基本情報

写真a

小林 励司

KOBAYASHI Reiji


職名

准教授

研究室住所

鹿児島市郡元1-21-35

研究分野・キーワード

震源過程、強震動、地下構造、表面波

ホームページ

http://reijikan.my.coocan.jp/

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学  理学部

    大学,1993年03月,卒業,日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学  理学研究科

    修士課程,1995年03月,修了,日本国

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 理工学域理学系 理工学研究科(理学系) 地球環境科学専攻 島弧火山,准教授,2006年04月 ~ 継続中

  • 鹿児島大学 ■廃止組織■ 社会貢献機構 地域防災教育研究センター, ,2011年10月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本地震学会,1993年10月 ~ 継続中,日本国

  • American Geophysical Union,1998年06月 ~ 継続中,日本国

  • Seismological Society of America,2007年02月 ~ 継続中,日本国

  • 日本地球惑星科学連合,2009年04月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 地震学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 基本情報技術者/第2種情報処理技術者

  • 普通自動車免許(一種)

  • 防災士

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Changes in physical properties of the Nankai trough megasplay fault induced by earthquakes, detected by continuous pressure monitoring,Journal of Geophysical Research,123巻 2号 ,2018年02月,Chihiro Kinoshita, Demian Saffer, Achim Kopf, Alex­an­der Roesner, Laura M. Wallace, Eiichiro Araki, Toshinori Kimura, Yuya Machida, Reiji Kobayashi, Earl Davis, Sean Toczko, Stephanie Carr

    DOI:10.1002/2017JB014924,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Recurring and triggered slow-slip events near the trench at the Nankai Trough subduction megathrust,Science,356巻 6343号 (頁 1157 ~ 1160) ,2017年06月,Eiichiro Araki, Demian M. Saffer, Achim J. Kopf, Laura M. Wallace, Toshinori Kimura, Yuya Machida, Satoshi Ide, Earl Davis, IODP Expedition 365 shipboard scientists

    DOI:10.1126/science.aan3120,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Source process of the 1923 Kanto earthquake considering subduction interface geometry and amplification effects caused by the large‐scale and 3D complex sedimentary basin,Bulletin of the Seismological Society of America,106巻 6号 (頁 2817 ~ 2830) ,2016年11月, Sunhe Yun, Kazuki Koketsu, Reiji Kobayashi

    DOI:10.1785/0120150371,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Near‐field observations of an offshore Mw 6.0 earthquake from an integrated seafloor and subseafloor monitoring network at the Nankai Trough, southwest Japan ,Journal of Geophysical Research,121巻 11号 ,2016年10月,Laura M. Wallace, Eiichiro Araki, Demian Saffer, Xiaoming Wang, Alex­an­der Roes­ner, Achim Kopf, Ayako Nakanishi, William Power, Reiji Kobayashi, Chihiro Kinoshita, Sean Toczko, Toshinori Kimura, Yuya Machida, Stephanie Carr

    DOI:10.1002/2016JB013417,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 日本語,表面波位相速度から推定される沖縄トラフにおける1次元S波速度構造,鹿児島大学理学部紀要,48巻 (頁 7 ~ 14) ,2015年12月,小林励司,衛藤綾乃,田崎菜央子,福田圭佑

    研究論文(大学,研究機関紀要),査読無し,共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,鹿児島での地震災害軽減につなげる 2016 年熊本地震関連の調査研究,鹿児島大学地域防災教育研究センター平成28年度報告書,2017年03月,小林励司, 地頭薗隆, 平瑞樹

    調査報告書,共著

  • 日本語,1914 年桜島噴火にともなう地震の鹿児島市街地における震度分布の推定 と強震動予測のための予備調査,平成27年度「南九州から南西諸島における総合的防災研究の推進と地域防災体制の構築」報告書,2016年03月,小林励司, 木元桃子, 古屋幸菜

    調査報告書,共著

  • 日本語,鹿児島県における地震・津波リスクの総リストアップ,「南九州から南西諸島における総合的防災研究の推進と地域防災体制の構築」報告書,2013年03月,小林励司・宮崎祥典

    調査報告書,共著

  • 英語,Understanding great earthquakes in Japan's Kanto region,EOS, Transactions, American Geophysical Union,2008年10月,Reiji Kobayashi, Daniel Curewitz

    調査報告書,共著

  • 日本語,「南極プレートの構造と進化に関する国際ワークショップ(SEAP2003)」報告,南極資料,2004年03月,金尾政紀,渋谷和雄,小林励司

    調査報告書,共著