基本情報

写真a

小野 智司

ONO Satoshi


職名

准教授

研究分野・キーワード

進化計算,人工知能,知的システム,問題解決

ホームページ

http://www.ibe.kagoshima-u.ac.jp/~ono/

プロフィール

ユーザシステム協調型進化計算2次元バーコードの装飾性・安全性向上実用指向最適化アルゴリズムの開発私的な情報を安全に用いる分散問題解決事例知識に基づく日本語点字翻訳支援

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 理工学域工学系 理工学研究科(工学系) 情報生体システム工学専攻,准教授,2003年04月 ~ 継続中

  • 鹿児島大学, ,2003年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • ヒューマンインタフェース学会,2015年10月 ~ 2016年03月,日本国

  • 情報知識学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 電子情報通信学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 情報処理学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • IEEE Computational Intelligence Society,2015年10月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 人工知能

  • 進化計算

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Intra-frame motion encoding using high-fps structured light for temporal shape super-resolution,第20回画像の認識・理解シンポジウム OS3-1号 ,2017年08月,Yuki Shiba, Satoshi Ono, Ryo Furukawa, Shinsaku Hiura, Hiroshi Kawasaki

    研究論文(国際会議プロシーディングス),査読有り,共著

  • 英語,Escher-like Tiling Design Using Hierarchical Optimization,Genetic and Evolutionary Computation Conference (GECCO) ,companion巻 (頁 89 ~ 90) ,2017年07月,Asuka Hisatomi, Hitomi Koba, Makoto Kamizono, Kazunori Mizuno, Satoshi Ono

    研究論文(国際会議プロシーディングス),査読有り,共著

  • 英語,Digital Watermark Design for Two-dimensional Codes Displayed on Smart Phone Screen Using Multi-objective Optimization and Optical Simulation,18th IEEE/ACIS International Conference on Software Engineering, Artificial Intelligence, Networking and Parallel/Distributed Computing (SNPD2017),2017年06月,Shingo Takeshita, Takeru Maehara, Satoshi Ono

    研究論文(国際会議プロシーディングス),査読有り,共著

  • 英語,A Fundamental Study on Adaptive Surrogate-assisted Evolutionary Computation Using Rank Correlation,18th IEEE/ACIS International Conference on Software Engineering, Artificial Intelligence, Networking and Parallel/Distributed Computing (SNPD2017),2017年06月,Yudai Kuwahata, Jun-ichi Kushida, Satoshi Ono

    研究論文(国際会議プロシーディングス),査読有り,共著

  • 英語,A belief-propagation-based decoding method for two-dimensional barcodes with monochrome auxiliary lines robust against non-uniform geometric distortion,13th International Conference on Quality Control by Artificial Vision (QCAV2017),2017年05月,Kohei Kamizuru, Kazuya Nakamura, Hiroshi Kawasaki, Satoshi Ono

    DOI:http://dx.doi.org/10.1117/12.2266848,研究論文(国際会議プロシーディングス),査読有り,共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 日本語,ユーザシステム協調型進化計算—人間の知識や嗜好を活用した最適化の実現,システム制御情報学会誌,60巻 7号 (頁 284 ~ 291) ,2016年07月,小野智司

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 日本語,機何歪みに頑健なカラー補助線入り二次元コードとその復号技術の開発,月刊自動認識,27巻 9号 (頁 51 ~ 57) ,2014年08月,小野智司, 川崎洋

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,ゆがんだ二次元コードの復号による廃棄物認識,人工知能学会誌 特集:「グリーンAI」,28巻 4号 (頁 575 ~ 582) ,2013年07月,小野智司, 川上雄大, 伊藤拓也, 藤田晋輔, 中山茂, 川崎洋

    総説・解説(学術雑誌),共著

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 特許,業務施策構築支援システム、業務施策構築支援方法及びプログラム,有馬達也, 新小田剛, 井上進, 小野智司, 桑畑雄大, 中島達哉, 奥田滋, 奥田憲昭

    出願番号( 特願2016-101741,2016年05月20日 ) ,日本国,なし

  • 特許,タイリング図形生成システム、タイリング図形生成方法及びプログラム,小野智司, 木場仁美, 牛之濱宅哉

    出願番号( 特願2015-239057,2015年12月08日 ) ,日本国,なし

  • 特許,3次元計測システム、3次元計測方法及びプログラム,川崎洋, 堀田祐樹, 小野智司

    出願番号( 特願2015-103366,2015年05月21日 ) ,日本国,なし

  • 特許,2次元コード、画像読取装置、画像読取方法、プログラム及び記憶媒体,小野智司, 川崎洋, 川上雄大, 藤田晋輔

    出願番号( 特願2015-083402,2015年04月15日 ) 登録番号( 特許第5988228号,2016年08月19日 ) ,日本国,あり

  • 意匠,部分意匠, 合成樹脂地,小野智司, 木場仁美

    出願番号( 2015-008396,2015年04月14日 ) 登録番号( 1550695,2016年04月24日 ) ,日本国,あり

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 人工知能学会研究会優秀賞,2017年06月26日,日本国,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,人工知能学会,Wasin Kalintha,Satoshi Ono,Masayuki Numao,Ken-ichi Fukui

  • 公益社団法人発明協会会長奨励賞,2016年12月10日,日本国,その他の賞,公益社団法人発明協会,小野 智司

  • FAN最優秀論文賞,2016年10月28日,日本国,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,第26回インテリジェント・システム・シンポジウム,林 勝悟, 小野 智司, 細田 滋毅, 沼尾 正行, 福井 健一

  • MIRUインタラクティブ発表賞,2015年07月30日,日本国,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,第18回画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2015),芝 優希, 堀田 祐樹, 小野 智司, 古川 亮, 日浦 慎作, 川崎 洋

  • ベストペーパー賞,2015年03月06日,日本国,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,第19回情報処理学会シンポジウム インタラクション2015,米倉 梨菜, 森永 寛紀, 若宮 翔子, 赤木 康宏, 小野 智司, 河合 由起子, 川崎 洋

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(B),2016年04月 ~ 2019年03月,プロジェクタによる目的別ライトフィールドの構築手法

  • 挑戦的萌芽研究,2016年04月 ~ 2019年03月,構造データに対する表現学習と特性の異なる2種類の実問題への応用

  • 基盤研究(B),2015年04月 ~ 2019年03月,分野横断的な最適化を可能とする適応型共進化法と電子透かし用符号化開口設計への応用

  • 挑戦的萌芽研究,2013年04月 ~ 2015年03月,非線形かつ局所的な歪みを含む2次元コードの復元技術の開発

  • 若手研究(B),2011年04月 ~ 2013年03月, システムと利用者の役割分担を動的に変更できる協調型最適化方式の開発

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第20回画像の認識・理解シンポジウム ,国内会議,2017年08月,Intra-frame motion encoding using high-fps structured light for temporal shape super-resolution,口頭(一般)

  • Genetic and Evolutionary Computation Conference (GECCO) ,国際会議,2017年07月,Escher-like Tiling Design Using Hierarchical Optimization,ポスター(一般)

  • 18th IEEE/ACIS International Conference on Software Engineering, Artificial Intelligence, Networking and Parallel/Distributed Computing (SNPD2017),国際会議,2017年06月,Digital Watermark Design for Two-dimensional Codes Displayed on Smart Phone Screen Using Multi-objective Optimization and Optical Simulation,口頭(一般)

  • 18th IEEE/ACIS International Conference on Software Engineering, Artificial Intelligence, Networking and Parallel/Distributed Computing (SNPD2017),国際会議,2017年06月,A Fundamental Study on Adaptive Surrogate-assisted Evolutionary Computation Using Rank Correlation,口頭(一般)

  • 人工知能学会全国大会(第31回),国内会議,2017年05月,多目的最適化を用いたエッシャー風タイリング図形の生成に関する研究,ポスター(一般)

全件表示 >>