2022/08/03 更新

写真a

オオガイ ユウイチ
大貝 悠一
OOGAI Yuichi
所属
医歯学域医学系 医歯学総合研究科 健康科学専攻 発生発達成育学講座 講師
職名
講師

学位

  • 博士(歯学) ( 2012年1月   鹿児島大学 )

経歴

  • 鹿児島大学   医歯学域歯学系 大学院医歯学総合研究科 健康科学専攻発生発達成育学講座   講師

    2022年7月 - 現在

  • 鹿児島大学   歯学部 歯学科 口腔微生物学    

    2008年4月 - 現在

  • 鹿児島大学   助教

    2008年4月 - 現在

所属学協会

  • 歯科基礎医学会

    2015年5月 - 現在

  • 日本細菌学会

    2008年10月 - 現在

 

論文

  • Tsujii T, Kawada-Matsuo M, Migita H, Ohta K, Oogai Y, Yamasaki Y, Komatsuzawa H. .  Antibacterial activity of phellodendron bark against Streptococcus mutans .  Microbiology and immunology   2020年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kawada-Matsuo M, Watanabe A, Arii K, Oogai Y, Noguchi K, Miyawaki S, Hayashi T, Komatsuzawa H .  Staphylococcus Aureus Virulence Affected by an Alternative Nisin A Resistance Mechanism .  Appl Environ Microbiol .   2020年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yamashita T, Kawada-Matsuo M, Katsumata T, Watanabe A, Oogai Y, Nishitani Y, Miyawaki S, Komatsuzawa H. .  Antibacterial Activity of Disodium Succinoyl Glycyrrhetinate, a Derivative of Glycyrrhetinic Acid Against Streptococcus Mutans .  Microbiol immunol.   2019年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Arii K, Kawada-Matsuo M, Oogai Y, Noguchi K, Komatsuzawa H. .  Single Mutations in BraRS Confer High Resistance Against Nisin A in Staphylococcus Aureus .  Microbiologyopen   2019年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Oogai Y, Gotoh Y, Ogura Y, Kawada-Matsuo M, Hayashi T, Komatsuzawa H. .  Small RNA repertoires and their intraspecies variation in Aggregatibacter actinomycetemcomitans. .  DNA research   2018年4月招待 査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Oogai Y, Kawada-Matsuo M, Komatsuzawa H .  Staphylococcus aureus SrrAB Affects Susceptibility to Hydrogen Peroxide and Co-Existence with Streptococcus sanguinis. .  PLoS ONE   2017年7月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kawada-Matsuo M, Oogai Y, Komatsuzawa H. .  Sugar Allocation to Metabolic Pathways is Tightly Regulated and Affects the Virulence of Streptococcus mutans. .  Genes   2016年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Oyama K, Kawada-Matsuo M, Oogai Y, Hayashi T, Nakamura N, Komatsuzawa H. .  Antibacterial Effects of Glycyrrhetinic Acid and Its Derivatives on Staphylococcus aureus. .  PLoS ONE   2016年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Oogai Y, Yamaguchi M, Kawada-Matsuo M, Sumitomo T, Kawabata S, Komatsuzawa H. .  Lysine and Threonine Biosynthesis from Aspartate Contributes to Staphylococcus aureus Growth in Calf Serum. .  Applied and Environmental Microbiology   2016年9月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kawada-Matsuo M, Tatsuno I, Arii K, Zendo T, Oogai Y, Noguchi K, Hasegawa T, Sonomoto K, Komatsuzawa H. .  Two-Component Systems Involved in Susceptibility to Nisin A in Streptococcus pyogenes. .  Applied and Environmental Microbiology   2016年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kawada-Matsuo M, Shammi F, Oogai Y, Nakamura N, Sugai M, Komatsuzawa H. .  C55 bacteriocin produced by ETB-plasmid positive Staphylococcus aureus strains is a key factor for competition with S. aureus strains. .  Microbiol Immunol.   2016年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Shimotahira N, Oogai Y, Kawada-Matsuo M, Yamada S, Fukutsuji K, Nagano K, Yoshimura F, Noguchi K, Komatsuzawa H. .  The Surface Layer of Tannerella forsythia Contributes to Serum Resistance and Oral Bacterial Coaggregation. .  Infection and immunity81 ( 4 ) 1198 - 1206   2013年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Fujishima K, Kawada-Matsuo M, Oogai Y, Tokuda M, Torii M, Komatsuzawa H. .  dpr and sod in Streptococcus mutans are involved in coexistence with S. sanguinis, and PerR is associated with resistance to H2O2. .  Appl Environ Microbiol795 ( 5 ) 1436 - 1443   2013年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kukita K, Kawada-Matsuo M, Oho T, Nagatomo M, Oogai Y, Hashimoto M, Suda Y, Tanaka T, Komatsuzawa H. .  Staphylococcus aureus SasA is responsible for binding to salivary agglutinin, gp340, derived from human saliva. .  Infection and Immunity   2013年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kawada-Matsuo M, Yoshida Y, Zendo T, Nagao J, Oogai Y, Nakamura Y, Sonomoto K, Nakamura N, Komatsuzawa H. .  Three distinct two-component systems are involved in resistance to the class I bacteriocins, Nukacin ISK-1 and nisin A, in Staphylococcus aureus. .  PLoS One8 ( 4 ) e69455   2013年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kawada-Matsuo M, Oogai Y, Zendo T, Nagao J, Shibata Y, Yamashita Y, Ogura Y, Hayashi T, Sonomoto K, Komatsuzawa H. .  Involvement of the novel two-component NsrRS and LcrRS systems in distinct resistance pathways against nisin A and nukacin ISK-1 in Streptococcus mutans. .  Applied and Environmental Microbiology79 ( 15 ) 4751 - 4755   2013年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Mazda Y, Kawada-Matsuo M, Kanbara K, Oogai Y, Shibata Y, Yamashita Y, Miyawaki S, Komatsuzawa H. .  Association of CiaRH with resistance of Streptococcus mutans to antimicrobial peptides in biofilms. .  Mol Oral Microbiol. 27 ( 2 ) 124 - 135   2012年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kawada-Matsuo M, Mazda Y, Oogai Y, Kajiya M, Kawai T, Yamada S, Miyawaki S, Oho T, Komatsuzawa H. .  GlmS and NagB Regulate Amino Sugar Metabolism in Opposing Directions and Affect Streptococcus mutans Virulence. .  PLoS One   2012年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tateishi F, Hasegawa-Nakamura K, Nakamura T, Oogai Y, Komatsuzawa H, Kawamata K, Douchi T, Hatae M, Noguchi K. .  Detection of Fusobacterium nucleatum in chorionic tissues of high-risk pregnant women .  J Clin Periodontol.   2012年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yuichi Oogai, Miki Matsuo, Masahito Hashimoto, Fuminori Kato, Motoyuki Sugai, Hitoshi Komatsuzawa. .  Expressions of virulence factors in Staphylococcus aureus grown in serum. .  Applied and Environmental Microbiology   2011年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yuma Yoshida, Miki Matsuo, Yuichi Oogai, Fuminori Kato, Norifumi Nakamura, .  Bacitracin sensing and resistance in Staphylococcus aureus. .  FEMS Microbiology Letters320 ( 1 ) 33 - 39   2011年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Miki Matsuo, Yuichi Oogai, Fuminori Kato, Motoyuki Sugai, Hitoshi Komatsuzawa. .  Growth-phase dependence of susceptibility to antimicrobial peptides in Staphylococcus aureus. .  Microbiology157 ( Pt6 ) 1786 - 1797   2011年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Miki Matsuo, Fuminori Kato, Yuichi Oogai, Toshihisa Kawai, Motoyuki Sugai, Hitoshi Komatsuzawa. .  Distinct two-component systems in methicillin-resistant Staphylococcus aureus can change the susceptibility to antimicrobial agents. .  Journal of Antimicrobial Chemotherapy65 ( 7 ) 1536 - 1537   2010年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yasunori Sasakura, Yuichi Oogai, Terumi Matsuoka, Noriyuki satoh, Satoko Awazu .  Transposon mediated transgenesis in a marine invertebrate chordate: Ciona intestinalis. .  Genome Biologyvolume 8 ( suppl. 8 ) S3   2007年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 大貝悠一 渡邉温子 松尾美樹 小松澤均 .  Novel bacteriocin produced by Staphylococcus epidermidis active against nasal commensals .  日本細菌学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • 大貝悠一、小松澤均 .  Distribution and expression of insertion sequences in Aggregatibacter actinomycetemcomitans .  第92回日本細菌学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年4月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • 大貝悠一 .  Aggregatibacter actinomycetemcomitans における small RNA レパートリーとその種内多様性 .  第91回日本細菌学会総会  招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 大貝悠一、後藤恭宏、小椋義俊、林哲也、小松澤均 .  Aggregatibacter actinomycetemcomitans におけるsmall RNA の同定及び株間にお ける発現性の解析 .  第70 回 日本細菌学会九州支部総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 大貝悠一、後藤恭宏、小椋義俊、林哲也、小松澤均 .  Identification and expression analysis of small RNAs in Aggregatibacter actinomycetemcomitans .  第90回日本細菌学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • 大貝悠一, 小松澤均 .  Aggregatibacter actinomycetemcomitansにおけるsmall RNAの同定 .  第58回 歯科基礎医学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • 大貝 悠一、小松澤 均 .  黄色ブドウ球菌のHmpはStreptococcus sanguinisの産生する過酸化水素感受性に関与する .  第98回日本細菌学会総会  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • 大貝悠一、 小松澤均 .  黄色ブドウ球菌の牛血清中における病原性因子発現性及び増殖性 .  第57回歯科基礎医学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • 大貝悠一 小松澤均 .  黄色ブドウ球菌のSrrABはStreptococcus sanguinisの産生する過酸化水素感受性に影響する .  日本細菌学会総会  日本細菌学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:岐阜  

    国内学会

  • Yuichi Oogai, Hitoshi Komatsuzawa .  Threonine biosynthesis is important for Staphylococcus aureus growth in serum .  日本細菌学会総会  日本細菌学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • Yuichi Oogai and Hitoshi Komatsuzawa .  Analysis of the Fur family proteins in Staphylococcus aureus .  第86回日本細菌学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 大貝 悠一、小松澤 均 .  黄色ブドウ球菌Fur様タンパク(Fur, PerR, Zur)の解析 .  第65回日本細菌学会九州支部総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Yuichi Oogai, Fuminori Kato, Motoyuki Sugai, Hitoshi Komatsuzawa. .  Transcriptional regulator of virulence factors in Staphylococcus aureus in iron restricted condition .  日本細菌学会総会  日本細菌学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:長崎  

    国内学会

  • 大貝悠一、 小松澤均 .  黄色ブドウ球菌の血清及び鉄欠乏環境下における病原性因子発現解析 .  第4回細菌学・若手コロッセウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 大貝悠一、橋本雅仁、小松澤均 .  黄色ブドウ球菌の遊離鉄獲得を阻害する血清中因子の解析 .  第83回日本細菌学会総会  第83回日本細菌学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:横浜  

    国内学会

  • 大貝悠一、 小松澤均 .  黄色ブドウ球菌の血清中における病原性因子発現解析 .  若手研究者育成のためのワークショップ〜若手コロセウム (III) at 宮崎 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Yuichi Oogai, Fuminori kato, Motoyuki Sugai, Hitoshi Komatsuzawa .  Effect of iron on the expression of virulence factors of S. aureus grown in serum .  第82回日本細菌学会総会  第82回日本細菌学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:名古屋国際会議場  

    国内学会

  • Yuichi Oogai, Motoyuki Sugai, Hitoshi Komatsuzawa .  Expression of virulence factors of Stapylococcus aureus in serum .  The 8th International Forum on Infection and Immunity  The 8th International Forum on Infection and Immunity国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:英語  

    開催地:兵庫  

    国際学会

  • 大貝悠一、小松澤均、菅井基行 .  血清中における黄色ブドウ球菌の病原性因子発現解析 .  第81回日本細菌学会総会  第81回日本細菌学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都  

    国内学会

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • 歯周病原因菌の病原性因子及び挿入配列を制御するsmall RNAの解析

    2020年4月 - 2022年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

  • A.actinomycetemcomitansの産生する生理活性ペプチドの探索

    2017年4月 - 2020年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

  • A.actinomycetemcomitans表層タンパクの同定及び病原性解析

    2014年4月 - 2017年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

  • 歯周病原因菌表層タンパクの新規病原性因子の同定及び解析

    2010年4月 - 2011年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)