基本情報

写真a

濵田 倫史

HAMADA Tomofumi


職名

講師

研究分野・キーワード

口腔癌、エピジェネティクス、DNAメチル化、ヒストン化学修飾、スプライシング異常、ムチン

プロフィール

●口腔癌の予後規定因子、予後予測因子に関する研究●口腔癌とエピジェネティクス●口腔癌におけるスプライシング異常に関する研究●口腔領域の腫瘍におけるムチン発現とその意義に関する研究●口腔癌の簡便かつ非侵襲的なスクリーニング法の開発

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 医歯学域附属病院 附属病院 診療センター 口腔顎顔面センター 口腔外科,助教,2006年08月 ~ 2017年12月

  • 鹿児島大学 医歯学域附属病院 附属病院 診療センター 口腔顎顔面センター 口腔外科,講師,2018年01月 ~ 継続中

  • 鹿児島大学, ,2006年08月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • International Association of Oral and Maxillofacial Sugeons,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本口腔粘膜学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本口腔科学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本癌学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本口腔外科学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 口腔腫瘍学

  • 口腔外科学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 日本語,口腔扁平上皮癌におけるMUC4ムチンの発現とその意義,口腔組織培養学会誌,2015年,浜田倫史,杉浦剛

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Xist Exon 7 Contributes to the Stable Localization of Xist RNA on the Inactive X-Chromosome.,PLoS Genetics,2015年,Yamada N, Hasegawa Y, Yue M, Hamada T, Nakagawa S, Ogawa Y

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 日本語,口腔扁平上皮癌におけるMUC1ムチン上のDF3エピトープの発現は腫瘍悪性度、後発リンパ節転移および予後不良と関連する,日本口腔外科学会雑誌,2014年,浜田倫,野村昌弘,上川善昭,杉原一正

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,In Vitro Antifungal Activity against Oral Candida Species Using a Denture Base Coated with Silver Nanoparticles.,Journal of Nanomaterials ,2014年,Kamikawa Y, Hirabayashi D, Nagayama T, Fujisaki J, Hamada T, Sakamoto R, Kamikawa Y, Sugihara K

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Combination of MUC1 and MUC4 expression predicts clinical outcome in patients with oral squamous cell carcinoma.,International Journal of Clinical Oncology,2014年,Kamikawa Y, Kanmura Y, Hamada T (CA), Yamada N, Macha MA, Batra SK, Higashi M, Yonezawa S, Sugihara K

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,口腔の緩和医療・緩和ケア 口腔カンジダ症.,永末書店,2013年,杉原一正, 上川善昭, 浜田倫史

    単行本(学術書),共著

  • 日本語,口腔の緩和医療・緩和ケア 癌化学療法・放射線療法中の口腔粘膜炎.,永末書店,2013年,杉原一正, 上川善昭, 浜田倫史, 他

    単行本(学術書),共著

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 日本語,新しい口腔カンジダ症の予防法−Candida卵黄抗体による口腔カンジダ症の予防とナノ銀粒子の応用による義歯性カンジダ症の予防,デンタルダイヤモンド,2014年,上川善昭, 永山知宏, 浜田倫史, 平林大典, 高本健生

    総説・解説(商業誌),共著

  • 日本語,口腔がん検診について考える,鹿児島県歯科医師会報,2014年,比地岡浩志, 浜田倫史, 有村健二, 要光

    総説・解説(その他),共著

  • 日本語,うがい液(含嗽液)を用いた口腔癌検診の確立に向けて,鹿児島県歯科医師会会報,2014年,浜田倫史, 楠元孝宣, 永田聡, 上村祐二, 向井洋, 杉原一正

    総説・解説(その他),共著

  • 日本語,日本歯科薬物療法学会(編)歯科用薬剤ガイド−症例別処方プログラム− 2.口腔カンジダ症.,日本歯科薬物療法学会(編)歯科用薬剤ガイド−症例別処方プログラム,2014年,上川善昭, 永山知宏, 浜田倫史

    総説・解説(学術雑誌),共著

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 特許,口腔前癌病変の検出方法,濵田倫史

    出願番号( 2015-172327,2015年09月01日 ) ,日本国

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 優秀発表賞,2013年06月22日,日本国,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,日本歯科薬物療法学会,浜田倫史

  • 優秀ポスター賞,2012年01月27日,日本国,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,日本口腔腫瘍学会,浜田倫史

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2015年04月 ~ 2018年03月,うがい液からのDNAメチル化異常検出による口腔癌発癌予測システムの開発,浜田倫史

  • 若手研究(B),2012年04月 ~ 2015年03月,MUC1遺伝子スプライシング異常が口腔癌に及ぼす影響,浜田倫史

  • 基盤研究(B),2011年04月 ~ 2014年03月,口腔癌における膜型ムチン発現の臨床病理学的意義の解明と診断への応用

  • 若手研究(B),2009年04月 ~ 2011年03月,口腔癌におけるMUC1遺伝子スプライシングバリアントの発現とその意義,浜田倫史

  • 基盤研究(B),2007年04月 ~ 2009年03月,口腔癌における癌関連遺伝子のスフライシング異常の検討

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 科学技術振興機構 A-STEP(研究成果最適展開支援プログラム),2014年12月 ~ 2015年12月,うがい液からの口腔癌発癌予測システムの開発,浜田倫史

    その他省庁等

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 96th Annual Meeting of the American Association of Oral and Maxillofacial Surgeons,国際会議,2014年09月,MUC4 expression is correlated to chemoresistance and survival in oral squamous cell carcinoma ,口頭(一般)

  • 第67回NPO法人日本口腔科学会学術集会,国内会議,2012年11月,シンポジウム2:口腔癌の診断と治療戦略 基礎そして臨床から-口腔癌の先端研究に基づいた近未来的治療戦略について-「口腔外科の立場から」,シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • 10th Asian Congress on Oral and Maxillofacial Surgery,国際会議,2012年11月,Aberrant DNA Methylation of Tumor-Related Genes In Oral Rinse:A Noninvasive Method for Detection/Screening of Oral Squamous Cell Carcinoma,口頭(一般)

  • 第21回日本口腔粘膜学会総会・学術集会,国内会議,2011年04月,口腔扁平上皮癌のエピジェネティック異常について,口頭(招待・特別)

  • 日本口腔外科学会九州地方会,国内会議,2008年09月,宮崎,難治性口内炎が初発症状として若年者に発症したATLの1例,その他

全件表示 >>