年04月,米澤傑、横山勢也、山田宗茂、北本祥、東美智代

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,【粘液産生性胆道系腫瘍の再出発-エビデンスとしての画像と病理】 胆道系腫瘍における粘液産生の組織学的側面,胆と膵,34巻 5号 (頁 353 ~ 358) ,2013年10月,東美智代、柴原弘明、後藤優子、平木翼、横山勢也、米澤傑

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,【胆膵病理II:胆膵共通のトピックス】 胆膵共通疾患とトピックス 膵胆道腫瘍におけるMUC発現,病理と臨床,31巻 4号 (頁 399 ~ 408) ,2013年04月,米澤, 傑東, 美智代横山, 勢也後藤, 優子北島, 信一

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 英語,Significance of mucin expression in pancreatobiliary neoplasms. ,J Hepatobiliary Pancreat Sci. ,17巻 2号 (頁 108 ~ 24) ,2010年02月,Yonezawa S, Higashi M, Yamada N, Yokoyama S, Goto M.

    総説・解説(学術雑誌),共著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2018年04月 ~ 2020年03月,膵胆管系腫瘍の早期診断と治療効果予測システム確立,東美智代

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第27回日本肝胆膵外科学会・学術集会,国内会議,2015年06月,東京,浸潤性膵管癌におけるEUS-FNAでのムチン発現,その他

  • 第104回日本病理学会総会,国内会議,2015年04月,愛知,臓器別診断講習会 膵漿液性腫瘍の病理,その他

  • 日本臨床細胞学会,国内会議,2014年11月,山口,分泌性髄膜腫の一例,その他

  • 日本臨床細胞学会,国内会議,2014年06月,神奈川,EUS-FNA検体を用いたムチン染色有用性の検討,その他

  • 25th European Congress of Pathology,国際会議,2013年08月,ポルトガル,Mucin expression in pancreatic ductal adenocarcinoma: Immunohistochemical examination in EUS-FNAB specimens.,その他

全件表示 >>