基本情報

写真a

川口 博明

KAWAGUCHI Hiroaki


研究分野・キーワード

マイクロミニピッグ、ラット、乳癌、DMBA、内分泌かく乱化学物質

ホームページ

http://www.kufm.kagoshima-u.ac.jp/~eisei001/index.html

プロフィール

○マイクロミニピッグ(Microminipig: MMPig)の実験動物としての開発○マイクロミニピッグ動脈硬化モデルの開発○7,12-dimethlbenz(a)anthracene (DMBA)化学発癌物質を用いたラット乳癌の研究○内分泌かく乱化学物質と乳癌発生との関連に関する研究

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 内閣府食品安全委員会,専門委員,2010年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 食品安全委員会(農薬専門調査会),2010年04月 ~ 継続中,日本国

  • 国際毒性病理用語・診断基準統一化ミニブタワーキンググループ,2013年01月 ~ 継続中,日本国

  • 日本獣医学会(評議員),2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本獣医病理学会(評議員),2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本毒性病理学会(評議員),2015年10月 ~ 継続中,日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 実験病理学

  • 実験動物学

  • 毒性病理学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Estrus synchronization in microminipig using estradiol dipropionate and prostaglandin F2α.,J Reprod Dev,62巻 4号 (頁 373 ~ 378) ,2016年08月,Michiko Noguchi, Tomonobu Ikedo, Hiroaki Kawaguchi and Akihide Tanimoto

    研究論文(学術雑誌),査読有り,単著

  • 英語,In situ detection of GM1 and GM2 gangliosides using immunohistochemical and immunofluorescent techniques for auxiliary diagnosis of canine and feline gangliosidoses.,BMC Vet Res,12巻 1号 (頁 67 ~ ) ,2016年03月,Moeko Kohyama, Akira Yabuki, Kenji Ochiai, Yuya Nakamoto, Kazuyuki Uchida, Daisuke Hasegawa, Kimimasa Takahashi, Hiroaki Kawaguchi, Masaya Tsuboi and Osamu Yamato

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 日本語,犬の輸送ストレス軽減のための新規鍼治療の試み.,日本獣医師会雑誌,69巻 3号 (頁 143 ~ 146) ,2016年03月,川口博明, 笹竹 洋, 野口倫子, 秋岡幸兵, 三浦直樹, 武石嘉一朗, 堀内正久, 谷本昭英.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Enteric lactoferrin attenuates the development of high-fat and high-cholesterol diet-induced hypercholesterolemia and atherosclerosis in Microminipigs.,Biosci Biotechnol Biochem,80巻 2号 (頁 295 ~ 303) ,2016年02月,Satoru Morishita, Hiroaki Kawaguchi, Tomoji Ono, Naoki Miura, Michiaki Murakoshi, Keikichi Sugiyama, Hisanori Kato, and Akihide Tanimoto

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Microminipigs as a new experimental animal model for toxicological studies: comparative pharmacokinetics of perfluoroalkyl acids. ,J Appl Toxicol,36巻 (頁 68 ~ 75) ,2016年01月,Keerthi S. Guruge, Michiko Noguchi, Koji Yoshioka, Eriko Yamazaki, Sachi Taniyasu, Miyako Yoshioka, Noriko Yamanaka, Mitsutaka Ikezawa, Nobuhiko Tanimura, Masumi Sato, Nobuyoshi Yamashita and Hiroaki Kawaguchi.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,第7章炎症(p145)および第11章環境性疾患(毒性病理学の基礎)(pp246-251),「動物病理学総論」第3版・文永堂出版(東京).,2013年04月,川口博明執筆, 日本獣医病理学会編.

    単行本(学術書),共著

  • 日本語,2-2-6.天然起源の単ドメイン抗体:アルパカ由来VHH抗体.,新機能抗体開発HB,2012年12月,萩原義久、宮崎誠生、川口博明、小島敏之

    単行本(学術書),共著

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 日本語,第三の家畜:実験動物としてのミニブタ ―世界最小のマイクロミニピッグ―.,病理と臨床,32巻 1号 (頁 92 ~ 96) ,2014年01月,谷本昭英, 川口博明, 野口倫子, 三浦直樹, 大竹正剛.

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,第三の家畜:実験動物としてのミニブタ ―ブタの研究利用の現状―.,病理と臨床,30巻 11号 (頁 1276 ~ 1279) ,2012年11月,谷本昭英, 川口博明.

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,学術コラム(マイクロミニピッグ動脈硬化症モデル). ,日本獣医病理学会/日本獣医病理学専門家協会 会報 [JSVP/JCVP NEWSLETTER …April 2010].4月号号 (頁 10 ~ 12) ,2010年04月,川口博明.

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 日本語,新生仔期男性ホルモン投与雌ラットにおけるDMBA誘発乳癌および乳腺症への高用量エストロゲン投与で誘発される授乳および卵巣摘除の影響. (特別寄稿),九州実験動物雑誌 25: 7-14, 2009.,25巻 (頁 7 ~ 14) ,2009年11月,川口博明.

    総説・解説(学術雑誌),単著

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2016年04月 ~ 2019年03月,マイクロミニピッグ動脈硬化モデルを用いた葉酸欠乏による梗塞促進の機序解明

  • 基盤研究(C),2013年04月 ~ 2016年03月,医療機器開発のための動脈硬化マイクロミニピッグの作出

研究発表 【 表示 / 非表示

  • The 3rd International Symposium on Triglyceride Deposit Cardiomyovasculopathy and Neutral Lipid Storage Disease.,国際会議,2015年03月,TKP Garden City Shinagawa (Tokyo, Japan),Development of Diabetes Mellitus Model in Novel Microminipig.,その他

  • 全国獣医病理学教員交流会,その他,2015年03月,大阪府立大学中百舌鳥キャンパス(大阪),バーチャルスライドを用いた獣医病理学教育,その他

  • The 3rd International Symposium on Triglyceride Deposit Cardiomyovasculopathy and Neutral Lipid Storage Disease.,国際会議,2015年03月,TKP Garden City Shinagawa (Tokyo, Japan),The world smallest Microminipigs, a novel atherosclerosis-prone miniature pigs: its characteristics and perspectives.,その他

  • 第157回日本獣医学会学術集会.,国内会議,2014年09月,北海道大学(札幌市),犬の肝細胞癌特異的microRNAの発現変化解析.,その他

  • 第157回日本獣医学会学術集会.,国内会議,2014年09月,北海道大学(札幌市),プロピオン酸エストラジオールを用いたマイクロミニピッグの偽妊娠誘起.,その他

全件表示 >>