基本情報

写真a

川口 博明

KAWAGUCHI Hiroaki


研究分野・キーワード

マイクロミニピッグ、ラット、乳癌、DMBA、内分泌かく乱化学物質

ホームページ

http://www.kufm.kagoshima-u.ac.jp/~eisei001/index.html

プロフィール

○マイクロミニピッグ(Microminipig: MMPig)の実験動物としての開発○マイクロミニピッグ動脈硬化モデルの開発○7,12-dimethlbenz(a)anthracene (DMBA)化学発癌物質を用いたラット乳癌の研究○内分泌かく乱化学物質と乳癌発生との関連に関する研究

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 内閣府食品安全委員会,専門委員,2010年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 食品安全委員会(農薬専門調査会),2010年04月 ~ 継続中,日本国

  • 国際毒性病理用語・診断基準統一化ミニブタワーキンググループ,2013年01月 ~ 継続中,日本国

  • 日本獣医学会(評議員),2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本獣医病理学会(評議員),2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本毒性病理学会(評議員),2015年10月 ~ 継続中,日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 実験病理学

  • 実験動物学

  • 毒性病理学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Effects of Diets with Different Proportions of Protein/Carbohydrate on Retinal Manifestations in db Mice.,In Vivo,32巻 2号 (頁 265 ~ 272) ,2018年03月,Emi Arimura, Hideaki Okatani, Tomoaki Arai, Miharu Ushikai, Miwa Nakanura, Masaharu Abe, Hiroaki Kawaguchi, Hiroyuki Izumi and Masahisa Horiuchi

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Effects of Dietary and Lighting Conditions on Diurnal Locomotor Activity and Body Temperature in Microminipigs.,In Vivo,32巻 1号 (頁 55 ~ 62) ,2018年01月,Kaichiro Takeishi, Hiroaki Kawaguchi, Kohei Akioka, Michiko Noguchi, Emi Arimura, Masaharu Abe, Miharu Ushikai, Shinobu Okita, Akihide Tanimoto and Masahisa Horiuchi.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Targeted toxin-based selection system and CRISPR/Cas9-mediated genome editing as a useful tool for efficient enrichment of porcine cells with mutations at multiple target loci.,Int J Mol Sci,18巻 12号 (頁 E2610 ~ ) ,2017年12月,Masahiro Sato, Kazuchika Miyoshi, Shingo Nakamura, Masato Ohtsuka, Takayuki Sakurai, Satoshi Watanabe, Hiroaki Kawaguchi and Akihide Tanimoto.

    DOI:10.3390/ijms18122610,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Corpus luteum regression induced by prostaglandin F2α in Microminipigs during the normal estrous cycle.,In Vivo,31巻 6号 (頁 1097 ~ 1101) ,2017年11月,Michiko Noguchi, Masaya Hirata, Hiroaki Kawaguchi and Akihide Tanimoto

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Hypertension alters the endothelial-dependent biphasic response of bradykinin in isolated Microminipig basilar artery.,Microvasc Res,114巻 (頁 52 ~ 57) ,2017年06月,(Zahorul Islam M, Kawaguchi H, Miura N, Miyoshi N, Yamazaki-Himeno E, Shiraishi M, Miyamoto A, Tanimoto A

    DOI:10.1016/j.mvr.2017.06.001.,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,第7章炎症(p145)および第11章環境性疾患(毒性病理学の基礎)(pp246-251),「動物病理学総論」第3版・文永堂出版(東京).,2013年04月,川口博明執筆, 日本獣医病理学会編.

    単行本(学術書),共著

  • 日本語,2-2-6.天然起源の単ドメイン抗体:アルパカ由来VHH抗体.,新機能抗体開発HB,2012年12月,萩原義久、宮崎誠生、川口博明、小島敏之

    単行本(学術書),共著

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 日本語,第三の家畜:実験動物としてのミニブタ ―世界最小のマイクロミニピッグ―.,病理と臨床,32巻 1号 (頁 92 ~ 96) ,2014年01月,谷本昭英, 川口博明, 野口倫子, 三浦直樹, 大竹正剛.

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,第三の家畜:実験動物としてのミニブタ ―ブタの研究利用の現状―.,病理と臨床,30巻 11号 (頁 1276 ~ 1279) ,2012年11月,谷本昭英, 川口博明.

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,学術コラム(マイクロミニピッグ動脈硬化症モデル). ,日本獣医病理学会/日本獣医病理学専門家協会 会報 [JSVP/JCVP NEWSLETTER …April 2010].4月号号 (頁 10 ~ 12) ,2010年04月,川口博明.

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 日本語,新生仔期男性ホルモン投与雌ラットにおけるDMBA誘発乳癌および乳腺症への高用量エストロゲン投与で誘発される授乳および卵巣摘除の影響. (特別寄稿),九州実験動物雑誌 25: 7-14, 2009.,25巻 (頁 7 ~ 14) ,2009年11月,川口博明.

    総説・解説(学術雑誌),単著

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • JOURANL OF ATHEROSCLEROSIS AND THROMBOSIS AWARD 2014,2014年04月01日,日本国,学会誌・学術雑誌による顕彰,J Atheroscler Thromb,Hiroaki Kawaguchi, Tomonobu Yamada, Naoki Miura, Makoto Ayaori, Harumi Uto-Kondo, Masaya Ikegawa, Michiko Noguchi, Ke-Yong Wang, Hiroyuki Izumi and Akihide Tanimoto

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2016年04月 ~ 2019年03月,マイクロミニピッグ動脈硬化モデルを用いた葉酸欠乏による梗塞促進の機序解明

  • 基盤研究(C),2016年04月 ~ 2019年03月,疾患モデル動物として癌治療に貢献し得る遺伝子改変マイクロミニピッグの開発,三好和睦

  • 基盤研究(B),2016年04月 ~ 2019年03月,遺伝子改変ブタを用いた病態高再現性の次世代型アルツハイマー病モデルの開発,谷本昭英

  • 基盤研究(C),2013年04月 ~ 2016年03月,医療機器開発のための動脈硬化マイクロミニピッグの作出

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 公益信託 児玉記念基礎医学研究助成基金,2016年11月 ~ 2018年10月,白色マイクロミニピッグ確立のための基盤的研究,川口博明

    公益信託 児玉記念

  • JRA畜産振興事業,2016年04月 ~ 2019年03月,乳母豚を利用した子豚管理技術開発事業,野口倫子

    JRA

  • 戦略的創造研究推進事業,2015年04月 ~ 2018年03月,バイオマス由来の乳酸を用いた新たなバイオマテリアルの開発,株式会社 ビーエムジー

    文部科学省

  • 21世紀COEプログラム,2015年04月 ~ 2016年03月,フルオロエマルジョン技術を応用した次世代19F-MRI血管造影剤の開発,福島昭二

    文部科学省

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • 病態モデル固定化技術の確立にかかる試験業務委託,谷本昭英,2015年04月 ~ 2016年03月,静岡県畜産技術研究所中小家畜研究センター,一般受託研究

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第35回九州実験動物研究会総会/第37回日本実験動物技術者協会研究発表会,国内会議,2017年11月,指宿ベイヒルズ HOTEL & SPA(鹿児島県指宿市),削蹄のいらないミニブタ用床材の開発.,口頭(一般)

  • 第5回日本先進医工学ブタ研究会,国内会議,2017年10月,東レ総合研修センター「大研修室」,ニブタを用いた食事・光による生体リズムへの影響解析. 「シンポジウム3.創薬(医療機器)開発におけるブタの利用」,シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • The 15th Congress of the International Association of Therapeutic Drug Monitoring & Clinical Toxicology (IATDMCT) in Kyoto.,国際会議,2017年09月,Kyoto International Conference Center, Kyoto, Japan.,Pharmacokinetics and toxicological evaluation of cyclophosphamide in mice.,ポスター(一般)

  • 第160回日本獣医学会学術集会,国内会議,2017年09月,鹿児島大学郡元キャンパス(鹿児島県鹿児島市),ICTによる24時間牛体温遠隔モニターシステムの開発,口頭(一般)

  • The 9th Scientific Meeting of the Asian Association for the Study of Diabetes (in The 60th Annual Meething of The Japan Diabetes Society),国際会議,2017年05月,Nagoya Congress Center (1-1 Atsuta-nishimachi, Atsuta-ku, Nagoya 456-0036), Analysis of age-dependent leptin-signaling in the leptin receptor deficient mice.,ポスター(一般)

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 動物の遠隔獣医診療システムの開発,産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する,技術相談

  • 動物の東洋医学(鍼灸など)治療法の開発,産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する,その他

  • 実験動物の飼育・実験器材の開発,産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する,その他