基本情報

写真a

髙嶋 博

TAKASHIMA Hiroshi


職名

教授

研究分野・キーワード

遺伝性ニューロパチー 神経原性筋萎縮症 脊髄小脳変性症 プリオン病 CMT

ホームページ

http://www.kufm.kagoshima-u.ac.jp/~intmed3/

プロフィール

遺伝性神経疾患の原因同定とそのメカニズムの検討遺伝性ニューロパチー 神経原性筋萎縮症 脊髄小脳変性症Charcot- Marie-Tooth 病 プリオン病 ミトコンドリア病筋ジストロフィー HAM HTLV-I関連脊髄症 新規感染性脳炎

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 医歯学域医学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 神経病学講座 神経内科・老年病学分野,教授,2010年01月 ~ 継続中

  • 鹿児島大学 医歯学域附属病院 附属病院 診療センター 脳・神経センター, ,2010年01月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本人類遺伝学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本脳卒中学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本末梢神経学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本神経治療学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 米国人類遺伝学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 人類遺伝学

  • 分子生物学

  • 神経内科学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Charcot-Marie-Tooth Disease With a Mutation in FBLN5 Accompanying With the Small Vasculitis and Widespread Onion-Bulb Formations,J Neurol Sci. ,410巻 ,2020年03月,Yamagishi Y, Samukawa M, Kuwahara M, Takada K, Saigoh K, Mitsui Y, Oka N, Hashiguchi A, Takashima H, Kusunoki S.

    DOI:doi.org/10.1016/j.jns.2019.116623,研究論文(学術雑誌),査読有り,単著

  • 英語,Analysis of Spinal Muscular Atrophy-Like Patients by Targeted Resequencing ,Brain Dev. ,42巻 2号 (頁 148 ~ 156) ,2020年02月,Hosokawa S, Kubo Y, Arakawa R, Takashima H, Saito K.

    DOI:doi.org/10.1016/j.braindev.2019.10.008,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Clinical Characterization of Definite Autoimmune Limbic Encephalitis: A 30-case Series,Internal Medicine ,58巻 23号 (頁 3369 ~ 3378) ,2019年12月, Shojima Yuri, Nishioka Kenya, Watanabe Masao, Jo Takayuki, Tanaka Keiko, Takashima Hiroshi, Noda Kazuyuki, Okuma Yasuyuki, Urabe Takao, Yokoyama Kazumasa, Hattori Nobutaka

    DOI:doi.org/10.2169/internalmedicine.3029-19,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Muscle pathology of hereditary motor and sensory neuropathy with proximal dominant involvement with TFG mutation.,Muscle Nerve.,60巻 6号 (頁 739 ~ 744) ,2019年12月,Yamashita S, Kimura E, Zhang Z, Tawara N, Hara K, Yoshimura A, Takashima H, Ando Y.

    DOI:10.1002/mus.26683,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Long-read sequencing identifies GGC repeat expansions in NOTCH2NLC associated with neuronal intranuclear inclusion disease.,Nature genetics,51巻 8号 (頁 1215 ~ 1221) ,2019年08月,Sone Jun, Mitsuhashi Satomi, Fujita Atsushi, Mizuguchi Takeshi, Hamanaka Kohei, Mori Keiko, Koike Haruki, Hashiguchi Akihiro, Takashima Hiroshi, Sugiyama Hiroshi, Kohno Yutaka, Takiyama Yoshihisa, Maeda Kengo, Doi Hiroshi, Koyano Shigeru, Takeuchi Hideyuki, Kawamoto Michi, Kohara Nobuo, Ando Tetsuo, Ieda Toshiaki, Kita Yasushi, Kokubun Norito, Tsuboi Yoshio, Katoh Kazutaka, Kino Yoshihiro, Katsuno Masahisa, Iwasaki Yasushi, Yoshida Mari, Tanaka Fumiaki, Suzuki Ikuo K, Frith Martin C, Matsumoto Naomichi, Sobue Gen

    DOI:10.1038/s41588-019-0459-y,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,脳神経内科医のための末梢神経・筋疾患、診断トレーニング,南江堂,2019年05月,橋口昭大,髙嶋 博

    単行本(学術書),診断トレーニング~症例問題と実臨床での対応~ 末梢神経障害 Case9,分担執筆

  • 日本語,神経疾患最新の治療 2018-2020,南江堂,2018年01月,松浦英治,髙嶋 博

    単行本(学術書),HTLV-1関連脊髄症,分担執筆

  • 日本語,神経内科ClinicalQuestion&Pearls 末梢神経疾患,中外医学社,2018年01月,岡本裕嗣,髙嶋 博

    単行本(学術書),遺伝子を調べれば遺伝性末梢神経障害は診断できますか?,分担執筆

  • 日本語,内科学書,中山書店,2013年10月,髙嶋博

    教科書,遺伝性運動感覚性ニューロパチー,分担執筆

  • 日本語,Annual Review 神経2013,中外医学社,2013年01月,岡本裕嗣、髙嶋博

    単行本(学術書),高CK血症を伴う新しいミトコンドリア病,分担執筆

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 日本語,神経疾患治療の進歩 2017】脊髄小脳変性症の治療の進歩,日本神経治療学会,神経治療学,35巻 5号 (頁 605 ~ 608) ,2018年09月,﨑山雄介,髙嶋 博

    DOI:10.15082/jsnt.35.5_605,総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,【ニューロパチー-Basics & Updates】遺伝性ニューロパチー Charcot-Marie-Tooth病,中外医学社,Clinical neuroscience,36巻 9号 (頁 1066 ~ 1070) ,2018年09月,岡本裕嗣,髙嶋 博

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,【脳炎・脳症・脊髄症の新たな展開】子宮頸がんワクチンに関連した自己免疫性脳症,科学評論社,神経内科,89巻 3号 (頁 313 ~ 318) ,2018年09月,荒田 仁,髙嶋 博

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,脳炎・脳症・脊髄症の新たな展開 ヒトパピローマウイルスワクチン接種後の神経症状は、なぜ心因性疾患と間違われるのか,日本神経治療学会,神経治療学,35巻 4号 (頁 536 ~ 542) ,2018年07月,髙嶋 博

    DOI:doi.org/10.15082/jsnt.35.4_536,総説・解説(学術雑誌),単著

  • 日本語,本年の動向 Whole exome sequencingでわかること,中外医学社,Annual Review神経2018 (頁 75 ~ 81) ,2018年01月,樋口雄二郎,髙嶋 博

    総説・解説(学術雑誌),本年の動向 Whole exome sequencingでわかること,共著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(B),2018年04月 ~ 2021年03月,charcot-MarieーTooth病の分子遺伝学的アプローチによる病態解明,髙嶋 博

研究発表 【 表示 / 非表示

  • The 63rd Annual Meeting of the American society of human genetics Annnual meeting 2013,国際会議,2013年10月,ボストン(アメリカ),Neurofilament light gene mutation causes hereditary motor and sensory neuropathy with pyramidal signs.,その他

  • 第54回日本神経学会学術大会シンポジウム講演,国内会議,2013年05月,東京都,沖縄型神経原性筋萎縮症(HMSN-P)の疾患概念の確立と歴史,その他

  • 第54回日本神経学会学術大会,国内会議,2013年05月,東京,ST合剤が奏功した新しい感染性脳炎の原因究明,その他

  • 62nd Annual Meeting on American Society of Human Genetics 2012,国際会議,2012年11月,San Francisco, U. S. A.,Alanyl-t RNA synthetase mutation in dominant distal hereditary motor neuropathy and Charcot-Marie-Tooth disease.,その他

  • 第30回日本神経治療学会総会教育講演,国内会議,2012年11月,北九州市,遺伝性ニューロパチー概要 ―診療に役立つ知識から分子病態まで―,その他

全件表示 >>