基本情報

写真a

瀬戸口 啓夫

Setoguchi Takao


職名

特任准教授

研究分野・キーワード

骨軟部肉腫 分子標的治療 がん幹細胞 脊髄損傷 神経幹細胞 再生医療

プロフィール

骨軟部肉腫の分子標的治療がん幹細胞をターゲットとした治療法の開発損傷脊髄の再生

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 医歯学域医学系 医歯学総合研究科 寄附講座 近未来運動器医療創生学講座〔(医)くすのき会〕,特任准教授,2011年06月 ~ 2018年03月

  • 鹿児島大学 医歯学域附属病院 附属病院 診療センター 整形・運動機能センター,講師,2018年04月

  • 鹿児島大学 医歯学域医学系 医歯学総合研究科 寄附講座 医療関節材料開発(京セラメディカル),特任准教授,2018年05月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • ASBMR,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • ORS,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本分子生物学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本癌学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本整形外科学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 整形外科学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Intraoperative evaluation of polymorphonuclear leukocyte during second-stage revision surgery promote overdiagnosis of persistent periprosthetic joint infection.,Acta Orthop Traumatol Turc.,2018年03月,Saitoh Y, Setoguchi T, Yoshioka T, Nishi J, Tanimoto A, Komiya S.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Association between Bone Mineral Density of Femoral Neck and Geriatric Nutritional Risk Index in Rheumatoid Arthritis Patients Treated with Biological Disease-Modifying Anti-Rheumatic Drugs.,Nutrients,2018年02月,Tokumoto H, Tominaga H, Arishima Y, Jokoji G, Akimoto M, Ohtsubo H, Taketomi E, Sunahara N, Nagano S, Ishidou Y, Komiya S, Setoguchi T.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Risk factors for bone loss in patients with rheumatoid arthritis treated with biologic disease-modifying anti-rheumatic drugs.,BMC Res Notes.,10巻 1号 (頁 765 ~ 771) ,2017年12月,Tawaratsumida H, Setoguchi T, Arishima Y, Ohtsubo H, Akimoto M, Ishidou Y, Nagano S, Taketomi E, Sunahara N, Komiya S.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Prognostic factors in patients with skeletal-related events at non-small-cell lung cancer diagnosis.,Mol Clin Oncol.,7巻 5号 (頁 897 ~ 902) ,2017年11月,Tominaga H, Setoguchi T, Shimada H, Nagano S, Sasaki H, Ishidou Y, Sato M, Mizuno K, Inoue H, Komiya S.

    DOI:10.3892/mco.2017.1394. Epub,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Risk factors for surgical site infection and urinary tract infection after spine surgery.,Eur Spine J.,25巻 2号 (頁 39908 ~ 3915) ,2016年12月,Tominaga H, Setoguchi T, Ishidou Y, Nagano S, Yamamoto T, Komiya S.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 人工関節周囲感染の制御のための研究,産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する,共同研究