基本情報

写真a

西 順一郎

NISHI Junichiro


職名

教授

生年

1959年

研究分野・キーワード

下痢原性大腸菌、腸管凝集性大腸菌,院内感染、MRSA、ワクチン、細菌性髄膜炎

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

099-275-5274

ホームページ

http://www.kufm.kagoshima-u.ac.jp/~bacterio/index.html

プロフィール

○下痢原性大腸菌の分子疫学研究 ○腸管凝集性大腸菌の病原因子の研究 ○MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)の分子疫学研究 ○インフルエンザ菌の病原因子 ○鹿児島県の細菌性髄膜炎疫学研究 ○医療関連感染の制御

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学  医学部

    大学,1989年03月,卒業,日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学  医学研究科

    博士課程,1998年03月,修了,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学),小児科学,鹿児島大学,課程,1997年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 医歯学域医学系 医歯学総合研究科 健康科学専攻 微生物学分野,教授,2012年05月 ~ 継続中

  • 鹿児島大学 医歯学域附属病院 附属病院 医療環境安全部感染制御部門,医療環境安全部感染制御部門長,2008年04月 ~ 2017年06月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島県感染症発生動向調査企画委員会,2006年01月 ~ 継続中,日本国

  • 鹿児島感染制御ネットワーク,2006年04月 ~ 継続中,日本国

  • 鹿児島県予防接種対策協議会委員,2006年12月 ~ 継続中,日本国

  • 鹿児島県予防接種健康被害調査委員会,2008年05月 ~ 継続中,日本国

  • 鹿児島県医師会公衆衛生委員,2013年01月 ~ 継続中,日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 臨床微生物学

  • 感染制御学

  • 感染症学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語, A bundle that includes active surveillance, contact precaution for carriers, and cefazolin-based antimicrobial prophylaxis prevents methicillin-resistant Staphylococcus aureus infections in clean orthopedic surgery.,Am J Infect Control,44巻 2号 (頁 210 ~ 214) ,2016年02月,Kawamura H, Matsumoto K, Shigemi A, Orita M, Nakagawa A, Nozima S, Tominaga H, Setoguchi T, Komiya S, Tokuda K, Nishi J.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Cut-off values of latent infection in patients with rapid migration following bipolar hip hemiarthroplasty.,BMC Musculoskelet Disord,17巻 1号 (頁 37 ~ ) ,2016年01月,Setoguchi T, Kawakami H, Ishidou Y, Kawamura H, Nishi J, Yoshioka T, Kakoi H, Nagano S, Yokouchi M, Tanimoto A, Komiya S.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Epidemiological analysis of nosocomial MRSA outbreaks using phage open-reading frame typing in a tertiary-care hospital.,Jpn J Infect Dis,2016年01月,Kawamura H, Tokuda K, Imuta N, Kubota T, Koriyama T, Miyanohara H, Hashiguchi T, Kawano Y, Nishi J.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 日本語,予防接種の安全性と有効性,今日の治療指針 2016年版,2016年01月,西 順一郎

    研究論文(学術雑誌),査読有り,単著

  • 英語,Nationwide population-based surveillance of invasive pneumococcal disease in Japanese children: Effects of the seven-valent pneumococcal conjugate vaccine.,Vaccine,33巻 45号 (頁 6054 ~ 6060) ,2015年11月,Suga S, Chang B, Asada K, Akeda H, Nishi J, Okada K, Wakiguchi H, Maeda A, Oda M, Ishiwada N, Saitoh A, Oishi T, Hosoya M, Togashi T, Oishi K, Ihara T.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,髄膜炎、脳炎,ENT臨床フロンティア 風邪症候群と関連疾患-そのすべてを知ろう,2013年12月,西順一郎

    単行本(学術書),編著

  • 日本語,鹿児島県における小児細菌性髄膜炎全数調査と髄膜炎関連ワクチンの同時接種の安全性,厚生労働科学研究費補助金 医薬品・医薬機器等レギュラトリーサイエンス総合研究事業 新しく開発されたHib、肺炎球菌、ロタウイルス、HPV等の各ワクチンの有効性、安全性並びにその投与方法に関する基礎的・臨床的研究 平成23年度総括・分担研究報告書,2012年03月,西 順一郎

    調査報告書,単著

  • 日本語,インフルエンザ菌b型(Hib)および7価肺炎球菌結合型ワクチン(PCV7)導入が侵襲性細菌感染症に及ぼす効果.,病原微生物検出情報(IASR),2012年03月,庵原俊昭,菅 秀,浅田和豊,富樫武弘,細矢光晃,陶山和秀,石和田稔彦,齋藤昭彦,大石智洋,小田 慈,脇口 宏,佐藤哲也,岡田賢司,西 順一郎,安慶田英樹.

    調査報告書,共著

  • 日本語,扁桃炎(急性扁桃炎,急性咽頭炎),今日の治療指針第15版 医学書院,2012年02月,西 順一郎

    単行本(学術書),単著

  • 日本語,発熱からみた疾患と初期対応 菌血症,髄膜炎 ,小児科臨床ピクシス 発熱の診かたと対応 中山書店,2011年11月,西 順一郎

    単行本(学術書),編著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 日本語,日本における、Hib、肺炎球菌感染症の頻度と罹患率などの現状について教えてください,ワクチンジャーナル,4巻 1号 ,2016年10月,西 順一郎

    総説・解説(大学・研究所紀要),単著

  • 日本語,腸管感染症,シュネラー7月号 ,2016年07月,西 順一郎

    総説・解説(大学・研究所紀要),単著

  • 日本語,小児用ワクチンのインパクトとこれからのワクチン,佐賀県小児科医報,34巻 (頁 7 ~ 12) ,2016年05月,西 順一郎

    総説・解説(大学・研究所紀要),単著

  • 日本語,保育施設で必要なワクチンの効果と課題,保育と保健,22巻 1号 ,2016年01月,西 順一郎

    総説・解説(大学・研究所紀要),単著

  • 日本語,Hibワクチン・肺炎球菌ワクチン,小児科臨床,68巻 12号 (頁 2637 ~ 2642) ,2015年12月,西 順一郎

    総説・解説(大学・研究所紀要),単著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第26回日本小児科医会総会フォーラム,国内会議,2016年06月,別府市,乳幼児ワクチンで変わる小児感染症診療-Hib・肺炎球菌・ロタウイルス-,公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 第64回日本化学療法学会総会,国内会議,2016年06月,神戸,第4世代セフェム系薬を再考する-抗菌薬管理プログラムにおける役割-,公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 第119回日本小児科学会学術集会,国内会議,2016年05月,札幌,髄膜炎菌感染症のリスクと予防,公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 第89回日本細菌学会総会,国内会議,2016年03月,大阪,侵襲性インフルエンザ菌感染症-Hibの激減と無莢膜型への対応- ワークショップ 侵襲性細菌感染症-原因菌ごとの現状と今後取り組むべき共通の課題-,シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • 第48回日本小児呼吸器学会,国内会議,2015年10月,倉敷市,インフルエンザ菌・肺炎球菌による侵襲性感染症-ワクチン普及後の課題-,公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

全件表示 >>