2022/11/15 更新

写真a

シラカタ ヨシノリ
白方 良典
SHIRAKATA Yoshinori
所属
医歯学域歯学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 顎顔面機能再建学講座 准教授
職名
准教授

学位

  • 博士(歯学) ( 2002年3月   東京医科歯科大学 )

研究キーワード

  • 組織学的評価

  • Tissue Engineering

  • 骨補填材

  • サイトカイン

  • 歯周組織再生療法

  • 歯周病

学歴

  • 東京医科歯科大学   歯周病学

    - 2002年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  • 鹿児島大学

    - 1998年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

経歴

  • 鹿児島大学   医歯学域歯学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 顎顔面機能再建学講座   准教授

    2015年4月 - 現在

  • 鹿児島大学   歯学部 歯学科 歯周病学    講師

    2011年7月 - 2015年3月

  • 東京医科歯科大学   非常勤講師

    2021年4月

  • ベルン大学   研究員

    2011年7月 - 2012年7月

      詳細を見る

    国名:スイス連邦

所属学協会

  • 日本再生医療学会

    2020年1月 - 現在

  • 日本歯周病学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本歯科保存学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本口腔インプラント学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本再生歯科医学会

    2015年10月 - 現在

  • International Association for Dental Research

    2015年10月 - 現在

  • 口腔病学会

    2015年10月 - 現在

  • 南九州歯学会

    2019年5月 - 現在

▼全件表示

委員歴

  • 日本歯周病学会   国際交流委員会 委員  

    2019年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  • 日本歯周病学会   ペリオドンタルメデイシン委員会 委員  

    2021年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  • 日本歯周病学会   用語委員会 委員  

    2015年4月 - 2018年3月   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  • 日本歯周病学会   評議員  

    2014年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

留学歴

  • 2011年7月 - 2012年7月   ベルン大学   客員研究員

取得資格

  • 日本歯周病学会 指導医

  • 日本歯周病学会 専門医

  • 歯科医師臨床研修指導歯科医

  • 歯科医師

 

論文

  • Yoshinori Shirakata, Takatomo Imafuji, Toshiaki Nakamura, Yukiya Shinohara, Masayuki Iwata, Fumiaki Setoguchi, Kazuyuki Noguchi, Anton Sculean .  Cross-linked hyaaluronic acid-gel with or without a collagen matrix in the treatment of class Ⅲ furcation defects: A histologic and histomorphometric study in dogs .  Journal of Clinical Periodontology   2022年査読 国際共著

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yoshinori Shirakata, Fumiaki Setoguchi, Kotaro Sena, Toshiaki Nakamura, Takatomo Imafuji, Yukiya Shinohara, Masayuki Iwata, Kazuyuki Noguchi. .  Comparison of periodontal wound healing/regeneration by recombinant human fibroblast growth factor-2 combined with β-tricalcium phosphate, carbonate apatite, or deproteinized bovine bone mineral in a canine 1-wall intrabony defect model .  Journal of Clinical Periodontology49 ( 6 ) 599 - 608   2022年4月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Takatomo Imafuji, Yoshinori Shirakata, Shinohara Yukiya, Nakamura Toshiaki, Kazuyuki Noguchi .  Enhanced bone formation of calvarial bone defects by low-intensity pulsed ultrasound and recombinant human bone morphogenetic protein-9: a preliminary experimental study in rats .  Clinical Oral Investig25 ( 10 ) 5917 - 5927   2021年3月査読

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00784-021-0

  • Miron RJ, Moraschini V, Fujioka-Kobayashi M, Zhang Y, Kawase T, Cosgarea R, Jepsen S, Bishara M, Canullo L, Shirakata Y, Gruber R, Ferenc D, Calasans-Maia MD, Wang HL, Sculean A .  Use of platelet-rich fibrin for the treatment of periodontal intrabony defects: a systematic review and meta-analysis. .  Clin Oral Investig25 ( 5 ) 2461 - 2478   2021年2月査読 国際共著

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00784-021-03825-8

  • Andrea Pilloni, Mariana A Rojas, Lorenzo Marini, Paola Russo, Yoshinori Shirakata, Anton Sculean, Roberta Lacoro .  Healing of intrabony defects following regenerative surgery by means of single-flap approach in conjunction with either hyaluronic acid or an enamel matrix derivative: a 24-month randomized controlled clinical trial. .  Clin Oral Investig25 ( 8 ) 5095 - 5107   2021年2月査読 国際共著

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00784-021-03822-x

  • Yoshinori Shirakata, Takatomo Imafuji, Toshiaki Nakamura, Yoshiko Kawakami, Yukiya Shinohara, Kazuyuki Noguchi, Andrea Pilloni, Anton Sculean .  Periodontal wound healing/regeneration of two-wall intrabony defects following reconstructive surgery with cross-linked hyaluronic acid-gel with or without a collagen matrix. A preclinical study in dogs. .  Quintessence International   2021年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yoshinori Srhirakata, Toshiaki Nakamura, Yoshiko Kawakami, Takatomo Imafuji, Yukiya Shinohara, Kazuyuki Noguchi, Anton Sculean .  Healing of buccal gingival recessions following treatment with coronally advanced flap alone or combined with a cross-linked hyaluronic acid-gel. An experimental study in dogs .  Journal of Clinical Periodontology   2021年招待 査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/jcpe.13433

  • Yoshinori Shirakata, Kotaro Sena, Toshiaki Nakamura, Yukiya Shinohara, Takatomo Imafuji, Fumiaki Setoguchi, Kazuyuki Noguchi, Tomoyuki Kawase, Richard J. Miron .  Histological evaluation of gingival and intrabony periodontal defects treated with plaletet-rich fibrin using different protocols: A canine study .  Oral Health and Preventive Dentistry   2021年査読 国際共著

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 3) 中村梢、中村利明、榮樂菜保子、今藤隆智、田島愛弓、瀬戸口史晃、園田怜美、松村祥平、清水美里、古江きらら、篠原敬哉、白方良典、野口和行 .  広汎型重度慢性歯周炎に対し、経口抗菌療法を併用した歯周基本治療を行った1症例 .  南九州歯誌1 ( 1 ) 7 - 9   2020年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  • Miron RJ, Moraschini V, Del Fabbro M, Piattelli A, Fujioka-Kobayashi M, Zhang Y, Saulacic N, Schaller B, Kawase T, Cosgarea R, Jepsen S, Tuttle D, Bishara M, Canullo L, Eliezer M, Stavropoulos A, Shirakata Y, Stähli A, Gruber R, Lucaciu O, Aroca S, Deppe H, Wang HL, Sculean A. .  Use of platelet-rich fibrin for the treatment of gingival recessions: a systematic review and meta-analysis .  Clinical Oral Investigations   2020年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yoshinori Shirakata, Toshiaki Nakamura, Yukiya Shinohara, Kozue Nakamura-Hasegawa, Chikoto Hashiguchi, Naoshi Takeuchi, Takatomo Imafuji, Anton Sculean, Kazuyuki Noguchi .  Split-mouth evaluation of connective tissue graft with or without enamel matrix derivative for the treatment of isolated gingival recession defects in dogs .  Clinical Oral Investigations22 ( 8 ) 3339 - 3349   2019年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00784-018-2750-1.

  • 中村利明, 白方良典, 篠原敬哉, 野口和行 .  Bone morphogenetic protein-9 (BMP-9) の歯周・骨組織再生療法への応用の可能性 .  日本歯周病学会誌61 ( 1 ) 9 - 17   2019年招待

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 白方良典 .  生体材料と生理活性物質を応用したIn situ歯周組織再生アプローチに関する研究 .  日本歯周病学会誌   2019年招待 査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yoshinori Shirakata, Takatomo Imafuji, Kotaro Sena, Yukiya Shinohara, Toshiaki Nakamura, Kazuyuki Noguchi .  Periodontal tissue regeneration after low-intensity pulsed ultrasound stimulation with or without intramarrow perforation in two-wall intrabony defects -A pilot study in dogs .  Journal of Clinical Periodontology   2019年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 町頭三保、中村利明、白方良典、中村梢、迫田賢二、瀬名浩太郎、篠原敬哉、橋口千琴、田口洋一郎、梅田誠、野口和行 .  歯周基本治療のための新たな教育用模型の開発 .  日本歯周病学会会誌60 ( 1 ) 44 - 51   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hiroyuki Saida, Shunsuke Fukuba, Richard J. Miron, Yoshinori Shirakata .  Efficacy of flapless intentional replantation with enamel matrix derivative in the treatment of hopeless teeth associated with endodontic-periodontal lesions: A 2-year prospective case series. .  Quintessence International49 ( 9 ) 699 - 707   2018年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3290/j.qi.a40782.

  • Yoshinori Shirakata, Richard J Miron, Yukiya Shinohara, Toshiaki Nakamura, Kotaro Sena, Naoto Horai, Dieter D. Bosshardt, Kazuyuki Noguchi, Anton Sculean .  Healing of 2-wall intrabony defects treated with a novel EMD-liquid. A preclinical study in monkeys .  Journal of Clinical Periodontology44 ( 12 ) 1264 - 1273   2017年11月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/jcpe.12825

  • Toshiaki Nakamura,Yoshinori Shirakata,Yukiya Shinohara, Richard J. Miron, Kozue Hasegawa-Nakamura, Masako Fujioka-Kobayashi, Kazuyuki Noguchi .  Comparison of the effects of recombinant human bone morphogenetic protein-2 and -9 on bone formation in rat calvarial critical-size defects. .  Clinical Oral Investigations21 ( 9 ) 2671 - 2679   2017年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yoshinori Shirakata, Richard J. Miron, Toshiaki Nakamura, Kotaro Sena, Yukiya Shinohara, Naoto Horai, Dieter D. Bosshardt, Anton Sculean. .  Effects of EMD-liquid (Osteogain) on periodontal healing in class III furcation defects in monkeys. .  Journal of Clinical Periodontology44 ( 3 ) 298 - 307   2017年2月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/jcpe.12663.

  • Masako Kobayashi, Benoit Schaller, Yoshinori Shirakata, Toshiaki Nakamura, Kazuyuki Noguchi, Yufeng Zhang, Richard Miron .  Comparison of two porcine collagen membranes combined with recombinant human bone morphogenetic protein (rhBMP)-2 and -9 on osteoblast behavior in vitro. .  The International Journal of Oral & Maxillofacial Implants32 ( 4 ) e221 - e230   2017年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11607/jomi.565

  • Naoshi Takeuchi,Yoshinori Shirakata, Yukiya Shinohara, Kotaro Sena, Kazuyuki Noguchi .  Periodontal wound healing following reciprocal autologous root transplantation in class III furcation defects. .  Journal of Periodontal & Implant Science47 ( 6 ) 352 - 362   2017年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5051/jpis.2017.47.6.352

  • Richard J Miron, Masako Fujioka-Kobayashi, Yufeng Zhang, Anton Sculean, Benjamin Pippenger, Yoshinori Shirakata, Umadevi Kandalam, Maria Hernandez. .  Osteogain loaded onto an Absorbable Collagen Sponge Induces Attachment and Osteoblast Differentiation of ST2 cells in vitro. .  Clinical Oral Investig. 21 ( 7 ) 2265 - 2272   2016年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00784-016-2019-5

  • Toshiaki Nakamura, Yoshinori Shirakata,Yukiya Shinohara, Richard J. Miron, Kirara Furue, Kazuyuki Noguchi .  Osteogenic potential of recombinant human bone morphogenetic protein-9/absorbable collagen sponge (rhBMP-9/ACS) in rat critical size calvarial defects. .  Clinical Oral Investig21 ( 5 ) 1659 - 1665   2016年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00784-016-1963-4.

  • Richard J. Miron, Anton Sculean, David L.Cochran, Stuart Froum, Giovanni Zucchelli, Carlos Nemcovsky, Nikos Donos, Staale Petter Lyngstadaas, James Deschner, Michel Dard, Andreas Stavropoulos, Yufeng Zhang, Leonardo Trombelli, Adrian Kasaj, Yoshinori Shirakata, Pierpaolo Cortellini, Mauriio Tonetti, Giulio Rasperini, Søren Jepsen, Dieter D. Bosshardt. .  20 years of Enamel Matrix Derivative: The past, the present and the future. .  Journal of Clinical Periodontology43 ( 8 ) 668 - 683   2016年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/jcpe.12546

  • 白方良典 .  In situ tissue engineering approarchを応用した歯周組織再生療法の試み .  鹿児島大学歯学部紀要36   41 - 57   2016年3月招待

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Richard J Miron, Masako Fujioka-Kobayashi, Yufeng Zhang, Jordi Caballe-Serrano, Yoshinori Shirakata, Dieter D. Bosshardt, Daniel Buser, Anton Sculean. .  Osteogain improves cell adhesion, proliferation and osteoblast differentiation on a bovine-derived natural bone mineral. .  Clin Oral Implants Res28 ( 3 ) 327 - 333   2016年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/clr.12802.

  • Richard J Miron, Qiao Zhang, Anton Sculean, Daniel Buser, Benjamin E. Pippenger, Michel Dard, Yoshinori Shirakata,Fatiha Chandad, Yufeng Zhang. .  Osteoinductive potential of 4 commonly employed bone grafts. .  Clin Oral Investig20 ( 8 ) 2259 - 2265   2016年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yukiya Shinohara, Toshiaki Nakamura, Yoshinori Shirakata, Kazuyuki Noguchi. .  Bone healing capabilities of recombinant human bone morphogenetic protein-9(rhBMP-9) with a chitosan or collagen carrier in rat calvarial defects. .  Dent Mater J35 ( 3 ) 454 - 460   2016年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4012/dmj.2015-242.

  • 白方良典, 野口和行 .  歯周組織再生療法におけるエナメルマトリックスデリバティブと骨移植材の併用効果を再考する .  日本歯周病学会会誌58 ( 1 ) 1 - 15   2016年招待

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 山本芳丈、國則貴玄、白方良典、宮脇正一 .  垂直性骨欠損を伴う上顎前突症患者にエムドゲインを用いた歯周外科処置と矯正治療を併用した症例 .  九州矯正歯科学会誌12 ( 1 ) 29 - 37   2016年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Shirakata Yoshinori, Sculean Anton, Shinohara Yukiya, Sena Kotarou, Takeuchi Naoshi, Dieter Bosshardt, Noguchi Kazuyuki. .  Healing of localized gingival recessions treated with coronally advanced flap alone or combined with an enamel matrix derivative and a porcine acellular dermal matrix. A preclinical study. .  Clinical Oral Investigations20 ( 7 ) 1791 - 1800   2015年11月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00784-015-1680-4

  • 白方良典、 山本芳丈、 野口和行 .  骨格性下顎前突症を伴う広汎型重度慢性歯周炎患者に包括的治療を行った一症例 Comprehensive treatment of a severe chronic periodontitis patient with skeltal Class Ш : A case report. (最優秀臨床ポスター賞受賞論文) .  日本歯周病学会会誌56 ( 4 ) 442 - 450   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Anton Sculean, Ilja Mihatovic, Yoshinori Shirakata, Dieter Bosshardt, Frank Schwarz, Iglhaut Gerhard. .  Healing of localized gingival recessions treated with coronally advanced flap alone or combined with either a resorbable collagen matrix or subepithelial connective tissue graft. A preclinical study. .  Clin Oral Investig19 ( 4 ) 903 - 909   2014年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00784-014-1299-x.

  • 白方良典 .  若手教員海外研修を終えて-スイス連邦共和国ベルン大学歯学部留学記- .  鹿児島大学歯学部紀要34   117 - 126   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Frank Schwarz, Ilja Mihatovic, Yoshinori Shirakata, Jurgen Becker, Dieter Bosshardt, Anton Sculean .  Treatment of soft tissue recessions at titanium implants using a resorbable collagen matrix. A pilot study. .  Clin Oral Implants Res25 ( 1 ) 110 - 115   2014年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/clr.12042.

  • Yoshinori Shirakata, Meizi Elizer, Carlos Nemcovsky, Miron Weinreb, Michel Dard, Anton Sculean, Dieter Bosshardt, Ofer Moses. .  Periodontal healing after application of EMD in surgical supra-infrabony periodontal defects in rats with streptozotocin-induced diabetes. .  J Periodontal Res49 ( 1 ) 93 - 101   2014年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/jre.12084

  • Yoshinori Shirakata, Toshiaki Nakamura, Yukiya Shinohara, Katsuyoshi Taniyama, Kenji Sakoda, Takehiko Yoshimoto, Kazuyuki Noguchi. .  An exploratory study on the efficacy of rat dedifferentiated fat cells (rDFATs) with a poly lactic-co-glycolic acid/hydroxylapatite (PLGA/HA) composite for bone formation in a rat calvarial defect model. .  J Mater Sci: Mater Med25 ( 3 ) 899 - 908   2014年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10856-013-5124-x.

  • Katsuyoshi Taniyama, Yoshinori Shirakata, Takehiko Yoshimoto, Naoshi Takeuchi,Yusuke Yoshihara and Kazuyuki Noguchi. .  Bone formation using β-tricalcium phosphate/carboxymethyl-chitin composite scaffold in rat calvarial defects. .  Oral Surgery, Oral Medicine, Oral Pathology, Oral Radiology116 ( 6 ) e450 - e456   2013年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.oooo.2012.02.033

  • Yoshinori Shirakata, Takehiko Yoshimoto, Naoshi Takeuchi, Katsuyoshi Taniyama, Kazuyuki Noguchi .  Effects of enamel matrix derivative in combination with bone swaging and calcium phosphate bone cement on periodontal regeneration in one-wall intrabony defects in dogs .  J Periodontal Res48 ( 1 ) 37 - 43   2013年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1600-0765.2012.01499.x.

  • 野口和行、松山孝司、町頭三保、白方良典、中村利明、長谷川梢、吉元剛彦、迫田賢二、武内博信、立石ふみ、瀬名浩太郎、谷山勝義、下田平直大 .  歯周病学分野での研究について .  鹿児島大学紀要33   83 - 85   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 白方良典、野口和行 訳 .  1壁性骨欠損におけるs-リン酸三カルシウム併用によるエナメルマトリックスデリバティブおよび塩基性線維芽細胞成長因子の歯周組織再生効果:イヌを用いた実験的研究 Effects of enamel matrix derivative and basic fibroblast growth factor with β-tricalcium phosphate on periodontal regeneration in 1-wall intrabony defects: An experimental study in dogs. .  Int J Periodont Rest Dent 日本語版33 ( 5 )   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Yoshinori Shirakata, Naoshi Takeuchi, Takehiko Yoshimoto, Katsuyoshi Taniyama, Kazuyuki Noguchi .  Effects of enamel matrix derivative and basic fibroblast growth factor with β-tricalcium phosphate on periodontal regeneration in 1-wall intrabony defects: An experimental study in dogs .  Int J Periodont Rest Dent33 ( 5 ) 641 - 649   2013年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yoshinori Shirakata, Katsuyoshi Taniyama, Takehiko Yoshimoto, Naoshi Takeuchi, Kazuyuki Noguchi .  Effect of bone swaging with calcium phosphate bone cement on periodontal regeneration in dogs .  Oral Surgery, Oral Medicine, Oral Pathology, Oral Radiology and Endodontology114 ( 1 ) 35 - 42   2012年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Naoshi Takeuchi, Miho Machigashira, Daisuke Yamashita, Yoshinori Shirakata, Toshihiro Kasuga, Kazuyuki Noguchi, Seiji Ban .  Cellular compatibility of a gamma-irradiated modified siloxane-poly(lactic acid)-calcium carbonate hybrid membrane for guided bone regeneration .  Dent Mater J30   730 - 738   2011年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yoshinori Shirakata, Katsuyoshi Taniyama,Takehiko Yoshimoto, Motoharu Miyamoto, Naoshi Takeuchi, Takashi Matsuyama, Kazuyuki Noguchi .  Regenerative effect of basic fibroblast growth factor on periodontal healing in 2-wall intrabony defects in dogs .  Journal of Clinical Periodontology37   374 - 381   2010年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 白方良典 和泉雄一 訳 .  自家骨と多血小板血漿を併用した上顎洞底挙上術:ヒトにおける組織学的所見Sinus grafting using autogenous bone and platelet-rich plasma: Histologic outcomes in humans .  Int J Periodont Rest Dent 日本語版17 ( 1 ) 45 - 49   2008年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 白方良典 和泉雄一 訳 .  上顎洞底挙上術に用いた二相性セラミック人工骨とウシ無機骨の組織形態比較:術後6~8ヶ月における新生骨形成に関する評価 試験的研究Histomorphometric comparison of a biphasic bone ceramic to anorganic bovine bone for sinus augmentation: 6- to 8- month postsurgical assessment of vital bone formation. A pilot study .  Int J Periodont Rest Dent 日本語版16 ( 4 ) 59 - 65   2008年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Yoshinori Shirakata, Takashi Setoguchi, Miho Machigashira, Takashi Matsuyama, Yasushi Furuichi, Kozue Hasegawa, Takehiko Yoshimoto Yuichi Izumi. .  Comparison of injectable calcium phosphate bone cement grafting and open flap debridement in periodontal intrabony defects: A randomized clinical trial. .  Journal of Periodontology 79 ( 1 ) 25 - 32   2008年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 白方良典 和泉雄一 訳 .  顎堤増大を目的とした骨移植部位における骨採取Harvesting bone in the recipient sites for ridge augmentation .  Int J Periodont Res Dent 日本語版16 ( 5 ) 79 - 85   2008年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Yoshinori Shirakata, Takehiko Yoshimoto, Hisanori Goto, Yutaka Yonamine, Hideshi Kadomatsu, Motoharu Miyamoto, Toshiaki Nakamura, Chie Hayashi,Yuichi Izumi. .  Favorable periodontal healing of one-wall infrabony defects after application of calcium phosphate cement wall alone or in combination with enamel matrix derivative ; A pilot study with canine mandibles-. .  Journal of Periodontology 78 ( 5 ) 889 - 898   2007年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Chie Hayashi, Atsuhiro Kinoshita, Shigeru Oda, Koji Mizutani, Yoshinori Shirakata, and Isao Ishikawa. .  Injectable calcium phosphate bone cement provides favorable space and a scaffold for periodontal regeneration in dogs., J. Periodontol. 77:940-946, 2006 .   77   940 - 946   2006年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 町頭三保、中村利明、白方良典、金城守明、瀬戸口尚志、和泉雄一 .  歯周治療におけるエムドゲインゲルの臨床的効果 Clinical evaluation of EMDOGAIN-gel on periodontal therapy .  鹿児島大学歯学部紀要第25巻   39 - 44   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 白方良典 石川 烈 訳 .  抜歯窩に非吸収性ハイドロキシアパタイト移植材を併用し、埋入を行ったハイドロキシアパタイトコーティングインプラントの6年非負荷での組織学的評価A 6-year unloaded hydroxyapatite-coated dental implant placed into an Extraction socket in conjunction with nonresorbable hydroxyatatite grafting material: Histologic evaluation .  Int J Periodont Rest Dent 日本語版11 ( 1 ) 58 - 64   2003年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Yoshinori Shirakata, Shigeru Oda, Atsuhiro Kinoshita, Shigenari Kikuchi, Hiroaki Tsuchioka, Isao Ishikawa .  Histocompatible healing of periodontal defects after application of an injectable calcium phosphate bone cement. A preliminary study in dogs. .  Journal of periodontology73   1043 - 1053   2002年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 白方良典 石川 烈 訳 .  ヒト骨内欠損の治療におけるウシ由来異種骨(Bio-Oss)とエナメルマトリックスデリバティブ(エムドゲイン)併用の臨床的評価Clinical evaluation of an enamel matrix protein derivative (Emdogain) combined with a bovine-derived xenograft (Bio-Oss) for the treatment of intrabony defects in humans .  Int J Periodont Res Dent 日本語版10 ( 6 ) 60 - 67   2002年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 白方良典 石川 烈 訳 .  硬化性カルシウムサルフェイトを用いた上顎洞底挙上術:症例報告Maxllary sinus augmentation using prehardened calcium sulfate: A case report .  Int J Periodont Rest Dent 日本語版10 ( 6 ) 81 - 85   2002年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 白方良典 石川 烈 訳 .  さまざまな骨欠損形態における多孔性牛骨ミネラルの効果:臨床的観察および文献的考察Efficacy of porous bovine bone mineral in various types of osseous deficiencies: Clinical observations and literature review .  Int J Periodont Rest Dent 日本語版9 ( 5 ) 66 - 75   2001年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 白方良典 石川 烈 訳 .  硬組織再生を目指しティッシュエンジニアリングを用いた細胞閉塞装置ー予備報告A tissue engineered cell-occlusive device for hard tissue regeneration-A preliminary report- .  Int J Periodont Rest Dent 日本語版9 ( 2 ) 46 - 56   2001年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 白方良典 石川 烈 訳 .  イヌに生体吸収性ポリ乳酸メンブレンを用いたGTRにより獲得された新付着New attachment achieved by guided tissue regeneration using a bioresorbable polylactic acid membrane in dogs .  Int J Periodont Rest Dent 日本語版7 ( 5 ) 531 - 537   1999年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

▼全件表示

書籍等出版物

  • 歯科医師・研究者チームによる歯周治療のコンセンサス ③ 歯周再生治療

    白方良典( 担当: 単著 ,  範囲: エビデンスと臨床 Chapter 1 歯周組織再生アプローチにおける生体材料・生理活性物質の役割とその課題)

    インターアクション株式会社  2021年5月 

     詳細を見る

    総ページ数:125   担当ページ:32-53   記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  • Understanding Platelet-Rich Fibrin Chapter 13 「Use of PRF for the treatment of intrabony and furcation defects」

    Richard J. Miron, Vittorio Moraschini, Omid Moghaddas, Yoshinori Shirakata, Brian Mealey, Hom-Lay Wang, Anton Sculean( 担当: 共著)

    Quintessence Publishing Co. Inc  2021年 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  • Understanding Pplatelet-Rich Fibrin Chapter 12 「Use of PRF for the treatment of gingival recessions」

    Richard J. Miron, Della Tuttie, Vittorio Moraschini, Meizi Eliezer, Raluca Cosgarea, Soren Japsen, Yoshinori Shirakata, Hom-Lay Wang, Anton Sculean ( 担当: 共著)

    Quintessence Publishing Co. Inc  2020年 

     詳細を見る

    総ページ数:151-166   記述言語:英語 著書種別:学術書

  • Next-Generation Biomaterials for Bone and Periodontal Regeneration Chapter 19 「Osteogain: The Next Generation of Enamel Matrix Derivative」

    Richard J. Miron, Yoshinori Shirakata, Yufeng Zhang, Benjamin Pippenger, Toshiaki Nakamura, Kazuyuki Noguchi, Anton Sculean ( 担当: 共著)

    Quintessence Publishing Co, Inc  2019年1月 

     詳細を見る

    担当ページ:P265-282   記述言語:英語 著書種別:学術書

  • Next-Generation Biomaterials for Bone and Periodontal Regeneration Chapter 18 「Next-Generation Bone Morphogenetic Protein 9: The Future of Bone Regeneration?」

    Richard J. Miron, Toshiaki Nakamura, Yoshinori Shirakata, Nikola Saulacic, Kazuyuki Noguchi, Yufeng Zhang, Masako Fujioka-Kobayashi( 担当: 共著)

    Quintessence Publishing Co, Inc  2019年1月 

     詳細を見る

    担当ページ:P255-264   記述言語:英語 著書種別:学術書

  • Next-Generation Biomaterials for Bone and Periodontal Regeneration Chapter 14 「Enamel Matrix Derivative: Preclinical Biologic Background」

    Richard J. Miron, Anton Sculean, David L. Cochran, Nikos Donos, James Deschner, Michel Dard, Yufeng Zhang, Adrian Kasaj, Yoshinori Shirakata, Dieter D. Bosshardt( 担当: 共著)

    Quintessence Publishing Co, Inc  2019年1月 

     詳細を見る

    担当ページ:P197-210   記述言語:英語 著書種別:学術書

  • 「Diagnosis and treatment of furcation-involved teeth」Chapter 6: Regenerative therapy of furcation involvements in preclinical models: What is feasible?

    Nikolaos Donos, Iro Palaska, Elena Calciolari, Yoshinori Shirakata, Anton Sculean( 担当: 共著)

    John Wiley & Sons Ltd  2018年8月 

     詳細を見る

    担当ページ:P105-135   記述言語:英語 著書種別:教科書・概説・概論

  • 歯周病学用語集 第3版

    梅田 誠, 吉田直樹, 江澤庸博, 白方良典, 須田玲子, 高井英樹, 田口洋一郎, 吉田 茂( 担当: 共編者(共編著者))

    医歯薬出版株式会社  2019年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:事典・辞書

  • 月刊糖尿病 糖尿病患者の口腔管理 第3章 「歯周病とは」

    白方良典、野口和行( 担当: 共著)

    医学出版  2014年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 臨床歯周病学 第2版 第3編アドバンス編ー専門的な歯周治療ー第25章 骨移植術

    秋月達也 白方良典 和泉雄一( 担当: 共著)

    医歯薬出版株式会社  2013年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  • 第2部 基本編 4.5.11.12

    町頭三保、白方良典、中村利明( 担当: 共著)

    歯周治療へのアプローチ・永末書店  2012年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 第3編アドバンス編ー専門的な歯周治療ー第1章 骨移植術

    白方良典 和泉雄一 ( 担当: 共著)

    医歯薬出版  2007年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

▼全件表示

MISC

  • 生体材料と生理活性物質を応用したIn situ歯周組織再生アプローチに関する研究 査読

    白方良典

    日本歯周病学会誌   61 ( 3 )   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Bone morphogenetic protein-9 (BMP-9) の歯周・骨組織再生療法への応用の可能性 査読

    中村利明, 白方良典, 篠原敬哉, 野口和行

    日本歯周病学会誌   61 ( 1 )   9 - 17   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 特殊な歯周病の診断と治療

    野口和行、中村利明、白方良典

    日本歯科保存学会誌   57 ( 6 )   477 - 483   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 細胞移植による歯周組織再生

    迫田賢二、白方良典、中村利明、野口和行

    鹿児島県歯科医師会会報   110 ( 689 )   7 - 9   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 歯周病学分野での研究について

    野口和行, 松山孝司, 町頭三保, 白方良典, 中村利明, 長谷川梢, 吉元剛彦, 迫田賢二, 武内博信, 立石ふみ, 瀬名浩太郎, 谷山勝義, 下田平直大

    鹿児島大学歯学部紀要   33   83 - 85   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)  

  • 歯周組織再生療法の現状と今後の展望

    白方良典、吉元剛彦、中村利明、谷山勝義、竹内尚士、野口和行

    鹿児島県歯科医師会会報   100 ( 679 )   5 - 7   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 1.進歩する歯周組織再生療法の分類と臨床 1)骨移植

    白方良典

    歯科医療・第一歯科出版   23 ( 2 )   6 - 13   2009年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 新世紀の歯科薬剤・材料ー新世紀の組織再生用歯科材料-Periodontal Regenerative Therapy and Materials for the New Century

    石川 烈 白方良典

    日本歯科医学会雑誌   22   24 - 30   2003年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 歯周炎:歯周病およびインプラント周囲組織の疾患と状態の分類に関する2017年ワールドワークショップ, ワークグループ2のコンセンサスレポート

    野口和行 白方良典 訳

    歯周病およびインプラント周囲組織の疾患と状態に関する新分類 アメリカ歯周病学会(AAP)/ヨーロッパ歯周病連盟(EFP)共催 2017ワールドワークショップ会議録 Kenneth S. Kornman/Maurizio S. Tonetti 村上伸也 監訳 日本歯周病学会/日本臨床歯周病学会 共訳   1   172 - 180   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(国際会議プロシーディングズ)   出版者・発行元:クインテッセンス出版株式会社  

  • Prof Sculeanが語るインプラント周囲のインフェクションコントロールと外科的対応

    白方良典 

    Quintessence Dental Implantology   27 ( 5 )   21 - 29   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:クインテッセンス出版  

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • Yoshinori Shirakata .  Current status and future prospects of biological molecule-based regenerative/reconstructive periodontal therapy .  American Academy of Periodontology 108th Annual Meeting The 8th Pan Pacific Session   2022年10月  招待 国際共著 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • Yoshinori Shirakata .  In situ tissue engineering approaches using biologics/biomaterials for bone and periodontal regeneration .  4th International Conference Brawijaya Dentistry (ICBD)  2022年9月  招待 国際共著 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • 白方良典 .  最新エビデンスに基づく歯周組織再建外科治療 .  Club SBC 特別講演  2022年7月  招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Webinar  

  • Y Shirakata, T Imafuji, Y Shinohara, T Nakamura, M Iwata, F Setoguchi, K Noguchi, A Sculean .  Histological evaluation of cross-linked hyaluronic acid-gel with or without a collagen matrix for periodontal wound healing/regeneration of class Ⅲ furcation defects in dogs .  Europerio 10  2022年6月  EFP国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:コペンハーゲン  

  • Yoshinori Shirakata .  Preclinical evaluation of the effects of cross-linked hyaluronic acid gel on periodontal wound healing/regeneration in periodontal defects. .  Europerio 10  2022年6月  REGEDENT 招待 国際共著 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:Copenhagen, Denmark  

  • 白方良典, 瀬名浩太郎, 今藤隆智, 中村利明, 篠原敬哉, 瀬戸口史晃, 岩田真行, 野口和行 .  βリン酸カルシウム, 炭酸アパタイトおよび脱タンパク牛骨ミネラルとリグロスⓇ 併用による歯周組織再生効果-イヌ1壁性骨欠損モデルにおける組織学的比較評価- .  第65回春季日本歯周病学会学術大会  2022年6月  日本歯周病学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京 京王プラザホテル  

  • 白方良典 .  歯周組織再建/再生療法を科学的に検証する -真のゴールを目指して- 基調講演 .  令和4年度第1回日本臨床歯周病学会中国四国支部教育講演会  2022年5月  日本臨床歯周病学会招待 国際共著

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:広島 広島大学広仁会館  

  • 白方良典 .  歯周組織再建治療におけるバイオマテリアルの意義とその選択 .  ガイストリッヒ Web講演会 歯周治療シリーズ2022 part 1  2022年4月  Geistlich招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • 白方良典 .  歯周組織再生/再建療法を俯瞰する .  JSCT(ジアズ東京)特別講演  2022年4月  ジアズ東京招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東京  

  • 白方良典 .  実験動物を用いたサイトカインおよび生体材料の歯周組織再生能評価 .  第38回日本毒性病理学会総会及び学術集会  2022年1月  招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:神戸国際会議場 (Web および現地開催)  

  • 池田美穂, 江部由佳梨, 白方良典, 中村利明, 田島香菜, 堀之内美帆, 糸田彩佳, 下田平貴子, 鉛山光世, 野口和行 .  洗口剤と専門的機械的歯面清掃による口腔内細菌と歯周組織への影響 .  日本歯科衛生学会 第16回学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 白方良典 .  次世代を担う鹿児島大学歯学部シニアフェローシンポジウム Evidence-baased periodontal regenerative therapy -クリ二シャン・サイエンテイストを目指して- .  第3回南九州歯学会  2021年9月  招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  • 白方良典 .  生体材料と生理活性物質を用いた歯周組織再生アプローチを再考する .  東京医科歯科大学大学院特別講義  2021年7月  東京医科歯科大学招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • 白方良典, 中村利明, 篠原敬哉, 川上克子, 野口和行 .  イヌ2壁性骨内欠損における架橋型ヒアルロン酸ゲルとコラーゲンマトリックス併用・非併用による歯周組織再生 .  第154回春季日本歯科保存学会学術大会  2021年6月  国際共著

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Web開催   国名:日本国  

  • 白方良典,中村利明,川上克子,今藤隆智,篠原敬哉,野口和行 .  イヌ歯肉退縮欠損における歯肉弁歯冠側移動術とヒアルロン酸ゲル併用による歯周組織再生 .  第64回春季日本歯周病学会学術大会 (Web開催) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月 - 2021年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • Yoshinori Shirakata, Toshiaki Nakamura, Yoshiko Kawakami, Takatomo Imafuji, Yukiya Shinohara, Kazuyuki Noguchi, Anton Sculean .  Effects of hyaluronic acid on healing of gingival recession defects in dogs. .  106th Annual Meeting American Academy of Periodontology  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • ○ Takatomo Imafuji, Yoshinori Shirakata, Yukiya Shinohara, Toshiaki Nakamura, Kazuyuki Noguchi .  LIPUS enhances rhBMP9-induced bone formation in rat calvarial bone defects .  106th Annual Meeting American Academy of Periodontology  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • 白方良典 .  歯周組織再生アプローチにおける生体材料・生理活性物質の役割とその課題 .  第3回 歯周治療のコンセンサス・ミーテイング「歯周組織の再生治療;比較から使い分けの時代」  招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Y Shirakata, T Nakamura, Y Kawakami, T Imafuji, Y Shinohara, K Noguchi, A Sculean .  Healing of intrabony defects following reconstructive surgery with hyaluronic acid .  The 98th General session of the International Association for Dental Research  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Washington DC, USA  

  • 白方良典 .  歯周組織再建・再生アプローチを再考する .  JSCO(ジアズ大阪) 特別講演  招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • Saida Hiroyuki, Fukuba Shunsuke, Shirakata Yoshinori .  An approach of intentional replantation for severe endodontic-periodontic lesion: A 3-to 11 year follow-up study .  2019年度台湾歯周病学会 Global Symposium on Challenges and Solutions of Periodontal and Implant Therapy  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:台北 台湾  

  • 今藤隆智, 白方良典, 中村利明, 篠原敬哉, 野口和行 .  ラット頭蓋骨欠損モデルにおけるリコンビナントヒトBMP-9と低出力超音波パルス照射による骨再生効果 .  令和元年度 日本歯周病学会九州五大学・日本臨床歯周病学会九州支部合同研修会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 今藤隆智, 白方良典, 篠原敬哉, 中村利明, 野口和行 .  リコンビナントヒトBMP-9とLIPUS照射がラット頭蓋骨欠損の骨再生に及ぼす影響 .  第62回秋季日本歯周病学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 白方良典 .  歯周組織再建・再生へ向けた現在の治療戦略 .  第33回 北海道医療大学歯周病研究会  招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • Y Shirakata, T Imafuji, K Sena, Y Shinohara, T Nakamura, K Noguchi .  Periodontal regenerative effect of low-intensity pulsed ultrasound with/without intramarrow perforation in intrabony defects in dogs .  17 th Biennial Conference of The International Academy of Periodontology  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • 白方良典 .  学術賞記念講演 生体材料と生理活性物質を応用したIn situ歯周組織再生アプローチに関する研究 .  日本歯周病学会   招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:横浜  

  • 白方良典 .  歯周組織再生療法を再考する -Critical issues in periodontal regenerative therapy- .  Dr. Gunner Heden 特別講演会  スカンジナビアンデンテイストリー招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(基調)  

  • 白方良典 .  Critical issues in periodontal tissue regeneration -歯周組織再生療法の予知性向上を目指して- .  平成30年度日本歯周病学会九州5大学・日本臨床歯周病学会九州支部共催合同研修会  招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:博多 アクロス福岡  

  • Y Shirakata*, T Nakamura, Y Shinohara, K Nakamura-Hasegawa, C Hashiguchi, N Takeuchi, T Imafuji, A Sculean, K Noguchi .  Healing of gingival recessions treated with coronally advanced flaps and subepithelial connective tissue grafts with or without an enamel matrix derivative: A comparative study in dogs. .  Europerio 9  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Amsterdam  

  • 白方良典、野口和行 .  広汎型慢性歯周炎患者に歯周外科と自家歯牙移植により天然歯と咬合の保全に努めた一症例 .  第60回春季日本歯周病学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:福岡(博多)  

  • Yoshinori Shirakata, Toshiaki Nakamura, Richard J. Miron, Yukiya Shinohara, Kotaro Sena, Kazuyuki Noguchi, Anton Sculean .  Healing of two-wall intrabony defects following treatment with a novel enamel matrix derivative formulation (Osteogain). A preclinical study in non-human primates. (The Best Poster Award: 最優秀ポスター賞) .  2nd International Symposium Regeneration and Esthetics in Periodontology and Implant Dentistry  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • 白方良典,篠原敬哉,瀬名浩太郎,中村利明,野口和行 .  サル2壁性骨欠損における新規エナメルマトリックスデリバテイブ(Osteogain)による歯周組織再生効果 .  平成28年度日本歯周病学会九州五大学・日本臨床歯周病学会九州支部合同研修会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 白方良典, 瀬名浩太郎, 中村利明, 篠原敬哉, 寶来直人, 野口和行 .  サル根分岐部病変Ⅲ度に対するOsteogainと吸収性コラーゲンスポンジを用いた歯周組織再生 .  第59回秋期日本歯周病学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:新潟 朱鷺メッセ  

  • 町頭三保, 中村利明,白方良典,中村 梢, 迫田賢二, 瀬名浩太郎,篠原敬哉,橋口千琴,岩城重次, 大西和久, 野口和行 .  歯周基本治療のための新たな教育用模型の開発 .  第59回秋期日本歯周病学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 中村利明,白方良典,野口和行 .  ラット頭蓋骨欠損におけるrhBMP-9とrhBMP-2の骨形成効果に対する比較研究 .  第46回日本インプラント学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • Yoshinori Shirakata .  Novel biologic agents combined with biomaterials for periodontal wound healing/regeneration .  The 3rd bone & tissue days World Congress  招待 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • Yoshinori Shirakata, Richard J. Miron, Toshiaki Nakamura, Kotaro Sena, Yukiya Shinohara, Dieter D. Bosshardt, Kazuyuki Noguchi, Anton Sculean .  Regenerative effect of Osteogain in class Ⅲ furcations .  The 46th Annual Meeting of the Swiss Society of Periodontology  招待 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Bern, Switzerland  

  • Toshiaki Nakamura,Yoshinori Shirakata, Yukiya Shinohara, Richard J Miron, Kozue Nakamura-Hasegawa,Kazuyuki Noguchi .  A comparative study of the effects of recombinant human bone morphogenetic protein-2 and -9 on bone formation in rat calvarial critical size defects .  Osteology Japan  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • 白方良典 .  「歯周組織再生研究の最前線」 歯周組織再生におけるin situ tissue engineering approachを再考する .  第76回九州歯科学会総会学術大会  招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 篠原敬哉,中村利明,白方良典,古江きらら, 野口和行 .  Recombinant human bone morphogenetic protein-9/コラーゲン担体がラット頭蓋骨欠損の骨形成に及ぼす影響 .  第59回春季日本歯周病学会学術大会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 山本芳丈, 白方良典, 末廣史雄, 宮脇正一 .  1壁性骨内欠損を伴う動物実験モデルを用いた自家骨移植術と矯正的歯の移動に関する研究 .  第74回日本矯正歯科学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:博多(福岡)  

  • 篠原 敬哉 、中村 利明、白方 良典、古江きらら、野口 和行 .  ラット頭蓋骨欠損モデルを用いたrecombinant human bone morphogenetic protein-9/コラーゲン担体の骨形成評価 .  平成27年度日本歯周病学会九州5大学・日本臨床歯周病学会九州支部合同研修会  平成27年度日本歯周病学会九州5大学・日本臨床歯周病学会九州支部合同研修会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:博多  

    研究会

  • Toshiaki Nakamura, Yoshinori Shirakata,Yukiya shinohara, Kazuyuki Noguchi .  New bone formation after application of recombinant human bone morphogenetic protein-9 (rhBMP-9) with chitosan or collagen carrier in rat calvarial defects. .  Europerio 8  Europerio 8国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月

    記述言語:英語  

    開催地: London, UK  

    国際学会

  • Yoshinori Shirakata, Yukiya Shinohara, Kotaro Sena, Naoshi Takeuchi, D. D. Bosshardt, Anton Sculean, Kazuyuki Noguchi. .  The effects of enamel matrix derivative with porcine acellular dermal matrix in the treatment of gingival recession defects. A comparative experimental study in dogs. .  Europerio 8  Europerio 8国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月

    記述言語:英語  

    開催地:London, UK  

    国際学会

  • 篠原敬哉,中村利明,白方良典, 野口和行 .  ラット頭蓋骨欠損におけるrecombinant human bone morphogenetic protein-9の骨形成効果 .  第58回春季日本歯周病学会学術大会  第58回春季日本歯周病学会学術大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:幕張、千葉  

    国内学会

  • 白方良典 .  病的歯の移動を伴う歯周炎患者の治療例-病因論を考慮した包括的アプローチ- .  H26年度鹿児島大学歯周病科・同門会歯周研究会  H26年度鹿児島大学歯周病科・同門会歯周研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    研究会

  • 中村利明、白方良典、篠原敬哉、谷山勝義、迫田賢二、吉元剛彦、野口和行 .  脱分化脂肪細胞(DFAT)と乳酸・グリコール酸共重合体/ハイドロキシアパタイトコンポジットを用いたラット頭蓋骨欠損における骨再生 .  第56回秋季日本歯周病学会学術大会  第56回秋季日本歯周病学会学術大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:前橋、群馬  

    国内学会

  • 白方良典, 山本芳丈, 野口和行 .  骨格性下顎前突症を伴う広汎型重度慢性歯周炎患者に包括的治療を行った一症例 .  第56回秋季日本歯周病学会学術大会(専門医 最優秀臨床ポスター賞)  第56回秋季日本歯周病学会学術大会(専門医 最優秀臨床ポスター賞)

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:前橋, 群馬  

    国内学会

  • Yoshinori Shirakata, Yukiya Shinohara, Katsuyoshi Taniyama, Toshiaki Nakamura, Kenji Sakoda, Takehiko Yoshimoto, Kazuyuki Noguchi .  An exploratory study on the efficacy of rat dedifferentiated fat cells (rDFATs) with poly lactic-co-glycolic acid/hydroxylapatite (PLGA/HA) composite for bone formation in a rat calvarial defect model .  10th Asian Pacific Society of Periodontology Meeting (APSP)  10th Asian Pacific Society of Periodontology Meeting (APSP)国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:英語  

    開催地:Nara, Japan  

    国際学会

  • 吉元剛彦、中村利明、迫田賢二、篠原敬哉、谷山勝義、白方良典、野口和行 .  脱分化脂肪細胞を用いたラット頭蓋骨骨欠損モデルにおける骨再生 .  平成24年度日本歯周病学会九州5大学・日本臨床歯周病学会九州支部共催合同研修会  平成24年度日本歯周病学会九州5大学・日本臨床歯周病学会九州支部共催合同研修会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • F.Schwarz, I. Mihatovic, Y. Shirakata, J. Becker, D. Buser, D. Bosshardt, A. Sculean .  Treatment of soft tissue recessions at titanium implants. .  PER/IADR Congress  PER/IADR Congress国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:英語  

    開催地:Helsinki, Finland  

    国際学会

  • Yoshinori Shirakata,Takehiko Yoshimoto,Naoshi Takeuchi, Katsuyoshi Taniyama, Anton Sculean, Kazuyuki Noguchi .  The effects of enamel matrix derivative in combination with bone swaging and calcium phosphate bone cement on periodontal regeneration in 1-wall intrabony defects in dogs .  Europerio7  Europerio7国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月

    記述言語:英語  

    開催地:Vienna, Austria  

    国際学会

  • 谷山勝義、白方良典、吉元剛彦、竹内尚士、吉原雄祐、 野口和行 .  吸収性バイオマテリアル(β-リン酸三カルシウム/カルボキシメチルキチン複合体スポンジの骨再生効果に関する研究 .  第55回春季日本歯周病学会学術大会  第55回春季日本歯周病学会学術大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:札幌  

    国内学会

  • 白方良典、竹内尚士、吉元剛彦、谷山勝義、野口和行 .  イヌの1壁性骨欠損におけるβ-TCPを基材としたEMDおよびFGF併用による歯周組織再生 .  第54回春季日本歯周病学会学術大会  第54回春季日本歯周病学会学術大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:博多  

    国内学会

  • 國則貴玄、山本芳丈、白方良典、宮脇正一 .  垂直性骨欠損を伴う不正咬合患者に歯周組織再生療法と矯正治療を併用した一症例 .  第69回日本矯正歯科学大会  第69回日本矯正歯科学大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:横浜  

    国内学会

  • 迫田賢治、白方良典、中村利明、松山孝司、野口和行 .  骨分化刺激したマウスiPS細胞のラット歯周組織欠損への移植 .  第53回秋季日本歯周病学会学術大会  第53回秋季日本歯周病学会学術大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:香川  

    国内学会

  • Shirakata Y, Yoshimoto T, Takeuchi N, Taniyama K, Noguchi K .  A novel bone swaging approach combined with calcium phosphate cement. .  88th Annual Meeting of International Association for Dental Research  88th Annual Meeting of International Association for Dental Research国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年7月

    記述言語:英語  

    開催地:Barcelona, Spain  

    国際学会

  • 白方良典 吉元剛彦 谷山勝義 宮本元治 竹内尚士 松山孝司 野口和行 .  EMD, bFGF, PDGF/β-TCPを用いた歯周組織再生-イヌ2壁性骨欠損モデルにおける比較検討- .  第130回春季日本歯科保存学会  第130回春季日本歯科保存学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:北海道  

    国内学会

  • Shirakata Y, Yoshimoto T, Taniyama K, Miyamoto M, Yonamine Y, Takeuchi N, Matsuyama T, Noguchi K .  Evaluation of periodontal healing of 2-wall intrabony defects with EMD, bFGF, or PDGF/β-TCP-a histomorphometric study in dogs .  Europerio 6  Europerio 6国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年6月

    記述言語:英語  

    開催地:Stockholm, Sweden  

    国際学会

  • 白方良典 瀬戸口尚志 町頭三保 松山孝司 長谷川梢 吉元剛彦 古市保志 野口和行 和泉雄一 .  注入型リン酸カルシウム骨セメントの骨内欠損への臨床応用 .  平成19年度日本歯周病学会九州5大学・日本臨床歯周病学会九州支部共催合同研修会  平成19年度日本歯周病学会九州5大学・日本臨床歯周病学会九州支部共催合同研修会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    研究会

  • Yoshinori Shirakata,Takehiko Yoshimoto,Hisanori Goto, Yutaka Yonamine, Hideshi Kadomatsu, Motoharu Miyamoto, Toshiaki Nakamura, Yuichi Izumi .  Applicability of calcium phosphate bone cement in one-wall infrabony defects. .  AAP 92th Annual Meeting  AAP 92th Annual Meeting国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:英語  

    開催地:USA, San Diego  

    国際学会

  • 白方良典 吉元剛彦 後藤寿徳 与那嶺豊 門松秀司 宮本元治 中村利明 和泉雄一 .  リン酸カルシウムセメント隔壁とエナメルマトリックスデリバティブを用いた歯周組織再生ーイヌ1壁性欠損モデルにおける組織学的評価ー .  第49回春季日本歯周病学会  第49回春季日本歯周病学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:千葉  

    国内学会

  • 白方良典、瀬戸口尚志、松山孝司、町頭三保、南睦美、石川久美子、中村利明、長谷川梢、和泉雄一 .  鹿児島大学病院歯周病科における歯周外科処置の現状 .  平成17年度日本歯周病学会九州5大学・日本臨床歯周病学会九州支部共催合同研修会  平成17年度日本歯周病学会九州5大学・日本臨床歯周病学会九州支部共催合同研修会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    研究会

  • 町頭三保、中村利明、白方良典、南睦美、吉住千由紀、長谷川梢、谷口拓郎、牧野文子、瀬戸口尚志、和泉雄一 価 第48回秋季日本歯周病学会(2005.9.2 札幌) .  歯周治療におけるエムドゲインゲルの臨床的評価 .  第48回秋季日本歯周病学会  第48回秋季日本歯周病学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:札幌  

    国内学会

  • 中村利明、白方良典、吉元剛彦、迫田賢二、後藤寿徳、門松秀司、武内博信、宮本元治、瀬戸口尚志、和泉雄一 .  鹿児島大学病院歯周病科受診患者の基礎疾患に関する実態調査 .  第48回春季日本歯周病学会  第48回春季日本歯周病学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:長崎  

    国内学会

  • 小田茂, 木下淳博, 白方良典, 菊池重成, 土岡弘明, 川勝紀子, 秋月達也, 林 千絵, 石川烈 .  リン酸カルシウム骨セメントの歯周組織再生治療への応用 .  第20回日本歯科医学会総会  第20回日本歯科医学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • 金城守明 古市保志 白方良典 吉元剛彦 宮本元治 与那嶺豊 和泉雄一 .  Vascular endothelial growth factor (血管内皮細胞増殖因子)を用いた歯周組織再生療法の組織学的評価-ビーグル犬によるPilot study- .  第46回秋季日本歯周病学会  第46回秋季日本歯周病学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:新潟  

    国内学会

  • Suthin K, Yamamoto M, Machigashira M, Nakamura T, Shirakata Y, Izumi Y. .  Enhanced expression of osteogenic markers by VEGF in HPLF. .  89th AAP meeting  89th AAP meeting国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年9月

    記述言語:英語  

    開催地:USA, San Francisco  

    国際学会

  • 木下淳博,小田 茂,村田秋彦,土岡弘明,伊藤幹太,白方良典,川勝紀子,古瀬大冶,石川 烈 .  骨形成因子(BMP)、エナメルマトリックス抽出物(EMD)を用いた歯周組織の再生 .  第1回日本再生医療学会  第1回日本再生医療学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都  

    国内学会

  • 木下淳博,小田 茂,村田秋彦,土岡弘明,白方良典,古瀬大冶,石川 烈 .  recombinant human bone morphogenetic protein-2 (rhBMP-2) による歯根膜、セメント質の再生 .  第22回日本炎症.再生学会  第22回日本炎症.再生学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 白方良典,小田 茂,木下淳博,菊池重成,土岡弘明,石川 烈 .  骨補填材:Norian PDC(リン酸カルシウムセメント)の歯周組織への応用ーイヌを用いたPilot study- .  第114回春季日本歯科保存学会  第114回春季日本歯科保存学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:横須賀  

    国内学会

  • Shirakata Y, Oda S, Kinoshita A, Kikuchi S, Ishikawa I .  Calcium phosphate bone cement application in periodontal defects in dogs .  AADR  AADR国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年3月

    記述言語:英語  

    開催地:USA, Chicago  

    国際学会

  • Shirakata Y, Oda S, Kinoshita A, Kikuchi S, Ishikawa I .  Calcium phosphate bone cement application in periodontal defects in dogs .  Tri-service dental society of japan conference  Tri-service dental society of japan conference

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    研究会

  • Kinoshita A, Oda S, Kikuchi S, Tsuchioka H, Shirakata Y, Takahashi K, Ishikawa I .  Effects of rhBMP-2 on the regeneration of periodontal tissue without PDL cell migration .  86th AAP meeting  86th AAP meeting国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年9月

    記述言語:英語  

    開催地:USA, Honolulu  

    国際学会

  • 木下淳博 小田茂 菊池重成 土岡弘明 村田秋彦 白方良典 高橋浩一郎 石川烈 .  rhBMP-2を用いた歯周組織再生ー矯正用ゴムバンドによる歯根膜細胞の遊走阻止の影響ー .  第43回春季日本歯周病学会  第43回春季日本歯周病学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:徳島  

    国内学会

▼全件表示

受賞

  • 平成30年度日本歯周病学会学術賞

    2018年10月   日本歯周病学会  

    白方良典

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • The Best Poster Award (最優秀ポスター発表賞)

    2016年11月   2nd International Symposium Regeneration and Esthetics in Periodontology and Implant Dentistry   Healing of two-wall intrabony defects following treatment with a novel enamel matrix derivative formulation (Osteogain). A preclinical study in non-human primates

    Yoshinori Shirakata

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:スイス連邦

  • 第56回秋季日本歯周病学会専門医 最優秀臨床ポスター賞

    2014年5月   日本歯周病学会  

    白方 良典

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 日本歯周病学会教育賞

    2017年5月   日本歯周病学会   歯周基本治療のための新たな教育用模型の開発

    町頭三保、中村利明、白方良典、中村梢、迫田賢二、瀬名浩太郎、篠原敬哉、橋口千琴、田口洋一郎、梅田誠、野口和行

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 平成29年度第7回鹿児島大学歯学部同窓会奨励賞

    2017年10月   鹿児島大学歯学部同窓会  

    白方良典

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 平成29年度鹿児島大学歯学部ベストリサーチャー賞

    2018年10月   鹿児島大学大学院医歯学総合研究科  

    白方良典

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 平成28年度鹿児島大学歯学部ベストリサーチャー賞

    2017年9月   鹿児島大学  

    白方良典

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 平成26年度鹿児島大学歯学部ベストリサーチャー賞

    2015年8月   鹿児島大学  

    白方良典

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • 2020年鹿児島大学歯学部ベストリサーチャー賞

    2021年12月   鹿児島大学歯学部   2020年鹿児島大学歯学部ベストリサーチャー賞

    白方良典

  • 2019年鹿児島大学歯学部ベストリサーチャー賞

    2020年9月   鹿児島大学  

    白方良典

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 平成30年度鹿児島大学歯学部ベストリサーチャー賞

    2020年3月   鹿児島大学歯学部  

    白方良典

     詳細を見る

    受賞国:日本国

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • In situ 組織工学アプローチによる真の歯周組織再生獲得に向けた治療基盤の確立

    2020年4月 - 2023年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

  • In situ 組織工学アプローチを応用した生体内完結型歯周再生療法の新たな試み

    2016年4月 - 2019年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

  • 成長因子と矯正力によるバイオメカノエンジニアリングで切り拓く歯周再生療法の新展開

    2013年4月 - 2016年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

  • 細胞成長因子とTCP基材の積層応用によるバイオミメティック歯周組織再生療法の開発

    2010年4月 - 2012年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

  • 有茎自家骨トランスポートと吸収性人工骨を応用した新たな生体模倣型骨造成法の開発

    2008年4月 - 2010年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

  • 骨粗鬆症ラットの歯周組織再生に及ぼすビスホスフォネートおよびエナメル蛋白の影響

    2006年4月 - 2008年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

  • リン酸カルシウムセメント隔壁と骨誘導因子を併用した歯周組織再生に関する研究

    2004年4月 - 2006年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

  • 歯の喪失により神経変性がアルツハイマー病を発症させる分子メカニズムの解明

    2020年4月 - 2023年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

  • LIPUSを併用したBMP9と脱分化脂肪細胞による新規歯周・骨組織再生療法の開発

    2019年4月 - 2022年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

  • 糖尿病患者の骨インプラント結合向上へ向けた抗糖尿病薬とBMP9を用いた新たな試み

    2019年4月 - 2022年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

  • BMP-9/MTAハイブリッド型直接覆髄剤を用いた新規象牙質再生療法の基盤確立

    2018年4月 - 2022年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

  • BMP9を用いた歯周組織細胞の分化制御メカニズムの解明と新規歯周再生療法への展開

    2018年4月 - 2021年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

  • セメント芽細胞分化誘導を基軸とした歯周組織再生型インプラントの基盤開発

    2015年4月 - 2018年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

  • 強力な骨形成タンパクBMP-9と脂肪組織由来細胞を活用した新規再生療法の開発

    2015年4月 - 2018年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

  • ヒトiPS細胞への転写因子Msx2導入による骨芽細胞への分化・骨形成に関する研究

    2014年4月 - 2018年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

  • BMP-9を軸とした新規歯周・顎骨組織再生療法の基盤確立に向けた多面的アプローチ

    2014年4月 - 2017年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

  • ラット・ミニブタを用いたGDF-5の歯周組織再生に対する組織学的検索

    2004年4月 - 2006年3月

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

  • C-DFATと成長因子のコンビネーションによる歯周組織再生療法の樹立

    研究課題/領域番号:20K09936  2021年4月 - 2024年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    篠原敬哉

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  • BMP-9による顎骨・歯周組織再生の効率化に向けた微小環境コントロールの基盤確立

    研究課題/領域番号:20K09953  2021年4月 - 2024年3月

    科学研究費補助金  基盤研究 (C)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  • LIPUSとBMP9を用いた糖尿病患者に対する歯周組織再生療法開発の基盤的研究

    2022年4月 - 2025年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  • BMP9とMTAを用いたバイオアクテイブアプローチによる外科的歯内療法の基盤構築

    2022年4月 - 2026年3月

    科学研究費補助金  基盤研究 (C)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  • ヒアルロン酸ゲルを用いた歯周組織再生・再建に関する研究

    2019年2月 - 2022年5月

    民間企業  国際共同研究 

▼全件表示

その他研究活動

  • 第108回アメリカ歯周病学会 Advances in Periodontics Session 2 座長(Phoenix USA)

    2022年10月

  • 第46回日本インプラント学会学術大会ポスター発表(骨造成 再生医療)座長 (名古屋国際会議場)

    2016年9月

  • 歯周病学用語集 第3版 編集

    2015年4月
    -
    2019年2月

 

担当経験のある授業科目

  • 歯科インプラント治療学

    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  • 歯周病学

    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

教育活動に関する受賞

  • 日本歯周病学会教育賞

    2017年5月   日本歯周病学会  

    受賞者:町頭三保, 中村利明, 白方良典, 中村梢, 迫田賢二, 瀬名浩太郎, 篠原敬哉, 橋口千琴, 田口洋一郎, 梅田誠, 野口和行

    歯周基本治療のための新たな教育用模型の開発

その他教育活動及び特記事項

  • 2021年12月   令和3年度第2回共用試験歯学系OSCE外部評価者養成ワークショップⅡ 受講

  • 2017年11月   平成29年度第1回共用試験歯学系OSCE評価者養成ワークショップⅠ 受講

  • CBT作問部会コアメンバー (H24-25年度)

 

社会貢献活動

  • Editorial Board (Periodontology 2000) 編集委員

    役割:編集

    2022年1月

  • Guest Editor (Journal of Molecular Science, special issue 「Periodontal Tissue Regeneration」編集長)

    役割:編集長

    MDPI  2021年7月

  • Editorial Board (BMC Oral Health 編集委員)

    役割:編集, 助言・指導, 報告書執筆

    2021年6月

  • Editorial Board (Clinical Oral Investigations 編集委員)

    役割:編集, 助言・指導, 報告書執筆

    2019年1月

  • 学術雑誌ピアレビュー, Science Progress, Drug Design, Development and Therapy, Journal of Periodontal Research, Clinical Oral Investigations, Journal of Biomedical Materials Research: Part A, Archives of Oral Biology, BMC Oral Health, Acta Odontologica Scandinavica, Odontology, Oral Health and Preventive Dentistry, Journal of Prothodontic Research, Journal of Periodontology, International Journal of Dental Hygiene, Frontiers in Bioengineering and Biotechnology, Clinical and Experimental Dental Research, Dental Traumatology, Journal of Clinical Periodontology, Quintessence International, Periodontology 2000, Journal of Esthetic and Restorative Dentistry

    役割:助言・指導, 報告書執筆

    2014年12月 - 現在

     詳細を見る

    対象: 大学院生, 研究者, 学術団体

    種別:新聞・雑誌

  • 新型コロナワクチン大規模集団接種 派遣歯科医師

    鹿児島県  新型コロナワクチン大規模集団接種  2021年7月

  • 製薬会社に対する歯周組織再生療法に関する専門的見地からの助言・指導

    役割:助言・指導

    2020年9月

     詳細を見る

    対象: 研究者, 企業

    種別:研究指導

  • JSCO特別講演 「歯周組織再建・再生アプローチを再考する」

    役割:講師

    ジアズスタデイークラブ大阪  2019年11月

     詳細を見る

    対象: 学術団体

  • 平成29年度歯科衛生士ペリオインテンシイブコース

    役割:講師

    2017年9月 - 2017年10月

  • 平成25年度歯科衛生士ペリオインテンシイブコース

    役割:講師

    2013年10月

▼全件表示

メディア報道

  • Editorial Board(Clinical Oral Investigations 編集委員) 新聞・雑誌

    2019年1月

  • 平成29年度第4回「若手研究者の集い」合同研修会

    2017年12月