基本情報

写真a

武田 泰生

TAKEDA Yasuo


職名

教授

研究分野・キーワード

薬物相互作用、薬物動態制御、神経接着分子、遺伝子疾患と病態モデルマウス

ホームページ

http://www.kufm.kagoshima-u.ac.jp/~pharm/

プロフィール

薬物相互作用と生体内動態制御に関する薬理学的研究、神経接着分子に関する神経化学的研究、高次脳機能制御に関する研究

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 大学院医歯学総合研究科 生体機能制御学 薬物動態制御学分野, ,2003年01月 ~ 継続中

  • 鹿児島大学 医歯学域附属病院 附属病院 薬剤部,教授,2003年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 北米神経科学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本臨床薬理学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本神経科学学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本薬学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本薬理学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 神経化学

  • 分子神経薬理学

  • 薬物動態制御学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Contactin-Associated Protein 4 Interaction with Ligand of Numb Protein X2 Modulates the Proliferation and Neuronal Differentiation of Mouse Neural Progenitor Cells.,Stem Cells and Development,in press巻 ,2015年,Yin Feng-Ting, Futagawa Toshitaka, Li Di, Ma Yan-Xia, Lu Mei-Hong, Lu Li, Li Shen, Chen Yao, Cao Yong-Jun, Yang Zara Zhuyun, Oiso Shigeru, Nishida Kentaro, Kuchiiwa Satoshi, Watanabe Kazutada, Yamada Katsushi, Takeda Yasuo, Xiao Zhi-Cheng, and Ma Quan-Hong.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Regulation of major vault protein expression by upstream stimulating factor 1 in SW620 human colon cancer cells,Oncolgy Reports,31巻 (頁 197 ~ 201) ,2014年01月,Ryuji Ikeda, Yukihiko Nishizawa, Yusuke Tajitsu, Kentaro Minami, Hironori Mataki, Shogo Masuda, Tatsuhiko Furukawa, Shin-Ichi Akiyama, Katsushi Yamada, Yasuo Takeda

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Factors Affecting Treatment and Recurrence of Clostridium difficile infections.,Biological and Pharmaceutical Bulletin,37巻 (頁 1811 ~ 1815) ,2014年,Kazuaki Matsumoto, Naoko Kanazawa, Akari Shigemi, Kazuro Ikawa, Norifumi Morikawa, Toyoyasu Kooriyama, Michiyo Orita, Hideki Kawamura, Kouichi Tokuda, Junichirou Nishi, Yasuo Takeda

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Pharmacokinetic/pharacodynamic evaluation of sulbactam against Acinetobacter baumannii in in vitro and murine thigh and lung infection models.,International Journal of Antimicrobial Agents,43巻 (頁 547 ~ 552) ,2014年,Yuta Yokoyama, Kazuaki Matsumoto, Kazuro Ikawa, Erika Watanabe, Akari Shigemi, Yasuhiro Umezaki, Kouyou Nakamura, Keiichirou Ueno, Norifumi Morikawa, Yasuo Takeda.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Analysis of thrombocytopenic effects and population pharmacokinetics of linezolid : a dosage strategy according to the trough concentration target and renal function in adult patient.,International Journal of Antimicrobial Agents,44巻 (頁 242 ~ 247) ,2014年,Kazuaki Matsumoto, Akari Shigemi,Ayumi Takeshita, Erika Watanabe, Yuuta Yokoyama, Kazuro Ikawa, Norifumi Morikawa, Yasuo Takeda.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,第4章 輸血療法+αを学ぶ 3.どんな薬が食事接種に影響を与えるのか?,月刊薬事9月臨時増刊号 処方設計にチャレンジこれでわかる静脈脈栄養法,じほう,2011年09月,深水知英、武田泰生(分担著書)

    単行本(学術書),共著

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2014年04月 ~ 2017年03月,神経接着分子Casprを介したグリオーマ浸潤機構の解明と新規治療戦略,武田泰生

    神経接着分子Casprを介したグリオーマ浸潤機構の解明と新規治療戦略

  • 基盤研究(C),2011年04月 ~ 2014年03月,アルツハイマー病治療戦略へ向けた新たな試み―AICDの転写制御機構の解明―,武田泰生

    アルツハイマー病治療戦略へ向けた新たな試み―AICDの転写制御機構の解明―

  • 基盤研究(C),2011年04月 ~ 2013年03月,抗癌剤で誘導されるヴォールトの発現亢進機序と抗癌剤耐性機構の解明,代表者:山田勝士 研究分担者:武田泰生、池田龍二

    抗癌剤で誘導されるヴォールトの発現亢進機序と抗癌剤耐性機構の解明

  • 基盤研究(C),2008年04月 ~ 2011年03月,難治性てんかんに関わるコンタクチン関連蛋白質の分子間相互作用の解析,武田泰生

    難治性てんかんに関わるコンタクチン関連蛋白質の分子間相互作用の解析

  • 科学研究費補助金,2003年04月 ~ 2005年03月,GPI-アンカー型神経接着分子を介するシグナル伝達機構の解明,武田泰生

    GPI-アンカー型神経接着分子を介するシグナル伝達機構の解明