基本情報

写真a

小針 統

KOBARI Toru


職名

准教授

研究分野・キーワード

プランクトン・生態系・生産・生化学・物質循環

ホームページ

http://blogs.yahoo.co.jp/kobarilab

プロフィール

・動物プランクトンの生産生態に関する研究
・海洋生態系における物質循環に関する研究
・生化学的アプローチによる海洋生物の代謝

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 山形大学  理学部  生物学科

    大学,1994年03月,卒業,日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学  水産学研究科  水産増殖学専攻

    修士課程,1996年03月,修了,日本国

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 農水産獣医学域水産学系 水産学部 水産学科 水産生物・海洋学分野,准教授,2001年04月 ~ 継続中

  • 鹿児島大学 農水産獣医学域農学系 連合農学研究科 農水圏資源環境科学専攻, ,2001年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日仏海洋学会,2015年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本プランクトン学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本水産海洋学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本海洋学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • PICES Working Group 37,2017年01月 ~ 2020年12月,その他(大洋州地域)

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 生物海洋学・浮遊生物学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Nucleic acid ratio as a proxy for starvation of coastal and pelagic copepods in the North Pacific Ocean,Plankton and Benthos Research,12巻 (頁 25 ~ 33) ,2017年02月,Toru Kobari, Sachi Miyake, William T. Peterson, Jay Peterson and Tracy Shaw

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Biological organic carbon export estimated from the annual carbon budget observed in the surface waters of the western subarctic and subtropical North Pacific Ocean from 2004 to 2013,Journal of Oceanography,72巻 (頁 665 ~ 685) ,2016年10月,Masahide Wakita, Makio C. Honda, Kazuhiko Matsumoto, Tetsuichi Fujiki, Hajime Kawakami, Sayaka Yasunaka, Yoshikazu Sasai, Chiho Sukigara, Mario Uchimiya, Minoru Kitamura, Toru Kobari, Yoshihisa Mino, Akira Nagano, Shuichi Watanabe, Toshiro Saino

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Seasonal variability of carbon demands and flux by mesozooplankton community at subarctic and subtropical sites in the western North Pacific Ocean,Journal of Oceanography,72巻 (頁 403 ~ 418) ,2016年06月,Toru Kobari, Rie Nakamura, Keisuke Unno, Minoru Kitamura, Kazuyuki Tanabe, Haruka Nagafuku, Akiko Niibo, Hajime Kawakami, Kazuhiko Matsumoto and Makio C. Honda

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Seasonal changes in the mesozooplankton biomass and community structure in subarctic and subtropical time‑series stations in the western North Pacific,Journal of Oceanography,2016年06月,Minoru Kitamura, Toru Kobari, Makio C. Honda, Kazuhiko Matsumoto, Kosei Sasaoka, Rie Nakamura, Kazuyuki Tanabe

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Ontogenetic variations in dry mass and nucleic acids contents of Artemia salina,Plankton and Benthos Research,1巻 (頁 1 ~ 8) ,2016年02月,Toru Kobari, Shigeki Kori and Haruko Mori

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 英語,Measurements of growth rate for natural population of planktonic copepods: a review,Oceanography in Japan,19巻 (頁 213 ~ 232) ,2010年09月,Toru Kobari (September 2010)

    総説・解説(学術雑誌),単著

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2017年04月 ~ 2020年03月,海盆スケールの動物プランクトン生産力測定に向けた基盤形成,小針統

  • 基盤研究(B),2016年04月 ~ 2019年03月,同位体分析から食物連鎖の源流を探る:西部北太平洋生態系保全指標の開発に向けて,相田真希

  • 基盤研究(C),2013年04月 ~ 2016年03月,生化学的アプローチによる動物プランクトン生産速度の測定,小針統

  • 基盤研究(B),2011年03月 ~ 2015年03月,海域特性を示す食物連鎖の同位体効果に基づいた海洋生態系モデルの構築,相田真希

  • 若手研究(B),2009年04月 ~ 2012年03月,鉛直フラックスに与える動物プランクトンの影響,小針統

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究成果の社会還元・普及活動事業費,2009年04月 ~ 2010年03月,ひらめき☆ときめきサイエンス~ようこそ大学の研究室へ~KAKENHI,小針統

    日本学術振興会

  • 国際学会等派遣事業,2005年04月 ~ 2006年03月,親潮域におけるEucalanus bungiiの季節的豊度の経年変動,小針統

    親潮域におけるEucalanus bungiiの季節的豊度の経年変動

    日本学術振興会

  • 笹川科学研究助成金,2004年04月 ~ 2005年03月,太平洋熱帯〜亜熱帯海域における植物プランクトン群集の経年変動,小針統

    民間財団等

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • 我が国の魚類生産を支える黒潮生態系の変動機構の解明,高橋素光,2013年04月 ~ 2022年03月,水産総合研究センター西海区水産研究所,一般受託研究

  • 動物プランクトン群集組成の長期変動データに基づく海洋生態系の気候変動応答過程の解明,杉崎宏哉,2003年04月 ~ 2006年03月,水産総合研究センター東北区水産研究所,一般受託研究

  • 海洋生物資源の変動要因の解明と高精度変動予測技術の開発,齊藤宏明,2002年04月 ~ 2005年03月,水産総合研究センター東北区水産研究所,一般受託研究

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 日本海洋学会,国際会議,2015年03月,東京海洋大学,漂流型セジメントトラップ実験によるK2、S1における水深200m以浅沈降粒子特性の比較,その他

  • 日本海洋学会,国内会議,2015年03月,東京海洋大学,黒潮流域における動物プランクトンバイオマスおよび生産速度の海域間比較,その他

  • ASLO Aquatic Science Meeting,国際会議,2015年02月,Granada (Spain),Roles of mesozooplankton community on mesopelagic biogeochemical cycles in the Northwestern Pacific Ocean,その他

  • 日本海洋学会,国内会議,2014年09月,長崎大学,安定同位体比を使った動物プランクトン群集の食物網構造比較,その他

  • 日本海洋学会,国内会議,2014年03月,東京海洋大学,黒潮流域内における動物プランクトンバイオマスの地理的変化,その他

全件表示 >>

学外会議企画運営 【 表示 / 非表示

  • 日本プランクトン学会,評議員,2017年04月

  • PICES Working Group 37,Co-chair,2017年01月

  • 6th Zooplankton Production Symposium,Convenor,2016年05月

 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本プランクトン学会,評議員,2017年04月 ~ 2019年03月

  • 日仏海洋学会,評議員,2016年04月 ~ 継続中

  • Plankton and Benthos Research,Editorial Board,2015年04月 ~ 継続中

  • 海の研究,編集委員,2009年07月 ~ 継続中