基本情報

写真a

瀬戸口 啓夫

Setoguchi Takao


職名

特任准教授

研究分野・キーワード

骨軟部肉腫 分子標的治療 がん幹細胞 脊髄損傷 神経幹細胞 再生医療

プロフィール

骨軟部肉腫の分子標的治療がん幹細胞をターゲットとした治療法の開発損傷脊髄の再生

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 医歯学域医学系 医歯学総合研究科 寄附講座 近未来運動器医療創生学講座〔(医)くすのき会〕,特任准教授,2011年06月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • ASBMR,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • ORS,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本分子生物学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本癌学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本整形外科学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 整形外科学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Risk factors for surgical site infection and urinary tract infection after spine surgery.,Eur Spine J.,25巻 2号 (頁 39908 ~ 3915) ,2016年12月,Tominaga H, Setoguchi T, Ishidou Y, Nagano S, Yamamoto T, Komiya S.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Risk factors for unavoidable removal of instrumentation after surgical site infection of spine surgery: A retrospective case-control study.,Medicine,95巻 43号 (頁 e5118 ~ ) ,2016年10月,Tominaga H, Setoguchi T, Kawamura H, Kawamura I, Nagano S, Abematsu M, Tanabe F, Ishidou Y, Yamamoto T, Komiya S.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Inhibition of casein kinase 2 prevents growth of human osteosarcoma.,Oncol Rep.,37巻 2号 (頁 1141 ~ 1147) ,2016年02月,Takahashi K, Setoguchi T, Tsuru A, Saitoh Y, Nagano S, Ishidou Y, Maeda S, Furukawa T, Komiya S.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Combination of Hedgehog inhibitors and standard anticancer agents synergistically prevent osteosarcoma growth.,Int J Oncol.,48巻 1号 (頁 235 ~ 42) ,2016年01月,Saitoh Y, Setoguchi T, Nagata M, Tsuru A, Nakamura S, Nagano S, Ishidou Y, Nagao-Kitamoto H, Yokouchi M, Maeda S, Tanimoto A, Furukawa T, Komiya S.

    DOI:10.3892/ijo.2015.3236.,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Evaluation of prognostic scoring systems for bone metastases using single-center data.,Mol Clin Oncol.,3巻 6号 (頁 1361 ~ 1370) ,2015年10月,Shimada H, Setoguchi T, Nakamura S, Yokouchi M, Ishidou Y, Tominaga H, Kawamura I, Nagano S, Komiya S.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 人工関節周囲感染の制御のための研究,産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する,共同研究