基本情報

写真a

岩﨑 智憲

IWASAKI Tomonori


職名

准教授

生年

1966年

研究分野・キーワード

小児の睡眠時無呼吸症候群

メールアドレス

メールアドレス

プロフィール

小児の睡眠時無呼吸症候群

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 歯学部 歯学科 小児歯科学, ,1994年04月 ~ 継続中

  • 鹿児島大学 医歯学域歯学系 医歯学総合研究科 健康科学専攻 発生発達成育学講座,准教授,2003年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本小児歯科学会,1990年05月 ~ 継続中,日本国

  • 日本矯正歯科学会,1992年01月 ~ 継続中,日本国

  • 鹿児島県小児保健協会,1992年01月 ~ 継続中,日本国

  • 日本障害者歯科学会,2009年10月 ~ 継続中,日本国

  • 咬合誘導研究会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 小児の睡眠時無呼吸症候群

  • 咬合誘導

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Authors' response.,Am J Orthod Dentofacial Orthop.,152巻 4号 (頁 442 ~ 443) ,2017年10月,Tomonori Iwasaki, Hideo Sato, Hokuto Suga, Yoshihiko Takemoto, Emi Inada, Issei Saitoh, Eriko Kakuno, Ryuzo Kanomi, Youichi Yamasaki

    DOI:10.1016/j.ajodo.2017.07.001.,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著,矯正・小児系歯学

  • 英語,The effect of Herbst appliance on pharyngeal airway ventilation conditions evaluated using computational fluid dynamics,The Angle Orthodontist,2017年,Tomonori Iwasaki, Hideo Sato, Hokuto Suga, Ayaka Minami, Yuushi Yamamoto, Yoshihiko Takemoto, Emi Inada, Issei Saitoh, Eriko Kakuno, Ryuzo Kanomi, Youichi Yamasaki

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著,矯正・小児系歯学

  • 英語,Relationships between nasal resistance, adenoids, tonsils, and tongue posture and maxillofacial form in Class II and Class III children,American Journal of Orthodontics & Dentofacial Orthopedics,2017年,Tomonori Iwasaki, Hideo Sato, Hokuto Suga, Yoshihiko Takemoto, Emi Inada, Issei Saitoh, Eriko Kakuno, Ryuzo Kanomi, Youichi Yamasaki

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著,矯正・小児系歯学

  • 英語,Influence of pharyngeal airway respiration pressure on Class II mandibular retrusion in children: a computational fluid dynamics study of inspiration and expiration,Orthodontics and Craniofacial Research,2017年,Iwasaki T, Sato H, Suga H, Takemoto Y, Inada E, Saito I, Kakuno E, Kanomi R, Yamasaki Y.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著,矯正・小児系歯学

  • 英語,Efficacy of Maxillomandibular Advancement Examined with Drug-Induced Sleep Endoscopy and Computational Fluid Dynamics Airflow Modeling.,Otolaryngol Head Neck Surg. ,154巻 1号 (頁 189 ~ 195) ,2016年01月,Liu SY, Huon LK, Iwasaki T, Yoon A, Riley R, Powell N, Torre C, Capasso R.

    DOI:10.1177/0194599815611603,研究論文(学術雑誌),査読有り,preliminary data analysis, measurement, drafting, revising, final approval,共著,耳鼻咽喉科学

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 日本語,小児期の上気道通気障害がもたらす顎顔面歯列咬合形態への影響と小児歯科からの睡眠医療への貢献,小児歯科学雑誌,2016年04月,岩崎智憲

    総説・解説(大学・研究所紀要),単著

  • 英語,Relation between maxillofacial form and respiratory disorders in children ,Sleep and Biological Rhythms,12巻 1号 (頁 2 ~ 11) ,2014年01月,Tomonori Iwasaki, Youichi Yamasaki

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,乳歯交叉咬合からの気づき,小児歯科臨床,16巻 10号 (頁 10 ~ 15) ,2011年10月,山崎要一、齊藤一誠、岩崎智憲、稲田絵美

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,小児期の歯並び・噛み合わせ,小児内科,43巻 8号 (頁 1297 ~ 1302) ,2011年08月,山崎要一、齊藤一誠、岩崎智憲、稲田絵美

    総説・解説(学術雑誌),共著

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 特許,顎顔面部の流体構造錬成解析を用いた気道通気状態解析システム,岩崎智憲

    出願番号( JP2015/069666,2015年07月08日 ) ,国立大学法人鹿児島大学,日本国,矯正・小児系歯学,歯科医用工学・再生歯学,小児科学

  • 特許,診断装置、診断システム、診断方法及びプログラム,岩崎智憲

    出願番号( 2014-142076,2014年07月14日 ) ,国立大学法人鹿児島大学,日本国,矯正・小児系歯学

  • 特許,歯冠の誤飲防止具,岩崎智憲

    出願番号( 2014-075685,2014年04月01日 ) ,国立大学法人鹿児島大学,日本国,矯正・小児系歯学

  • その他,気道通気状態検査システム,岩崎智憲

    出願番号( 08K001,2009年02月09日 ) ,国立大学法人鹿児島大学,日本国,矯正・小児系歯学

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 平成28年度 日本小児歯科学会 町田賞 ”優秀論文賞”,2016年12月04日,日本国,学会誌・学術雑誌による顕彰,日本小児歯科学会,岩崎智憲

  • 鹿児島大学ベストリサーチャー賞,2015年08月,日本国,その他の賞,鹿児島大学,岩崎智憲,矯正・小児系歯学

  • 日本小児歯科学会学術賞 ”LION AWARD”,2014年12月14日,日本国,その他の賞,日本小児歯科学会,岩﨑 智憲

  • 日本睡眠学会ベストプレゼンテーション賞,2012年06月30日,日本国,その他の賞,日本睡眠学会,岩﨑 智憲

  • 日本矯正歯科学会大会優秀発表賞,2010年09月29日,日本国,その他の賞,日本矯正歯科学会,岩﨑 智憲

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 5th World Congress on Sleep Medicine,国際会議,2013年09月,Valencia, Spain,Tongue posture improvement and pharyngeal airway enlargement as secondary effects of rapid maxillary expansion ,その他

  • THE 7TH ASIAN SLEEP RESEAR SOCIETY CONGRESS, 2012,国際会議,2012年11月,Taipei,Detection of specific obstruction sites using fluid-structure interaction analysis in children with upper airway obstruction,その他

  • American Association of Orthodontists (AAO) 112th Annual Session,国際会議,2012年05月,Honolulu,Improving tongue posture and pharynx airway as a side effect of rapid maxillary expansion in children: A cone-beam computed tomography study,その他

  • World Sleep 2011,国際会議,2011年10月,kyoto,Detection of specific obstruction sites using fluid-structure interaction analysis in children with obstructive sleep apnea syndrome,その他

  • American Association of Orthodontists (AAO) 110th Annual Session,国際会議,2010年05月,Washington DC,Evaluation of upper airway obstruction in Class II children using fluid-mechanical simulation,その他

全件表示 >>

 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本小児歯科学会,理事,2014年05月 ~ 2016年05月

  • 日本睡眠歯科学会,評議員,2014年01月 ~ 2015年12月

  • 成育歯科医療研究会役員会,常務理事,2006年01月 ~ 継続中

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • スタンフォード大学睡眠セミナー,2014年08月

  • 第13回日本睡眠歯科学会大会,2013年09月

    小児OSAに対する上顎骨急速拡大の有効性の検討

  • 第38回日本睡眠学会大会,2013年06月

    閉塞性睡眠時無呼吸症(OSA)の予防に向けた課題と戦略小児OSAに対する上顎急速拡大の有効性の検討

  • 第26回睡眠呼吸障害研究会耳鼻咽喉科部会,2013年02月

    顎顔面発育の視点からみた歯科との連携、治療適応基準

  • 第37回日本睡眠学会教育セミナー,2012年06月

    閉塞性睡眠時無呼吸症候群への上気道流体シミュレーションの歯科的臨床応用

全件表示 >>