基本情報

写真a

中島 宏

NAKAJIMA Hiroshi


職名

教授

研究室住所

鹿児島市郡元1-21-30鹿児島大学法文学部

研究分野・キーワード

刑事訴訟 適正手続 デュープロセス 犯罪被害者 刑事弁護 訴訟能力

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

099-285-7633(7633)

ホームページ

http://www1.bbiq.jp/h-nakaji/

プロフィール

刑事訴訟への被害者参加、訴訟能力、刑事弁護

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 立教大学  法学部  法学科

    大学,1991年03月,卒業,日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 立教大学  法学研究科  民刑事法専攻

    修士課程,1994年03月,修了,日本国

  • 立教大学  法学研究科  民刑事法専攻

    博士課程,1998年05月,単位取得満期退学,日本国

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 法文教育学域司法政策学系 司法政策研究科 法曹実務専攻,教授,2005年10月 ~ 2017年03月

  • 鹿児島大学, ,2005年10月 ~ 継続中

  • 鹿児島大学 法文教育学域法文学系 法文学部 法経社会学科,教授,2017年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 立教大学 法学部,助手,1999年04月 ~ 2001年03月

  • 跡見学園女子大学 マネジメント学部,講師,2002年04月 ~ 2005年09月

  • 横浜国立大学,講師,1998年05月 ~ 1999年03月

  • 大東文化大学 法学部,講師,2001年04月 ~ 2008年03月

  • 鹿児島大学 法文学部,講師,2004年07月 ~ 2005年03月

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 法と心理学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 情報ネットワーク法学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本被害者学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本犯罪社会学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本刑法学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 刑事訴訟法

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 日本語,現行犯逮捕,法学教室460号 (頁 14 ~ 17) ,2018年12月,中島宏

    研究論文(学術雑誌),査読無し,単著

  • 日本語,電磁的記録倍大の差押え等の適法性(大阪高判平成30年9月11日LEX/DB25449705),法学セミナー768号 (頁 130) ,2018年12月,中島宏

    研究論文(学術雑誌),査読無し,単著

  • 日本語,捜査におけるビデオ撮影(さいたま地判平成30年5月10日LEX/DB文献番号25560354),法学セミナー765号 (頁 126) ,2018年09月,中島宏

    研究論文(学術雑誌),査読無し,単著

  • 日本語,弁護人による刑訴法326条の同意の適法性(大阪高判平成29年3月14日判時2361号118頁),法学セミナー762号 (頁 122) ,2018年06月,中島宏

    研究論文(学術雑誌),査読無し,単著

  • 日本語,被疑者宅敷地内から収集されたごみの領置(東京高判平成29年8月3日Westlaw Japan文献番号2017WLJPCA08036005),法学セミナー759号 (頁 124) ,2018年03月,中島宏

    研究論文(学術雑誌),未設定,単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,アメリカの刑事判例1 2003年10月開廷期から2007年10月開廷期まで,成文堂,2017年11月,田中利彦,宇川春彦,内田幸隆,岡部雅人,小川佳樹,小野上真也,加藤克佳,小島淳,州見光男,新谷一朗,杉本一敏,田口守一,田山聡美,中島宏,二本栁誠,萩野貴史,原田和佳,前田聡,松田正照,若尾岳志,渡邊卓也

    単行本(学術書),分担執筆

  • 日本語,プロセス講義刑事訴訟法,信山社,2016年06月,亀井源太郎、岩下雅充、堀田周吾、中島宏、安井哲章

    教科書,公判手続き、公判前整理手続(1)、公判前整理手続(2),分担執筆,刑事法学

  • 日本語,刑事訴訟法教室,法律文化社,2013年07月,岩下雅充、大野正博、亀井源太郎、公文孝佳、辻本典央、中島宏、平山真理

    単行本(学術書),共著

  • 日本語,判例講義 刑事訴訟法,悠々社,2012年04月,宇藤崇、榎本雅記、加藤克佳、黒澤睦、小池信太郎、椎橋隆幸、洲見光男、清水真、関正晴、髙倉新喜、滝沢誠、多田辰也、田中優企、檀上弘文、辻本典央、長井圓、中島宏、成田秀樹、平良木登規男、フィリップ・オステン、松田岳士、緑大輔、安井哲章、柳川重規

    単行本(学術書),共著

  • 日本語,トピックからはじめる法学,成文堂,2010年06月,田巻帝子,山田八千子,岡部雅人,山口直也,永水裕子,中村恵,玉蟲由樹,中空壽雅,高木英行,平川英子,諏訪野大,山口亮子,深川裕佳,宗田貴行,衣笠葉子,伊藤渉,滝沢誠,武藤眞朗,府川繭子,千葉華月,中島宏,今井雅子,宮木康博,畑宏樹,荒井真,橋爪幸代,橋本陽子,長谷川乃理,多田英明,木下崇,杉本純子,田中誠,梅村悠,飯野文,小山昇,齋藤洋,龍澤邦彦,

    単行本(学術書),共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 日本語,書評 竹原幸太『失敗してもいいんだよ-子ども文化と少年司法』,日本犯罪社会学会,犯罪社会学研究43号 (頁 160 ~ 164) ,2018年10月,中島宏

    書評,文献紹介等,単著

  • 日本語,アメリカ合衆国最高裁判所2014年10月開廷期掲示関係判例概観,早稲田大学比較法研究所,比較法学,50 巻 1号 (頁 90 ~ 120) ,2016年06月,田中利彦、州見光男、中島宏、松田正照、小川佳樹、滝谷英幸、杉本一敏、小島淳、原田和往、松友圭史、熊谷智大、大庭沙織、田山聡美

    総説・解説(大学・研究所紀要),弁護 (p97-98),共著,刑事法学

  • 日本語,アメリカ合衆国最高裁判所2013年10月開廷期掲示関係判例概観,比較法学/早稲田大学比較法研究所,49巻 1号 (頁 174 ~ 208) ,2015年06月,田中利彦、州見光男、小川佳樹、中島宏、原田和往、滝谷英幸、小島淳、田山聡美、伊藤嘉亮、大庭沙織、竹川俊也、松田正照

    総説・解説(大学・研究所紀要),共著

  • 日本語,アメリカ合衆国最高裁裁判所2012年10月開廷期刑事関係判例概観,比較法学/早稲田大学比較法研究所,48巻 1号 (頁 265 ~ 296) ,2014年06月,田中利彦、州見光男、小川佳樹、中島宏、松田正照、原田和往、野村健太郎、大庭沙織、蔡芸琦、芥川正洋、田山聡美

    総説・解説(大学・研究所紀要),共著

  • 日本語,アメリカ合衆国最高裁判所2011年10月開廷期刑事関係判例概観,比較法学/早稲田大学比較法研究所,47巻 1号 (頁 173 ~ 208) ,2013年06月,田中利彦、州見光男、小川佳樹、原田和往、中島宏、松田正照、二本栁誠、宮木康博。野村健太郎、中川武隆、小島淳、大庭沙織

    総説・解説(大学・研究所紀要),共著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2015年04月 ~ 2018年03月,精神障がい者・知的障がい者と刑事手続き,中島宏

  • 基盤研究(C),2009年04月 ~ 2012年03月,刑事訴訟における被害者参加制度の実証的研究,中島宏

  • 新学術領域研究,2011年04月 ~ 2016年03月,「取調べ録画と裁判員-取調べ過程の可視化をめぐる制度構築と裁判員裁判への影響-,指宿信

  • 基盤研究(A),2011年04月 ~ 2014年03月,司法サービスの新たなパラダイムとその展開-質を重視した司法過疎対策の研究,米田憲市

  • 基盤研究(A),2009年04月 ~ 2012年03月,ポスト『ゼロ・ワン』時代の司法過疎対策の研究,上田國廣

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 情報ネットワーク法学会,国内会議,2007年11月,新潟,パネル・ディスカッション「法学教育のIT化- ロースクール完成年度を契機として」,その他

 

学内委員会等 【 表示 / 非表示

  • 法学コース長,2018年04月 ~ 継続中

  • 学長補佐(広報担当),2016年04月 ~ 継続中

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島県弁護士会綱紀委員会,学識経験者委員,2016年04月 ~ 継続中

  • 日弁連法務研究財団,法科大学院認証評価員,2014年10月 ~ 継続中

  • 鹿児島県弁護士会綱紀委員会,学識経験者予備委員,2014年04月 ~ 2016年03月

  • 日弁連法務研究財団,法科大学院認証評価員,2012年10月 ~ 2014年09月

  • 鹿児島県弁護士会綱紀委員会,学識経験者予備委員,2012年04月 ~ 2014年03月