基本情報

写真a

秦 浩起

HATA Hiroki


職名

准教授

研究分野・キーワード

カオス、フラクタル、複雑系、非平衡系の物理、統計物理、非線形力学系、生物、プラズマ、放電

ホームページ

http://www.sci.kagoshima-u.ac.jp/~hata/

プロフィール

○非平衡非線系の統計物理学 ○大自由度非線形力学系のカオスや自己組織化に関する研究 ○力学系の相空間の構造に関する研究 ○帯電微粒子を用いた非線形多体系の実験的理論的研究 ○非線形力学系としての放電の研究

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 九州大学  理学研究科  物理学専攻

    博士課程,1990年03月,修了,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 理学博士,数理物理・物性基礎,九州大学,課程,1990年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 理工学域理学系 理工学研究科(理学系) 物理・宇宙専攻 物性理論,准教授,1990年04月 ~ 継続中

  • 鹿児島大学, ,1990年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本物理学会,1985年10月 ~ 継続中,日本国

  • 形の科学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 国分高校スーパーサイエンスハイスクール運営指導委員会,2018年09月 ~ 2019年03月,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 数理物理・物性基礎

  • カオス・フラクタル物理学

  • 非平衡(非線形)統計物理学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Manifold learning approach for chaos in the dripping faucet,Physical Review E,5巻 3号 (頁 36209 ~ 36216) ,2012年09月,Hiromichi Suetani, Karin Soejima, Rei Matsuoka, Ulrich Parlitz, and Hiroki Hata

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Statistical Properties of Fluctuation of Charged Fine Particles in an AC Trap,Procedia IUTAM Volume 5, 2012, Pages 234-239,5巻 1号 (頁 234 ~ 239) ,2012年08月,Ryuji Ishizaki, Hiroki Hata, and Tatsuo Shoji

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 日本語,多様体学習による水滴系カオスの解析,電子情報通信学会技術研究報告,110巻 465号 (頁 57 ~ 62) ,2011年03月,末谷大道,黒岩 宏紀,秦浩起,赤穂昭太郎

    研究論文(学術雑誌),査読無し,共著

  • 英語,Chaos-Induced Diffusion in a Nonlinear Dissipative MathieuEquation for a Charged Fine Particle in an AC Trap,J. Phys. Soc. Jpn., Vol.80, No.4, p.044001,80巻 4号 (頁 4401 ~ 4406) ,2011年03月,Ryuji Ishizaki, Hiroki Hata, and Tatsuo Shoji

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 日本語,分野横断型学会における高校生参加型企画の試み― 形の科学会の場合―,大学の物理教育,15巻 2号 (頁 93 ~ 96) ,2009年07月,宮崎修次,秦浩起

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,身近な統計物理・非線形科学-SSHなどでの高校生との試み-,形の科学会誌,2008年11月,秦浩起

    調査報告書,単著

  • 日本語,公開講座「物理のためのコンピュータグラフィックス・プログラミング入門」を終えて,鹿児島大学生涯学習教育研究センター年報,2005年03月,西尾正則,秦浩起

    調査報告書,共著

  • 日本語,レッツ ログイン ユニックス,科学技術出版,2000年09月,秦浩起, 末永勝征, 青山究, 宿久洋

    単行本(学術書),共著

  • 日本語,カオス科学の基礎と展開,共立出版,1999年08月,井上政義,秦浩起

    単行本(学術書),共著

  • 日本語,ユニックス リテラシイ,鹿児島大学生協,1996年03月,青山究, 秦浩起, 宿久洋

    単行本(学術書),共著

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 日本語,リミットサイクル,カオスと同期現象入門,プラズマ・核融合学会誌,88巻 7号 (頁 357 ~ 362) ,2012年07月,秦浩起

    総説・解説(学術雑誌),単著,数理物理・物性基礎

  • 日本語,カオスと同期現象の科学‐プラズマ科学の新しい視点‐まとめと今後の展望,プラズマ・核融合学会誌,88巻 7号 (頁 380 ~ 381) ,2012年07月,秦浩起

    総説・解説(学術雑誌),単著,プラズマ科学,数理物理・物性基礎

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 「非線形科学とその周辺」セミナー,国内会議,2016年07月,京都大学 情報学研究科,大自由度カオスへのアプローチ-水滴落下系を舞台として-,口頭(一般)

  • 九大物性理論研究室・統計物理学研究室合同セミナー,国内会議,2015年06月,福岡県,大自由度カオスの速い・遅い挙動,その他

  • 日本物理学会第70回年次大会,国内会議,2015年03月,東京都,帯電微粒子系の大自由度カオスが示す遅い運動,その他

  • 日本物理学会第70回年次大会,国内会議,2015年03月,東京都,平行平板電極間のAC放電によって生じる様々な非線形パターンのダイナミックス,その他

  • 日本物理学会九州支部例会,国内会議,2014年12月,熊本市,AC トラップ中の少数帯電微粒子群の平衡配置とゆらぎ,その他

全件表示 >>

 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 国分高校スーパーサイエンスハイスクール運営指導委員会,委員,2018年07月 ~ 2020年03月

  • 池田学園スーパーサイエンスハイスクール運営指導委員会,委員,2017年04月 ~ 2020年03月

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島県高等学校「プレゼンテーション講習会」,2019年11月

    高校生の研究発表方法(トーク,スライド)の助言,指導

  • 鹿児島県SSH交流フェスタ,2019年11月

  • 鹿児島県高等学校生徒理科研究会,2019年11月

    高校生の研究発表の講評と審査

  • 出前授業(熊本市立必由館高等学校),2019年10月

  • 九大アカデミックフェスティバル,2019年10月

全件表示 >>