基本情報

写真a

藤田 清貴

FUJITA Kiyotaka


職名

准教授

研究分野・キーワード

○ビフィズス菌が生産する植物糖タンパク質糖鎖分解酵素群の解析○糖タンパク質糖鎖を切断するエンドグリコシダーゼの機能解析。exo-β-1,3-galactanase, β-L-arabinofuranosidase, β-L-arabinobiosidase, β-L-arabinopyranosidase, β-アラビノオリゴ糖鎖、糖質分解酵素、 endo-β-N-acetylglucosaminidase, endo-α-N-acetylgalactosaminidase

ホームページ

http://hypba2.jimdo.com/

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 農水産獣医学域農学系 農学部 食料生命科学科 生命機能化学,准教授,2004年04月 ~ 継続中

  • 鹿児島大学 農水産獣医学域農学系 連合農学研究科 生物機能化学, ,2004年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • American Society for Microbiology,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本生物工学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本糖質学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本農芸化学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本応用糖質科学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 遺伝子工学

  • 酵素工学

  • 糖鎖工学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Two Novel α-L-Arabinofuranosidases from Bifidobacterium longum subsp. longum Belonging to Glycoside Hydrolase Family 43 Cooperatively Degrade Arabinan.,Appl. Environ. Microbiol.,85巻 (頁 e02582-18 ~ ) ,2019年01月,41. M. Komeno, H. Hayamizu, K. Fujita, H. Ashida:

    研究論文(学術雑誌),査読有り,単著

  • 英語,Degradative enzymes for type II arabinogalactan side chains in Bifidobacterium longum subsp. longum.,Applied Microbiology and Biotechnology,103巻 (頁 1299 ~ 1310) ,2019年01月,Fujita K, Sakamoto A, Kaneko S, Kotake T, Tsumuraya Y, Kitahara K

    研究論文(学術雑誌),査読有り,単著

  • 英語,Characterization of a GH36 β-L-arabinopyranosidase in Bifidobacterium adolescentis.,J. Appl. Glycosci.,65巻 (頁 23 ~ 30) ,2018年05月,Sasaki, Y., Togo, N., Kitahara, K., and Fujita, K.

    DOI:10.5458/jag.jag.JAG-2018_001,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Functional characterization of unique enzymes in Xanthomonas euvesicatoria related to degradation of arabinofurano-oligosaccharides on hydroxyproline-rich glycoproteins.,PLoS One,9巻 (頁 e0201982 ~ ) ,2018年,Nakamura, M., Yasukawa, Y., Furusawa, A., Fuchiwaki, T., Honda, T., Okamura, Y., Fujita, K., Iwai, H.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 日本語,Characterization of a β-L-arabinopyranosidase from Bifidobacterium longum subsp. longum.,J. Appl. Glycosci.,62巻 (頁 1 ~ 6) ,2015年02月,Shimokawa, M., Kitahara, K., and Fujita, K.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,第7章 エンドAの構造から糖タンパク質合成の最適条件を探る,「バイオ医薬品開発における糖鎖技術」早川堯夫・掛樋一晃・平林 淳監修・シーエムシー出版,2011年11月,竹川薫、藤田清貴

    単行本(学術書),共著

  • 日本語,酵素的切断法・(2)O-グリコシド結合の酵素分解,「糖質II糖タンパク質実験法」生物薬科学実験講座4卷・川嵜敏祐編・廣川書店,2011年07月,藤田清貴,山本憲二

    単行本(学術書),共著

  • 英語,Remodeling of Sugar Chains by Endo-M, in: Endo, M., Hase, S., Yamamoto, K., and Takagaki, K. (Eds.),,Endoglycosidases: Biochemistry, Biotechnology, Application ・Kodansha,2006年01月,Fujita, K., and Yamamoto, K.

    単行本(学術書),共著

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 日本語,食物繊維が育む“大人”のビフィズス菌,バイオミディア,生物工学会誌,97巻 12号 (頁 736) ,2019年12月,藤田清貴

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 英語,Degradation of plant arabinogalactan proteins by intestinal bacteria: characteristics and functions of the enzymes involved., Appl. Microbiol. Biotech.,103巻 (頁 7451 ~ 7457) ,2019年,Fujita, K., Sasaki, Y., and Kitahara, K.

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,ビフィズス菌が持つ糖タンパク質糖鎖の分解代謝システム:ビフィズス菌を増やすプレバイオティック糖タンパク質,化学と生物,55巻 4号 (頁 242 ~ 248) ,2017年03月,藤田清貴

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 日本語,糖タンパク質糖鎖の加水分解酵素に関する研究,応用糖質科学,応用糖質科学,6巻 1号 (頁 30 ~ 36) ,2016年03月,藤田清貴

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 日本語,Functional analysis of degradative enzymes for hydroxyproline-linked β-L-arabinofuranosides in Bifidobacterium longum.,Trends Glycosci. Glycotechnol.,24巻 139号 (頁 215 ~ 224) ,2012年09月,Fujita, K., Kitahara, K., and Suganuma, T.

    総説・解説(学術雑誌),共著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2019年04月 ~ 2022年03月, 新規アラビノビオース遊離酵素により解き明かすビフィズス菌のAGP分解メカニズム

  • 基盤研究(C),2015年04月 ~ 2018年03月,植物糖タンパク質糖鎖分解酵素群の解析から明らかにするビフィズス菌間の共生関係

寄附金・講座・研究部門 【 表示 / 非表示

  • 平成27年度 研究者の海外派遣援助,飯島藤十郎記念食品科学振興財団,2016年04月

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 日本農芸化学会 2019年度大会,国内会議,2019年03月,Microbacterium arabinogalactanolyticum由来の組み換えendo-D-arabinaseの機能解析.,口頭(一般)

  • 第25回日本生物工学会九州支部鹿児島大会,国内会議,2018年12月,ビフィズス菌由来アラビアガム分解酵素3-O-α-D-galactosyl-α-L-arabinofuranosidaseの機能解析.,口頭(一般)

  • 第91回日本生化学会大会,国内会議,2018年09月,Aureobacterium sp. M2由来の組み換えendo-D-arabinaseの機能解析.,ポスター(一般)

  • 日本応用糖質科学会平成29年度大会,国内会議,2018年09月,アラビアガム資化性ビフィズス菌由来Gal-α1,3-Ara/Arap-β1,3-Ara分解酵素の機能解析.,口頭(一般)

  • セルラーゼ研究会 第32回大会,国内会議,2018年07月,ビフィズス菌が持つ植物糖タンパク質糖鎖の分解代謝システム. ,口頭(招待・特別)

全件表示 >>