基本情報

写真a

白方 良典

SHIRAKATA Yoshinori


職名

准教授

研究分野・キーワード

歯周病、歯周組織再生療法、サイトカイン、骨補填材、Tissue Engineering、組織学的評価

プロフィール

○成長因子を用いた歯周組織再生療法について ○脱分化脂肪細胞を用いた骨再生○リン酸カルシウム骨セメントの歯周組織骨欠損への応用について○新規骨造成法の開発について○歯肉歯槽粘膜形成術に用いる生体材料評価○LIPUS刺激を利用した歯周組織再生療法の開発

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学  歯学部

    大学,1998年03月,卒業,日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  歯学研究科  歯周病学

    博士課程,2002年03月,修了,日本国

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 医歯学域歯学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 顎顔面機能再建学講座,准教授,2015年04月 ~ 継続中

  • 鹿児島大学 歯学部 歯学科 歯周病学, 講師,2011年07月 ~ 2015年03月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • ベルン大学,研究員,2011年07月 ~ 2012年07月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本再生医療学会,2020年01月 ~ 継続中,日本国

  • 日本歯周病学会 ,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本歯科保存学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本口腔インプラント学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本再生歯科医学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 歯周外科学

  • 歯科医用工学

  • 再生歯学

  • 歯周病治療学

  • 歯周病学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 日本歯周病学会 指導医

  • 日本歯周病学会 専門医

  • 歯科医師臨床研修指導歯科医

  • 歯科医師

研修受講歴 【 表示 / 非表示

  • 平成29年度 第1回教養試験歯学系OSCE評価者養成ワークショップⅠ ,2017年11月

  • 認知症対応力向上研修会,2019年09月

  • 平成19年度鹿児島大学医学部・歯学部附属病院 歯科医師臨床研修指導歯科医講習会,2007年10月

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Use of platelet-rich fibrin for the treatment of gingival recessions: a systematic review and meta-analysis,Clinical Oral Investigations,2020年,Miron RJ, Moraschini V, Del Fabbro M, Piattelli A, Fujioka-Kobayashi M, Zhang Y, Saulacic N, Schaller B, Kawase T, Cosgarea R, Jepsen S, Tuttle D, Bishara M, Canullo L, Eliezer M, Stavropoulos A, Shirakata Y, Stähli A, Gruber R, Lucaciu O, Aroca S, Deppe H, Wang HL, Sculean A.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Split-mouth evaluation of connective tissue graft with or without enamel matrix derivative for the treatment of isolated gingival recession defects in dogs,Clinical Oral Investigations,22巻 8号 (頁 3339 ~ 3349) ,2019年,Yoshinori Shirakata, Toshiaki Nakamura, Yukiya Shinohara, Kozue Nakamura-Hasegawa, Chikoto Hashiguchi, Naoshi Takeuchi, Takatomo Imafuji, Anton Sculean, Kazuyuki Noguchi

    DOI:10.1007/s00784-018-2750-1.,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 日本語,Bone morphogenetic protein-9 (BMP-9) の歯周・骨組織再生療法への応用の可能性,日本歯周病学会誌,61巻 1号 (頁 9 ~ 17) ,2019年,中村利明, 白方良典, 篠原敬哉, 野口和行

    研究論文(学術雑誌),査読無し,共著

  • 日本語,生体材料と生理活性物質を応用したIn situ歯周組織再生アプローチに関する研究,日本歯周病学会誌,2019年,白方良典

    研究論文(学術雑誌),査読有り,単著

  • 英語,Periodontal tissue regeneration after low-intensity pulsed ultrasound stimulation with or without intramarrow perforation in two-wall intrabony defects -A pilot study in dogs,Journal of Clinical Periodontology,2019年,Yoshinori Shirakata, Takatomo Imafuji, Kotaro Sena, Yukiya Shinohara, Toshiaki Nakamura, Kazuyuki Noguchi

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 英語,Next-Generation Biomaterials for Bone and Periodontal Regeneration Chapter 14 「Enamel Matrix Derivative: Preclinical Biologic Background」,Quintessence Publishing Co, Inc,2019年01月,Richard J. Miron, Anton Sculean, David L. Cochran, Nikos Donos, James Deschner, Michel Dard, Yufeng Zhang, Adrian Kasaj, Yoshinori Shirakata, Dieter D. Bosshardt

    単行本(学術書),共著

  • 英語,Next-Generation Biomaterials for Bone and Periodontal Regeneration Chapter 18 「Next-Generation Bone Morphogenetic Protein 9: The Future of Bone Regeneration?」,Quintessence Publishing Co, Inc,2019年01月,Richard J. Miron, Toshiaki Nakamura, Yoshinori Shirakata, Nikola Saulacic, Kazuyuki Noguchi, Yufeng Zhang, Masako Fujioka-Kobayashi

    単行本(学術書),共著

  • 英語,Next-Generation Biomaterials for Bone and Periodontal Regeneration Chapter 19 「Osteogain: The Next Generation of Enamel Matrix Derivative」 ,Quintessence Publishing Co, Inc,2019年01月,Richard J. Miron, Yoshinori Shirakata, Yufeng Zhang, Benjamin Pippenger, Toshiaki Nakamura, Kazuyuki Noguchi, Anton Sculean

    単行本(学術書),共著

  • 英語,「Diagnosis and treatment of furcation-involved teeth」Chapter 6: Regenerative therapy of furcation involvements in preclinical models: What is feasible?,John Wiley & Sons Ltd,2018年08月,Nikolaos Donos, Iro Palaska, Elena Calciolari, Yoshinori Shirakata, Anton Sculean

    教科書,共著

  • 日本語,歯周病学用語集 第3版,医歯薬出版株式会社,2019年03月,梅田 誠, 吉田直樹, 江澤庸博, 白方良典, 須田玲子, 高井英樹, 田口洋一郎, 吉田 茂

    事典・辞書,共編著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 日本語,生体材料と生理活性物質を応用したIn situ歯周組織再生アプローチに関する研究,日本歯周病学会誌,61巻 3号 ,2019年,白方良典

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 日本語,Bone morphogenetic protein-9 (BMP-9) の歯周・骨組織再生療法への応用の可能性,日本歯周病学会誌,61巻 1号 (頁 9 ~ 17) ,2019年03月,中村利明, 白方良典, 篠原敬哉, 野口和行

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,特殊な歯周病の診断と治療,日本歯科保存学会誌,57巻 6号 (頁 477 ~ 483) ,2014年12月,野口和行、中村利明、白方良典

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,細胞移植による歯周組織再生,鹿児島県歯科医師会会報,110巻 689号 (頁 7 ~ 9) ,2013年08月,迫田賢二、白方良典、中村利明、野口和行

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,歯周病学分野での研究について,鹿児島大学歯学部紀要,33巻 (頁 83 ~ 85) ,2013年03月,野口和行, 松山孝司, 町頭三保, 白方良典, 中村利明, 長谷川梢, 吉元剛彦, 迫田賢二, 武内博信, 立石ふみ, 瀬名浩太郎, 谷山勝義, 下田平直大

    総説・解説(大学・研究所紀要),共著

全件表示 >>

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 歯周病学用語集 第3版 編集,2015年04月 ~ 2019年02月

    その他

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 平成30年度日本歯周病学会学術賞,2018年10月26日,日本国,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,日本歯周病学会,白方良典

  • The Best Poster Award (最優秀ポスター発表賞),2016年11月19日,スイス連邦,国際学会・会議・シンポジウム等の賞,2nd International Symposium Regeneration and Esthetics in Periodontology and Implant Dentistry,Yoshinori Shirakata

  • 第56回秋季日本歯周病学会専門医 最優秀臨床ポスター賞,2014年05月24日,日本国,その他の賞,日本歯周病学会,白方 良典

  • 日本歯周病学会教育賞,2017年05月12日,日本国,その他の賞,日本歯周病学会,町頭三保、中村利明、白方良典、中村梢、迫田賢二、瀬名浩太郎、篠原敬哉、橋口千琴、田口洋一郎、梅田誠、野口和行

  • 平成29年度第7回鹿児島大学歯学部同窓会奨励賞,2017年10月29日,日本国,その他の賞,鹿児島大学歯学部同窓会,白方良典

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2020年04月 ~ 2023年03月,In situ 組織工学アプローチによる真の歯周組織再生獲得に向けた治療基盤の確立,白方良典

  • 基盤研究(C),2016年04月 ~ 2019年03月,In situ 組織工学アプローチを応用した生体内完結型歯周再生療法の新たな試み,白方良典

  • 基盤研究(C),2013年04月 ~ 2016年03月,成長因子と矯正力によるバイオメカノエンジニアリングで切り拓く歯周再生療法の新展開,白方良典

  • 若手研究(B),2010年04月 ~ 2012年03月,細胞成長因子とTCP基材の積層応用によるバイオミメティック歯周組織再生療法の開発,白方良典

  • 若手研究(B),2008年04月 ~ 2010年03月,有茎自家骨トランスポートと吸収性人工骨を応用した新たな生体模倣型骨造成法の開発,白方良典

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • The 98th General session of the International Association for Dental Research,国際会議,2020年03月,Washington DC, USA ,Healing of intrabony defects following reconstructive surgery with hyaluronic acid,口頭(一般)

  • JSCO(ジアズ大阪) 特別講演,国内会議,2019年11月,歯周組織再建・再生アプローチを再考する,口頭(招待・特別)

  • 2019年度台湾歯周病学会 Global Symposium on Challenges and Solutions of Periodontal and Implant Therapy,国際会議,2019年11月,台北 台湾,An approach of intentional replantation for severe endodontic-periodontic lesion: A 3-to 11 year follow-up study,ポスター(一般)

  • 令和元年度 日本歯周病学会九州五大学・日本臨床歯周病学会九州支部合同研修会,国内会議,2019年11月,ラット頭蓋骨欠損モデルにおけるリコンビナントヒトBMP-9と低出力超音波パルス照射による骨再生効果,口頭(一般)

  • 第62回秋季日本歯周病学会学術大会,国内会議,2019年10月,リコンビナントヒトBMP-9とLIPUS照射がラット頭蓋骨欠損の骨再生に及ぼす影響,ポスター(一般)

全件表示 >>

学外会議企画運営 【 表示 / 非表示

  • 第50回 若手研究者の集い ,世話人,2017年05月

  • 第46回日本インプラント学会学術大会,ポスター発表 座長,2016年09月

  • 平成28年度第59回春季日本歯周病学会学術大会,準備委員長,2016年05月

 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本歯周病学会 ,国際交流委員会 委員,2019年04月 ~ 継続中

  • 日本歯周病学会 ,用語委員会 委員,2015年04月 ~ 2018年03月

  • 日本歯周病学会 ,評議員,2014年04月 ~ 継続中

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • Editorial Board(Clinical Oral Investigations 編集委員) ,2019年01月 ~ 継続中

  • 学術雑誌ピアレビュー, Science Progress, Drug Design, Development and Therapy, Journal of Periodontal Research, Clinical Oral Investigations, Journal of Biomedical Materials Research: Part A, Archives of Oral Biology, BMC Oral Health, Acta Odontologica Scandinavica, Odontology, Oral Health and Preventive Dentistry, Journal of Prothodontic Research, Journal of Periodontology, International Journal of Dental Hygiene, Frontiers in Bioengineering and Biotechnology, Clinical and Experimental Dental Research,2014年12月 ~ 継続中

  • JSCO特別講演 「歯周組織再建・再生アプローチを再考する」,2019年11月

  • 平成29年度第4回「若手研究者の集い」合同研修会,2017年12月

  • 平成29年度歯科衛生士ペリオインテンシイブコース,2017年09月 ~ 2017年10月

全件表示 >>