基本情報

写真a

末永 重明

SUENAGA Shigeaki


職名

講師

研究分野・キーワード

顎関節症、MRI、慢性リウマチ関節炎、画像診断、分子生物学

ホームページ

http://www.hal.kagoshima-u.ac.jp/dentrad/staff/suenaga/index.html

プロフィール

○頭頸部腫瘍性疾患の画像診断○頭頸部領域リンパ節転移の診断精度に関する研究○顎関節症のMRI診断 ○顎関節症の病態の分子機構に関する研究 ○関節滑膜炎とエストロゲンレセプター動態に関する研究

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学, ,1980年04月 ~ 継続中

  • 鹿児島大学 医歯学域附属病院 附属病院 診療センター 放射線診療センター 顎顔面放射線科,講師,2003年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本ミトコンドリア学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • International Association Dento-Maxillo-Facial Radiology,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本磁気共鳴医学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本顎関節学会(評議員、指導医),2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本口腔科学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 分子生物学

  • 顎関節診断学

  • 歯科放射線学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Role of Mitochondrial Reactive Oxygen Species in the Activation of Cellular Signals, Molecules, and Function.,Handbook Experimental Pharmacology,240巻 (頁 439 ~ 456) ,2017年02月,Indo HP, Hawkins CL, Nakanishi I, Matsumoto KI, Matsui H, Suenaga S, Davies MJ, St Clair DK, Ozawa T, Majima HJ

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Chasing great paths of Helmut Sies "Oxidative Stress".,Arch Biochem Biophys,595巻 (頁 54 ~ 60) ,2016年04月,Majima HJ, Indo HP, Nakanishi I, Suenaga S, Matsumoto K, Matsui H, Minamiyama Y, Ichikawa H, Yen HC, Hawkins CL, Davies MJ, Ozawa T, St Clair DK.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Evaluation of the relationship between contrast-enhanced magnetic resonance characteristics and joint pain in patients with temporomandibular disorders.,Oral Radiol,32巻 2号 (頁 87 ~ 97) ,2016年03月,Suenaga S, Nagayama K. Nagasawa T. Kawabata Y, Indo H, Majima HJ.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,MRIにて“おはじき(Marble)”様の典型的所見を呈した類皮嚢胞,歯科放射線,2016年,川畑義裕、長澤大成、守山泰司、野添悦郎、河野一典、末永重明、犬童寛子、中村典史、仙波伊知郎、馬嶋秀行

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,MnSOD downregulation induced by extremely low 0.1 mGy single and fractionated X-rays and microgravity treatment in human neuroblastoma cell line, NB-1.,J Clin Biochem Nutr,57巻 2号 (頁 98 ~ 104) ,2015年09月,Indo HP, Tomiyoshi T, Suenaga S, Tomita K, Suzuki H, Masuda D, Terada M, Ishioka N, Gusev O, Cornette R, Okuda T, Mukai C, Majima HJ

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 英語,The usefulness of diagnostic imaging for the assessment of pain symptoms in temporomandibular disorders ,Japanese Dental Science Review,2016年,Shigeaki Suenaga, Kunihiro Nagayama, Taisei Nagasawa, Hiroko Indo, Hideyuki J Majima

    総説・解説(学術雑誌),共著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第27回日本顎関節学会学術大会,国内会議,2014年07月,福岡,Functional MRI analysis for localization of cerebral activity in relation to pain symptoms in patients with temporomandibular disorders.,その他

  • Free Radical Research International,国際会議,2014年03月,KYOTO,Induction of mitochondrial and cell death by cytokines and its prevention by estrogen in rheumatoid arthritis fibroblasts.,その他

  • 第67回日本口腔科学会学術集会,国内会議,2013年05月,宇都宮,顎関節症における咀嚼筋部疼痛に対する脳賦活部位のfMRI解析,その他

  • 第53回日本歯科放射線学会総会,国内会議,2012年06月,盛岡,口腔扁平上皮癌における所属リンパ節転移の画像診断精度ー造影CT、USおよびPETによる評価,その他

  • The 18th International Congress of DentoMaxilloFacial Radiology,国際会議,2011年05月,Hiroshima,TMJ Disorders and Pain: Assessment of Synovitis by Gadolinium-Enhanced MRI,その他

全件表示 >>