2024/02/02 更新

写真a

トミタ カズオ
富田 和男
TOMITA Kazuo
所属
医歯学域歯学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 生体機能制御学講座 講師
職名
講師

学位

  • 博士(理学) ( 2001年3月   埼玉大学 )

研究キーワード

  • ミトコンドリア学

  • 酸化ストレスによる細胞応答

  • 破骨細胞分化

  • 放射線耐性細胞

  • Free Radical

  • Mitochondria

  • Oxidative Stress

  • フリーラジカル

  • ミトコンドリア

  • 応用薬理学

  • 放射線抵抗性

  • 神経障害

  • 腫瘍学

  • 酸化ストレス

  • 神経系疾患

研究分野

  • ライフサイエンス / 常態系口腔科学

  • ライフサイエンス / 病態系口腔科学

  • ライフサイエンス / 薬理学

  • ライフサイエンス / 腫瘍生物学

  • ライフサイエンス / 腫瘍診断、治療学

学歴

  • 埼玉大学   大学院 理工学研究科 博士後期課程   生物環境科学専攻

    1998年4月 - 2001年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  • 埼玉大学   大学院 理工学研究科 博士前期課程   生体制御学専攻

    1996年4月 - 1998年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  • 埼玉大学   理学部   生体制御学科

    - 1996年

      詳細を見る

    国名: 日本国

経歴

  • 鹿児島大学   医歯学域歯学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 生体機能制御学講座   講師

    2020年4月 - 現在

  • 鹿児島大学   医歯学域歯学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 生体機能制御学講座   助教

    2016年11月 - 2020年3月

  • 鹿児島大学   医歯学域歯学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 腫瘍学講座   助教

    2003年4月 - 2016年10月

  • 鹿児島大学   歯学部 歯学科   助教

    2001年12月 - 現在

  • 放射線医学総合研究所   放射線防護プロジェクト   重点研究支援協力員

    2001年4月 - 2001年11月

      詳細を見る

    国名:日本国

所属学協会

  • 日本薬理学会

    2016年6月 - 現在

  • 歯科基礎医学会

    2016年12月 - 現在

  • 日本東洋医学会

    2020年2月 - 現在

  • 南九州歯学会

    2019年4月 - 現在

  • 日本癌学会

    2018年12月 - 現在

  • 特定非営利活動法人 治療耐性がん細胞研究協議会

    2017年2月 - 現在

▼全件表示

委員歴

  • 日本薬理学会   学術評議員  

    2022年4月 - 現在   

  • NPO法人 治療耐性がん細胞研究協議会   理事 (事務局長)  

    2020年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  • NPO法人 治療耐性がん細胞研究協議会   監事  

    2017年2月 - 2020年3月   

      詳細を見る

    団体区分:その他

教員組織審査実績

  • 2016年12月   鹿児島大学   医歯学総合研究科 修士課程   助教

  • 2016年12月   鹿児島大学   医歯学総合研究科 博士課程   助教

 

論文

  • Tomita K., Oohara Y., Igarashi K., Kitanaka J., Kitanaka N., Tanaka K.i., Roudkenar M.H., Roushandeh A.M., Sugimura M., Sato T. .  Kamishoyosan and Kamikihito protect against decreased KCC2 expression induced by the P. gingivalis lipopolysaccharide treatment in PC-12 cells and improve behavioral abnormalities in male mice. .  Heliyon   2023年12月国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   出版者・発行元:エルゼビア  

    DOI: https://doi.org/10.1016/j.heliyon.2023.e22784

    DOI: https://doi.org/10.1016/j.heliyon.2023.e22784

  • Tomita K., Kuwahara Y., Igarashi K., Kitanaka J., Kitanaka N., Takashi Y., Tanaka K.i., Roudkenar M.H., Roushandeh A.M., Kurimasa A., Nishitani Y., Sato T. .  Therapeutic potential for KCC2-targeted neurological diseases .  Japanese Dental Science Review59   431 - 438   2023年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japanese Dental Science Review  

    Patients with neurological diseases, such as schizophrenia, tend to show low K+-Cl- co-transporter 2 (KCC2) levels in the brain. The cause of these diseases has been associated with stress and neuroinflammation. However, since the pathogenesis of these diseases is not yet fully investigated, drug therapy is still limited to symptomatic therapy. Targeting KCC2, which is mainly expressed in the brain, seems to be an appropriate approach in the treatment of these diseases. In this review, we aimed to discuss about stress and inflammation, KCC2 and Gamma-aminobutyric acid (GABA) function, diseases which decrease the KCC2 levels in the brain, factors that regulate KCC2 activity, and the possibility to overcome neuronal dysfunction targeting KCC2. We also aimed to discuss the relationships between neurological diseases and LPS caused by Porphyromonas gingivalis (P. g), which is a type of oral bacterium. Clinical trials on oxytocin, sirtuin 1 (SIRT1) activator, and transient receptor potential cation channel subfamily V Member 1 activator have been conducted to develop effective treatment methods. We believe that KCC2 modulators that regulate mitochondria, such as oxytocin, glycogen synthase kinase 3β (GSK3β), and SIRT1, can be potential targets for neurological diseases.

    DOI: 10.1016/j.jdsr.2023.11.001

    Scopus

    PubMed

  • Igarashi K, Kuchiiwa S, Kuchiiwa T, Tomita K, Sato T .  Comparative data on emotional (psychotic) aggressive biting behavior in mice of ddY strain measured by using two devices; Aggressive response meter and powerlab-compatible type aggressive response meter. .  Data in brief48   109231   2023年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/j.dib.2023.109231

    PubMed

  • Tomita K., Indo H.P., Sato T., Tangpong J., Majima H.J .  Development of a sensitive double TaqMan Probe-based qPCR Angle-Degree method to detect mutation frequencies .  Mitochondrion70   1 - 7   2023年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Mitochondrion  

    We designed a method to examine the mutation frequencies of the A3243G mutation of mitochondrial DNA (mtDNA) in patients with mitochondrial encephalopathy, lactic acidosis, and stroke-like episodes (MELAS) syndrome. We performed a qPCR assay using the FAM and VIC TaqMan probes, which detect the 3243G (mutated) and 3243A (wild-type) sequences of mtDNA, respectively. The results obtained by “degree” in a series of differential mutation frequencies were used to plot a standard curve of the mutation frequency. The standard curve was then applied for qPCR assays of the desired samples. The standard deviation (%) of the samples calculated using the standard curve for the TaqMan probe was 2.4 ± 1.5%. This method could be used to examine mutation frequencies in the context of diabetes, aging, cancer, and neurodegenerative diseases.

    DOI: 10.1016/j.mito.2023.02.010

    Scopus

    PubMed

  • Bamshad C., Habibi Roudkenar M., Abedinzade M., Yousefzadeh Chabok S., Pourmohammadi-Bejarpasi Z., Najafi-Ghalehlou N., Sato T., Tomita K., Jahanian-Najafabadi A., Feizkhah A., Mohammadi Roushandeh A. .  Human umbilical cord-derived mesenchymal stem cells-harvested mitochondrial transplantation improved motor function in TBI models through rescuing neuronal cells from apoptosis and alleviating astrogliosis and microglia activation .  International Immunopharmacology118   110106   2023年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:International Immunopharmacology  

    Each year, traumatic brain injury (TBI) causes a high rate of mortality throughout the world and those who survive have lasting disabilities. Given that the brain is a particularly dynamic organ with a high energy consumption rate, the inefficiency of current TBI treatment options highlights the necessity of repairing damaged brain tissue at the cellular and molecular levels, which according to research is aggravated due to ATP deficiency and reactive oxygen species surplus. Taking into account that mitochondria contribute to generating energy and controlling cellular stress, mitochondrial transplantation as a new treatment approach has lately reduced complications in a number of diseases by supplying healthy and functional mitochondria to the damaged tissue. For this reason, in this study, we used this technique to transplant human umbilical cord-derived mesenchymal stem cells (hUC-MSCs)-derived mitochondria as a suitable source for mitochondrial isolation into rat models of TBI to examine its therapeutic benefit and the results showed that the successful mitochondrial internalisation in the neuronal cells significantly reduced the number of brain cells undergoing apoptosis, alleviated astrogliosis and microglia activation, retained normal brain morphology and cytoarchitecture, and improved sensorimotor functions in a rat model of TBI. These data indicate that human umbilical cord-derived mesenchymal stem cells-isolated mitochondrial transplantation improves motor function in a rat model of TBI via rescuing neuronal cells from apoptosis and alleviating astrogliosis and microglia activation, maybe as a result of restoring the lost mitochondrial content.

    DOI: 10.1016/j.intimp.2023.110106

    Scopus

    PubMed

  • Bamshad C., Najafi-Ghalehlou N., Pourmohammadi-Bejarpasi Z., Tomita K., Kuwahara Y., Sato T., Feizkhah A., Roushnadeh A.M., Roudkenar M.H .  Mitochondria: how eminent in ageing and neurodegenerative disorders? .  Human Cell36 ( 1 ) 41 - 61   2023年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Human Cell  

    Numerous factors are implicated in the onset and progression of ageing and neurodegenerative disorders, with defects in cell energy supply and free radicals regulation designated as being the main functions of mitochondria and highly accentuated in plentiful studies. Hence, analysing the role of mitochondria as one of the main factors implicated in these disorders could undoubtedly come in handy with respect to disease prevention and treatment. In this review, first, we will explore how mitochondria account for neurodegenerative disorders and ageing and later will draw the various pathways contributing to mitochondrial dysfunction in their distinct way. Also, we will discuss the deviation-countering mechanisms, particularly mitophagy, a subset of autophagy known as a much larger cellular defence mechanism and regulatory system, along with its potential therapeutic effects. Last but not least, we will be highlighting the mitochondrial transfer experiments with animal models of neurodegenerative disorders.

    DOI: 10.1007/s13577-022-00833-y

    Scopus

    PubMed

    その他リンク: https://link.springer.com/article/10.1007/s13577-022-00833-y/fulltext.html

  • Amirsadegh Nikoo, Mehryar Habibi Roudkenar, Tomoaki Sato, Yoshikazu Kuwahara, Kazuo Tomita, Zahra Pourmohammadi-Bejarpasi, Nima Naja-Ghalehlou .  Mitochondrial transfer in PC-3 cells fingerprinted in ferroptosis sensitivity: a brand new approach targeting cancer metabolism .  Human Cell   2023年査読 国際共著 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Human Cell  

    Scopus

    PubMed

  • Kuwahara Y., Tomita K., Habibi Roudkenar M., Mohammadi Roushandeh A., Sato T., Kurimasa A .  The reversibility of cancer radioresistance: a novel potential way to identify factors contributing to tumor radioresistance .  Human Cell   2023年査読 国際共著

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Human Cell  

    To understand the molecular mechanisms responsible for radioresistance in cancer cells, we previously established clinically relevant radioresistant (CRR) cell lines from several human cancer cell lines. These CRR cells proliferate even under exposure to 2 Gy/day of X-rays for more than 30 days, which is a standard protocol for tumor radiotherapy. CRR cells received 2 Gy/day of X-rays to maintain their radioresistance (maintenance irradiation; MI). Interestingly, CRR cells that did not receive MI for more than a year lost their radioresistance, indicating that radiation-induced radioresistance is reversible. We designated these CRR-NoIR cells. Karyotyping of the parental and CRR cells revealed that the chromosomal composition of CRR cells is quite different from that of the parental cells. However, CRR and CRR-NoIR cells were more similar compared with the parental cells because CRR cells repair X-ray-induced DNA damage with higher fidelity. To identify the factor(s) involved in tumor radioresistance, previously published studies including ours have compared radioresistant cells to parental cells. In this review, we conclude that a comparison between CRR and CRR-NoIR cells, rather than parental cells, is the best way to identify factors involved in tumor radioresistance.

    DOI: 10.1007/s13577-023-00871-0

    Scopus

    PubMed

  • Kitanaka J., Kitanaka N., Tomita K., Hall F.S., Igarashi K., Uhl G.R., Sato T .  Glycogen Synthase Kinase-3 Inhibitors Block Morphine-Induced Locomotor Activation, Straub Tail, and Depression of Rearing in Mice Via a Possible Central Action .  Neurochemical Research   2023年査読 国際共著

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Neurochemical Research  

    We investigated morphine-induced Straub’s tail reaction (STR) in mice pretreated with or without glycogen synthase kinase-3 (GSK-3) inhibitors (SB216763 and AR-A014418) by using a newly modified, infrared beam sensor-based automated apparatus. Mice treated with a single injection of morphine (30 mg/kg, i.p.) showed a significant STR with a plateau level at a time point of 20 min after morphine challenge. Pretreatment of mice with SB216763 (5 mg/kg, s.c.) or AR-A014418 (3 mg/kg, i.p.) significantly inhibited morphine-induced STR and attenuated the duration of STR in a dose-dependent fashion. In the striatum and the nucleus accumbens, expression of pGSK-3βTyr216 but not GSK3β or pGSK-3βSer9 was largely but not significantly reduced after treatment with SB216763 (5 mg/kg, s.c.) in combination with/without morphine, indicating that the inhibitory effect of GSK-3 inhibitors on morphine-induced STR and hyperlocomotion might not depend on the direct blockade of GSK-3β function. In constipated mice after morphine challenge (30 mg/kg), the effect of GSK-3 inhibitors on gastrointestinal transit was examined to reveal whether the action of GSK-3 inhibitors on morphine effects was central and/or peripheral. Pretreatment with SB216763 (5 mg/kg) did not block constipation in morphine-injected mice. The mechanism of action seems to be central but not peripheral, although the underlying subcellular mechanism of GSK-3 inhibitors is not clear. Our measurement system is a useful tool for investigating the excitatory effects of morphine in experimental animals.

    DOI: 10.1007/s11064-023-03902-2

    Scopus

    PubMed

  • Hasegawa K., Saga R., Ohuchi K., Kuwahara Y., Tomita K., Okumura K., Sato T., Fukumoto M., Tsuruga E., Hosokawa Y. .  4-Methylumebelliferone Enhances Radiosensitizing Effects of Radioresistant Oral Squamous Cell Carcinoma Cells via Hyaluronan Synthase 3 Suppression .  Cells11 ( 23 ) 3780 - 3780   2022年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Cells  

    Radioresistant (RR) cells are poor prognostic factors for tumor recurrence and metastasis after radiotherapy. The hyaluronan (HA) synthesis inhibitor, 4-methylumbelliferone (4-MU), shows anti-tumor and anti-metastatic effects through suppressing HA synthase (HAS) expression in various cancer cells. We previously reported that the administration of 4-MU with X-ray irradiation enhanced radiosensitization. However, an effective sensitizer for radioresistant (RR) cells is yet to be established, and it is unknown whether 4-MU exerts radiosensitizing effects on RR cells. We investigated the radiosensitizing effects of 4-MU in RR cell models. This study revealed that 4-MU enhanced intracellular oxidative stress and suppressed the expression of cluster-of-differentiation (CD)-44 and cancer stem cell (CSC)-like phenotypes. Interestingly, eliminating extracellular HA using HA-degrading enzymes did not cause radiosensitization, whereas HAS3 knockdown using siRNA showed similar effects as 4-MU treatment. These results suggest that 4-MU treatment enhances radiosensitization of RR cells through enhancing oxidative stress and suppressing the CSC-like phenotype. Furthermore, the radiosensitizing mechanisms of 4-MU may involve HAS3 or intracellular HA synthesized by HAS3.

    DOI: 10.3390/cells11233780

    Scopus

    PubMed

  • Hosseinalizadeh H., Habibi Roudkenar M., Mohammadi Roushandeh A., Kuwahara Y., Tomita K., Sato T .  Natural killer cell immunotherapy in glioblastoma .  Discover Oncology13 ( 1 ) 113   2022年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Discover Oncology  

    Glioblastoma (GBM) is one of the most difficult cancers to treat because GBM has the high therapeutic resistance. Recently, immunotherapies for GBM have been used instead of conventional treatments. Among them, Natural killer (NK) cell-based immunotherapy has the potential to treat GBM due to its properties such as the absence of restriction by antigen-antibody reaction and deep penetration into the tumor microenvironment. Especially, genetically engineered NK cells, such as chimeric antigen receptor (CAR)-NK cells, dual antigen-targeting CAR NK cells, and adapter chimeric antigen receptor NK cells are considered to be an important tool for GBM immunotherapy. Therefore, this review describes the recent efforts of NK cell-based immunotherapy in GBM patients. We also describe key receptors expressing on NK cells such as killer cell immunoglobulin-like receptor, CD16, and natural killer group 2, member D (NKG2DL) receptor and discuss the function and importance of these molecules.

    DOI: 10.1007/s12672-022-00567-1

    Scopus

    PubMed

    その他リンク: https://link.springer.com/article/10.1007/s12672-022-00567-1/fulltext.html

  • Mehdi Rabiee Valashedi, Amaneh Mohammadi Roushandeh, Kazuo Tomita, Yoshikazu Kuwahara, Zahra Pourmohammadi-Bejarpasi, Pouya Safarzadeh Kozani, Tomoaki Sato, Mehryar Habibi Roudkenar .  CRISPR/Cas9-mediated knockout of Lcn2 in human breast cancer cell line MDA-MB-231 ameliorates erastin-mediated ferroptosis and increases cisplatin vulnerability. .  Life Sciences304   120704   2022年9月査読 国際共著 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Life Sciences  

    DOI: 10.1016/j.lfs.2022.120704

    Scopus

    PubMed

  • Igarashi K., Iwai H., Tanaka K.i., Kuwahara Y., Kitanaka J., Kitanaka N., Kurimasa A., Tomita K., Sato T. .  Neuroprotective effect of oxytocin on cognitive dysfunction, DNA damage, and intracellular chloride disturbance in young mice after cranial irradiation .  Biochemical and Biophysical Research Communications612   1 - 7   2022年7月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Biochemical and Biophysical Research Communications  

    Cranial radiation therapy (CRT) is an effective treatment for brain tumors; however, it also causes brain injuries. The pediatric brain is considered especially vulnerable compared to the adult brain; thus, brain injuries caused by CRT may severely affect their quality of life. In this study, we determined the neuroprotective effects of nasal oxytocin administration following cranial radiation in mice. We investigated the cognitive behavior of mice (novel object recognition test and novel object location test), phosphorylated histone H2AX (γ-H2AX) and K+-Cl− transporter (KCC2) by immunohistochemical analysis of the hippocampal sections, and neuronal cells by immunocytochemistry after radiation and oxytocin administration. We found that the number of γ-H2AX foci was increased, and the surface signal intensity of KCC2 immunofluorescence was decreased in cells that were irradiated with X-rays (1.5 Gy, for three consecutive days) compared with cells that were not. Furthermore, using MQAE, we found that the intracellular chloride ion concentration was downregulated in oxytocin-treated cells by increasing surface KCC2 expression. These results indicate that nasal oxytocin administration after cranial irradiation attenuates cognitive dysfunction in mice and exerts multifaceted neuroprotective effects on DNA damage and maintains chloride ion concentration in neuronal cells.

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2022.04.099

    Scopus

    PubMed

  • Kazuo Tomita, Sayuri Yamanishi-Taira, Kento Igarashi, Yuichi Oogai, Yoshikazu Kuwahara, Mehryar Habibi Roudkenar, Amaneh Mohammadi Roushandeh, Shouichi Miyawaki, Akihiro Kurimasa, Tomoaki Sato .  Oxytocin ameliorates KCC2 decrease induced by oral bacteria-derived LPS that affect rat primary cultured cells and PC-12 cells. .  Peptides150   170734   2022年4月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier  

    DOI: 10.1016/j.peptides.2021.170734

    Scopus

    PubMed

  • Mehdi Rabiee Valashedi, Amirsadegh Nikoo, Nima Najafi-Ghalehlou, Kazuo Tomita, Yoshikazu Kuwahara, Tomoaki Sato, Amaneh Mohammadi Roushandeh, Mehryar Habibi Roudkenar .  Pharmacological Targeting of Ferroptosis in Cancer Treatment. .  Curr Cancer Drug Targets22 ( 2 ) 115 - 132   2022年3月査読 国際共著 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2174/1568009621666211202091523.

  • Roman Fukui, Ryo Saga, Yusuke Matsuya, Kazuo Tomita, Yoshikazu Kuwahara, Kentaro Ohuchi, Tomoaki Sato, Kazuhiko Okumura, Hiroyuki Date, Manabu Fukumoto, Yoichiro Hosokawa .  Tumor radioresistance caused by radiation-induced changes of stem-like cell content and sub-lethal damage repair capability .  Scientific Reports12 ( 1 ) 1056   2022年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Scientific Reports  

    DOI: 10.1038/s41598-022-05172-4

    Scopus

    PubMed

  • Nobue Kitanaka, F Scott Hall, Shotaro Kobori, Koh-Ichi Tanaka, Kazuo Tomita, Kento Igarashi, Nobuyoshi Nishiyama, Tomoaki Sato, George R Uhl, Junichi Kitanaka .  Are histamine H3 antagonists the definitive treatment for acute methamphetamine intoxication? .  Curr Drug Res Revin press   2022年査読 国際共著

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Mehdi Rabiee Valashedi, Chia Bamshad, Nima Najafi-Ghalehlou, Amirsadegh Nikoo, Kazuo Tomita, Yoshikazu Kuwahara, Tomoaki Sato, Amaneh Mohammadi Roushandeh, Mehryar Habibi Roudkenar .  Non-coding RNAs in ferroptotic cancer cell death pathway: meet the new masters .  Human cell in press   2022年査読 国際共著

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kuwahara Y, Tomita K, Roudkenar MH, Roushandeh AM, Urushihara Y, Igarashi K, Kurimasa A, Sato T .  Decreased mitochondrial membrane potential is an indicator of radioresistant cancer cells. .  Life sciences286   120051   2021年12月査読 国際共著

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.lfs.2021.120051

    PubMed

  • Mehdi Rabiee Valashedi, Nima Naja Ghalehlou, Amirsadegh Nikoo, Chia Bamshad, Kazuo Tomita, Yoshikazu Kuwahara, Tomoaki Sato, Amaneh Mohammadi Roushandeh, Mehryar Habibi Roudkenar .  Cashing in on ferroptosis against tumor cells: Usher in the next chapter .  Life Sciences285   119958   2021年11月査読 国際共著 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Life Sciences  

    DOI: 10.1016/j.lfs.2021.119958

    Scopus

    PubMed

  • Igarashi K, Kuchiiwa T, Kuchiiwa S, Iwai H, Tomita K, Sato T .  Kamishoyosan (a Japanese traditional herbal formula), which effectively reduces the aggressive biting behavior of male and female mice, and potential regulation through increase of Tph1, Tph2, and Esr2 mRNA levels .  Brain Research1768   147580   2021年10月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Brain Research  

    DOI: 10.1016/j.brainres.2021.147580

    Scopus

    PubMed

  • Kitanaka N, Hall FS, Kobori S, Kushihara S, Oyama H, Sasaoka Y, Takechi M, Tanaka K, Tomita K, Igarashi K, Nishiyama N Sato T, Uhl GR, Kitanaka J. .  Metoprine, a histamine N-methyltransferase inhibitor, attenuates methamphetamine-induced hyperlocomotion via activation of histaminergic neurotransmission in mice .  Pharmacology Biochemistry and Behavior209   173257   2021年10月査読 国際共著 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Pharmacology Biochemistry and Behavior  

    DOI: 10.1016/j.pbb.2021.173257

    Scopus

    PubMed

  • 桑原 義和, 富田 和男, 千田 知佳, 漆原 佑介, 上条 桂樹, 佐藤 友昭, 福本 学, 栗政 明弘 .  細胞の形態変化から見た放射線で誘発される細胞死 .  細胞53 ( 8 ) 41 - 45   2021年10月招待 査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tomita K, Kuwahara Y, Igarashi K, Roudkenar MH, Roushandeh AM, Kurimasa A, Sato T .  Mitochondrial Dysfunction in Diseases, Longevity, and Treatment Resistance: Tuning Mitochondria Function as a Therapeutic Strategy .  Genes12   2021年8月査読 国際共著 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/genes12091348

  • Tomita K, Nagasawa T, Kuwahara Y, Torii S, Igarashi K, Roudkenar MH, Roushandeh AM, Kurimasa A, Sato T .  MiR-7-5p is involved in ferroptosis signaling and radioresistance thru the generation of ROS in radioresistant hela and SAS cell lines .  International Journal of Molecular Sciences22 ( 15 )   2021年8月査読 国際共著 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:International Journal of Molecular Sciences  

    DOI: 10.3390/ijms22158300

    Scopus

    PubMed

  • Niiro A, Ohno SN, Yamagata KA, Yamagata K, Tomita K, Kuramoto E, Oda Y, Nakamura TJ, Nakamura W, Sugimura M .  Diurnal Variation in Trigeminal Pain Sensitivity in Mice .  Front Neurosci15 ( 703440 )   2021年8月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.3389/fnins.2021.703440

  • 五十嵐健人, 富田和男, 桑原義和, 栗政明弘, 佐藤友昭 .  オキシトシンの精神作用と精神疾患への応用に向けたアプローチ .  東北医科薬科大学研究誌67   2020年12月

  • Pourmohammadi-Bejarpasi Z, Roushandeh AM, Saberi A, Kheirandish-Rostami M, Toosi SMR, Jahanian-Najafabadi A, Tomita K, Kuwahara Y, Sato T, Roudkenar MH. .  Mesenchymal stem cells-derived mitochondria transplantation mitigates I/R-induced injury, abolishes I/R-induced apoptosis, and restores motor function in acute ischemia stroke rat model .  Brain research bulletin165   70 - 80   2020年12月査読 国際共著 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Takashi Y, Tomita K, Kuwahara Y, Roudkenar MH, Roushandeh AM, Igarashi K, Nagasawa T, Nishitani Y, Sato T .  Mitochondrial dysfunction promotes aquaporin expression that controls hydrogen peroxide permeability and ferroptosis .  Free Radic Bio Med161   61 - 70   2020年12月査読 国際共著 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kuwahara Y, Tomita K, Roudkenar MH, Roushandeh AM, Urushihara Y, Nagasawa T, Kurimasa A,Igarashi K, Fukumoto M, Sato T, .  The effects of hydrogen peroxide and/or radiation on the survival of clinically relevant radioresistant cells .  Technology in Cancer Research & Treatment   2020年12月査読 国際共著 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 富田 和男, 桑原 義和, 五十嵐 健人, 福本 学, 佐藤 友昭 .  放射線耐性におけるミトコンドリアの役割 .  放射線生物研究   2020年12月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Roushandeh AM, Tomita K, Kuwahara Y, Jahanian-Najafabadi A, Igarashi K, Roudkenar MH, Sato T. .  Transfer of healthy fibroblast-derived mitochondria to HeLa ρ0 and SAS ρ0 cells recovers the proliferation capabilities of these cancer cells under conventional culture medium, but increase their sensitivity to cisplatin-induced apoptotic death .  Molecular Biology Reports47 ( 6 ) 4401 - 4411   2020年6月査読 国際共著 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Indo H.P. .  Author Correction: Changes in mitochondrial homeostasis and redox status in astronauts following long stays in space (Scientific Reports, (2016), 6, 1, (39015), 10.1038/srep39015) .  Scientific Reports10 ( 1 ) 6910 - 6910   2020年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Scientific Reports  

    DOI: 10.1038/s41598-020-63753-7

    Scopus

    PubMed

  • Kheirandish-Rostami M, Roudkenar MH, Jahanian-Najafabadi A, Tomita K, Kuwahara Y, Sato T, Roushandeh AM. .  Mitochondrial characteristics contribute to proliferation and migration potency of MDA-MB-231 cancer cells and their response to cisplatin treatment .  Life Sciences   2020年3月査読 国際共著 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 富田 和男、桑原 義和、五十嵐 健人、高 裕子、長澤 大成、山西 沙祐里、西谷 佳浩、漆原 佑介、宮脇 正一、栗政 明弘、福本 学、佐藤 友昭. .  細胞内鉄動態と酸化ストレス抵抗性 .  東北医科薬科大学研究誌66   25 - 31   2019年12月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 桑原 義和、富田 和男、高畠 貴志、漆原 佑介、五十嵐 健人、 佐藤 友昭、栗政 明弘、福本 学. .  臨床的放射線耐性細胞のこれまでとこれから .  東北医科薬科大学研究誌66   19 - 24   2019年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tomita K, Fukumoto M, Itoh K, Kuwahara Y,Igarashi K, Nagasawa T, Suzuki M, Kurimasa A, Sato T. .  MiR-7-5p is a key factor that controls radioresistance via intracellular Fe2+ content in clinically relevant radioresistant cells .  BBRC518 ( 4 ) 712 - 718   2019年10月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tomita K,Takashi Y, Ouchi U, Kuwahara Y,Igarashi K, Nagasawa T, Nabika H, Kurimasa A, Fukumoto M, Nishitani Y, Sato T. .  Lipid peroxidation increases hydrogen peroxide permeability and leads to cell death in cancer cell lines that lack mitochondrial DNA .  Cancer Science110 ( 9 ) 2856 - 2866   2019年9月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kuwahara Y, Tomita K, Urushihara U, Sato T, Kurimasa A, Fukumoto M. Sato T. .  Association between radiation-induced cell death and clinically relevant radioresistance .  Histochemistry and Cell Biology150 ( 6 ) 649 - 659   2018年12月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Nature  

    DOI: 10.1007/s00418-018-1728-z

  • 桑原義和、富田和男、北原秀治、五十嵐健人、漆原雄介、齋藤陽平、佐藤友昭、栗政明弘、福本学 .  標準的放射線療法に抵抗を示すがん細胞の不思議な性質 .  東北医科薬科大学研究誌65   11 - 19   2018年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 五十嵐健人、富田和男、桑原義和、山西沙祐里、古川みなみ、宮脇正一、栗政明弘、佐藤友昭 .  ストレス関連病態におけるGABA応答障害の関与 .  東北医科薬科大学研究誌65   7 - 10   2018年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kuwahara Y, Tomita K, Takahashi S, Urushihara Y, Saito Y, Roudkenar MH, Roushandeh AM, Sato T, Kurimasa A, Fukumoto M. .  Mitochondrial dysfunction in cross-resistance of clinically relevant radioresistant cells to X-rays and docetaxel .  J Cancer Sci & Therapy10 ( 12 ) 379 - 386   2018年12月査読 国際共著 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Takashi Y, Tomita K, Kuwahara Y, Nabika H, Igarashi K, Nagasawa T, Kurimasa A, Fukumoto M, Nishitani Y, Sato T. .  Data on the aquaporin gene expression differences among ρ0, clinically relevant radioresistant, and the parental cells of human cervical cancer and human tongue squamous cell carcinoma .  Data in brief20   402 - 410   2018年10月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tomita K, Kuwahara Y, Takashi Y, Igarashi K, Nagasawa T, Nabika H, Kurimasa A, Fukumoto M, Nishitani Y, Sato T .  Clinically Relevant Radioresistant Cells Exhibit Resistance to H2O2 by Decreasing Internal H2O2 and Lipid Peroxidation .  Tumor biology40 ( 9 ) 1 - 11   2018年9月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Indo HP, Suenaga S, Tomita K, Ito H, Matsu H, Majima HJ .  Analysis of oxidative stress marker, mitochondrial DNA copy numbers and mitochondrial DNA oxidation among 135 persons who live in Amami islands, a high centenarian population district in Kagoshima .  Free Radical Biology and Medicine120 ( supple )   2018年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • 桑原義和, 富田和男, 漆原佑介, 齋藤陽平, 佐藤友昭, 栗政明弘, 福本学 .  2Gy/日のX線分割照射に抵抗性を示すがん細胞の樹立と解析 .  東北医科薬科大学研究誌64   39 - 48   2017年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 富田和男, 桑原義和, 高裕子, 並河英紀, 西谷佳浩, 漆原佑介, 山西沙祐里, 古川みなみ, 宮脇正一, 栗政明弘, 福本学, 佐藤友昭 .  ミトコンドリア障害細胞における酸化ストレス感受性と細胞膜動態 .  東北医科薬科大学研究誌64   49 - 55   2017年12月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yoshikazu Kuwahara, Mehryar Habibi Roudkenar, Yusuke Urushihara, Yohei Saito, Kazuo Tomita, Amaneh Mohammadi Roushandeh, Tomoaki Sato, Akihiro Kurimasa, Manabu Fukumoto .  Clinically relevant radioresistant cell line: a simple model to understand cancer radioresistance .  Medical Molecular Morphology50 ( 4 ) 195 - 204   2017年12月査読 国際共著 国際誌

     詳細を見る

    出版者・発行元:Medical Molecular Morphology  

    DOI: 10.1007/s00795-017-0171-x

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  • Kuwahara Y, Roudkenar MH, Urushihara Y, Saito Y, Tomita K, Roushandeh AM, Sato T, Kurimasa A, Fukumoto M .  X-Ray Induced Mutation Frequency at the Hypoxanthine Phosphoribosyltransferase Locus in Clinically Relevant Radioresistant Cells .  International Journal of Medical Physics Clinical Engineering and Radiation Oncology6 ( 4 ) 377 - 391   2017年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Scientific Research  

  • Furukawa M, Tsukahara T, Tomita K, Iwai H, Sonomura T, Miyawaki S, Sato T .  Neonatal maternal separation delays the GABA excitatory-to-inhibitory functional switch by inhibiting KCC2 expression .  BBRC493 ( 3 ) 1243 - 1249   2017年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier  

  • Nandakumar A, Uwatoko F, Yamamoto M, Tomita K, Majima H, Akiba S, Koriyma C. .  Radiation-induced Epstein-Barr virus reactivation in gastric cancer cells with latent EBV infection .  Tumor Biology   1 - 9   2017年7月査読 国際共著 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer  

  • Tomita K, Kuwahara Y, Takashi Y, Tsukahara T, kurimasa A, Fukumoto M, Nishitani Y, Sato T. .  Sensitivity of Mitochondrial DNA Depleted ρ0 Cells to H2O2 Depends on the Plasma Membrane Status. .  Biochemical and Biophysical Research Communications490   330 - 335   2017年6月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER  

  • Indo HP, Majima HJ, Terada M, Suenaga S, Tomita K, Yamada S, Higashibata A, Ishioka N, Kanekura T, Nonaka I, Haukins CL, Davis MJ, St Clair DK, Mukai C. .  Changes in mitochondrial homeostasis and redox status in astronauts following long stays in space. .  Scientific Reports6   2016年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 桑原義和、鈴木正敏、漆原佑介、齋藤陽平、山本由美、富田和男、佐藤友昭、山本文彦、栗政明弘、福本学 .  放射線で誘発される細胞死: アポトーシス、オートファジー、ネクロプトーシス .  東北医科薬科大学研究誌63   63 - 70   2016年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Masuhara M, Tsukahara T, Tomita K, Furukawa M, Miyawaki S, Sato T .  A relation between osteoclastogenesis inhibition and membrane-type estrogen receptor GPR30 .  Biochemistry and Biophysics Reports8   389 - 394   2016年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER  

  • Maeda K, Kawai H, Sanada M, Terashima T, Ogawa N, Idehara R, Makiishi T, Yasuda H, Sato S, Hoshi K, Yahikozawa H, Nishi K, Itoh Y, Ogasawara K, Tomita K, Indo H, Majima HJ .  Similar clinical phenotype and segregation of mitochondrial 3243A>G mutation in two pairs of monozygotic twins. .  JAMA Neurology73 ( 8 ) 990 - 993   2016年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Indo HP, Tomiyoshi T, Suenaga S, Tomita K, Suzuki H, Masuda D, Terada M, Ishioka N, Gusev O, Cornette R, Okuda T, Mukai C, Majima HJ .  MnSOD downregulation induced by extremely low 0.1 mGy single and fractionated X-rays and microgravity treatment in human neuroblastoma cell line, NB-1. .  Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition57 ( 2 ) 98 - 104   2015年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 馬嶋秀行、佐藤強志、末永重明、大童寛子、河野一典、川畑義裕、富田和男 .  顎顔面放射線学分野における研究活動報告 .  鹿児島大学紀要33   99 - 100   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  • Indo HP, Sriburee S, Tomita K, Matsui H, Yen H-C, Ozawa T, Majima HJ. .  Quercetin Induced Autophagy in Rat Gastric Mucosal Cells RGM1 and its Tumor Cells RGK1 .  Free Rad Biol Med49 ( S1 ) S185 - S186   2010年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Suenaga S, Indo HP, Tomita K, Ijiri K, Komiyama S, Matsuyama T, Yen H-C, Higuchi M, Matsui H, Ozawa T, Majima HJ. .  Nitric- and Oxidative Mitochondria Related Cell Death by Cytokines and its Prevention by Estrogen in Estrogen Receptor Expressed Rheumatoid Arthritis Synovial Fibroblasts .  Nitric Oxide Biology and Chemistry22 ( S2 ) S85 - S85   2010年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Hideyuki J. Majima, Hiroko P. Indo, Kazuo Tomita, Yoichiro Iwashita, Hiromi Suzuki, Daisuke Masuda, Toru Shimazu, Fumiaki Tanigaki, Sayaka Umemura, Sachiko Yano, Kei Fukui, Akira Higashibata, Takashi Q Yamazaki, Masaki Kameyama, Shigeaki Suenaga, Tsuyoshi Sato, Hsiu-Chuan Yen, Oleg Gusev, Takashi Okuda, Hirofumi Matsui, Toshihiko Ozawa, Noriaki Ishioka .  Bio-Assessment of RISK in Long-Term Manned Space Exploration - Cell Death Factors in Space Radiation and/or Microgravity: A Review .  Biological Sciences in Space23 ( 2 ) 43 - 53   2009年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 犬童寛子、Sriburee Sompong、富田和男、馬嶋秀行 .  ケルセチン処置におけるラット正常胃粘膜上皮細胞及び由来癌細胞のMnSOD効果の差異 .  G. I. Research17 ( 4 ) 102 - 103   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 犬童寛子、富田和男、馬嶋秀行 .  MnSODによるラット胃癌細胞RGK1における酸化ストレス誘導タンパク発現抑制調節 .  G. I. Research16 ( 4 ) 90 - 91   2008年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 犬童寛子、富田和男、松井裕史、小澤俊彦、馬嶋秀行 .  放射線感受性におけるミトコンドリアの役割 .  放射線生物研究42 ( 4 ) 416 - 427   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hiroko P. Indo, Mercy Davidson, Hsiu-Chuan Yen, Shigeaki Suenaga, Kazuo Tomita, Takeshi Nishii, Masahiro Higuchi, Yasutoshi Koga, Toshihiko Ozawa, Hideyuki J. Majima .  Evidence of ROS genelation by mitochondria in cells with impaired electron transport chain and mitochondrial DNA Damage .  mitochondrion7 ( 1月2日 ) 106 - 118   2007年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • kosei ijiri, Hiromichi Tsuruga, Harutoshi Sakakima, Kazuo Tomita, Noboru Taniguchi, Kazuki Shimo-onoda, Setsuro komiya, Mary B. Goldring, Hideyuki J Majima, Takami Matsuyama .  Increased expression of humanin peptide in diffuse Type pigmented villonodular synovitis; inplication of its mitochondrial abnormality .  annals of rheumatic disease64 ( 6 ) 816 - 823   2005年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Indo H, Saigo K, Tomita K, Yen H-C, Hamahira S, Ozawa T, Majima HJ. .  Post-X-Ray vitamin E treatment protects cells against mitochondrial ROS generation, lipid peroxidation and apoptosis .  Free Rad Biol Med39 ( S1 ) S137 - S137   2005年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Futoshi Hirai, Shigeatsu Motoori, Shizuko, Kakinuma, Kazuo Tomita, Hiroko P. Indo,Hirotoshi Kato, Taketo Yamaguchi, Hsiu-Chuan Yen, Daret K. St. Clair, Tetsuo, Nagano, Toshihiko Ozawa, Hiromitsu Saisho, Hideyuki J. Majima .  Mitochondrial Signal Lacking Manganese Superoxide Dismutase Failed to Prevent Cell Death by Reoxygenation Following Hypoxia in a Human Pancreatic Cancer Cell Line, KP4 .  Antioxidants & Redox Signaling6 ( 3 ) 523 - 535   2004年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Majima HJ, Indo H, Higuchi M, Koga Y, Tomita K, Yen H-C, Setsukinai K, Urano Y, Nagano T, Ozawa T .  Mitochondria are the major source to produce intracellular ROS .  Free Rad Biol Med36 ( S1 ) S19 - S19   2004年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Suenaga S, Kawatoko S, Tomita K, Indo H, Nagano T, OzawaT, Matsuyama T, Majima HJ. .  Prevention of nitric oxide formation and cell deaths by estrogen in estrogen receptor expressed rheumatoid arthritis fibroblasts .  Nitric Oxide Biology and Chemistry11 ( 1 ) 68 - 68   2004年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Indo H, Tomita K, Yen H-C, Ozawa T, Majima HJ .  Mitochondrial Signal Lacking Manganese Superoxide Dismutase Failed to Prevent Cell Death by X-irradiation in a Human Hepatocellular Carcinoma Cell Line, HLE .  Free Rad Biol Med37 ( S1 ) S117 - S117   2004年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Indo H, Davidson M, Koga Y, Tomita K, Yen H-C, Setsukinai K, Urano Y, Nagano T, Ozawa T, Majima HJ .  Microscopic Evidence of ROS Generation from Mitochondria in DNA Damaged Cells. .  Free Rad Biol Med35 ( S1 ) S118 - S118   2003年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Kazuo Tomita, Kyo Yamasu, Takashi Suyemitsu .  Role of syndecan in the elongation of postoral arms in sea urchin larva .  Development Growth and differentiation44 ( 1 ) 45 - 53   2002年2月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Majima HJ, Hirai F, Tomita K, Motoori S, Indo H, Kato H, Yen H-C, Ozawa T, Nagano T, .  Cell Death by Reoxygenation is prevented by Mitochondrial Manganese Superoxide in a Human Pancreatic Cancer Cell Line, KP4 .  Free Rad Biol Med32 ( S1 ) S39 - S39   2002年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Tomita K, Iwashita Y, Indo H, Hayata I, Ozawa T, Majima HJ. .  Effect of low dose X-ray irradiation on human neuronal progenitor cel .  Free Rad Biol Med33 ( S1 ) S429 - S429   2002年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • 富田和男 .  Structure and Function of the Syndecan Core Protein in Sea Urchin Embryos .      2001年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:学位論文(博士)  

  • Kazuo Tomita, Kyo Yamasu, Takashi Suyemitsu .  Cloning and characterization of the cDNA for syndecan core protein in sea urchin embryo .  Development Growth and differentiation42 ( 5 ) 449 - 458   2000年10月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yoshikazu Hirate, Kazuo Tomita, Shinji Yamamoto, Kazuki Kobari,Isao Uemura, Kyo Yamasu, Takashi Suyemitsu .  Association of the sea urchin EGF-related peptide, EGIP-D, with fasciclin I-related ECM proteins from the sea urchin Anthocidaris crassispina .  Development Growth and differentiation41 ( 4 ) 483 - 494   1999年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物

  • Advances in Health and Disease. Volume 55 査読 国際共著

    Kitanaka J, Kitanaka N, Hall SF, Kountz LE, Hashimoto T, Hirabayashi K, Horie U, Iwasaki K, Kawasaki Y, Kimura M, Sakamoto T, Yashiro J, Tomita K, Igarashi K, Tanaka K, Uhl GR, Sato T, Nishiyama N( 担当: 分担執筆 ,  範囲: Chapter 7; Glycogen synthase kinase-3β and methamphetamine abuse liability)

    Nova Science Publishers, Inc., New York  2022年8月  ( ISBN:9781685079987

     詳細を見る

    総ページ数:210   担当ページ:161-180   記述言語:英語

  • 酸化ストレスの医学

    馬嶋秀行、犬童寛子、富田和男、松井裕史、小澤俊彦( 担当: 共著)

    診断と治療社  2008年6月 

     詳細を見る

    総ページ数:384   担当ページ:81-87   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • Oxidative Stress, Disease and Cancer

    Hideyuki J. Majima, Hiroko P. Indo, Kazuo Tomita, Shigeaki Suenaga, Shigeatsu Motoori, Hirotoshi Kato, Hsiu-Chuan Yen, Toshihiko Ozawa( 担当: 共著)

    Imperial College Press  2006年4月 

     詳細を見る

    総ページ数:1104   担当ページ:61-83   記述言語:英語 著書種別:学術書

    その他リンク: http://www.amazon.com/Oxidative-Stress-Disease-Cancer-Keshav/dp/1860946097

  • 新ミトコンドリア学

    馬嶋秀行、山口千鶴、柿沼志津子、本告成淳、平井 太、山口洋子、富田和男、小澤俊彦( 担当: 共著)

    共立出版  2001年11月 

     詳細を見る

    総ページ数:434   担当ページ:283-288   記述言語:日本語 著書種別:学術書

    その他リンク: http://www.amazon.co.jp/%E6%96%B0%E3%83%9F%E3%83%88%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AA%E3%82%A2%E5%AD%A6-%E4%BA%95%E4%B8%8A-%E6%AD%A3%E5%BA%B7/dp/4320055810

MISC

  • エルゴチオネインとその生体内作用

    富田 和男, 桑原 義和, 古川 紗圭, 野口 和行, 栗政 明弘, 佐藤 友昭

    東北医科薬科大学研究誌   ( 69 )   11 - 17   2022年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:東北医科薬科大学  

    エルゴチオネイン(EGT)は麦角から発見された分子量229.3の水溶性アミノ酸の一種で、分子内に硫黄を含む。硫黄分子が炭素と二重結合したチオン基となっているため、活性酸素種と可逆的に素早く反応する。EGTの生体内作用について、以下に分けて概説した。1)EGTとそのトランスポーター、2)EGTの機能と老化や疾病との関わり、3)EGTとミトコンドリアとの関係、として述べた。

  • 細胞の形態変化から見た放射線で誘発される細胞死

    桑原 義和, 富田 和男, 千田 知佳, 漆原 佑介, 上条 桂樹, 佐藤 友昭, 福本 学, 栗政 明弘

    細胞   53 ( 12 )   767 - 771   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)ニュー・サイエンス社  

    筆者らは、放射線照射によってどのような細胞死が誘発されるのかを長期生細胞イメージングを行うことで解析し、放射線抵抗性の克服を目指している。これまでに、放射線照射後、培地中に浮遊する死細胞は、形態的特徴からType 1の細胞死であるapoptosis、Type 2の細胞死であるautophagic cell death、Type 3の細胞死であるnecrosis又はnecroptosisに分類できる可能性を見出した。さらに、放射線照射によって代謝は維持されているものの細胞死の一様式と考えられているMitotic Catastrophe(MC)も高頻度に誘発される事を確認した。放射線で誘発される細胞死は、直接Type 1~3の細胞死を誘発する細胞は少なく、MCを介してType 1~3の細胞死が散発的に誘発されると考えられる。一方、放射線抵抗性細胞ではMCの誘発頻度は低かった。従って、放射線抵抗性細胞に効率よくMCを誘発することができれば、放射線抵抗性の克服が可能であると考えられる。(著者抄録)

  • Intracellular Fe2+regulates oxidative stress resistance

    Kazuo Tomita, Yoshikazu Kuwahara, Kento Igarashi, Akihiro Kurimasa, Manabu Fukumoto, Tomoaki Sato

    CANCER SCIENCE   112   576 - 576   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:WILEY  

    Web of Science

  • 隔離飼育ストレス負荷マウスのかみつき行動に対する加味逍遙散の作用について 査読

    五十嵐健人、富田和男、佐藤友昭

    鹿歯会報   149 ( 728 )   11 - 13   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

  • 標準的放射線療法に抵抗性を示すがん細胞の不思議な性質

    桑原 義和, 富田 和男, 北原 秀治, 五十嵐 健人, 漆原 佑介, 齋藤 陽平, 佐藤 友昭, 栗政 明弘, 福本 学

    東北医科薬科大学研究誌   ( 65 )   11 - 19   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:東北医科薬科大学  

    臨床的放射線耐性(CRR)細胞は標準的放射線療法である2Gy/日のX線を照射し続けても増殖する。筆者らはCRRを複数のヒト由来癌細胞株から樹立し研究を行った。その結果、CRR腫瘍は血管密度が親株由来の腫瘍に比べて高く、酸素分圧が高いことから、CRR細胞が分割照射に抵抗性を示すためには酸素が必要不可欠であることが示唆された。CRR細胞のX線耐性メカニズムおよび放射線抵抗性腫瘍の不思議な性質について述べた。

  • Delay of GABA switch due to early life stress leads to developmental disorder.

    Furukawa M, Yamanishi S, Igarashi K, Tomita K, Miyawaki S, Sato T

    Atlas of science   2018年10月

  • Analysis of Oxidative Stress Marker, mitochondrial DNA copy numbers and Mitochondrial DNA Oxidation among 135 persons who live in Amami islands, high centenarian population District in Kagoshima

    Indo HP, Suenaga S, Tomita K, Ito H, Matsui H, Majima HJ

    Free Rad Bio Med   120 ( supple )   S134 - S134   2018年5月

  • Oxidative stress sensitivity of cancer cells could be altered by plasma membrane status.

    Takashi Y, Tomita K, Kuwahara Y, kurimasa A, Fukumoto M, Nishitani Y, Sato T

    Atlas of Science   2018年3月

  • Humanin

    下小野田一騎、井尻幸成、小宮節郎、富田和男、馬嶋秀行

    関節外科   23 ( 8 )   84 - 85   2004年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 富田和男, 古川紗圭, 五十嵐健人, 田中康一, 北中純一, 北中順惠, 西山 信好, 野口和行, 佐藤友昭 .  PC-12細胞において歯周病菌由来LPSによるKCC2発現制御に最終糖化反応生成物受容体であるRAGEが関与する .  第96回日本薬理学会年会  2022年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月 - 2022年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 富田和男, 五十嵐健人, 佐藤友昭 .  歯周病原菌由来LPSによる神経炎症への加味逍遙散,加味帰脾湯の効果 .  第42回 日本歯科薬物療法学会学術大会  2022年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 富田和男, 松本卓也, 五十嵐健人, 佐藤友昭 .  神経系細胞であるPC-12細胞において歯周病菌由来LPSによるKCC2減少は加味逍遙散と加味帰脾湯により回復する .  第72回日本東洋医学会学術総会  2022年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 富田和男, 桑原義和, 五十嵐健人, 田中康一, 北中純一, 北中順惠, 栗政明弘, 西山信好, 佐藤友昭 .  miR-7-5pの抑制は臨床的放射線抵抗性がん細胞のROSとFe2+量を増加させフェロトーシスを誘導する .  第95回日本薬理学会年会  2022年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 富田和男, 桑原義和, 五十嵐健人, 田中康一, 北中純一, 北中順惠, 栗政明弘, 西山信好, 佐藤友昭 .  臨床的放射線抵抗性がん細胞の放射線抵抗性はミトコンドリアの機能減衰がその一因である .  第74回 日本薬理学会 西南部会  2021年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 富田和男, 五十嵐健人, 佐藤友昭 .  歯周病菌由来 LPS 処理による神経系細胞のミトコンドリアへの影響 .  第63回歯科基礎医学会学術集会  2021年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 富田 和男、山西 沙祐里、五十嵐 健人、桑原 義和、田中 康一、北中 純一、北中 順惠、栗政 明弘、宮脇 正一、 西山 信好、 竹村 基彦、佐藤 友昭 .  LPSはラット初代培養神経系細胞とPC-12のKCC2発現を減少させる .  第94回日本薬理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:北海道 札幌市   国名:日本国  

  • 田中康一、鈴木航、富田和男、五十嵐健人、北中順惠、北中純一、佐藤友昭、竹村基彦、西山信好 .  アストロサイトにおけるヌクレオシド輸送体ENT3の発現に関する免疫細胞学的検討 .  第94回日本薬理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:北海道 札幌市   国名:日本国  

  • 北中純一、北中順惠、堀江詩卯、河崎祐実、坂本昴士、矢代順哉、田中康一、五十嵐健人、富田和男、汐元亜美、渡部要、仲野靖、高橋仁、西山信好、佐藤友昭、竹村基彦 .  モルヒネ誘導Straubの挙尾反応に対する選択的GSK-3阻害薬SB216763の抑制効果 .  第94回日本薬理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:北海道 札幌市   国名:日本国  

  • 五十嵐健人、口岩俊子、口岩聡、富田和男、田中 康一、北中 純一、北中 順惠、西山 信好、 竹村 基彦、佐藤友昭 .  隔離飼育ストレス負荷マウスの対物攻撃行動に対する加味逍遙散の作用とエストロゲン受容体βの関与 .  第94回日本薬理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:北海道 札幌市   国名:日本国  

  • Kazuki Hasegawa, Ryo Saga, Roman Fukui, Yoshikazu Kuwahara, Kazuo Tomita, Eichi Tsuruga, Yoichiro Hosokawa .  Regulation of radiosensitivity of radioresistant cells via hyaluronan synthesis inhibitor .  The 3rd Workshop on Radiation Research and Its Related Issue 2020 and The 7th Educational Symposium on the Radiation and Health by Young Scientists Joint Symposium  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  • Roman Fukui, Ryo Saga, Yusuke Matsuya, Kazuki Hasegawa, Yoshikazu Kuwahara, Kazuo Tomita, Yoichiro Hosokawa .  Investigation of dose- rate effects consideration of cancer stem cells .  The 3rd Workshop on Radiation Research and Its Related Issue 2020 and The 7th Educational Symposium on the Radiation and Health by Young Scientists Joint Symposium  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • 五十嵐健人、口岩俊子、口岩聡、富田和男、田中康一、北中順惠、北中純一、西山信好、竹村基彦、佐藤友昭 .  隔離飼育ストレス負荷マウスの対物攻撃行動に基づく加味逍遙散の作用の解析 .  第73回日本薬理学会西南部会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Web  

  • 富田 和男、桑原 義和、鳥居 征司、五十嵐 健人、髙 裕子、長澤 大成、田中 康一、北中 純一、北中 順惠、栗政 明弘、西谷 佳浩、西山 信好、竹村 基彦、佐藤 友昭 .  ALOXによる酸化ストレス抵抗性制御 .  第73回日本薬理学会西南部会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Web  

  • 富田 和男, 桑原 義和, 五十嵐 健人, 栗政 明弘, 福本 学, 佐藤 友昭 .  細胞内遊離鉄がストレス抵抗性を制御する .  第79回日本癌学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 富田和男, 高裕子, 五十嵐健人, 西谷佳浩, 佐藤友昭 .  ミトコンドリアの機能不全は過酸化水素取り込みを制御するアクアポリン3, 5, 8の発現を亢進させ過酸化水素処理によるフェロトーシスを誘導する .  第62回歯科基礎医学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Web  

  • 富田 和男、桑原 義和、五十嵐 健人、髙 裕子、長澤 大成、山西 沙祐里、田中 康一、 北中 純一、北中 順惠、栗政 明弘、宮脇 正一、西谷 佳浩、西山 信好、竹村 基彦、福本 学、佐藤 友昭 .  CRR細胞の酸化ストレス抵抗性に対する細胞内遊離鉄の関与 .  第93回日本薬理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語  

  • 田中 康一、五十嵐 健人、富田 和男、北中 順惠、北中 純一、佐藤 友昭、竹村 基彦、西山 信好 .  アストロサイトにおけるヌクレオシド輸送体の発現と過酸化水素によるチミジン取り込み .  第93回日本薬理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語  

  • 五十嵐 健人、富田 和男、田中 康一、桑原 義和、西山 信好、栗政 明弘、佐藤 友昭 .  放射線照射モデルにおける神経障害に対し、K+-Cl- トランスポーターであるKCC2は有効な薬物治療の標的となりうるか .  第93回日本薬理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語  

  • 北中 順惠、北中 純一、天津 優紀恵、大澤 礼奈、佐藤 実歩、橋本 紘卓、久富 衣璃菜、喜多尾 衣莉、三村 真梨、中村 美裕、田上 健太、田中 康一、五十嵐 健人、富田 和男、佐藤 友昭、西山 信好、竹村 基彦 .  各種ヒスタミンH3 受容体逆作動薬による覚せい剤誘発過運動と常同行動への抑制効果の差異について .  第93回日本薬理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語  

  • 北中 純一、北中 順惠、神取 恭史、村上 綾香、村谷 和樹、中野 多絵、田中 康一、五十嵐 健人、富田 和男、佐藤 友昭、西山 信好、竹村 基彦 .  VMAT2阻害薬テトラベナジンはマウスにおけるモルヒネ誘導過運動をDAT発現に影響せずに減弱する .  第93回日本薬理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語  

  • 桑原義和、富田和男、漆原佑介、佐藤友昭、栗政明弘 .  イメージングによる放射線生物学 .  第3回生体応答科学研究センターセミナー  招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • 富田和男、桑原義和、五十嵐健人、福本学、栗政明弘、佐藤友昭 .  CRR細胞のストレス抵抗性に対する膜動態と遊離鉄の関与 .  第3回生体応答科学研究センターセミナー  招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • 五十嵐健人、口岩俊子、口岩聡、富田和男、佐藤友昭 .  隔離飼育マウスの噛みつき行動に対する加味逍遙散の作用 .  第12回鹿児島大学大学院歯学総合研究科口腔先端科学教育研究センター 歯系研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 五十嵐 健人、富田 和男、田中 康一、桑原 義和、西山 信好 .  放射線照射により惹起される脳機能障害に対する、K+-Clトランスポーター KCC2を標的とした薬物療法の有用性 .  第72回日本薬理学会西南部会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • 高 裕子、富田 和男、桑原 義和、五十嵐 健人、長澤 大成、田中 康一、北中 純一、北中 順惠、栗政 明弘、西谷 佳浩、西山 信好、竹村 基彦、佐藤 友昭 .  過酸化水素処理によるρ0 細胞死はAQP3と鉄イオンが関与する .  第72回日本薬理学会西南部会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • 富田 和男、桑原 義和、高 裕子、五十嵐 健人、長澤 大成、並河 英紀 、田中 康一、北中 純一、北中 順惠 、栗政 明弘 、西谷 佳浩 、西山 信好、竹村 基彦 、福本 学、佐藤 友昭 .  ρ0 細胞における酸化ストレス誘導死はAktシグナルを介する .  第72回日本薬理学会西南部会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • Yoshikazu Kuwahara, Kazuo Tomita, Yusuke Urushihara, Kento Igarashi, Tomoaki Sato, Keiju Kamijo, Akihiro Kurimasa, Manabu Fukumoto .  X線照射で誘発される細胞死のイメージング解析 .  第62回 放射線影響学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  • 富田和男、高裕子、五十嵐健人、西谷佳浩、佐藤友昭 .  ALOXはρ0細胞において脂質過酸化と過酸化水素取り込みを制御する .  第61回歯科基礎医学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • Kento IGARASHI, Kazuo TOMITA, Koh-ichi TANAKA, Yoshikazu KUWAHARA, Nobuyoshi NISHIYAMA, Akihiro KURIMASA, Tomoaki SATO .  KCC2, a K+-Cl- co-transporter, is a possible target to attenuate the neuronal dysfunction that is associated with radiation therapy for brain tumor .  第6回アジア神経精神薬理学会  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • 富田 和男、桑原 義和、五十嵐 健人、栗政明弘、福本 学、佐藤 友昭 .  がんの治療抵抗性を制御する細胞膜動態とリポキシゲナーゼの関与 .  第78回 日本癌学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • 富田 和男、桑原 義和、五十嵐 健人、髙 裕子、長澤 大成、山西 沙祐里、漆原 佑介、宮脇 正一、栗政 明弘、西谷 佳浩、福本 学、佐藤 友昭 .  miR-7-5pは細胞内Fe2+抑制を介して放射線抵抗性を制御する .  第21回応用薬理シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • 五十嵐健人、口岩俊子、口岩聡、富田和男、佐藤友昭 .  マウスの噛みつき行動に対する加味逍遙散の作用 .  第21回応用薬理シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • 富田和男 桑原義和 五十嵐健人 福本学 佐藤友昭 .  治療耐性がん細胞の膜動態 .  第2回放射線耐性研究セミナー  招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • 桑原 義和、富田 和男、五十嵐 健人、佐藤 友昭、栗政 明弘、 福本 学 .  X線で誘発される細胞死 .  第28回 日本Cell Death学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 長澤大成、富田和男、 五十嵐健人、 佐藤友昭 .  過酸化水素抵抗性がん細胞における過酸化水素抵抗メカニズムの解析 .  第1回南九州歯学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:鹿児島県鹿児島市  

  • 富田 和男、桑原 義和、五十嵐 健人、髙 裕子、長澤 大成、並河 英紀、田中 康一、北中 純一、北中 順惠、竹村 基彦、西山 信好、福本 学、西谷 佳浩、栗政 明弘、佐藤 友昭 .  Involvement of ALOX in resistance or sensitivity of cancer treatment via plasma membrane oxidation state .  第92回日本薬理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

  • 田中康一、富田和男、北中順惠、北中純一、佐藤友昭、竹村基彦、西山信好 .  Effects of purine and pyrimidine nucleosides on hydrogen peroxide-induced thymidine incorporation .  第92回日本薬理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪  

  • 長澤大成、富田和男、桑原義和、五十嵐健人、高裕子、佐藤友昭 .  Analysis of hydrogen peroxide resistance mechanism on hydrogen peroxide resistant cancer cells .  第92回日本薬理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪  

  • 北中順惠、北中純一、天津優紀恵、大澤礼奈、佐藤実歩、橋本紘卓、久富衣璃菜、喜多尾衣莉、三村真梨、中村美裕、田上健太、田中康一、富田和男、佐藤友昭、西山信好、竹村基彦 .  Histamine H3 receptor inverse agonists attenuate methamphetamine-induced hyperlocomotion in mice via histamine H1 receptors .  第92回日本薬理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪  

  • 北中純一、北中順惠、神取恭史、村上綾香、村谷和樹、中野多絵、田中康一、富田和男、佐藤友昭、西山信好、竹村基彦 .  Tetrabenazine attenuates morphine-induced hyperlocomotion, but not antinociception, in mice .  第92回日本薬理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪  

  • 五十嵐 健人、富田和男、佐藤友昭 .  The usefulness of KCC2 to analyze the effect of irradiation on rodent neuron .  第92回日本薬理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪  

  • 富田 和男、桑原 義和、髙 裕子、五十嵐健人、長澤大成、漆原 佑介、山西 沙祐里、宮脇 正一、西谷 佳浩、栗政 明弘、福本 学、佐藤 友昭 .  CRR細胞における細胞膜酸化制御因子の検索 .  第4回 治療耐性がん細胞研究協議会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島  

  • 桑原 義和、富田 和男、五十嵐 健人、齋藤 陽平、佐藤 友昭、栗政 明弘、福本 学 .  放射線耐性がん細胞の不都合な性質 .  第4回 治療耐性がん細胞研究協議会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島  

  • 髙 裕子、富田 和男、桑原 義和、五十嵐 健人、長澤 大成、並河 英紀、田中 康一、西谷 佳浩、西山 信好、佐藤 友昭 .  過酸化水素処理におけるρ0細胞の膜状態変化とアクアポリン3, 8, 9の発現 .  第71回日本薬理学会西南部会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡  

  • 富田和男 .  放射線/薬剤耐性がん細胞における過酸化水素耐性機構の解析 .  平成30年度鹿児島大学歯学部同窓会学術講演会  招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:鹿児島  

  • 五十嵐健人、富田 和男、佐藤 友昭 .  X線照射後の初代培養神経細胞におけるCl-トランスポーター発現解析 .  第71回日本薬理学会西南部会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:福岡  

  • 富田 和男、桑原 義和、髙 裕子、五十嵐健人、長澤 大成、並河 英紀、田中 康一、北中 純一、北中 順惠、栗政 明弘、西谷 佳浩、西山 信好、竹村 基彦、福本 学、佐藤 友昭 .  細胞膜酸化状態はがんの治療耐性を制御する .  第71回日本薬理学会西南部会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡  

  • 大内 裕也、富田 和男、佐藤友昭 鵜浦 啓、並河 英紀 .  過酸化水素の脂質二重膜透過挙動に対する酸化脂質の影響 .  第69回コロイドおよび界面化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:茨城  

  • 大内 裕也、佐藤友昭、富田 和男、鵜浦 啓、並河 英紀 .  Effect of Oxidized lipid on permeation of hydrogen peroxide across lipid bilayer .  平成30年度化学系学協会東北大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:秋田  

  • 富田和男、髙裕子、五十嵐健人、西谷佳浩、佐藤友昭 .  治療耐性がん細胞は親株に比べ内在性過酸化水素と過酸化脂質の上昇のタイミングの遅延により過酸化水素に耐性を示す .  第60回歯科基礎医学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡  

  • 髙裕子 富田和男 五十嵐健人 西谷佳浩 佐藤友昭 .  過酸化水素処理によるρ0細胞の膜状態変化とその感受性 .  第60回歯科基礎医学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:福岡  

  • 富田 和男、桑原 義和、髙 裕子、五十嵐 健人、長澤 大成、山西 沙祐里、大内 裕也、並河 英紀、田中 康一、北中 純一、北中 順惠、漆原 佑介、宮脇 正一、栗政 明弘、西谷 佳浩、福本 学、佐藤 友昭 .  CRR細胞における過酸化水素耐性機構の解析 .  第20回 応用薬理シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京  

  • 北中順惠、北中純一、天津優紀恵、大澤礼奈、佐藤実歩、橋本紘卓、久富衣璃菜、喜多尾衣莉、三村真梨、中村美裕、田上健太、田中康一、富田和男、塚原飛央、佐藤友昭、西山信好、竹村基彦 .  ヒスタミンH3受容体逆作動薬は覚せい剤によるマウスの異常行動を改善する .  第41回日本神経科学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:兵庫  

  • 田中康一、富田和男、北中順惠、北中純一、塚原飛央、佐藤友昭、竹村基彦、西山信好 .  培養アストロサイトの酸化ストレスDNA障害におけるヌクレオシド輸送体を介したチミジン取り込みのメカニズム .  第41回日本神経科学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:兵庫  

  • 北中純一、北中順惠、田中康一、富田和男、塚原飛央、佐藤友昭、西山信好、竹村基彦 .  アグマチンは脳ヒスタミンレベルを上昇し覚せい剤によるマウスの過運動や常同行動を減弱する .  第41回日本神経科学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:兵庫  

  • Kazuo Tomita , Yoshikazu Kuwahara, Yuko Takashi, Sayuri Yamanishi, Hideki Nabika , Koh-ich Tanaka , Junichi Kitanaka , Nobue Kitanaka, Motohiko Takemura, Nobuyoshi Nishiyama, Shouichi Miyawaki, Manabu Fukumoto, Yoshihiro Nishitani, Akihiro Kurimasa, Tomoaki Sato. .  Analysis of oxidative stress response in clinically relevant radioresistant cells. .  WCP2018  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都  

  • Yuko Takashi, Kazuo Tomita, Yoshikazu Kuwahara, Sayuri Yamanishi, Hideki Nabika, Koh-ichi Tanaka, Junichi Kitanaka, Nobue Kitanaka, Motohiko Takemura, Nobuyoshi Nishiyama, Shouichi Miyawaki, Yoshihiro Nishitani, Tomoaki Sato. .  Sensitivity for hydrogen peroxide in ρ0 cells and involvement of membrane status. .  WCP2018  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都  

  • Minami Furukawa, Takao Tsukahara, Sayuri Yamanishi, Kazuo Tomita, Yuko Takashi, Koh-ich Tanaka, Junichi Kitanaka, Nobue Kitanaka, Motohiko Takemura, Nobuyoshi Nishiyama, Yoshihiro Nishitani, Shouichi Miyawaki, Tomoaki Sato. .  Neonatal maternal separation delays the GABA excitatory-to-inhibitory functional switch by inhibiting KCC2 expression and induces developmental disorders-like behaviors in mice. .  WCP2018  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都  

  • Nobue Kitanaka, Junichi Kitanaka, Yukie Amatsu, Rena Ozawa, Miho Sato, Kotaku Hashimoto, Erina Hisatomi, Eri Kitao, Mari Mimura, Miyu Nakamura, Kenta Tagami, Koh-ichi Tanaka, Kazuo Tomita, Takao Tsukahara, Tomoaki Sato, Nobuyoshi Nishiyama, F. Scott Hall, George R. Uhl, Motohiko Takemura. .  Histamine H3 receptor inverse agonists alleviate methamphetamine-induced behavioral abnormalities in mice via histamine H1 receptors .  WCP2018  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都  

  • Koh-ichi Tanaka, Nobue Kitanaka, Junichi Kitanaka, Kazuo Tomita, Takao Tsukahara, Tomoaki Sato, Motohiko Takemura, Nobuyoshi Nishiyama. .  Mechanism of thymidine incorporation into acid insoluble fraction via nucleo-side transporters on oxidative stress DNA injury. .  WCP2018  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都  

  • Junichi Kitanaka, Nobue Kitanaka, Yoshiro Kubota, Yumi Mimuraa, Yukiya Okada, Sayaka Ogura, Koh-ichi Tanaka, Kazuo Tomita, Takao Tsukahara, Tomoaki Sato, Nobuyoshi Nishiyama, F. Scott Hall, George R. Uhl, Motohiko Takemura. .  Memantine induces stereotyped behaviors in mice. .  WCP2018  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都  

  • 大内 裕也、富田 和男、佐藤 友昭、鵜浦 啓、並河 英紀 .  化学発光法を用いた過酸化水素の脂質二重膜透過の評価 .  日本化学会 第98回 春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉  

  • 富田和男、桑原義和、高裕子、五十嵐健人、漆原佑介、山西沙祐里、宮脇 正一、栗政明弘、西谷佳浩、福本学、佐藤 友昭 .  CRR細胞における過酸化水素耐性メカニズムの解析 .  第3回治療耐性がん細胞研究協議会 セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉  

  • 富田和男、桑原義和、高裕子、並河英紀、塚原飛央、古川みなみ、田中康一、漆原佑介、北中 純一、北中 順惠、栗政明弘、西谷佳浩、宮脇 正一、西山 信好、竹村 基彦、福本学、佐藤 友昭 .  治療耐性がん細胞における過酸化水素耐性メカニズムの解析 .  第70回日本薬理学会西南部会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島  

  • 古川みなみ、塚原飛央、富田和男、高裕子、田中康一、北中 純一、北中 順惠、西谷佳浩、竹村 基彦、西山 信好、宮脇 正一、佐藤 友昭 .  母子分離雄性マウスに対するGABAスイッチを介した高次機能への影響 .  第70回日本薬理学会西南部会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島  

  • 高裕子、富田和男、桑原義和、並河英紀、塚原飛央、古川みなみ、田中康一、北中 純一、北中 順惠、西谷佳浩、宮脇 正一、西山 信好、竹村 基彦、佐藤 友昭 .  過酸化水素処理によるρ0細胞の膜状態変化とその感受性 .  第70回日本薬理学会西南部会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島  

  • 塚原飛央、古川みなみ、富田和男、岩井治樹、高裕子、薗村貴弘、佐藤友昭 .  ストレスによるGPR30 過剰発現はAkt-WNK1 の過敏反応を惹起し,KCC2 を不活化させることで,GABA 抑制機能を低下させる .  第59回歯科基礎医学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:長野  

  • 富田和男、高裕子、塚原飛央、古川みなみ、西谷佳浩、佐藤友昭 .  治療耐性がん細胞における酸化ストレス応答機構の解析 .  第59回歯科基礎医学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:長野  

  • 古川みなみ、塚原飛央、富田和男、高裕子、佐藤友昭 .  母子分離ストレスは雄性マウスにおいてGABA スイッチの時期を遅らせ,発達性障害様行動異常を誘発する .  第59回歯科基礎医学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:長野  

  • 塚原飛央、古川みなみ、富田和男、佐藤友昭 .  母子分離ストレスは雄性マウスにおいてGABAスイッチの時期を遅らせ、発達性障害様行動異常を誘発する .  第10回鹿児島神経科学研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島  

  • 北中順惠、北中純一、中野多絵、神取恭史、村谷和樹、村上綾香、田中康一、富田和男、塚原飛央、佐藤友昭、西山信好、竹村基彦 .  VMAT2阻害薬テトラベナジンはマウスにおけるモルヒネ誘導過運動を減弱するが鎮痛効果には影響しない .  第40回日本神経科学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉  

  • 田中康一、富田 和男、北中 順惠、北中 純一、塚原 飛央、佐藤 友昭、竹村 基彦、西山 信好 .  酸化ストレス障害におけるヌクレオシド輸送に対する細胞内カルシウムの影響 .  第40回日本神経科学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 北中純一、北中順惠、天津優紀恵、佐藤実歩、久富衣璃菜、喜多尾衣莉、中村美裕、田中康一、富田和男、塚原飛央、佐藤友昭、西山信好、竹村基彦 .  ヒスタミンH3受容体逆作動薬ピトリサントは、マウスにおいてH1受容体を介して覚せい剤誘導過運動を減弱する .  第40回日本神経科学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 古川みなみ、塚原飛央、富田和男、宮脇正一、佐藤友昭 .  幼少期ストレスが高次機能に及ぼす影響 .  第58回日本口腔機能学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 古川みなみ、塚原飛央、富田和男、田中康一、北中順恵、北中純一、竹村基彦、西山信好、宮脇正一、佐藤友昭 .  母子分離はKCC2のダウンレギュレーションによりGABA機能変化の時期を遅延する .  第90回日本薬理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 田中康一、富田和男、北中順恵、北中純一、塚原飛央、佐藤友昭、竹村基彦、西山信好 .  酸化ストレス障害におけるチミジン取り込みへ細胞内カルシウムの影響 .  第90回日本薬理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 塚原飛央、古川みなみ、富田和男、田中康一、北中順恵、北中純一、竹村基彦、西山信好、宮脇正一、佐藤友昭 .  17αエストラジオールは、反復ストレス負荷卵巣摘出マウスの海馬においてGPR30を介してSPAK-KCC2シグナルを制御する .  第90回日本薬理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 北中純一、北中順恵、中野多絵、神取恭史、村谷和樹、村上綾香、田中康一、富田和男、塚原飛央、佐藤友昭、西山信好、竹村基彦 .  テトラベナジンはマウスにおけるモルヒネ誘導過運動を減弱する .  第90回日本薬理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 北中順恵、北中純一、三村有美、久保田義朗、小倉紗耶香、岡田行矢、田中康一、富田和男、塚原飛央、佐藤友昭、西山信好、竹村基彦 .  マウスに対するメマンチンの中枢作用および末梢作用 .  第90回日本薬理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 富田 和男、 桑原 義和、 塚原 飛央、古川 みなみ、佐藤 友昭 .  細胞の酸化ストレス応答およびミトコンドリア動態について .  第二回 治療耐性がん細胞研究協議会セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 桑原 義和、漆原 佑介、富田 和男、佐藤 友昭、栗政 明弘、福本 学 .  これまでに分かった放射線耐性細胞の特徴とX線照射で誘発される細胞死 .  第二回 治療耐性がん細胞研究協議会セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 川畑義裕、富田和男、末永重明、河野一典、犬童寛子、佐藤強志、石田喬之、中村典史、嶋香織、仙波伊知郎、馬嶋秀行 .  頸部に発生した交感神経鞘腫の集学的画像所見 .  第34回日本歯科放射線学会関西九州合同地方会  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 川畑義裕、佐藤強志、馬嶋秀行、富田和男、河野一典、犬童寛子、末永重明 .  病変内部に石灰化物の形成を疑い観察した2例の画像所見 .  第19回日本歯科放射線学会臨床画像大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • Tsuyoshi Sato, Yoshihiro Kawabata, Kazuo Tomita, Hideyuki J Majima .  Interpretation of the Role of Transport Proteins in Scintigraphy .  Annual Meeting of the IADR Continental European Division  Annual Meeting of the IADR Continental European Division国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:イタリア  

    国際学会

  • 馬嶋秀行,犬童寛子,鈴木ひろみ,石岡憲昭,富田和男,桝田大輔,蓑部悦子,亀山正樹,岸田昭世,矢野幸子,永松愛子,谷垣文章,島津徹,今岡朝世,柴田恭子,安孫子宜光 .  ヒト神経細胞を用いたISS-Kibo宇宙実験 .  宇宙利用シンポジウム(第28回)  宇宙利用シンポジウム(第28回)

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

    その他

  • 馬嶋秀行、犬童寛子、富田和男、石岡憲昭、鈴木ひろみ、島津徹、矢野幸子、谷垣文章、永松愛子、桝田大輔、今岡朝世,柴田恭子,安孫子宜光、蓑部悦子、亀山正樹 .  宇宙放射線および微小重力がヒト神経細胞に及ぼす影響 .  宇宙生物科学会  宇宙生物科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • 犬童寛子,Sriburee Sompong,富田和男,松井裕史,小澤俊彦,馬嶋秀行 .  ケルセチンによってオートファジーが誘導される .  第64回日本酸化ストレス学会学術集会  第64回日本酸化ストレス学会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北海道  

    国内学会

  • 馬嶋秀行、竹内 亨、嶽崎 俊郎、秋葉澄伯、犬童寛子、富田和男、岩下洋一郎、市川 寛、南山幸子、内藤 裕二、吉川敏一、小澤俊彦、吉田浩己 .  長寿圏奄美におけるミトコンドリアDNA(mtDNA)コピー数、mtDNA突然変異率の解析 .  第11回日本抗加齢医学会総会  第11回日本抗加齢医学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都  

    国内学会

  • Hideyuki Majima, Hiroko P. Indo, Shigeaki Suenaga, Sompong Sriburee, Kazuo Tomita, Samlee Mankhetkorn, Tsuyoshi Kaneko, Hirofumi Matsui, Hsiu-Chuan Yen, Toshihiko Ozawa .  Quercetin Induces Autophagy in Rat Normal Gastromucosal Cell Line, RGM1. .  The 7th Conference of Asian Society for Mitochondrial Research and Medicine (ASMRM) and the 10th Conference of Japanese Society of Mitochondrial Research and Medicine (J-mit),  The 7th Conference of Asian Society for Mitochondrial Research and Medicine (ASMRM) and the 10th Conference of Japanese Society of Mitochondrial Research and Medicine (J-mit),国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡  

    国際学会

  • Hiroko P. Indo, Sompong Sriburee, Kazuo Tomita, Hirofumi Matsui, Hsiu-Chuan Yen, Toshihiko Ozawa and Hideyuki J. Majima .  Quercetin Induced Autophagy in Rat Gastric Mucosal Cells RGM1 and Its Tumor Cells RGK1 .  SFRBM’s 17th Annual Meeting  SFRBM’s 17th Annual Meeting国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:アメリカ合衆国  

    国際学会

  • Shigeaki Suenaga, Hiroko P Indo, Kazuo Tomita, Kosei Ijiri, Setsuro Komiyama, Takami Matsuyama, Hsiu-Chuan Yen, Masahiro Higuchi, Hirofumi Matsui, Toshihiko Ozawa, Hideyuki J Majima .  Nitric- and Oxidative Mitochondria Related Cell Death by Cytokines and its Prevention by Estrogen in Estrogen Receptor Expressed Rheumatoid Arthritis Synovial Fibroblasts. .  The 6th International Conference on the Biology, and Therapeutic Applications of Nitric Oxide  The 6th International Conference on the Biology, and Therapeutic Applications of Nitric Oxide国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都  

    国際学会

  • Tsuyoshi Sato, Yoshihiro Kawabata, Kazunori Kawano, Hiroko P. Indo, Shigeaki Suenaga, Hideyuki J Majima, Yoichiro Iwashita, and Kazuo Tomita .  Scintigraphy for Oral Malignant Lesions. .  IADR (International Association for Dental Research) General Session  IADR (International Association for Dental Research) General Session国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:スペイン  

    国際学会

  • Hideyuki J Majima, Hiroko P Indo, Hsiu-Chuan Yen, Kazuo Tomita, Sompong Sriburee, Samlee Mankhetkorn, Hirofumi Matsui, and Toshihiko Ozawa .  Regulation of Nrf2/Keap1 Signaling by Mitochondrial Generated Reactive Oxygen Species .  2009 MEPSA(Mutagenesis and Experimental Pathology Society of Australlasia) Annual Scientific Meeting  2009 MEPSA(Mutagenesis and Experimental Pathology Society of Australlasia) Annual Scientific Meeting招待 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:オーストラリア  

    国際学会

  • 馬嶋 秀行、犬童 寛子、富田 和男、岩下 洋一朗、鈴木 ひろみ、桝田 大輔、嶋津 徹、東端 晃、山崎 丘、矢野 幸子、石岡 憲昭 .  ヒト神経細胞における微小放射線被曝による遺伝子変化. .  日本放射線影響学会第52回大会  日本放射線影響学会第52回大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:広島  

    国内学会

  • Hideyuki J Majima, Hiroko P Indo, Kazuo Tomita, Yoichiro Iwashita, Hiromi Suzuki, Daisuke Masuda, Toru Shimazu, Akira Higashibata, Takashi Q Yamazaki, Sachiko Yano and Noriaki Ishioka .  Gene Expression Changes of Human Neuron-like Cell Line, NB-1 exposed to Low-Dose X-irradiation. .  日本宇宙生物科学会第23回大会  日本宇宙生物科学会第23回大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:茨城  

    国内学会

  • Hideyuki J Majima, Hiroko P Indo, Hsiu-Chuan Yen, Kazuo Tomita, Sompong Sriburee, Samlee Mankhetkorn, Hirofumi Matsui, and Toshihiko Ozawa .  Control of Nrf2/Keap1 Signaling by Mitochondrial Generated Reactive Oxygen Species. .  4th Cell Stress Society International (CSSI) Congress on Stress Responses in Biology and Medicine  4th Cell Stress Society International (CSSI) Congress on Stress Responses in Biology and Medicine招待 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:北海道  

    国際学会

  • Hideyuki J Majima, Hiroko P Indo, Kazuo Tomita, Yoichiro Iwashita, Hiromi Suzuki, Daisuke Masuda, Toru Shimazu, Akira Higashibata, Noriaki Ishioka .  Gene expression analysis by RT-PCR for human neuron-like cells exposed to cosmic rays .  17th IAA Humans in Space Symposium  17th IAA Humans in Space Symposium国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:ロシア  

    国際学会

  • Hideyuki J Majima, Hiroko P Indo, Hsiu-Chuan Yen, Kazuo Tomita, Sompong Sriburee, Samlee Mankhetkorn, Hirofumi Matsui, Toshihiko Ozawa .  Role of Mitochondrial Reactive Oxygen Species on Nrf2-Keap1 Signaling .  International Conference on Advances in Free Radical Research: Natural Products, Antioxidants and Radioprotectors & 8th Annual Meeting of the Society for Free Radical Research - India  International Conference on Advances in Free Radical Research: Natural Products, Antioxidants and Radioprotectors & 8th Annual Meeting of the Society for Free Radical Research - India招待 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:インド  

    国際学会

  • 犬童寛子、Sompong Sriburee、富田和男、馬嶋秀行 .  ラット正常胃粘膜上皮細胞および由来癌化細胞に対するケルセチン効果 .  第27回Cytoprootection 研究会  第27回Cytoprootection 研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都  

    研究会

  • 犬童寛子、Sompong Sriburee、富田和男、馬嶋秀行 .  ケルセチン処置におけるラット正常胃粘膜上皮細胞および由来癌細胞のMnSOD効果の差異 .  第18回「消化器とフリーラジカル」研究会  第18回「消化器とフリーラジカル」研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都  

    研究会

  • Hideyuki J Majima, Hiroko P Indo, Kazuo Tomita, Sompong Sriburee, Samlee Mankhetkorn, Hirofumi Matsui, Hsiu-Chuan Yen, and Toshihiko Ozawa .  Mitochondria regulate Nrf2-Keap1 signaling through its ROS generation .  NEUROCON-2009  招待 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:インド  

  • 馬嶋秀行、犬童寛子、富田和男、岩下洋一朗、鈴木ひろみ、桝田大輔、嶋津 徹、東端 晃、泉 龍太郎、長谷川洋一、石岡憲昭 .  宇宙線によるヒト神経細胞遺伝子の発現 .  宇宙利用シンポジウム(第25回)  宇宙利用シンポジウム(第25回)

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • Hiroko P Indo, Kazuo Tomita, Sompong Sriburee, Hirofumi Matsui,Toshihiko Ozawa, Hideyuki J Majima .  Antioxidative response in a rat gastric cells its transformed cell line RGK1 .  第8回日本ミトコンドリア学会年会  第8回日本ミトコンドリア学会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

    国内学会

  • Hiroko P Indo, Kazuo Tomita, Shigeaki Suenaga, Tsuyoshi Sato, Hsiu-Chuan Yen, Toshihiko Ozawa, Hideyuki J Majima .  Mitochondrial Signal Lacking Manganese Superoxide Dismutase Failed to Prevent Apoptosis by X-irradiation in a Human Hepatocellular Carcinoma Cell Line, HLE .  The 7th Asian Congress of Oral and Maxillofacial Radiology (ACOMFR 2008)  The 7th Asian Congress of Oral and Maxillofacial Radiology (ACOMFR 2008)国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:奈良  

    国際学会

  • 馬嶋秀行、犬童寛子、富田和男、岩下洋一朗、鈴木ひろみ、東端 晃、島津 徹、泉 龍太郎、石岡憲昭 .  宇宙線および微小重力は細胞内酸化ストレスを誘発する .  日本宇宙生物科学会第22回大会、  日本宇宙生物科学会第22回大会、

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:奈良  

    国内学会

  • 犬童寛子、富田和男、松井裕史、小澤俊彦、馬嶋秀行 .  ミトコンドリア由来活性酸素がNrf2-keap1系を調節する .  第8回日本抗加齢医学会総会  第8回日本抗加齢医学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 馬嶋秀行、犬童寛子、富田和男、松井裕史、小澤俊彦 .  酸化ストレスとミトコンドリア・アポトーシス .  第61回日本酸化ストレス学会学術集会  第61回日本酸化ストレス学会学術集会国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都  

    国際学会

  • Hideyuki J Majima, Hiroko P Indo, Kazuo Tomita, Yoichiro Iwashita, Hiromi Suzuki, Akira Higashibata, Noriaki Ishioka .  Involvement of Mitochondria and Downregulation of HSP and FOXM1 Gene Expressions in Low Dose Irradiation and Micro Gravity Exposure in Human Neuron-like Cell Lines, NB-1 and SK-N-SH. .  The 12th International Space University (ISU) Annual Symposium  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:フランス  

  • Hideyuki J. Majima, Hiroko P. Indo, Ikuo Nakanishi, Kazunori Anzai, Nobuo Ikota, Yoshito Tanaka, Shunsuke Koshio, Kazuo Tomita, Hsiu-Chuan Yen, and Toshihiko Ozawa .  ESR and cellular ROS scavenging tests show differential anti-oxidant ability among antioxidants .  International Conference On "Free Radicals & Natural Products in Health" & Seventh Annual Meeting of The Society for Free Radical Research  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:インド  

  • 馬嶋秀行、犬童寛子、富田和男、岩下洋一朗、鈴木ひろみ、東端 晃、嶋津 徹、石岡憲昭 .  宇宙線および微小重力による細胞内酸化ストレスの誘発 .  第24回宇宙利用シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

  • 末永重明, 犬童寛子, 富田和男, 佐藤強志, 馬嶋秀行 .  関節炎症性病変アポトーシスにおけるミトコンドリア発生活性酸素種の役割 .  第61回日本口腔科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年4月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:兵庫  

  • Hiroko P. Indo, Kazuo Tomita, Hsiu-Chuan Yen, Toshihiko Ozawa, and Hideyuki J. Majima .  No functional role of mitochondrial signal lacking manganese superoxide dismutase in prevention of apoptosis by X-irradiation in a human hepatocellular carcinoma cell line, HLE .  The 4th Annual Scientific Meeting of the Asian Society for Mitochondrial Research and Medicine (ASMRM)  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年2月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:韓国  

  • 馬嶋秀行(Majima Hideyuki),犬童寛子,富田和男,岩下洋一朗(Iwashita Yoichiro),鈴木ひろみ,東端晃,石岡憲昭 .  Gene Expression Change by Space Radiation Exposure and Estimation of their Risk using Human Neuron-like Cell Line, NB-1. .  The 11th International Space University (ISU) Annual Symposium  The 11th International Space University (ISU) Annual Symposium国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:フランス  

    国際学会

  • 馬嶋秀行(Majima Hideyuki),犬童寛子,富田和男,Hsiu-Chuan Yen,Toshihiko Ozawa .  Role of Manganese Superoxide Dismutase in Prevention of Apoptosis by X-irradiation in a Human Hepatocellular Carcinoma Cell Line, HLE. .  Indo-US Workshop on Mitochondrial Research and Medicine.  Indo-US Workshop on Mitochondrial Research and Medicine.招待 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年1月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:インド  

    国際学会

  • 馬嶋秀行(Majima Hideyuki),犬童寛子,Yoshito Tanaka,富田和男,Hsiu Chuan Yen,Toshihiko Ozawa .  Evaluation of Anti-oxidants by Mitochondrial ROS Generation-inhibitory Potential. .  Third Biennial Meeting of the Society for Free Radical Research -Asia (SFRR-Asia) & Sixth Annual Meeting of the Society for Free Radical Research -India (SFRR-India)  Third Biennial Meeting of the Society for Free Radical Research -Asia (SFRR-Asia) & Sixth Annual Meeting of the Society for Free Radical Research -India (SFRR-India)招待 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年1月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:インド  

    国際学会

  • 犬童寛子、富田和男、末永重明、下小野田一騎、竹之内剛、井尻幸成、Hsiu-Chuan Yen、松山隆美、小宮節郎、小澤俊彦、馬嶋秀行 .  143BとRho0細胞においてHumaninタンパクは放射線誘導ミトコンドリア由来活性酸素、脂質過酸化、アポトーシスを抑制する .  第6回日本ミトコンドリア学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神奈川  

  • 馬嶋秀行(Majima Hideyuki),犬童寛子,富田和男,岩下洋一朗(Iwashita Yoichiro),鈴木ひろみ,東端晃,石岡憲昭 .  ヒト神経細胞JEM搭載実験のための基礎的研究、ワークショップ国際宇宙ステーションJEM"搭載実験実現に向けて" .  日本放射線影響学会第49回大会  日本放射線影響学会第49回大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日本  

    国内学会

  • 馬嶋秀行(Majima Hideyuki),犬童寛子,富田和男,Hsiu-Chuan Yen,井尻幸成,松井裕史,小澤 俊彦 .  A Novel Peptide Humanin Protects against Apoptosis Induced by X-irradiation in 143B and the Rho0 Cells. .  International Society for Free Radical Research 13th Biennial Congress  International Society for Free Radical Research 13th Biennial Congress国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:スイス  

    国際学会

  • 梅北善久,吉田浩己,富田和男,馬嶋秀行,川口博明,犬童寛子 .  7,12-dimethylbenz(a)anthracene誘発ラット乳癌及び乳腺症の発生と進展について .  第14回日本乳癌学会学術総会  第14回日本乳癌学会学術総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:石川  

    国内学会

  • 犬童寛子、富田和男、下小野田一騎、竹之内剛、井尻幸成、小宮節郎、小澤俊彦、 馬嶋秀行 .  Humanin による放射線誘発アポトーシスの抑制 .  第28回日本フリーラジカル学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:滋賀  

  • 末永重明、犬童寛子、中島祐二、富田和男、佐藤強志、馬嶋秀行 .  エストロゲン依存性関節炎症性病変におけるエストロゲンレセプターの量の役割 .  第60回日本口腔科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:愛知  

  • Indo HP, Saigo K, Tomita K, Yen H-C, Hamahira S, Ozawa T, Majima HJ .  Post-X-ray Vitamin E Treatment Protects Cells against Mitochondrial ROS Generation, Lipid Peroxidation and Apoptosis .  SFRBM's 12th Annual Meeting  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:アメリカ合衆国  

  • 河野一典、濱平須美子、富田和男、川畑義裕、犬童寛子、岩下洋一朗、末永重明、佐藤強志、馬嶋秀行 .  Dental radiculomegalyを呈した3症例のエックス線学的検討 .  第10回臨床画像大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:宮城  

  • 犬童寛子、富田和男、小澤俊彦、馬嶋秀行 .  ミトコンドリアDNA障害及び電子伝達系阻害によりミトコンドリア内活性酸素発生が増大する .  第27回日本フリーラジカル学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山  

  • 富田和男、岩下洋一朗、犬童寛子、末永重明、佐藤強志、馬嶋秀行 .  低線量X 線照射による正常神経細胞への影響 .  第46 回日本歯科放射線学会総会  第46 回日本歯科放射線学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:新潟  

    国内学会

  • 馬嶋秀行(Majima Hideyuki),犬童寛子,富田和男,小澤俊彦 .  Vitamin E protects against intracellular oxidative stress induced by X-irradiation. .  International Conference on Antioxidants & Free Radicals in Health –Nutrition & radioprotectors and IV Annual Conference of Society for Free Radical Research in India (SFRR)  International Conference on Antioxidants & Free Radicals in Health –Nutrition & radioprotectors and IV Annual Conference of Society for Free Radical Research in India (SFRR)招待 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年1月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:インド  

    国際学会

  • Hiroko Indo, Kazuo Tomita, Hsiu-Chuan Yen, Toshihiko Ozawa, Hideyuki J Majima .  Mitochondrial Signal Lacking Manganese Superoxide Dismutase Failed to Prevent Cell Death by X-irradiation in a Human Hepatocellular Carcinoma Cell Line, HLE .  SFRBM'S 11th Annual Meeting  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:イギリス領バージン諸島  

  • 犬童寛子、富田 和男、末永 重明、佐藤 強志、岡田 淳徳、馬嶋 秀行 .  X線照射によるアポト-シスには照射後にミトコンドリアから生ずる活性酸素が重要な役割を果たす .  第45回日本歯科放射線学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:広島  

  • 犬童寛子,富田和男,岩下洋一朗,浦野泰照,長野哲雄,小澤俊彦,馬嶋秀行 .  ミトコンドリア移行シグナル欠損MnSODは放射線誘導細胞死を抑制しない .  第26回日本フリーラジカル学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:山形  

  • 犬童 寛子、富田和男、小澤俊彦、長野哲雄、馬嶋秀行 .  MnSODが放射線抵抗性を引き起こす .  第8回がん分子標的治療研究会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島  

  • SUENAGA Shigeaki, KAWATOKO Seigo, TOMITA Kazuo, INDO Hiroko P., Nagano T, Ozawa T, Matsuyama T, MAJIMA Hideyuki J. .  Prevention of nitric oxide formation and cell deaths by estrogen in estrogen receptor expressed rheumatoid arthritis fibroblasts .  The 3rd international conference on the Biology, Chemistry and Therapeutic Application of Nitric Oxide  The 3rd international conference on the Biology, Chemistry and Therapeutic Application of Nitric Oxide国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:奈良  

    国際学会

  • 馬嶋秀行(Majima Hideyuki),富田和男,岩下洋一朗(Iwashita Yoichiro),犬童寛子,石岡憲昭,東端晃,藤高和信 .  ヒト神経前駆細胞における低線量放射線照射効果-DNA アレイによる遺伝子活性変化- .  第20回宇宙利用シンポジウム  第20回宇宙利用シンポジウム

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • 犬童寛子、富田和男、岩下洋一朗、小松山加與、瀬月内健一、浦野泰照、長野哲雄、松岡由起、深作昇、小澤俊彦、馬嶋秀行 .  ミトコンドリア由来活性酸素の検出とビタミンEの効果 .  第3回日本ミトコンドリア研究会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:福岡  

  • 馬嶋秀行(Majima Hideyuki),犬童寛子,Masao Suzuki,Shizuko Kakinuma,Chizuru Yamaguchi,西郷和彦,富田和男,Hsiu-Chuan Yen,Ken-ichi Setsukinai,Yasuteru Urano,Tetsuo Nagano,Toshihiko Ozawa .  Post X-ray-Treatment by Vitamin E Protects Cells against Apoptosis .  International Joint Meeting on Food Factors and Free Radicals in Health & Disease (FFFR2003)  International Joint Meeting on Food Factors and Free Radicals in Health & Disease (FFFR2003)招待 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:日本  

    国際学会

  • Hiroko Indo, Mercy Davidson, Yasutoshi Koga, Kazuo Tomita, Hsiu-Chuan Yen, Ken-ichi Setsukinai, Yasuteru Urano, Tetsuo Nagano, Toshihiko Ozawa and Hideyuki J Majima .  Microscopic Evidence of ROS Generation from Mitochondria in DNA Damaged Cells .  10th Annual Meeting of Society for Free Radical Biology and Medicine (SFRBM)  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:アメリカ  

  • 馬嶋秀行(Majima Hideyuki),Mercy Davidson,犬童寛子,Yasutoshi Koga,富田和男,Hsiu-Chuan Yen,Ken-ichi Setsukinai,Yasuteru Urano,Tetsuo Nagano,Toshihiko Ozawa .  Intra-cellular ROS Detections in Mitochondria Damaged Cells .  10th International The Society of Pure and Applied Coordination Chemistry (SPACC) Symposium  10th International The Society of Pure and Applied Coordination Chemistry (SPACC) Symposium招待 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:ニュージーランド  

    国際学会

  • 馬嶋秀行(Majima Hideyuki),富田和男,Shizuko Kakinuma,岩下洋一朗(Iwashita Yoichiro),犬童寛子,Hsiu-Chuan Yen,Isamu Hayata,Toshihiko Ozawa .  Differential gene activation in mitochondrial DNA damaged cells .  1st Biennal Meeting of SFRR Asia  1st Biennal Meeting of SFRR Asia招待 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:韓国  

    国際学会

  • 犬童寛子、富田和男、岩下洋一朗、小松山加與、瀬月内健一、浦野泰照、長野哲雄、松岡由起、深作 昇、小澤俊彦、馬嶋秀行 .  放射線照射後細胞内に生ずる活性酸素の検出とビタミンEの効果 .  第25回日本フリーラジカル学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

  • 馬嶋秀行(Majima Hideyuki),Mercy Davidson,犬童寛子,Yasutoshi Koga,富田和男,Hsiu-Chuan Yen,Ken-ichi Setsukinai,Yasuteru Urano,Tetsuo Nagano,Toshihiko Ozawa .  Differential Expressions of ROS in Mitochondria DNA deletion Cybrids .  MITOCHONDRIA 2003  MITOCHONDRIA 2003国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:アメリカ合衆国  

    国際学会

  • 富田和男、柿沼志津子、岩下洋一郎、犬童寛子、小澤俊彦、馬嶋秀行 .  DNAマイクロアレイ法を用いたρ0細胞における遺伝子発現変化 .  第2回日本ミトコンドリア研究会年会  第2回日本ミトコンドリア研究会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 富田和男、岩下洋一朗、犬童寛子、早田勇、小沢俊彦、馬嶋秀行 .  Effect of Low Dose X-ray Irradiation on Human Neuronal Progenitor Cell .  9th Annual Meeting of the Oxygen Society  9th Annual Meeting of the Oxygen Society国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:アメリカ合衆国  

    国際学会

  • 馬嶋秀行(Majima Hideyuki),Futoshi Hirai,富田和男,Shigeatsu Motoori,犬童寛子,Hirotoshi Kato,Hsiu-Chuan Yen,Toshihiko Ozawa,Tetsuo Nagano .  Cell Death by Reoxygenation is prevented by Mitochondrial Manganese Superoxide in a Human Pancreatic Cancer Cell Line, KP4 .  11th Meeting of the Society for Free Radical Research International  11th Meeting of the Society for Free Radical Research International国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:フランス  

    国際学会

  • 馬嶋秀行(Majima Hideyuki),Takami Kato,Hsiu-Chuan Yen,Y. Yamaguchi,富田和男,河野一典,犬童寛子 .  Induction of Radio-resistance by a Long-term Preculture with Low-dose Chemotherapeutic Agents in Seven Head and Neck Squamous Cell Carcinoma Cell Lines. .  The 4th Asian Congress of Oral and Maxillo-Facial Radiology  The 4th Asian Congress of Oral and Maxillo-Facial Radiology国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:台湾  

    国際学会

  • 馬嶋秀行(Majima Hideyuki),本告成淳,富田和男,犬童寛子,小澤俊彦,長野哲雄 .  MnSODを過剰発現させた肝細胞癌培養細胞の放射線によるNO及び酸化ストレス発現 .  第2回日本NO学会学術集会  第2回日本NO学会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 富田和男、平井 太、柿沼志津子、犬童寛子、小澤俊彦、長野哲雄、馬嶋秀行 .  ヒト膵癌細胞における酸化的ストレス起因アポトーシスの抑制におけるMnSODの細胞内局在部位の重要性 .  第24回日本フリーラジカル学会  第24回日本フリーラジカル学会国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

    国際学会

  • 馬嶋秀行、平井 太、富田和男、柿沼志津子、加藤博敏、犬童寛子、小澤俊彦 .  ミトコンドリアシグナル欠損マンガンスーパーオキサイドディスムターセによる低酸素再酸素化に対する効果の阻止 .  第1回日本ミトコンドリア研究会年会  第1回日本ミトコンドリア研究会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年1月 - 2002年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神奈川  

  • 桑原 義和, 富田 和男, 五十嵐 健人, 佐藤 友昭, 栗政 明弘, 福本 学 .  X線照射で誘発されるがん細胞の細胞死(What is the mode of cell death after exposure to X-rays in cancer cells?) .  日本癌学会総会記事  2019年9月  日本癌学会

  • 五十嵐健人, 富田和男, 佐藤友昭 .  X線照射がラット胎児由来神経細胞のGABA応答に及ぼす影響の解析 .  第12回桜ヶ丘地区基礎系研究発表会  2019年3月 

  • Kitanaka Nobue, Nakamura Miyu, Tagami Kenta, Tanaka Koh-ichi, Tomita Kazuo, Tsukahara Takao, Sato Tomoaki, Nishiyama Nobuyuki, Hall F. Scott, Uhl George R., Takemura Motohiko, Kitanaka Junichi, Amatsu Yukie, Ozawa Rena, Sato Miho, Hashimoto Kotaku, Hisatomi Erina, Kitao Eri, Mimura Mari .  Histamine H<sub>3</sub> receptor inverse agonists alleviate methamphetamine-induced behavioral abnormalities in mice via histamine H<sub>1</sub> receptors .  日本薬理学会年会要旨集  2018年  公益社団法人 日本薬理学会

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    <p><u>Background</u>: Due to its highly addictive properties, and the adverse consequences associated with acute and chronic use of methamphetamine (METH), effective treatments for METH dependence are needed. Unfortunately, various attempts at pharmacotherapy trials have yielded unpromising and inconsistent results using medications developed to date. Several novel alternative approaches have been a matter of intense investigation more recently, including dopamine D<sub>3</sub> receptor antagonists and partial agonists, and manipulations of brain histamine systems. The later possibility is addressed in this presentation.</p><p><u>Methods</u>: We investigated whether pretreatment with histamine H<sub>3</sub> receptor inverse agonists such as pitolisant and JNJ-10181457 affected METH-induced hyperlocomotion and stereotypy in male ICR mice. Locomotor activity was measured by Animex Auto. Quantification of the incidence of stereotyped behavior was made by trained observers blinded to the experimental conditions.</p><p><u>Results</u>: A single administration with METH (3 mg/kg, i.p.) induced hyperlocomotion in mice. Pretreatment of mice with pitolisant or JNJ-10181457 showed a significant reduction of the hyperlocomotion induced by METH, as compared with vehicle- (saline) pretreated subjects. No significant change in locomotion was observed in mice pretreated with H<sub>3</sub> receptor inverse agonists alone. Pretreatment with pitolisant or JNJ-10181457 prior to a high-dose METH (10 mg/kg, i.p.) significantly decreased the intensity of stereotyped behaviors and increased its latency of onset in a dose-dependent manner. The pitolisant action on METH-induced hyperlocomotion was completely abolished by a histamine H<sub>1</sub> receptor antagonist pyrilamine, but not by a brain-penetrating histamine H<sub>2</sub> receptor antagonist zolantidine.</p><p><u>Conclusions</u>: These observations suggest that pretreatment with H<sub>3</sub> receptor inverse agonists attenuate METH-induced behavioral abnormalities via the histamine receptor subtype H<sub>1</sub>, but not H<sub>2</sub>, and support the idea that activation of brain histamine systems may be a good strategy for the development of agents which treat METH abuse and dependence.</p>

  • Tsukahara Takao, Furukawa Minami, Tomita Kazuo, Tanaka Koh-ichi, Kitanaka Nobue, Kitanaka Junichi, Takemura Motohiko, Nishiyama Nobuyoshi, Miyawaki Shouichi, Sato Tomoaki .  17α-エストラジオールは繰り返しストレス下に置かれたOVXマウスの海馬においてGPR30を介したSPAK-KCC2活動を調節する(17α-estradiol regulates SPAK-KCC2 activity via GPR30 in the hippocampus of repeated stressed OVX mice) .  Journal of Pharmacological Sciences  2017年3月  (公社)日本薬理学会

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  • Kitanaka Junichi, Kitanaka Nobue, Nakano Tae, Kandori Takashi, Muratani Kazuki, Murakami Ayaka, Tanaka Koh-ichi, Tomita Kazuo, Tsukahara Takao, Sato Tomoaki, Nishiyama Nobuyoshi, Takemura Motohiko .  マウスにおいてtetrabenazineはmorphineが誘発する自発運動亢進を減弱させる(Tetrabenazine attenuates morphine-induced hyperlocomotion in mice) .  Journal of Pharmacological Sciences  2017年3月  (公社)日本薬理学会

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  • Tanaka Koh-ichi, Tomita Kazuo, Kitanaka Nobue, Kitanaka Junichi, Tsukahara Takao, Sato Tomoaki, Takemura Motohiko, Nishiyama Nobuyoshi .  細胞内カルシウムイオンが酸化ストレス障害によって誘発されるthymidine取り込みに及ぼす影響(Influence of intracellular calcium ion on oxidative stress injury-induced thymidine incorporation) .  Journal of Pharmacological Sciences  2017年3月  (公社)日本薬理学会

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  • 五十嵐 健人, 富田 和男, 佐藤 友昭 .  加味逍遙散は隔離飼育マウスの噛みつき行動を低減する .  日本東洋医学雑誌  2021年7月  (一社)日本東洋医学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • Kitanaka Nobue, Kitanaka Junichi, Mimura Yumi, Kubota Yoshiro, Ogura Sayaka, Okada Yukiya, Tanaka Koh-ichi, Tomita Kazuo, Tsukahara Takao, Sato Tomoaki, Nishiyama Nobuyoshi, Takemura Motohiko .  マウスにおけるmemantineの中枢性および末梢性作用(The central and peripheral effects of memantine in mice) .  Journal of Pharmacological Sciences  2017年3月  (公社)日本薬理学会

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  • 新納 彩子, 大野 幸, 富田 和男, 倉本 恵梨子, 中村 渉, 杉村 光隆 .  急性持続性疼痛の動物モデルを用いた、三叉神経支配領域における痛みの日内変動の解析(Diurnal variation in trigeminal pain sensitivity in mice) .  Journal of Oral Biosciences Supplement  2021年10月  (一社)歯科基礎医学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 富田 和男, 五十嵐 健人, 佐藤 友昭 .  歯周病菌由来LPS処理による神経系細胞のミトコンドリアへの影響(Effect on mitochondria by periodontal disease-derived LPS treatment in PC-12 cells) .  Journal of Oral Biosciences Supplement  2021年10月  (一社)歯科基礎医学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 富田 和男, 松本 卓也, 五十嵐 健人, 佐藤 友昭 .  神経系細胞であるPC-12細胞において歯周病菌由来LPSによるKCC2減少は加味逍遙散と加味帰脾湯により回復する .  日本東洋医学雑誌  2022年5月  (一社)日本東洋医学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 高 裕子, 遠山 祥子, 富田 和男, 星加 知宏, 佐藤 友昭, 西谷 佳浩 .  歯髄細胞へのストレスはアクアポリン9の発現を低下させる .  特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集  2022年5月  (NPO)日本歯科保存学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 大原 由紀子, 富田 和男, 佐藤 友昭, 杉村 光隆 .  歯周病菌由来LPSはミトコンドリア活性の低下を介してKCC2を減少させるが加味逍遙散または加味帰脾湯によりその発現減少を回復させる .  日本歯科麻酔学会雑誌  2022年9月  (一社)日本歯科麻酔学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 大原 由紀子, 古川 紗圭, 五十嵐 健人, 野口 和行, 杉村 光隆, 富田 和男, 佐藤 友昭 .  PC-12細胞において加味逍遙散または加味帰脾湯はWNK-SPAK経路を介して歯周病菌由来LPS処理によるKCC2発現減少を回復させる(Kamishoyosan and Kamikihito enhance WNK-SPAK signaling and rescue the decreased KCC2 expression by the P gingivalis LPS treatment in PC-12 cells) .  Journal of Oral Biosciences Supplement  2022年9月  (一社)歯科基礎医学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 富田 和男, 五十嵐 健人, 北中 純一, 北中 順惠, 田中 康一, 佐藤 友昭 .  歯周病菌由来LPSによる神経機能障害に対する加味逍遙散と加味帰脾湯の効果 .  和漢医薬学会学術大会要旨集  2023年8月  (一社)和漢医薬学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 富田 和男, 五十嵐 健人, 佐藤 友昭 .  歯周病原菌由来LPSによる神経炎症への加味逍遙散,加味帰脾湯の効果 .  歯科薬物療法  2023年4月  (一社)日本歯科薬物療法学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 高橋 将世, 上川 善昭, 富田 和男, 佐藤 友昭 .  ヒト細胞に対する銀ナノ粒子曝露効果 .  歯科薬物療法  2023年4月  (一社)日本歯科薬物療法学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 大原 由紀子, 佐藤 友昭, 富田 和男, 杉村 光隆 .  加味逍遙散と加味帰脾湯はRAGEを介して直接または間接的に神経成熟を制御する .  日本歯科麻酔学会雑誌  2023年9月  (一社)日本歯科麻酔学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 高 裕子, 達山 祥子, 富田 和男, 星加 知宏, 佐藤 友昭, 西谷 佳浩 .  歯髄細胞における炎症刺激とミトコンドリア機能との関係 .  特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集  2023年10月  (NPO)日本歯科保存学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

▼全件表示

受賞

  • ベストリサーチャー賞 (2021年度)

    2022年12月   鹿児島大学  

  • ベストリサーチャー賞 (2020年度)

    2021年12月   鹿児島大学  

  • ベストリサーチャー賞 (鹿児島大学歯学部より)

    2020年9月   鹿児島大学  

  • 鹿児島大学歯学部同窓会奨励賞

    2018年11月   鹿児島大学歯学部同窓会   放射線/薬剤耐性がん細胞における過酸化水素耐性機構の解析

    富田和男

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 学術発表賞(野井倉武憲賞)

    2005年5月   日本歯科放射線学会   低線量X線照射による正常神経細胞への影響

    富田 和男

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • Travel award

    2002年11月   The oxigen society   Effect of Low Dose X-ray Irradiation on Human Neuronal Progenitor Cell

    富田 和男

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:アメリカ合衆国

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • 放射線・薬剤抵抗性を制御する細胞膜脂質過酸化と細胞内小器官とのクロストーク

    2019年4月 - 2022年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

  • ミトコンドリアDNA傷害細胞におけるストレス応答とその制御

    2016年4月 - 2019年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

  • 低線量放射線による細胞の放射線適応応答メカニズムの解明

    2012年4月 - 2014年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

  • ミトコンドリアDNA突然変異の蓄積と長寿・老化との因果関係の解明

    2006年4月 - 2008年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

  • がん細胞における放射線抵抗性の可逆性を利用した放射線抵抗性因子の総合的探索

    研究課題/領域番号:22K12379  2022年4月 - 2025年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    桑原 義和, 佐藤 友昭, 富田 和男, 栗政 明弘

      詳細を見る

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

  • アクアポリンを制御するミトコンドリア移植法による新しい歯髄保存・再生療法の開発

    研究課題/領域番号:21K09919  2021年4月 - 2025年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    高 裕子, 佐藤 友昭, 西谷 佳浩, 富田 和男, 達山 祥子

      詳細を見る

    配分額:4030000円 ( 直接経費:3100000円 、 間接経費:930000円 )

    本研究では、「水チャネルであるアクアポリン(AQP)の発現が、歯髄細胞等における炎症刺激によるミトコンドリア機能低下を介して亢進し、歯髄炎進行を促進する」との仮説を立証し、ミトコンドリア移植による歯髄、歯周組織の新しい保存・再生療法の開発を行うことを目的としている。
    2021年度は、材料としてヒト歯髄由来細胞(DPCs)とヒト歯根膜線維芽細胞(HPLF)を用いて、炎症刺激によるAQP発現機構とミトコンドリア機能評価の検討を行った。各細胞に過酸化水素による酸化ストレス処理または歯周病菌由来のリポ多糖 (LPS)処理を1時間行い、処理後48時間の細胞生存率をCCK-8にて、処理後2時間の遺伝子発現変化を定量PCRにて解析した。定量PCRは、AQP8,9 、炎症性マーカーのCOX2、ミトコンドリア機能タンパク質であるプロヒビチン(PHB)1, 2について行った。その結果、DPCsとHPLFに過酸化水素処理を行うと、25マイクロM以上の濃度で未処理に比べ細胞生存率に有意な低下がみられた。 またDPCsとHPLFでは,DPCsの方が過酸化水素に感受性を示した。 DPCsにおいて50マイクロMで過酸化水素処理を行った後の遺伝子発現変化を調べたところ、AQP8については有意な差は見られなかったが、COX2では有意に上昇、AQP9、PHB1, 2では有意な減少が見られた。LPS処理を行うと、DPCsにおいて濃度依存的に細胞生存率の有意な低下が見られた。10マイクロMの濃度でLPS処理を行ったDPCsにおいては、COX2の有意な発現上昇は見られなかったが、AQP8, 9、PHB1, 2の遺伝子発現は有意に減少していた。これらの結果は、外部からのストレスに抵抗するための反応であると考えられ、AQP発現やミトコンドリア機能の変化がストレス抵抗性を制御する重要な因子であることが示唆された。

▼全件表示

 

担当経験のある授業科目

  • 歯科薬理学

    機関名:鹿児島大学

  • 歯科薬理学

    機関名:鹿児島医療福祉専門学校

  • 研究実践

    機関名:鹿児島大学

  • 初年次セミナー

    機関名:鹿児島大学

  • 歯科医学入門

    機関名:鹿児島大学

  • 歯科放射線学

    機関名:鹿児島大学

  • 国際医療人育成学III

    機関名:鹿児島大学

  • 歯科放射線学

    機関名:鹿児島医療福祉専門学校, 鹿児島歯科学院専門学校

  • 解剖学

    機関名:鹿児島医療技術専門学校

  • 基礎生物学実習

    機関名:鹿児島大学

  • 解剖学

    機関名:鹿児島医療技術専門学校

▼全件表示