基本情報

写真a

児玉谷 仁

KODAMATANI Hitoshi


職名

准教授

生年

1978年

研究分野・キーワード

水銀,ニトロソアミン,HPLC,化学発光

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://envchem.sci.kagoshima-u.ac.jp/

プロフィール

水銀の形態別分析法の開発とその環境動態に関する研究ニトロソアミン類の超高感度分析法の開発とその環境水中の存在量調査

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 理工学域理学系 理工学研究科(理学系) 地球環境科学専攻 環境解析,助教,2008年02月 ~ 2019年03月

  • 鹿児島大学, ,2008年02月 ~ 継続中

  • 鹿児島大学 理工学域理学系 理工学研究科(理学系) 地球環境科学専攻 環境解析,准教授,2019年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本分析化学会,2003年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本化学会,2011年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本水環境学会,2013年03月 ~ 継続中,日本国

  • クロマトグラフィー科学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 分析化学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Transport of N-nitrosamines through reverse osmosis membrane: Role of the molecular size and nitrogen atoms,Environmental Science & Technology Letters,6巻 1号 (頁 44 ~ 48) ,2018年12月,Takahiro Fujioka, Hitoshi Kodamatani, Long D. Nghiem, Takuji Shintani

    DOI:10.1021/acs.estlett.8b00624,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Validation of pH Standards and Estimation of the Activity Coefficients of Hydrogen and Chloride Ions in an Ionic Liquid, Ethylammonium Nitrate,The Journal of Physical Chemistry B,2018年11月,Ryo Kanzaki, Hikaru Daiba, Hitoshi Kodamatani, Takashi Tomiyasu

    DOI:10.1021/acs.jpcb.8b08870,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Online monitoring of N-nitrosodimethylamine for the removal assurance of 1,4-dioxane and other trace organic compounds by reverse osmosis,Environmental Science: Water Research & Technology,2018年09月,Takahiro Fujioka, Hitoshi Kodamatani, Haruka Takeuchi, Hiroaki Tanaka, Long D Nghiem

    DOI:10.1039/C8EW00271A,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Behavior of mercury from the fumarolic activity of Mt. Myoko, Japan: Production of methylmercury and ethylmercury in forest soil,Environmental earth sciences,77巻 13号 (頁 478 ~ 487) ,2018年06月,Hitoshi Kodamatani, Souta Katsuma, Azusa Shigetomi, Toshimune Hokazono, Ryusuke Imura, Ryo Kanzaki, Takashi Tomiyasu

    DOI:10.1007/s12665-018-7616-y,研究論文(学術雑誌),査読有り,単著

  • 英語,An inline ion-exchange system in a chemiluminescence-based analyzer for direct analysis of N-nitrosamines in treated wastewater,Journal of Chromatography A,1553巻 (頁 51 ~ 56) ,2018年04月,Hitoshi Kodamatani, Shannon Roback, Meagan Plumlee, Hiroto Masunaga, Noboru Maruyama, Takahiro Fujioka

    DOI:10.1016/j.chroma.2018.04.030,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,水銀に関する水俣条約と最新対策・技術,第8章, 監修: 高岡昌輝,シーエムシー出版,2014年11月,冨安卓滋,児玉谷仁

    単行本(学術書),共著

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 日本語,化学発光を利用した有機水銀分析法の開発,化学工業社,ケミカル エンジニアリング,64巻 1号 (頁 63 ~ 70) ,2019年01月,児玉谷 仁,冨安 卓滋

    総説・解説(商業誌),共著

  • 英語,Degradation of N-nitrosodimethylamine by UV-based advanced oxidation processes –a short review-,springer,Current Pollution Reports,2017年03月,Takahiro Fujioka, Shunya Masaki, Hitoshi Kodamatani, Keisuke Ikehata

    DOI:10.1007/s40726-017-0052-x,総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,微量化学物質を光らせて測る,クリーンテクノロジー・日刊工業出版,9巻 (頁 11 ~ 16) ,2013年09月,児玉谷仁,冨安卓滋

    総説・解説(学術雑誌),共著

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 理事長賞,2014年06月05日,日本国,その他の賞,公益財団法人 鉄鋼環境基金,児玉谷 仁

  • 奨励賞,2012年09月20日,日本国,その他の賞,公益社団法人 日本分析化学会,児玉谷 仁

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(B),2018年04月 ~ 2021年03月,水田土壌における水銀の化学形態変化とコメのメチル水銀汚染に関する研究,児玉谷仁

  • 基盤研究(B),2015年04月 ~ 2018年03月,水銀汚染を受けた水田におけるメチル水銀の生成とその生態系への影響,児玉谷 仁

  • 若手研究(B),2011年04月 ~ 2013年03月,浄水処理により生成するニトロソアミン類のサブpptレベルでの動態解明,児玉谷 仁

  • 若手研究(B),2007年04月 ~ 2009年03月,ニトロソアミン類の高感度分析システムの開発,児玉谷 仁

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • 逆浸透膜評価のためのニトロソアミン測定,2018年01月 ~ 2018年05月,一般受託研究

  • 国立環境研究所POPs及び関連物質等に関する日韓共同研究(総水銀・化学形態別水銀分析業務)委託業務,児玉谷 仁,2015年08月 ~ 継続中,一般受託研究

  • 水銀汚染土壌および底質中のメチル水銀の簡易・迅速・高感度な分析システムの開発(環境研究総合推進費),児玉谷 仁,2013年04月 ~ 2015年03月,環境省,一般受託研究

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • NDMA分析代替法の有用性検証,2017年05月 ~ 2018年10月,オレンジ郡水道局(カリフォルニア州,米国),国際共同研究

寄附金・講座・研究部門 【 表示 / 非表示

  • 奨学寄付金,2018年11月

  • 公益社団法人 鉄鋼環境基金,2014年04月

  • 公益社団法人 鉄鋼環境基金,2013年04月

  • クリタ・水環境科学振興財団,2012年04月

  • 公益財団法人 鉄鋼環境基金,2012年04月

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 日本分析化学会第67年会,国内会議,2018年09月,宮城,222 nm光源による硝酸・亜硝酸イオンの光化学反応,ポスター(一般)

  • 日本分析化学会第67年会,国内会議,2018年09月,宮城,イオン液体中におけるポリアクリル酸被覆ナノ粒子の凝集-再分散のpH応答,ポスター(一般)

  • 日本分析化学会第67年会,国内会議,2018年09月,宮城,水処理過程におけるN-ニトロソアミン類生成機構の検討,ポスター(一般)

  • 103回プラズマ分光分析研究会,国内会議,2018年09月,千葉,化学発光反応を利用したメチル水銀分析法の開発と環境試料への応用,口頭(招待・特別)

  • 第55回化学関連支部合同九州大会,国内会議,2018年06月,福岡,フィリピン,カマリネスノルテ州小規模金精錬地域における水銀動態,ポスター(一般)

全件表示 >>