基本情報

写真a

小松 正治

KOMATSU Masaharu


職名

教授

研究分野・キーワード

生理活性物質, 薬毒物動態, トランスポーター

ホームページ

http://marinechemicalbiology.jimdo.com/

プロフィール

○水棲生物由来の生理活性物質の機能性

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 農水産獣医学域水産学系 水産学部 水産学科 食品・資源利用学分野,准教授,2000年09月 ~ 2017年06月

  • 鹿児島大学 農水産獣医学域農学系 連合農学研究科 食品機能科学, ,2000年09月 ~ 継続中

  • 鹿児島大学 農水産獣医学域水産学系 水産学部 水産学科 食品・資源利用学分野,教授,2017年07月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • マリンバイオテクノロジー学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本がん分子標的治療学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本衛生学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本生化学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本癌学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • ケミカルバイオロジー

  • 分子細胞毒性学

  • 水産食品安全学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Ubiquitous distribution of fluorescent protein in muscles of four species and two subspecies of eel (genus Anguilla).,Journal of Genetics,2016年,Aki Funahashi, Takao Itakura, Abeer A.I. Hassanin, Masaharu Komatsu, Seiichi Hayashi, Yoshio kaminishi

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著,水圏生命科学

  • 英語,Lysosomal localization of Japanese medaka (Oryzias latipes) Neu1 sialidase and its highly conserved enzymatic profiles with human. ,Gene,575巻 (頁 513 ~ 523) ,2016年,Ryuzono, S., Takase, R., Oishi, K., Ikeda, A., Chigwechokha, P., Funahashi, A., Komatsu, M., Miyagi, T., Shiozaki, K.,

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著,水圏生命科学

  • 英語,Eel green fluorescent protein is associated with resistance to oxidative stress.,Comparative Biochemistry and Physiology-part C,181-182巻 (頁 35 ~ 39) ,2016年,Aki Funahashi, Masaharu Komatsu, Tatsuhiko Furukawa, Yuki Yoshizono, Hikari Yoshizono, Yasuhiro Orikawa, Shota Takumi, Kazuhiro Shiozaki, Seiichi Hayashi, Yoshio Kaminishi, Takao Itakura.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著,水圏生命科学

  • 英語,Positive regulation of myoblast differentiation by medaka Neu3b sialidase through ganglioside desialylation. ,Biochimie,123巻 (頁 65 ~ 72) ,2016年,Kazuhiro Shiozaki, Yusuke Harasaki, Midori Fukuda, Ayana Yoshinaga, Sena Ryuzono, Petros Kingstone Chigwechokha, Masaharu Komatsu and Taeko Miyagi.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著,水圏生命科学

  • 英語,ATP7B expression confers multidrug resistance through drug sequestration.,Oncotarget,2016年,F Moinuddin , Yoshinari Shinsato , Masaharu Komatsu , Ryoichi Mitsuo , Kentaro Minami , Masatatsu Yamamoto , Kohichi Kawahara , Hirofumi Hirano , Kazunori Arita, Tatsuhiko Furukawa

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著,病態医化学

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 英語,A case study of intact vitellogenin isolated from the plasma of wild silver Japanese eel (Anguilla japonica).,In Jackson E. Rathbond ed. Handbook of Lipoprotein Research. Nova Science Publishers, Inc. ,2010年03月,Masaharu Komatsu, Seiichi Ando, Seiichi Hayashi, Tatsuhiko Furukawa, Shota Takumi, Kohji Aoyama, and Toru Takeuchi

    単行本(学術書),共著

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 英語,Copper transport systems are involved in multidrug resistance and drug transport ,Current Medicinal Chemistry ,15巻 (頁 3268 ~ 3278) ,2008年07月,Tatsuhiko Furukawa, Masaharu Komatsu, Ryuji Ikeda, Kazutake. Tsujikawa, and Shin-ichi Akiyama

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 英語,Cisplatin resistance conferred by human copper transporter ATP7B,Current Topics in Biotechnology,1巻 (頁 109 ~ 115) ,2004年01月,Masaharu Komatsu, Tatsuhiko Furukawa, Masayuki Nakagawa, Kohji Aoyama, Toru Takeuchi, Shin-ichi Akiyama

    総説・解説(学術雑誌),共著