基本情報

写真a

古川 龍彦

FURUKAWA Tatsuhiko


研究分野・キーワード

チミジンホスホリラーゼ、ABCトランスポータ、チロシンホスファターゼ、抗癌剤、血管新生

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

099-275-5490

プロフィール

がんの治療標的分子の同定と創薬 ○薬剤トランスポータの構造と機能○膜型チロシンフォスファターゼの情報伝達での役割 ○チミジンホスホリラーゼの機能の研究 

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学  医学研究科

    博士課程,1989年07月,中退,日本国

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 医歯学域医学系 医学部, ,1989年07月 ~ 継続中

  • 鹿児島大学 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 腫瘍学講座,准教授,2003年04月 ~ 2010年12月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本癌学会,1987年05月 ~ 継続中,日本国

  • 日本生化学会,1988年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本分子生物学会,1995年12月 ~ 継続中,日本国

  • がん分子標的治療学会,2001年12月 ~ 継続中,日本国

  • 日本薬理学会,2011年10月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 生化学

  • 分子生物学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Thymidine Catabolism as a Metabolic Strategy for Cancer Survival,Cell Reports,19巻 7号 (頁 1313 ~ 1321) ,2017年05月,abata S, Yamamoto M, Goto H, Hirayama A, Ohishi M, Kuramoto T, Mitsuhashi A, Ikeda R, Haraguchi M, Kawahara K, Shinsato Y, Minami K, Saijo A, Hanibuchi M, Nishioka Y, Sone S, Esumi H, Tomita M, Soga T, Furukawa T, Akiyama SI.

    DOI:10.1016/j.celrep.2017.04.061.,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,ATP7B expression confers multidrug resistance through drug sequestration,Oncotarget,7巻 16号 (頁 22779 ~ 22790) ,2016年04月,F M Moinuddin, Yoshinari Shinsato, Masaharu Komatsu, Ryoichi Mitsuo2, Kentaro Minami, Masatatsu Yamamoto, Kohich Kawahara, Hirofumi Hirano, Kazunori Arita, Tatsuhiko Furukawa

    DOI:10.18632/oncotarget.8059,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Eel green fluorescent protein is associated with resistance to oxidative stress. ,Comp Biochem Physiol C Toxicol Pharmacol.,181-182巻 (頁 35 ~ 39) ,2016年03月,Funahashi A, Komatsu M, Furukawa T, Yoshizono Y, Yoshizono H, Orikawa Y, Takumi S, Shiozaki K, Hayashi S, Kaminishi Y, Itakura T.

    DOI:10.1016/j.cbpc.2015.12.009.,研究論文(学術雑誌),未設定,共著

  • 英語,Okadaic acid is taken-up into the cells mediated by human hepatocytes transporter OATP1B3.,Food Chem Toxicol. ,83巻 (頁 229 ~ 236) ,2015年09月,Ikema S, Takumi S, Maeda Y, Kurimoto T, Bohda S, Chigwechokha PK, Sugiyama Y, Shiozaki K, Furukawa T, Komatsu M.

    DOI:10.1016/j.fct.2015.06.006. ,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Naringin attenuates the cytotoxicity of hepatotoxin microcystin-LR by the curious mechanisms to OATP1B1- and OATP1B3-expressing cells. , Environ Toxicol Pharmacol.,39巻 2号 (頁 974 ~ 981) ,2015年03月,Takumi S, Ikema S, Hanyu T, Shima Y, Kurimoto T, Shiozaki K, Sugiyama Y, Park HD, Ando S, Furukawa T, Komatsu M.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 日本語,チミジン異化代謝ーがんの生存戦略としてのチミジン異化,羊土社,実験医学,36巻 10号 (頁 1619 ~ 1624) ,2017年06月,田畑祥、古川龍彦、秋山伸一

    総説・解説(商業誌),共著

  • 日本語,核小体ストレス応答と腫瘍化進展制御―新たな抗がん治療薬開発を目指して,医歯薬出版株式会社 ,医学のあゆみ,254巻 (頁 375 ~ 381) ,2015年08月,河原康一、古川龍彦

    総説・解説(商業誌),共著

  • 英語,Copper Transport Systems are involved in Multidrug Resistance and Drug Transport ,Current Medicinal Chemistry ,15巻 30号 (頁 3268 ~ 3278) ,2008年01月,Furukawa, T, Komatsu M., Ikeda R, Tsujikawa K, S Akiyama,

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,ABCトランスポーターMRP1/ABCC1による物質輸送機構,日本生化学会,生化学,78巻 2号 (頁 110 ~ 121) ,2006年02月,古川龍彦、秋山伸一

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 英語,The role of thymidine phosphorylase, an angiogenic enzyme, in tumor progression.,Cancer Science,95巻 11号 (頁 851 ~ 857) ,2004年11月,Shin-ichi Akiyama, Tatsuhiko Furukawa, Tomoyuki Sumizawa, Yuji Takebayashi, Yuichi Nakajima, Shunji Shimaoka, Misako Haraguchi.

    総説・解説(学術雑誌),共著

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • Journal Pharmacological Sciences 2015 Excellent Reviewer Award,2016年03月09日,日本国,国内外の国際的学術賞,日本薬理学会,Tatsuhiko Furukawa

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第38回日本分子生物学会第88回日本生化学会合同年会,国内会議,2015年12月,神戸市,ATP7Bの発現はドキシルビシンの核から後期エンドゾームへの再局在と抗がん剤耐性に関与する,口頭(一般)

  • 第72回日本癌学会学術総会,国内会議,2013年10月,神奈川,Gemcitabine耐性膵癌細胞MGEM6でのRRM1のノックダウンはgemcitabineの細胞内蓄積量を増加させる,その他

  • 第86回 日本薬理学会年会,国内会議,2013年03月,福岡,高浸透圧によって誘導されるMajor vault protein(MVP)の発現亢進機序,その他

  • 第86回 日本薬理学会年会,国内会議,2013年03月,福岡,高浸透圧で誘導されるヴォールトの発現亢進機序と高浸透圧耐性化機構,その他

  • 19th International Charles Heidelberger Symposium on Cancer Research.,国際会議,2013年02月,Kagoshima ,Expression of CNT1 and RRM1 are involved in gemcitabine resistant of pancreatic cancer cells.,その他

全件表示 >>

学外会議企画運営 【 表示 / 非表示

  • 第75回日本癌学会学術総会,座長,2016年10月

  • 第4回がんと代謝研究会,実行委員長,2016年07月

 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本生化学会,生化学誌編集委員,2011年04月 ~ 継続中

  • がん分子標的治療学会,評議委員,2010年06月 ~ 継続中