基本情報

写真a

井倉 洋二

INOKURA Youji


職名

准教授

研究分野・キーワード

森林環境教育、自然学校、ESD、演習林

プロフィール

大学の森を活用した森林環境教育プログラムの開発・実践・評価持続可能な農山村の地域づくりを目指した自然学校と森林環境教育の展開

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 農水産獣医学域農学系 農学部 附属演習林,准教授,1998年04月 ~ 継続中

  • 鹿児島大学 大学院連合農学研究科 農水圏資源環境科学専攻 地域資源環境工学連合講座, ,1998年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本洞窟学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本野外教育学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本環境教育学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本森林学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 森林環境教育

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 日本語,GPSを用いた下刈り功程調査,鹿児島大学農学部演習林研究報告,39巻 (頁 9 ~ 14) ,2012年03月,金城智之、寺岡行雄、芦原誠一、井倉洋二、浦めぐみ

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 日本語,下刈り実施年数の違いにおける植栽木の成長,九州森林研究,65巻 (頁 24 ~ 27) ,2012年03月,金城智之、寺岡行雄、芦原誠一、井倉洋二、山川博美

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 日本語,クロモトロープ酸を担持した陰イオン交換カラムを用いた超微量ホウ酸のオンライン濃縮/分離定量法の改良と沖縄県西表島の天然水分析への応用,分析化学,60巻 10号 (頁 785 ~ 789) ,2011年09月,姚俊学、吉村和久、栗崎弘輔、井倉洋二、高相徳志郎

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 日本語,下刈り実施パターンの違いによる下刈り作業功程,鹿児島大学農学部演習林研究報告,38巻 (頁 7 ~ 11) ,2011年03月,金城智之、寺岡行雄、芦原誠一、竹内郁雄、井倉洋二、浦めぐみ

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 日本語,鹿児島大学高隈演習林の森林流域における25年間の流況変化,鹿児島大学農学部演習林研究報告,37巻 (頁 115 ~ 127) ,2010年03月,地頭薗隆、下川悦郎、寺本行芳、馬田英隆、井倉洋二

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,森林環境教育と自然学校~若者よ、農山村で起業しよう!~(連載 大学演習林からの便り<25>鹿児島大学),GREEN AGE,2013年12月,井倉洋二

    調査報告書,単著

  • 日本語,森林環境教育(第20章),改訂 現代森林政策学 遠藤日雄編著,2012年05月,井倉洋二

    単行本(学術書),単著

  • 日本語,大学の森の森林環境教育と自然学校 -持続可能な農山村の地域づくりを目指して-.,野外教育情報,2011年02月,井倉洋二

    調査報告書,単著

  • 日本語,鹿児島大学演習林における森林環境教育プログラムの展開,鹿児島大学農学部演習林研究報告,2007年12月,井倉洋二・芦原誠一・松野嘉昭・松元正美・野下治巳・内原浩之・枚田邦宏・福満博隆

    調査報告書,共著

  • 日本語,大野ESD自然学校~鹿児島大学と地域が連携した新しい自然学校の取り組み~,自然体験学習実践研究,2007年07月,井倉洋二

    調査報告書,単著

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 日本語,鹿児島大学演習林における森林環境教育の取り組み,公益社団法人 大日本山林会,山林1600号 (頁 54 ~ 61) ,2017年09月,井倉洋二

    総説・解説(商業誌),単著,森林科学

  • 日本語,森林環境教育のススメ,木科学情報・日本木材学会九州支部,21巻 2号 (頁 21 ~ 24) ,2014年06月,井倉洋二

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 日本語,持続可能な農山村の地域づくりに貢献する大学演習林の森林環境教育プログラム(シリーズ 現場の要請を受けての研究⑰),森林科学,64巻 (頁 39 ~ 42) ,2012年02月,井倉洋二

    総説・解説(学術雑誌),単著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第128回日本森林学会大会,国内会議,2017年03月,鹿児島大学郡元キャンパス(鹿児島市),鹿児島大学演習林の森林環境教育:行政・NPO・地域住民との協働による多様な発展とそれに伴う諸課題,口頭(一般)

  • 第127回日本森林学会大会,国内会議,2016年03月,日本大学藤沢キャンパス(神奈川県藤沢市),大学発、持続可能な地域づくりの拠点として自然学校,口頭(一般)

  • 日本環境教育学会第26回大会,国内会議,2015年08月,名古屋市立大学(名古屋市),自然学校へ行こう~持続可能な農山村社会の実現を目指した鹿児島大学の新たな講義プログラムとその効果~,口頭(一般)

  • 日本環境教育学会第26回大会,国内会議,2015年08月,名古屋市立大学(名古屋市),持続可能な地域づくりの拠点として自然学校が果たす役割,口頭(一般)

  • 日本野外教育学会 第18 回大会,国内会議,2015年06月,阿蘇青少年交流の家(熊本県阿蘇市),自然学校へ行こう~持続可能な農山村社会の実現を目指した鹿児島大学の新たな講義プログラム~,ポスター(一般)

全件表示 >>