基本情報

写真a

梶原 和美

KAJIWARA Kazumi


職名

准教授

研究分野・キーワード

体験様式,顔,母子相互作用,口唇口蓋裂,心理的援助

プロフィール

口唇口蓋裂患者と家族に対する心理的援助に関する研究,遺伝カウンセリングにおける心理的援助,歯科医療心理学教育の方法論の開発

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 医歯学域歯学系 医歯学総合研究科 健康科学専攻 社会・行動医学講座,准教授,2008年07月 ~ 継続中

  • 鹿児島大学 歯学部 歯学科 心身歯科学, ,2008年07月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本遺伝カウンセリング学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本口腔衛生学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本口蓋裂学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本発達心理学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本心理臨床学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 臨床心理学

  • 発達心理学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Combined use of self-efficacy scale for oral health behaviour and oral health questionnaire: A pilot study ,Health Education Journal ,71巻 5号 (頁 576 ~ 589) ,2012年09月,Sakiko Soutome, Kazumi Kajiwara, and Takahiko Oho

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 日本語,口腔保健行動に関する自己効力感測定尺度(SEOH)の開発-信頼性と妥当性の検討-,日本口腔衛生学会誌,59巻 5号 (頁 544 ~ 552) ,2009年10月,五月女さき子,梶原和美,於保孝彦

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 日本語,「顔が変わる」ことを体験した外科矯正患者の非言語的コミュニケーションの臨床的検討,平成16~18年度科学研究費補助金(基盤研究(B)(2))研究成果報告書,2009年03月,梶原和美

    研究論文(その他学術会議資料等),査読無し,単著

  • 英語,Examination of mood assessment using a Faces Scale for denture patients ,Dentistry in Japan,42巻 (頁 167 ~ 171) ,2006年03月,Nagaoka E, Kamashita Y, Kamada Y, Nishi Y, Hamano T, Kajiwara K

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 日本語,効果的なEarly Exposureのための視覚素材を用いた授業 --学生による全部床義歯患者の顔貌の審美性の評定--,日本歯科医学教育学会雑誌,21巻 3号 (頁 58 ~ 64) ,2006年03月,長岡英一,鎌田ユミ子,鎌下祐次,西 恭宏,濱野 徹,梶原和美

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,医療コミュニケーション ファシリテータ要請セミナー報告,鹿児島大学歯学部紀要,2012年03月,梶原和美

    調査報告書,単著

  • 日本語,顔と〈私〉-鏡をめぐる心のゆらぎ-,かお・カオ・顔 顔学へのご招待 (伊藤学而・島田和幸 編著),2007年08月,梶原和美

    単行本(学術書),単著

  • 日本語,顎関節症の患者さんの心と身体,伊藤学而(編著)『カウンセリングで治す顎関節症』, 医歯薬出版,2004年04月,梶原和美

    単行本(学術書),単著

  • 日本語,人々が口と歯科医療に求めていること,口と顔のコミュニケーション, あいり出版,京都,2004年03月,梶原和美,永田順子,伊藤学而

    単行本(学術書),共著

  • 日本語,外科矯正患者さんの訴えとこころ,口と顔のコミュニケーション, あいり出版,京都,2004年03月,永田順子,梶原和美,杉原一正,三村 保

    単行本(学術書),共著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第34回九州口腔衛生学会,国内会議,2012年10月,鹿児島,ストレスの心理学-ストレスとのつきあい方を考える,その他

  • 第36回日本口蓋裂学会総会・学術大会,国内会議,2012年05月,京都,言語異常を有する口蓋裂の2症例-思春期心性の検討と心理的援助-,その他

  • 第35回日本口蓋裂学会総会・学術集会,国内会議,2011年05月,新潟,口唇・口蓋裂専門外来における臨床心理士による心理的援助,その他

  • 第33回日本遺伝カウンセリング学会学術大会,国内会議,2009年07月,兵庫,医学生の遺伝カウンセリング観 -クライエントの気持ちへの眼差しを中心として-,その他

  • 第28回鹿児島出生前診断研究会,その他,2007年07月,鹿児島,羊水染色体検査において異数性モザイクが検出された場合の対応について,その他

全件表示 >>