2021/04/25 更新

写真a

ヤマモト トモコ
山本 智子
YAMAMOTO Tomoko
所属
農水産獣医学域水産学系 水産学部 附属海洋資源環境教育研究センター 教授
職名
教授
プロフィール
○干潟やマングローブの底生動物群集 ○岩礁性潮間帯の生物群集における種間関係 ○海藻藻場の動物群集 ○化学合成生物群集の生態学的研究 ○人工構造物の生物群集

学位

  • 博士(理学) ( 1996年3月   京都大学 )

  • 理学修士 ( 1991年3月   京都大学 )

研究キーワード

  • 熱水噴出孔

  • 生態系機能

  • 食物網

  • 種間相互作用

  • 種多様性維持機構

経歴

  • 鹿児島大学   農水産獣医学域水産学系 水産学部 水産学科   教授

    2016年5月 - 現在

  • 鹿児島大学   大学院連合農学研究科 農水圏資源環境科学専攻 水産資源環境科学    

    2007年4月 - 現在

  • 鹿児島大学   農水産獣医学域水産学系 水産学部 附属海洋資源環境教育研究センター   准教授

    2007年4月 - 2016年4月

所属学協会

  • 鹿児島県漁場油濁被害等認定審査会

    2006年8月 - 2008年7月

  • 鹿児島県森林審議会

    2006年4月 - 現在

  • 有明海、八代海総合調査評価委員会(環境省)

    2005年2月 - 現在

  • 有明海、八代海干潟等沿岸海域再生検討委員会

    2004年9月 - 2006年3月

  • 鹿児島海区漁業調整委員会

    2004年8月 - 2016年8月

  • 自然環境保全基礎調査浅海域生態系調査(藻場調査)

    2004年5月 - 2007年3月

  • 日本水産工学会

    1996年4月 - 現在

  • 日本貝類学会

    1995年4月 - 現在

  • 日本生態学会

    1991年4月 - 現在

  • 日本ベントス学会

    1990年10月 - 現在

▼全件表示

 

論文

  • 川瀬 誉博, 白澤 大樹, 大西 雄二, 山中 寿朗, 山本 智子 .  北限域に移植されたマングローブ林における底生動物の食物網構造とマングローブ植物の役割 .  保全生態学研究25 ( 2 ) 235 - 247   2020年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本生態学会  

    <p>マングローブ植物は熱帯・亜熱帯の河口汽水域に生育する耐塩性の種子植物であり、鳥類や昆虫類、魚類や底生動物など、陸上と海洋双方の生物とともにマングローブ林を形成している。マングローブ植物はこの生態系において、生息場所提供者と生産者という主要な役割を果たしているが、底生動物もまた、食物連鎖を通して生態系を支えている。人為的あるいは自然分布によって温帯域で見られるマングローブ林では、熱帯・亜熱帯とは底生動物相が異なっていることから、マングローブ植物や底生動物の機能が異なっている可能性がある。そこで本研究では、 17世紀に移植され、分布のほぼ北限に位置する鹿児島市の喜入マングローブ林において、底生動物の食物網構造について安定同位体比を用いて明らかにするとともに、天然分布である奄美大島の住用マングローブ林と比較を行った。前者は 2016年 1月に寒波の影響によって一斉落葉しており、林床上の環境が激変したと想定されるため、落葉前後の林内環境と食物網構造の比較も行った。餌資源となる有機物の候補として、マングローブの落葉、海藻、底質を採集した。消費者は住用と比較できるように、腹足類や甲殻類などを採集し、炭素・窒素・硫黄の安定同位体比( δ13C・δ15N・ δ34S値)を測定した。消費者の安定同位体比から、住用マングローブ林では落葉由来の有機物を利用しているのに対し、喜入では海藻などといった海由来の有機物が底生低次食物網を支えていると考えられた。寒波による一斉落葉の影響として、林内の光量子量の増加と、ハクセンシオマネキの林内への分布拡大が認められた。一方、林内の食物網構造に変化は認められなかった。以上の結果から、喜入マングローブ林では、マングローブ植物は生息場所提供者ではあるが底生食物網の生産者としての寄与は小さいと考えられた。</p>

    DOI: 10.18960/hozen.1905

    CiNii Article

  • R. Ueno and T. Yamamoto .  A process of sexual maturation of Simplisetia erythraeensis (Annelida, Nereididae). .  Aquaculture Science68   65 - 73   2020年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • R. Ueno, M. Sato, T. Yamamoto .  Reproductive season and life span of an estuarine polychaete, Simplisetia erythraeensis (Annelida, Nereididae), in Southern Japan. .  Plankton and Benthos Research14   71 - 79   2019年5月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • R. Fujii, R. Ueno, T. Yamamoto .  Breeding season and life history of Lingula anatina after settlement in Amami-Oshima Island, Kagoshima, Japan .  Plankton and Benthos Research14   45 - 51   2019年2月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • T. Yamamoto, T. Kagohara, K. Yamamoto, S. Kamimura and M. Hamaguchi .  Distribution of Batillaria multiformis and B. attramentaria (Batillariidae) in southern Kyushu. .  Plankton and Benthos Research13   10 - 16   2018年2月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本ベントス学会  

  • Yusa Y. .  Direct growth measurements of two deep-sea scalpellid barnacles, scalpellum stearnsii and graviscalpellum pedunculatum .  Zoological Studies57   e29   2018年

     詳細を見る

    出版者・発行元:Zoological Studies  

    DOI: 10.6620/ZS.2018.57-29

    Scopus

    PubMed

  • 緒方沙帆, Rocille PALLA, 上野綾子, 佐藤正典, 鈴木廣志, 山本智子 .  奄美大島沿岸における干潟底生生物相 .  日本ベントス学会誌72   27 - 38   2017年9月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本ベントス学会  

  • Noriyuki Takai, Takeshi Ito, Yudai Iino, Tomoko Yamamoto, Miwa Suzuki, Kiyoshi Asahina, Shiro Itoi, Shizuko Nakai, Nobuhiro Mano, Ming-Chih Huang and Haruo Sugita .  Sexual maturation of Girella punctata and G. leonina (Perciformes: Girellidae) in the neritic sea off the Pacic coast of Japan. .  Coastal Marine Science40 ( 1 ) 1 - 10   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • asuda, N, N. Miyamoto, Y. Fujiwara, T. Yamamoto, Y. Yusa .  Effects of food availability on growth and reproduction of the deep-sea pedunculate barnacle Heteralepas canci .  Deep Sea Research Part I108   53 - 57   2016年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • S. Villamor, T. Yamamoto .  Population characteristics of Monetaria annulus (Linnaeus, 1758)(Gastropoda: Cypraeidae) from temperate to tropical areas. .  Aquaculture Science63   273 - 282   2015年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • S. Villamor, T. Yamamoto .  Reproductive seasonality of Monetaria annulus (Linnaeus, 1758) (Mollusca: Gastropoda: Cypraeidae) in a temperate area. .  Molluscan Research35   95 - 101   2015年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • R. Sahara, K. Fukaya, T. Okuda, M. Hori, T. Yamamoto, M. Nakaoka, T. Noda .  Larval dispersal dampens population fluctuation and shapes the interspecific spatial distribution patterns of rocky intertidal gastropods. .  Ecography38   1 - 9   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • K. Hirose, T. Yorisue, H. Itoh, T. Yamamoto, S. Kojima .  Multiplex PCR-based genotyping of mitochondrial DNA from two species of the genus Batillaria (B. multiformis and B. flectosiphonata) from Amami-Oshima Island, Japan. .  Plankton & Benthos Research9   67 - 70   2014年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yoko WADA, Yumi MIURA, Yoshihiro FUJIWARA, Tomoko YAMAMOTO, Kenji OKOSHI4and Yoichi YUSA .  First finding of the neustonic barnacle Lepas pectinata and nudibranch Fiona pinnata in the deep sea. .  Cah. Biol. Mar. 54   437 - 440   2013年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Norio Miyamoto, Tomoko Yamamoto, Yoichi Yusa and Yoshihiro Fujiwara .  Postembryonic development of the bone-eating worm Osedax japonicas. .  Naturwissenschaften100   285 - 289   2013年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 稲留陽尉・山本智子 .  北薩地域におけるタナゴ類とイシガイ類の分布と産卵床としての利用 .  保全生態学研究17   63 - 71   2012年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 林真由美・山本智子 .  北限域のマングローブ林における底生生物相:亜熱帯域との比較 .  Nature of Kagoshima37   143 - 147   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • A. N. Soomro, H. Suzuki, M. Kitazaki and T. Yamamoto .  Reproductive aspects of two atyid shrimp Caridina sakishimensis and Caridina typus in head water atreams of Kikai-Island, Japan. .  Journal of Crustacean Biology31 ( 1 ) 41 - 49   2011年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • A. Shinozaki, M. Kawato, C. Noda, T. Yamamoto, K. Kubkawa T. Yamanaka, J. Tahara H. Nakajoh, T. Aoki, H. Miyake and Y. Fujiwara .  Reproduction of the vestimentiferan tubeworm Lamellibrachia satsuma inhabiting a whale vertebra in an aquarium. .  Cah. Biol. Mar. 51: 423-42751   467 - 473   2010年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • G. Kinoshita, M. Kawato, A. Shinozaki, T. Yamamoto, K. Okoshi, K. Kubkawa H. Yamamoto and Y. Fujiwara .  Protadric hermaphroditism in the whale-wall mussel Adipicola pacifica. .  Cah. Biol. Mar. 51   423 - 427   2010年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Y. Fujiwara, T. Okutani, T. Yamanaka, M. Kawato, C. Mizota, K. Fujikura, T. Yamamoto and K. Okoshi .  Solemya pervernicosa lives in sedoment underneath submerged whale carcasses: its biological significance. .  Venus68   27 - 37   2010年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • T. Okuda, T. Noda, T. Yamamoto, M. Hori and M. Nakaoka .  Contribution of environmental and spatial processes to rocky intertidal metacommunity structure .  Acta Oecologica-International Journal of Ecology 36 ( 4 ) 413 - 422   2010年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • M. Tsujino M. Hori, T. Okuda, M. Nakaoka, T. Yamamoto and T. Noda .  Distance decay of community dynamics in rocky intertidal sessile assemblages evaluated by transition matrix models. .  Population Ecology52 ( 1 ) 413 - 422   2010年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 山本智子・舛屋藍・松下耕治・佐藤正典 .  鹿児島湾奥の重富干潟における底生動物相の変化-1994年と2005年の比較- .  日本ベントス学会誌64   32 - 44   2009年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • T. Okuda, T. Noda, T. Yamamoto, M. Hori, M. Nakaoka .  Latitudinal gradients in species richness in assemblages of sessile animals in rocky intertidal zone: mechanisms determining scale-dependent variability .  Journal of Animal Ecology78 ( 2 ) 328 - 337   2008年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • H. Kawai, M. Kamiya, T. Komatsu, M. Nakaoka, T. Yamamoto, Marine Life Research Group of Takeno .  Ten Years Monitoring of Intertidal Macroalgal Vegetation of Hyogo Prefecture, Northwestern Coast of Honshu, Japan to Assess the Ompact of the Nakhodka Oil Spill. .  Algae 22 ( 1 ) 37 - 44   2007年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Fujiwara Y, M. Kawato, T. Yamamoto, T. Yamanaka, W. Sato-Okoshi, C. Noda, S. Tsuchida, T. Komai, S. S. Cubelio, T. Sasaki, K. Jacobsen, K. Kubokawa, K. Fujikura, T. Maruyama, Y. Furushima, K. Okoshi, H. Miyake, M. Miyazaki, Y. Nogi, A. Yatabe, T. Okutani .  Three-year investigations into sperm whale-fall ecosystems in Japan. .  Marine Ecology28   219 - 232   2007年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 玉置 仁、田中敏博、荒武久道、渡辺雅子、松本里子、山本智子、相生啓子、新井章吾 .  日本南限の多年生アマモ,および1年生アマモの垂直分布に関する観察事例 .  Jon, J, Phycol.55   1 - 6   2007年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nakaoka M, Ito N, Yamamoto T, Okuda T, Noda T .  Similarity of rocky intertidal assemblages along the Pacific Coast of Japan: Effects of spatial scales and geographic distance. .  Ecological Research21   425 - 435   2006年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Saito S, Tsuchida S, Yamamoto T .  Spongicolides iheyaensis, A new species of deep-sea sponge-associated shrimp from the Iheya ridge, Ryukyu islands, southern Japan (Decapoda: Stenopodidea; Spongicolidae). .  Journal of Crustacean Biology26   224 - 233   2006年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 奥谷喬司、藤原義弘、佐々木猛智、河戸勝、山本智子、窪川かおる .  薩摩半島沖の鯨骨付近から採集されたオオナミカザリダマ .  ちりぼたん(日本貝類学会研究連絡誌)37   124 - 139   2006年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 稲留陽尉、山本智子 .  桜島転石海岸の潮間帯における貝類群集と転石の特性の関連 .  Venus64   177 - 190   2005年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 野田隆史、深津雪絵、奥田武弘、堀正和、仲岡雅裕、山本智子 .  日本列島太平洋岸の岩礁潮間帯の海藻群集における7つの希少性. .  保全生態学研究10   1 - 10   2005年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Okuda T, T. Noda, T. Yamamoto, N. Ito, M. Nakaoka .  Latitudinal gradient of species diversity: multiミscale variability in rocky intertidal sessile assemblages along the Northwestern Pacific coast. .  Population Ecology46   159 - 170   2004年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yamamoto T .  Prey composition and prey selectivity of an intertidal generalist predator, Muricodrupa fusca (K殱ter) (Muricidae). .  Marine Ecology25 ( 1 ) 35 - 49   2004年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 山本智子 .  空間スケールと生物群集の多様性 .  日本生態学会関東地区会会報52   3 - 7   2004年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 山本智子 .  タイドプールに棲息する肉食性巻貝レイシガイダマシモドキの生態と笠貝類に与える影響 .      1996年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:学位論文(博士)  

▼全件表示

書籍等出版物

  • 海岸動物の生態学入門:ベントスの多様性に学ぶ

    海岸動物の生態学入門:ベントスの多様性に学ぶ( 担当: 共著 ,  範囲: ベントスが支える様々な生態系)

    海文堂  2020年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 奄美大島の水生生物

    山本智子・佐藤正典・鈴木廣志( 担当: 共著)

    鹿児島大学生物多様性研究会  2019年3月 

     詳細を見る

    担当ページ:58-60,075-85,086-94   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 奄美群島の生物多様性

    山本智子( 担当: 単著)

    鹿児島大学生物多様性研究会  2016年3月 

     詳細を見る

    担当ページ:230-238   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 群集生態学の現在

    佐藤宏明・山本智子・安田弘法( 担当: 分担執筆)

    京都大学学術出版会  2001年2月 

     詳細を見る

    総ページ数:426   担当ページ:373-385   記述言語:日本語 著書種別:学術書

講演・口頭発表等

  • 山本智子・豊西敬 .  岩礁潮間帯における植食性巻貝類の多種共存機構:摂餌痕から見る食い分け .  日本生態学会  日本生態学会国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:英語  

    開催地:静岡  

    国際学会

  • 山本智子・林真由美 .  北限のマングローブ林におけるベントス群集:干潟との使い分けはあるか? .  日本ベントス学会・プランクトン学会合同大会  日本ベントス学会・プランクトン学会合同大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:千葉  

    国内学会

  • Yamamoto, T. and M. Hayashi .  Benthic animal community in the northernmost mangrove forest: comparison with that in the subtropical area .  EFES  EFES国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:英語  

    開催地:滋賀  

    国際学会

  • 山本智子・内田明・豊西敬・広瀬公子・宮山沙紀・Shiela Villamor・林真由美 .  薩南諸島における海岸の現状と干潟の腹足類ウミニナ類の分布 .  日本ベントス学会・プランクトン学会合同大会  日本ベントス学会・プランクトン学会合同大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:高知  

    国内学会

  • 山本智子・舛屋藍 .  重富干潟における棲息環境の空間変移とウミニナの分布 .  日本ベントス学会・プランクトン学会合同大会  日本ベントス学会・プランクトン学会合同大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:千葉  

    国内学会

  • 山本智子・篭原啓文・山本耕聖・峰山真実・上村了美・浜口昌巳 .  薩南諸島から九州南部における干潟腹足類ウミニナ類の地理的分布 .  日本生態学会  日本生態学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • Yamamoto, T., Y. Fujiwara, K. Fujikura, M. Kawato, M. Miyazak, F. Pradillon, T. Okutani, K. Kubokawa, K. Okoshi, H. Miyake and T. Yamanaka .  Succession of sperm whale-fall community off Kyushu, Japan .  4th International Symposium on Chemosynthesis-based Ecosystems  4th International Symposium on Chemosynthesis-based Ecosystems国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年6月

    記述言語:英語  

    開催地:Okinawa  

    国際学会

  • 山本智子 .  干潟が減っていくー鹿児島湾沿岸の60年ー .  日本生態学会  日本生態学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:岩手  

    国内学会

  • 山本智子・川野昭太 .  海の動物ー植物相互作用~藻場の葉上動物相は藻類種によって異なるか?~ .  日本生態学会  日本生態学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

▼全件表示