基本情報

写真a

中俣 直美

NAKAMATA Naomi


職名

講師

研究分野・キーワード

神経難病、ALS、介護職員、医療ケア、看護技術

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

099-275-6747

研究室FAX

099-275-6747

プロフィール

○難病在宅療養支援に関する研究 ○介護職員の医療ケア実施に関する研究

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 医歯学域医学系 医学部 保健学科 看護学専攻(総合基礎看護学),講師,1993年04月 ~ 継続中

  • 鹿児島大学, ,1993年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本難病ネットワーク学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本難病看護学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本看護教育学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本看護科学学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本看護研究学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 基礎看護学

  • 神経難病看護

  • 看護教育

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 日本語,一般病棟から緩和ケア病棟へのギアチェンジ,看護研究(The Japanese of Nursing Research),39巻 3号 (頁 51 ~ 58) ,2006年06月,奥祥子(Shoko Oku),佐々木宏美(HiromiSasaki),塚本康子(YasukoTsukamoto),牛尾禮子(Reiko Ushio),中俣直美(NakamataNaomi)

    研究論文(学術雑誌),査読無し,共著

  • 日本語,看護大学生の死についての態度構造の縦断的研究(Longitudinal Study on Nursing University Students` P.A.C. Toward Death),福岡県立大学看護学部紀要(Department of Nursing Fukuoka Prefectural University Journal of Nursing Research),3巻 2号 (頁 65 ~ 73) ,2006年03月,堀内宏美(Hiromi Horiuchi),奥祥子(Shoko Oku),中俣直美(NakamataNaomi),塚本康子(Yasuko Tsukamoto),牛尾禮子(Reiko Ushio)

    研究論文(学術雑誌),査読無し,共著

  • 日本語,公開講座「ALS患者の在宅療養支援」報告,鹿児島大学生涯学習教育研究センター年報第3号号 (頁 70 ~ 74) ,2006年03月,中俣直美、堤由美子、木佐貫彰、増満誠、徳久朋子

    研究論文(その他学術会議資料等),査読無し,共著

  • 日本語,看護学生の死についての態度構造,鹿児島大学医学部保健学科(School of Health Science,Faculty of Medicine, Kagoshima University),14巻 ※号 (頁 13 ~ 18) ,2004年03月,奥祥子(Oku Shouko),塚本康子,堀内宏美,日浦瑞枝,中俣直美(Nakamata Naomi),牛尾禮子

    研究論文(学術雑誌),査読無し,共著

  • 日本語,鹿児島県内の看護者のインフォームド・コンセントに対する認識と実施状況の分析,鹿児島大学医学部保健学科紀要(School of Health Science,Faculty of Medicine, Kagoshima University),12巻 2号 (頁 59 ~ 70) ,2002年03月,中俣直美(NakamataNaomi),堤由美子(Tsutsumi Yumiko),堀内宏美(Horiuchi Hiromi),榎元美紀代(Enomoto Mikiyo),田畑裕子(Tabata Yuuko),島元敬志(Shimamoto Keishi)

    研究論文(学術雑誌),査読無し,共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,私はこうしている、看護師の立場から筋萎縮性側索硬化症のケア,理学療法プラクティス、神経難病文光堂,2009年10月,中俣直美

    単行本(学術書),共著

  • 日本語,一般病棟における遺族へのケアに関する研究,科学研究費助成金(基盤研究C)研究成果報告書,2007年03月,奥祥子,中俣直美

    調査報告書,共著

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 日本語,実習に役立つ病態マップ改定2版形態機能マップ付―慢性肺気腫―,メヂカルフレンド社,※巻 ※号 (頁 84 ~ 87) ,2005年06月,中俣直美(NakamataNaomi),中馬成子,東サトエ(HIGASHI SATOE)

    総説・解説(学術雑誌),共著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第2回日本難病医療ネットワーク学会,国内会議,2014年11月,鹿児島市,鹿児島市における難病患者プロフィール票の運用と支援連携の課題,その他

  • 第2回日本難病医療ネットワーク学会,国内会議,2014年11月,鹿児島市,喀痰吸引等研修事業第3号研修(特定の者対象)の指導看護師技術評価の実施ー 技術評価から見えてきた今後の課題 ー,その他

  • 日本難病医療ネットワーク学会,国内会議,2013年11月,大阪,医療連携ツールとしての「神経難病等患者プロフィール票」の運用とその成果,その他

  • 日本難病医療ネットワーク学会,国内会議,2013年11月,大阪,大学病院MSWによる在宅ALS患者へのフルステージサポート,その他

  • 日本看護学会成人看護Ⅰ・Ⅱ,国内会議,2011年09月,大阪,摂食・嚥下障害に関する病棟看護師の認識 ―摂食・嚥下に関する勉強会を通して―,その他

全件表示 >>