基本情報

写真a

古川 龍彦

FURUKAWA Tatsuhiko


職名

教授

研究分野・キーワード

チミジンホスホリラーゼ、ABCトランスポータ、チロシンホスファターゼ、抗癌剤、血管新生

プロフィール

○薬剤トランスポータの構造と機能○膜型チロシンフォスファターゼの情報伝達での役割 ○チミジンホスホリラーゼの機能の研究 

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学  医学研究科

    博士課程,1989年07月,中退,日本国

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 医歯学域医学系 医学部, ,1989年07月 ~ 継続中

  • 鹿児島大学 医歯学域医学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 腫瘍学講座,教授,2003年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本癌学会,1987年05月 ~ 継続中,日本国

  • 日本生化学会,1988年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本分子生物学会,1995年12月 ~ 継続中,日本国

  • がん分子標的治療学会,2001年12月 ~ 継続中,日本国

  • 日本薬理学会,2011年10月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 生化学

  • 分子生物学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,ATP7B expression confers multidrug resistance through drug sequestration,Oncotarget,7巻 16号 (頁 22779 ~ 22790) ,2016年04月,F M Moinuddin, Yoshinari Shinsato, Masaharu Komatsu, Ryoichi Mitsuo2, Kentaro Minami, Masatatsu Yamamoto, Kohich Kawahara, Hirofumi Hirano, Kazunori Arita, Tatsuhiko Furukawa

    DOI:10.18632/oncotarget.8059,研究論文(学術雑誌),査読有り,単著

  • 英語,Eel green fluorescent protein is associated with resistance to oxidative stress. ,Comp Biochem Physiol C Toxicol Pharmacol.,181-182巻 (頁 35 ~ 39) ,2016年03月,Funahashi A, Komatsu M, Furukawa T, Yoshizono Y, Yoshizono H, Orikawa Y, Takumi S, Shiozaki K, Hayashi S, Kaminishi Y, Itakura T.

    DOI:10.1016/j.cbpc.2015.12.009.,研究論文(学術雑誌),未設定,共著

  • 英語,Okadaic acid is taken-up into the cells mediated by human hepatocytes transporter OATP1B3.,Food Chem Toxicol. ,83巻 (頁 229 ~ 236) ,2015年09月,Ikema S, Takumi S, Maeda Y, Kurimoto T, Bohda S, Chigwechokha PK, Sugiyama Y, Shiozaki K, Furukawa T, Komatsu M.

    DOI:10.1016/j.fct.2015.06.006. ,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Naringin attenuates the cytotoxicity of hepatotoxin microcystin-LR by the curious mechanisms to OATP1B1- and OATP1B3-expressing cells. , Environ Toxicol Pharmacol.,39巻 2号 (頁 974 ~ 981) ,2015年03月,Takumi S, Ikema S, Hanyu T, Shima Y, Kurimoto T, Shiozaki K, Sugiyama Y, Park HD, Ando S, Furukawa T, Komatsu M.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 日本語, Ribonucleotide reductase is an effective target to overcome gemcitabine resistance in gemcitabine-resistant pancreatic cancer cells with dual resistant factors., J Pharmacol Sci.,127巻 3号 (頁 319 ~ 325) ,2015年03月,Minami K, Shinsato Y, Yamamoto M, Takahashi H, Zhang S, Nishizawa Y, Tabata S, Ikeda R, Kawahara K, Tsujikawa K, Chijiiwa K, Yamada K, Akiyama S, Perez-Torras S, Pastor-Anglada M, Furukawa T, Yasuo T.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 日本語,核小体ストレス応答と腫瘍化進展制御―新たな抗がん治療薬開発を目指して,医歯薬出版株式会社 ,医学のあゆみ,254巻 (頁 375 ~ 381) ,2015年08月,河原康一、古川龍彦

    総説・解説(商業誌),共著

  • 英語,Copper Transport Systems are involved in Multidrug Resistance and Drug Transport ,Current Medicinal Chemistry ,15巻 30号 (頁 3268 ~ 3278) ,2008年01月,Furukawa, T, Komatsu M., Ikeda R, Tsujikawa K, S Akiyama,

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,ABCトランスポーターMRP1/ABCC1による物質輸送機構,日本生化学会,生化学,78巻 2号 (頁 110 ~ 121) ,2006年02月,古川龍彦、秋山伸一

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 英語,The role of thymidine phosphorylase, an angiogenic enzyme, in tumor progression.,Cancer Science,95巻 11号 (頁 851 ~ 857) ,2004年11月,Shin-ichi Akiyama, Tatsuhiko Furukawa, Tomoyuki Sumizawa, Yuji Takebayashi, Yuichi Nakajima, Shunji Shimaoka, Misako Haraguchi.

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 英語,Cisplatin reistance conferred by human coper transporter ATP7B,,Current Topics in Biotechnology,1巻 1号 (頁 109 ~ 115) ,2004年01月,Masaharu Komatsu, Tatsuhiko Furukawa, Masayuki Nakagawa, Kohji Aoyama, Toru Takeuchi, Shin-ichi Akiyama.

    総説・解説(学術雑誌),共著

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • Journal Pharmacological Sciences 2015 Excellent Reviewer Award,2016年03月09日,日本国,国内外の国際的学術賞,日本薬理学会,Tatsuhiko Furukawa

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第38回日本分子生物学会第88回日本生化学会合同年会,国内会議,2015年12月,神戸市,ATP7Bの発現はドキシルビシンの核から後期エンドゾームへの再局在と抗がん剤耐性に関与する,口頭(一般)

  • 第72回日本癌学会学術総会,国内会議,2013年10月,神奈川,Gemcitabine耐性膵癌細胞MGEM6でのRRM1のノックダウンはgemcitabineの細胞内蓄積量を増加させる,その他

  • 第86回 日本薬理学会年会,国内会議,2013年03月,福岡,高浸透圧によって誘導されるMajor vault protein(MVP)の発現亢進機序,その他

  • 第86回 日本薬理学会年会,国内会議,2013年03月,福岡,高浸透圧で誘導されるヴォールトの発現亢進機序と高浸透圧耐性化機構,その他

  • 19th International Charles Heidelberger Symposium on Cancer Research.,国際会議,2013年02月,Kagoshima ,Expression of CNT1 and RRM1 are involved in gemcitabine resistant of pancreatic cancer cells.,その他

全件表示 >>

学外会議企画運営 【 表示 / 非表示

  • 第75回日本癌学会学術総会,座長,2016年10月

  • 第4回がんと代謝研究会,実行委員長,2016年07月

 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本生化学会,生化学誌編集委員,2011年04月 ~ 継続中

  • がん分子標的治療学会,評議委員,2010年06月 ~ 継続中