基本情報

写真a

村上 格

MURAKAMI Mamoru


職名

講師

研究分野・キーワード

顎補綴,口腔乾燥,保湿剤

ホームページ

http://w3.hal.kagoshima-u.ac.jp/dental/prostho2/index.htm

プロフィール

○顎顔面欠損患者の口腔乾燥に関する研究○顎顔面欠損患者の補綴治療に関する研究 ○有床義歯臨床における診査・診断 ○無歯顎堤の形態に関する研究 ○無歯顎患者の人工歯排列に関する研究 ○下顎遊利端欠損症例における顎堤の分析に関する研究 ○非接触三次元形状計測器を用いた形状計測に関する研究

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 医歯学域附属病院 附属病院,講師,2003年04月 ~ 継続中

  • 鹿児島大学 医歯学域附属病院 附属病院 診療センター 成人系歯科センター, ,2003年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本補綴歯科学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本老年歯科医学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本歯科医学教育学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本顎顔面補綴学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 顎顔面補綴学

  • 有床義歯補綴学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Subjective Evaluation of Denture Adhesives: A Multicenter Randomized Controlled Trial. ,JDR Clin Trans Res,2019年04月,Ohwada G, Minakuchi S, Sato Y, Kondo H, Nomura T, Tsuboi A, Hong G, Itoh Y, Kawai Y, Kimoto S, Gunji A, Suzuki A, Suzuki T, Kimoto K, Hoshi N, Saita M, Yoneyama Y, Sato Y, Morokuma M, Okazaki J, Maeda T, Nakai K, Ichikawa T, Nagao K, Fujimoto K, Murata H, Kurogi T, Yoshida K, Nishimura M, Nishi Y, Murakami M, Hosoi T, Hamada T.

    DOI:10.1177/2380084419837607,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,A retrospective cohort study of the cumulative survival rate of obturator prostheses for marsupialization,Journal of Prosthodontics,28巻 (頁 e811 ~ e816) ,2019年02月,Murakami M, Nishi Y, Nishio M, Minemoto Y, Shimizu T, Nishimura M.

    DOI:10.1111/jopr.12652,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Effects of Storage Temperatures and Type of Oral Moisturizers on their Antifungal Effects,Oral Health and Dental Management,17巻 1057号 (頁 1 ~ 6) ,2018年12月,Mamoru Murakami, Kei Fujishima, Yasuhiro Nishi, Kae Harada, Masahiro Nishimura

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Application of a bedtime obturator prosthesis for an edentulous patient with an extensive maxillary defect.,DENTAL ORAL AND CRANIOFACIAL RESEARCH,2018年04月,Yasuhiro Nishi, Masahiro Nishimura, Yoshihisa Takenouchi and Takaharu Shimizu

    DOI:doi: 10.10xx/j.DOCR.2018.10.003,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Impact of type and duration of application of commercially available oral moisturizers on their antifungal effects,Journal of Prosthodontics,27巻 1号 (頁 52 ~ 56) ,2018年01月,Murakami M, Fujishima K, Nishi Y, Minemoto Y, Kanie T, Taguchi N, Nishimura M

    DOI:10.1111/jopr.12458,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,義歯ケア辞典 日本義歯ケア学会編,永末書店,2018年09月,西村正宏,村上 格

    教科書,第2章臨床編3口腔保湿剤,分担執筆

  • 日本語,歯学生のパーシャルデンチャー ,医歯薬出版,2018年08月,西村正宏,村上 格

    教科書,第6版 第14章 局部床義歯(部分床義歯)治療の臨床ステップ,共著

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 日本語,顎欠損患者と口腔乾燥,日本歯科医師会雑誌 ,65巻 5号 (頁 141) ,2012年08月,村上 格,西 恭宏,鎌下祐次,長岡英一

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,デンチャープラークコントロールの基本と効果的な方法について,鹿児島県歯科医師会会報,96巻 675号 (頁 8 ~ 10) ,2011年04月,村上 格,西 恭宏,長岡英一

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,義歯補綴科における専門外来の取り組み,鹿児島大学歯学部紀要,29巻 (頁 34 ~ 35) ,2009年03月,村上 格,西 恭宏,鎌下祐次,川本真一郎,木下知恵,水流和徳,丸山浩美,長岡英一

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,簡便で客観的な口腔乾燥の評価方法-上顎欠損患者の口腔乾燥について-,鹿児島県歯科医師会報,85巻 664号 (頁 8 ~ 10) ,2008年07月,村上 格,西 恭宏,鎌下祐次,長岡英一

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,無歯顎の対向関係に基づく人工歯排列位置の診断,歯界展望増刊号「歯科医学と健康の創造」,※巻 ※号 (頁 256) ,2000年,村上格,長岡英一

    総説・解説(学術雑誌),共著

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 公社日本補綴歯科学会第125回学術大会優秀ポスター賞,2016年07月10日,日本国,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,公益社団法人日本補綴歯科学会,村上 格

  • 平成27年度公益社団法人日本補綴歯科学会中堅優秀論文賞,2016年07月08日,日本国,学会誌・学術雑誌による顕彰,公益社団法人日本補綴歯科学会,村上 格

  • 平成20年度日本補綴歯科学会中堅優秀論文賞,2008年02月28日,日本国,その他の賞,日本補綴歯科学会,村上 格

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2019年04月 ~ 2021年03月,摂食機能評価に基づいた栄養食事指導の有効性と体組成改善への影響の検討,西 恭宏

  • 基盤研究(C),2017年04月 ~ 2019年03月,植物セラミドを用いた新規口腔乾燥治療法の開発と多軸的評価,清水孝治

  • 基盤研究(C),2015年04月 ~ 2018年03月,ケアの負担軽減に繋げるための義歯に付与するプラーク付着抑制能の検討,西 恭宏

  • 基盤研究(C),2014年04月 ~ 2017年03月,口腔乾燥義歯患者における咀嚼能力の回復は,口腔細菌叢を正常化する,清水孝治

  • 基盤研究(C),2012年04月 ~ 2015年03月,食事栄養指導ツール開発のための咀嚼・嚥下機能と食事・栄養状態の関連の検討,西 恭宏

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • GSK Japan Research Grant 2014,2014年04月 ~ 2016年03月,口腔カンジダ症発症抑制に関する研究,藤島 慶

    民間財団等

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第30回日本老年歯科医学会学術大会,国内会議,2019年06月,仙台市,2施設における口腔機能低下症の検査と診断状況,ポスター(一般)

  • 第30回日本老年歯科医学会学術大会,国内会議,2019年06月,仙台市,適正なHLB値の界面活性剤は義歯安定剤ユーザーに向けた新しい義歯洗浄法に有用である,ポスター(一般)

  • 日本補綴歯科学会第128回学術大会,国内会議,2019年05月,札幌,委員会セミナー 1(用語検討委員会)「歯科補綴学専門用語集 — 改訂のポイント— 」,シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • 日本補綴歯科学会第128回学術大会,国内会議,2019年05月,札幌市,適正範囲のHLB値をもつ界面活性剤はクリームタイプ義歯安定剤除去にて有用である,ポスター(一般)

  • 日本義歯ケア学会第11回学術大会,国内会議,2019年02月,東京,義歯装着患者より採取したCandida albicans 臨床分離株の病原性評価について,口頭(一般)

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 口腔保湿剤に関する研究,未設定,未設定

 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本補綴歯科学会,用語検討委員会委員,2019年06月 ~ 2021年06月

  • 日本補綴歯科学会,用語検討委員会 幹事,2017年06月 ~ 2019年06月

  • 日本老年歯科医学会,専門医認定試験問題作成審査委員,2013年04月 ~ 2016年03月