基本情報

写真a

木村 至伸

KIMURA Yukinobu


職名

准教授

研究室住所

鹿児島市郡元1-21-40

研究分野・キーワード

耐震性能評価、動的相互作用、非線形地震応答解析

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

099-285-8469

研究室FAX

099-285-8469

ホームページ

http://www.oce.kagoshima-u.ac.jp/~kouzou/

プロフィール

構造物の耐震性能評価、動的相互作用系の地震応答解析、性能照査型設計法に及ぼす非線形特性の評価

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 理工学域工学系 理工学研究科(工学系) 海洋土木工学専攻,准教授,2003年07月 ~ 継続中

  • 鹿児島大学, ,2003年07月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本地震工学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 土木学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 構造動力学

  • 耐震工学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 日本語,余震の発生確率を考慮した構造物の耐震性能評価に関する基礎的研究,土木構造・材料論文集30号 (頁 81 ~ 90) ,2014年12月,木村至伸、今村賢治

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Bond Strength behavior in Reinforced Concrete Members Exposed toCorrosive Environment - An Overview,International Journal of Earth Sciences and Engineering (IJEE),6巻 3号 (頁 530 ~ 535) ,2013年06月,Akshatha Shetty, Katta Venkataramana, Babu Narayan K. S, Yukinobu Kimura

    研究論文(国際会議プロシーディングス),査読有り,共著

  • 英語,Dynamic response evaluations of offshore energy platform with uncertainty ,The 2011 International Conference on Advances in Structural Engineering and Mechanics (ASEM'11) (頁 729 ~ 742) ,2011年09月,K.Kawano, K.Venkataramana, Y.Kimura and K.Nagafuchi

    研究論文(国際会議プロシーディングス),査読有り,共著

  • 英語,Fragility Evaluations of Structure for Performance-Based Seismic Design,The 2011 International Conference on Advances in Structural Engineering and Mechanics (ASEM'11) (頁 760 ~ 779) ,2011年09月,Yukinobu KIMURA,Kenji KAWANO,Ryota KUROSE

    研究論文(国際会議プロシーディングス),査読有り,共著

  • 日本語,余震を受ける動的相互作用系の耐震性能評価に関する基礎的研究,土木学会論文集A2(応用力学), Vol.67, No. 2(応用力学論文集 Vol.14) (頁 925 ~ 934) ,2011年08月,木村至伸,市来佐和子,河野健二,黒瀬 亮太,木部 泰輔

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 平成27年度土木学会西部支部研究発表会,その他,2016年03月,福岡,鹿児島県の地盤振動特性を考慮した構造物のフラジリティー評価に関する基礎的研究,口頭(一般)

  • 平成27年度土木学会西部支部研究発表会,その他,2016年03月,福岡,波力および風力を受ける海洋構造物の安全性評価に関する基礎的研究,口頭(一般)

  • 第2 回九州橋梁・構造工学研究会シンポジウム,その他,2014年12月,福岡,経年劣化を考慮した海洋構造物の地震応答評価に関する基礎的研究,その他

  • 平成25年度土木学会西部支部研究発表会,その他,2014年03月,福岡,鹿児島県における常時微動H/Vスペクトルを用いた構造物の耐震性能評価,その他

  • 平成24年度土木学会西部支部研究発表会,その他,2013年03月,熊本,信頼性指標を用いた免震橋梁の地震応答評価に関する基礎的研究,その他

全件表示 >>