基本情報

写真a

金子 芳郎

KANEKO Yoshiro


職名

准教授

研究分野・キーワード

シルセスキオキサン、シロキサン、有機-無機ハイブリッド、無機高分子、イオン液体、カーボンナノチューブ、金属酸化物

ホームページ

http://yoshiro-kaneko-lab.jimdo.com/

特記事項

化学生命工学科

プロフィール

規則構造を有するシルセスキオキサンの創製と機能化、有機-無機ハイブリッド材料の創製、機能性環状シロキサンの創製 など

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 理工学域工学系 理工学研究科(工学系) 化学生命・化学工学専攻 有機-無機ハイブリッド材料研究室,准教授,2004年12月 ~ 継続中

  • 鹿児島大学, ,2004年12月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本化学会,1996年04月 ~ 継続中,日本国

  • 高分子学会,1999年04月 ~ 継続中,日本国

  • 無機高分子研究会,2006年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本化学会 低次元系光機能材料研究会,2012年03月 ~ 継続中,日本国

  • 日本ゾル-ゲル学会,2012年04月 ~ 継続中,日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 高分子化学

  • 有機・ハイブリッド材料

  • 高分子・繊維材料

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Superacid-catalyzed preparation of highly dispersible zirconium oxide and titanium oxide nanoparticles without hydrocarbon units,Journal of Nanoscience and Nanotechnology,20巻 (頁 2755 ~ 2762) ,2020年05月,Taishi Nakahara and Yoshiro Kaneko*

    DOI:10.1166/jnn.2020.17438,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Control of crystalline-amorphous structures of polyhedral oligomeric silsesquioxanes containing two types of ammonium side-chain groups and their properties as protic ionic liquids,Molecules,24巻 (頁 4553 ~ ) ,2019年12月,Ryoya Hasebe and Yoshiro Kaneko*

    DOI:10.3390/molecules24244553,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Preparation of carboxyl-functionalized polyhedral oligomeric silsesquioxane by a structural transformation reaction from soluble rod-like polysilsesquioxane,Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry,57巻 (頁 2511 ~ 2518) ,2019年12月,Tomoya Kozuma and Yoshiro Kaneko*

    DOI:10.1002/pola.29519,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Preparation of CO₂-adsorbable amine-functionalized polysilsesquioxanes containing cross-linked structures without using surfactants and strong acid or base catalysts,Journal of Sol-Gel Science and Technology,91巻 (頁 505 ~ 513) ,2019年07月,Yusaku Sainohira, Koki Fujino, Atsushi Shimojima, Kazuyuki Kuroda, and Yoshiro Kaneko*

    DOI:10.1007/s10971-019-05072-6,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Effect of reaction temperature and time on the preferential preparation of cage octamer and decamer of ammonium-functionalized POSSs,Bulletin of the Chemical Society of Japan,92巻 (頁 1060 ~ 1067) ,2019年06月,Takatoshi Matsumoto and Yoshiro Kaneko*

    DOI:10.1246/bcsj.20190030,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,イオン性ラダー状ポリシルセスキオキサンの合成および多層CNT分散剤としての利用,シランカップリング剤の使い方と応用事例、サイエンス&テクノロジー(株)、第9章、第4節,2020年03月,金子 芳郎*

    単行本(学術書),編著

  • 日本語,高屈折率透明ハイブリッド材料の開発に向けた高分散性金属酸化物/シルセスキオキサン複合ナノ粒子の創製,透明高分子材料の高屈折率化と屈折率制御、工藤 宏人 監修、(株)シーエムシー出版編、第3章の5,2019年12月,金子 芳郎*

    単行本(学術書),編著

  • 英語,Preparation, Modification, and Hybridization of One-Dimensional Ionic Ladder-Like Polysilsesquioxanes,unctionalization of Molecular Architectures: Advances and Applications on Low-Dimensional Compounds, 1st Edition, Edited by Kazuhiro Shikinaka, Pan Stanford, New York, Chapter 3,2018年11月,Yoshiro Kaneko*

    単行本(学術書),共編著

  • 日本語,構造制御されたイオン性シルセスキオキサンおよび環状シロキサンの創成,ゾル-ゲルテクノロジーの最新動向、幸塚 広光 監修、(株)シーエムシー出版編、第3章,2017年07月,金子 芳郎*

    単行本(学術書),編著

  • 英語,Preparation of Ionic Liquids Containing Siloxane Frameworks,Progress and Developments in Ionic Liquids, book edited by Scott Handy, InTech, chapter 25,2017年02月,Yoshiro Kaneko*, Akiyuki Harada, Takuya Kubo, and Takuhiro Ishii

    単行本(学術書),共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 日本語,シルセスキオキサンの構造制御に関する最新研究動向,高分子,68巻 7号 (頁 366 ~ 367) ,2019年07月,金子 芳郎*

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 日本語,構造制御された可溶性シルセスキオキサンポリマー,日本接着学会誌,52巻 11号 (頁 325 ~ 332) ,2016年11月,金子 芳郎*

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 日本語,構造制御されたイオン性シルセスキオキサンおよび環状シロキサンの創製,ケイ素化学協会誌32号 (頁 19 ~ 28) ,2015年10月,金子 芳郎*

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 日本語,様々な構造をもつイオン性シルセスキオキサンの合成と解析,LSアドバンス (大塚電子 光散乱ジャーナル),13巻 (頁 12 ~ 21) ,2014年11月,金子 芳郎*

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 日本語,シルセスキオキサンに関する最近の研究動向,化学と工業,65巻 9号 (頁 694 ~ 695) ,2012年09月,金子 芳郎*

    総説・解説(学術雑誌),単著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(B),2019年04月 ~ 2022年03月,カテコール構造を含む剛柔構造シロキサンポリマーからなる高性能接着剤の開発,金子芳郎

  • 挑戦的萌芽研究,2015年04月 ~ 2018年03月,低流動温度および低粘性を示すPOSSイオン液体の創製と高耐熱性イオン伝導体の開発,金子芳郎

  • 基盤研究(C),2012年04月 ~ 2015年03月,らせんラダー型ポリシルセスキオキサンの合成と発光分子とのハイブリッド化,金子芳郎

  • 若手研究(B),2009年04月 ~ 2011年03月,階層的な規則構造を有するポリシルセスキオキサンの合成と機能化,金子芳郎

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究成果展開事業 A-STEP 平成30年度機能検証フェーズ,2018年09月 ~ 2019年08月,フッ素に代わる安全性が高く、取り扱いが簡便な歯面コーティング材の開発,金子芳郎

    科学技術振興機構

  • 公益財団法人 村田学術振興財団 第33回(平成29年度)研究助成,2017年07月 ~ 2018年06月,四級アンモニウム塩型非晶質POSSイオン液体の合成およびイオン伝導特性,金子芳郎

    民間財団等

  • 公益財団法人 日本板硝子材料工学助成会 研究助成,2013年04月 ~ 2014年03月,ナノ構造が制御されたスルホ基含有ラダー型ポリシルセスキオキサンの合成とプロトン伝導体への応用,金子 芳郎

    民間財団等

  • 公益財団法人 マツダ財団研究助成,2011年12月 ~ 2013年11月,キラルなラダー型ポリシルセスキオキサンの創製と発光分子とのハイブリッド化による円偏光発光材料の開発,金子芳郎

    民間財団等

  • (財)旭硝子財団 研究助成,2006年04月 ~ 2008年03月,レーザー色素含有無機-有機ハイブリッドヒドロゲルの合成,金子 芳郎

    民間財団等

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第170回東海高分子研究会講演会,国内会議,2019年12月,名古屋大学 ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー(愛知県名古屋市),イオン性シルセスキオキサン:合成、構造制御、機能化およびハイブリッド化,口頭(招待・特別)

  • 第1回 削らない歯学会セミナー,,国内会議,2019年12月,SHINAGAWA GOOS TKPガーデンシティ品川「ダリア」(東京都港区),シルセスキオキサンによる歯科用コーティング材の開発,口頭(招待・特別)

  • 第38回無機高分子研究討論会,国内会議,2019年11月,東京理科大学 森戸記念館 第1フォーラム(東京都新宿区),三ヨウ化物イオンを安定に保持可能なシルセスキオキサンの創製および機能,口頭(一般)

  • 第38回無機高分子研究討論会,国内会議,2019年11月,東京理科大学 森戸記念館 第1フォーラム(東京都新宿区),4重鎖ポリシロキサンの創製および物性,口頭(一般)

  • 九州地区高分子若手研究会・冬の講演会,国内会議,2019年11月,TKPガーデンシティ鹿児島中央(鹿児島県鹿児島市),キラルなビナフチル成分含有ポリシルセスキオキサンおよびポリシロキサンの創製,ポスター(一般)

全件表示 >>