基本情報

写真a

榊間 春利

SAKAKIMA Harutoshi


職名

教授

研究分野・キーワード

病態モデル動物、整形外科疾患、中枢神経疾患、運動の効果とメカニズム

プロフィール

基礎研究:○骨格筋の萎縮と肥大に関する研究 ○末梢神経障害と成長因子に関する研究 ○中枢神経障害後の運動療法の効果とそのメカニズムに関する研究臨床研究:○整形外科術後(脊椎、関節)リハビリテーションに関する研究 ○中枢神経疾患の運動機能に関する研究

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 医歯学域医学系 医学部 保健学科 理学療法学専攻(基礎理学療法学),教授,2015年04月 ~ 継続中

  • 鹿児島大学, ,2015年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本解剖学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本基礎理学療法学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本神経科学学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本理学療法士協会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 機能解剖学

  • 神経系)

  • 理学療法一般(運動器

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Preoperative predictors of ambulation ability at different time points after total hip arthroplasty in patients with osteoarthritis,Rehabil Res Pract. ,ID 861268巻 ,2014年08月,Kamimura A, Sakakima H, Tsutsumi F, Sunahara N.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Midkine-deficient mice delayed degeneration and regeneration after skeletal muscle injury ,Acta histchem im press,116巻 (頁 319 ~ 326) ,2014年08月,Masako Ikutomo, Harutoshi Sakakima*, Fumiyo Matsuda, Yoshihiro Yoshida

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Pelvic Inclination Angle and Hip Abductor Muscle Strength after Total Hip Arthroplasty,J. Phys. Ther. Sci.,25巻 (頁 215 ~ 219) ,2013年02月,Kamimura A, Sakakima H, Miyazaki M, Sakasegawa M, Ijiri K, Sunahara N, Matsuda T

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,The inhibitory effects of S-nitrosoglutathione on blood-brain barrier disruption and peroxynitrite formation in a rat model of experimental stroke,J Neurochem,123巻 Suppl 2号 (頁 86 ~ 97) ,2012年11月,Khan M, Dhammu TS, Sakakima H, Shunmugavel A, Anne G Gilg, Singh AK, Singh I

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Stimulation of functional recovery via the mechanisms of neurorepair by S-nitrosoglutathione and motor exercise in a rat model of transient cerebral ischemia and reperfusion,Restor Neurol Neurosci,30巻 5号 (頁 383 ~ 396) ,2012年01月,Sakakima H, Khan M, Dhammu TS, Shunmugavel A, Yoshida Y, Singh I, Singh AK

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,鹿児島赤十字カラー(KSカラー,臨床力up2脊椎装具に強くなる!Basics & Tips 米延策雄、菊池臣一編,三輪書店,2012年05月,榊間春利、井尻幸成、武富栄二、小宮節郎、松田剛正

    単行本(学術書),共著

  • 日本語,【理学療法士のキャリアデザイン】理学療法士のキャリアモデル 研究者として,理学療法ジャーナル,2012年04月,榊間春利

    調査報告書,単著

  • 日本語,障害学的特徴からみた理学療法(介入)の実際, パーキンソン病の場合. 嶋田智明、大峰三郎、吉元洋一編集, 実践MOOK理学療法プラクティス 神経難病 知識と技術の統合に向けて,文光堂,2009年09月,榊間春利

    単行本(学術書),共著

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 英語,Midkine in repair of the injured nervous system.,Br J Pharmacol,171巻 4号 (頁 924 ~ 930) ,2014年02月,Yoshida Y, Sakakima H, Matsuda F, Ikutomo M.

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,神経系におけるミッドカインの働き,医学のあゆみ,230巻 4号 (頁 260 ~ 265) ,2009年07月,吉田義弘, 榊間春利, 松田史代

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,筋力回復のリハビリテーション 骨格筋の萎縮と肥大に影響する主要因,関節外科,25巻 6号 (頁 21 ~ 25) ,2006年,川真田聖一、小澤淳也、榊間春利

    総説・解説(学術雑誌),共著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第120回日本解剖学会総会学術集会,国内会議,2015年03月,神戸,Stimulation of functional recovery via the mechanisms of neurorepair by S-nitrosoglutathione and motor exercise following focal cerebral infarction in rats,その他

  • WCPT-AWP & ACPT Congress,国際会議,2013年09月,Taiwan,Stimulation of functional recovery via neurorepair mechanisms by motor exercise in rat stroke model.,その他

  • Japan-Korea 1st Joint Conference,国際会議,2012年11月,Nagasaki, Factors that influence walking in ability at discharge in patients with total hip arthroplasty,その他

  • 第47回日本理学療法学術大会,国内会議,2012年05月,神戸市,薬物治療と運動トレーニングの併用が脳梗塞モデルラットの機能回復に与える影響,その他

  • 第47回日本理学療法学術大会,国内会議,2012年05月,神戸市,脊椎術後早期と慢性期の対麻痺患者にHALを用いた短期リハビリテーションの効果,その他

全件表示 >>