基本情報

写真a

佐藤 友昭

SATO Tomoaki


職名

教授

研究分野・キーワード

記憶、学習、ステロイドホルモン、ペプチドホルモン、グルタミン酸

プロフィール

○老化メカニズムの細胞生物学的研究 ○行動の内分泌学的研究

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 歯学部 歯学科 歯科応用薬理学, ,1996年04月 ~ 継続中

  • 鹿児島大学 医歯学域歯学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 生体機能制御学講座,教授,2003年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本歯科薬物療法学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本硬組織研究技術学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 歯科基礎医学会(代議員),2015年10月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 神経薬理学

  • 歯科薬理学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Clinically relevant radioresistant cell line: a simple model to understand cancer radioresistance,Med. Mol. Morphol.,2017年,Kuwahara Y, Roudkenar JR Urushihara Y, Saito Y, Tomita K, Roushandeh MA, Sato T, Kurimasa A, Fukumoto M.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,単著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第86回日本薬理学会年会,国内会議,2015年03月,名古屋,Analysis of diazepam-induced inhibition of osteoclastogenesis in vitro,その他

  • 第86回 日本薬理学会年会,国内会議,2015年03月,名古屋,The alternations of behavior and GABAergic signal in ovariectomized mice by repeated forced administration stress,その他

  • 第37回日本神経学大会,国内会議,2014年09月,横浜,Relation with decrease of thymidine incorporation and cell death by oxidative stress in cultured astrocytes,その他

  • 86th Annual Meeting of The Japanese Pharmacological Society,国際会議,2013年03月,Fukuoka,The alternation of emotional behavior induced by combination of repeated stress and ovariectomy mediated by GABAergic neuronal dysfunction in mice,その他

  • The 86th Annual Meeting of The Japanese Pharmacological Society,国際会議,2013年03月,Fukuoka,The alternation of emotional behavior induced by combination of repeated stress and ovariectomy mediated by GABAergic neuronal dysfunction in mice.,その他