基本情報

写真a

岡本 実佳

OKAMOTO Mika


職名

准教授

研究分野・キーワード

HIV-1 エイズ HTLV-1 HCV BVDV 遺伝子治療 治療薬 診断法

ホームページ

http://www.kufm.kagoshima-u.ac.jp/~ccvd/

プロフィール

ウイルス感染症の病態、治療法および診断法に関する研究

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学),レトロウイルス学,鹿児島大学,課程,1997年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 医歯学域医学系 医学部, ,2003年01月 ~ 継続中

  • 鹿児島大学 医歯学域医学系 医歯学総合研究科 健康科学専攻 感染防御学講座,准教授,2003年04月 ~ 2019年03月

  • 鹿児島大学 総合科学域総合研究学系 ヒトレトロウイルス学共同研究センター,准教授,2019年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 国際抗ウイルス学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本エイズ学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本ウイルス学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • ウイルス学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Establishment of an antiviral assay system and identification of severe fever with thrombocytopenia syndrome virus inhibitors,Antivir Chem Chemother.,2017年12月,Baba M, Toyama M, Sakakibara N, Okamoto M, Arima N, Saijo M.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,SELECTIVE INHIBITION OF HEPATITIS C VIRUS REPLICATION BY ALPHA-ZAM, A Nigella sativa SEED FORMULATION,African Journal of Traditional, Complementary and Alternative Medicines,2016年10月,Olufunmilayo G. Oyero, Masaaki Toyama, Naoki Mitsuhiro, Abdulfatah A. Onifade, Akemi Hidaka, Mika Okamoto, Masanori Baba

    研究論文(学術雑誌),未設定,共著

  • 英語,Isolation and characterization of hepatitis C virus resistant to a novel phenanthridinone derivative.,Antivir Chem Chemother.,2016年08月,Ito W, Toyama M, Okamoto M, Ikeda M, Watashi K, Wakita T, Hashimoto Y, Baba M.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Selective inhibition of HIV-1 replication by the CDK9 inhibitor FIT-039.,Antiviral Research,123巻 (頁 1 ~ 4) ,2015年11月,Okamoto M, Hidaka A, Toyama M, Hosoya T, Yamamoto M, Hagiwara M, Baba M.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Design, synthesis and anti-HIV-1 activity of 1-substituted 3-(3,5-dimetylbenzyl)triazine derivatives.,Antiviral Chemistry and Chemotherapy,2015年10月,Sakakibara N, Balboni G, Conqiu C, Onnis V, Demizu Y, Misawa T, Kurihara M, Kato Y, Maruyama T, Toyama M, Okamoto M, Baba M.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 特許,AGENTS FOR KILLING HIV-1-INFECTED CELLS AND APPLICATION THEREOF,Mika Okamoto

    出願番号( US 9,839,645,2017年12月12日 ) 公開番号( US 9,839,645,2017年12月12日 ) 登録番号( US 9,839,645,2017年12月12日 ) ,アメリカ合衆国

  • 特許,HIV-1 感染細胞殺傷剤及びその用途,岡本実佳

    出願番号( PCT/JP2016/051768,2016年01月22日 ) ,国立大学法人鹿児島大学,日本国

  • 特許,HIV-1感染細胞殺傷剤及びその用途,岡本実佳、馬場昌範

    出願番号( 特願2015-119111,2015年06月12日 ) ,国立大学法人鹿児島大学,日本国

  • 特許,成人T細胞白血病治療薬,岡本実佳、馬場昌範

    出願番号( 特願2015-80944,2015年04月10日 ) ,国立大学法人鹿児島大学,日本国

  • 特許,HIV-1感染細胞殺傷剤及びその用途,岡本実佳、馬場昌範

    出願番号( 特願2015-11506,2015年01月23日 ) ,国立大学法人鹿児島大学,日本国

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2017年04月 ~ 2020年03月,エイズ根治療法を目指したHIV-1慢性感染細胞を選択的に殺傷する薬剤の開発,岡本実佳

  • 挑戦的萌芽研究,2011年03月 ~ 2012年04月,HIV潜伏感染細胞の活性化と標的としたエイズの病態制御に関する研究,馬場昌範

  • 基盤研究(B),2007年04月 ~ 2010年03月,レトロウイルスによる神経傷害機序:HAMとエイズ脳症患者資料を用いた多角的解析,出雲周二

  • 若手研究(B),2004年04月 ~ 2007年03月,HTLV-1感染特異的神経障害機構に基づくLV-1関連脊髄症発症機構の解明,岡本実佳

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • AMED橋渡し研究・新規開発シーズ(シーズA),2016年04月 ~ 2017年03月,HIV-1慢性感染細胞を選択的に殺傷する薬剤の開発,岡本実佳

    日本医療研究開発機構

  • AMED橋渡し研究・新規シーズ(シーズA),2015年04月 ~ 2016年03月,HIV-1慢性感染細胞を選択的に殺傷する新規薬剤の同定と開発,岡本実佳

    日本医療研究開発機構

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • RNA分解酵素を発現する新規ウイルスベクターを用いた抗HIV-1効果の検証,岡本実佳、馬場昌範,2008年04月 ~ 2017年03月,タカラバイオ株式会社,その他

学外会議企画運営 【 表示 / 非表示

  • 第30回日本エイズ学会学術集会・総会,プログラム委員、座長,2016年11月