基本情報

写真a

山元 和哉

YAMAMOTO Kazuya


職名

准教授

研究分野・キーワード

刺激応答性高分子 生分解性高分子 リビング重合 超高圧処理

特記事項

化学生命工学科

プロフィール

新規な刺激応答性高分子の合成と機能評価、超高圧処理による構造体の構築、精密重合による機能材料の構築

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 理工学域工学系 理工学研究科(工学系) 化学生命・化学工学専攻,准教授,2002年04月 ~ 継続中

  • 鹿児島大学, ,2002年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • セルロース学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • バイオマテリアル学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本化学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 高分子学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 機能性高分子

  • 高分子合成

 

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金),2014年04月 ~ 2017年03月,高圧力を活用した生分解性を有する新奇バイオマテリアル創製,山元和哉(代表)

    高圧力を活用した生分解性を有する新奇バイオマテリアル創製

  • 若手研究(B),2012年04月 ~ 2014年03月,静水圧を利用したハイブリッドコアセルベートによる生体分子分離システムの創成,山元和哉(代表)

    静水圧を利用したハイブリッドコアセルベートによる生体分子分離システムの創成

  • 基盤研究(B),2010年04月 ~ 2012年03月,インテリジェントコアセルベートによる新規バイオマテリアル創成,山元和哉(分担)

    インテリジェントコアセルベートによる新規バイオマテリアル創成

  • 基盤研究(B),2007年04月 ~ 2010年03月,刺激応答性コアセルベートによるキラル認識場の構築,山元和哉(分担)

    刺激応答性コアセルベートによるキラル認識場の構築

  • 科学研究費補助金 ,2007年04月 ~ 2009年03月,MRI造影剤を指向したフェリチン複合体の構築,山元和哉(代表)

    MRI造影剤を指向したフェリチン複合体の構築

全件表示 >>