基本情報

写真a

内海 俊樹

UCHIUMI Toshiki


職名

教授

研究分野・キーワード

根粒菌、マメ科植物、共生窒素固定、ゲノム解析、遺伝子発現

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.sci.kagoshima-u.ac.jp/~uttan/top.html

プロフィール

○植物と微生物との相互作用における植物ヘモグロビンと一酸化窒素の機能○細胞内共生の成立と維持に関与する分子機構の解明○共生窒素固定系における植物の自然免疫と病原応答の調節機構

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 理工学域理学系 理工学研究科(理学系) 生命化学専攻 生命機能,教授,1986年11月 ~ 継続中

  • 鹿児島大学, ,1986年11月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • International Society for Molecular Plant-Microbe Interaction,2015年10月 ~ 継続中,アメリカ合衆国

  • 九州沖縄植物学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 植物微生物研究会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本植物生理学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本植物学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 分子生物学

  • 植物生理学

  • 微生物遺伝学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Characterization of O-antigen polysaccharide backbone derived from nitric oxide-inducing Mesorhizobium loti MAFF303099 lipopolysaccharide,Carbohydrate Research,445巻 (頁 44 ~ 55) ,2017年04月,Hashimoto M, Mizukami M, Osuki K, Fujiwara N, Suda Y, Uchiumi T.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著,生体関連化学

  • 英語,Functional analyses of chitinases in the moss Physcomitrella patens: chitin oligosaccharide-induced gene expression and enzymatic characterization,Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry,80巻 12号 (頁 2347 ~ 2356) ,2016年12月,Kobaru S, Tanaka R, Taira T, Uchiumi T.

    DOI:10.1080/09168451.2016.1224640,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著,植物分子・生理科学

  • 英語,Hemoglobin LjGlb1-1 is involved in nodulation and regulates nitric oxide level in the Lotus-Mesorhizobium symbiosis,Journal of Experimental Botany,67巻 17号 (頁 5275 ~ 5283) ,2016年09月,Fukudome M, Calvo-Begueria L, Kado T, Osuki K, Carmen Rubio M, Murakami E, Nagata M, Kucho K, Sandal N, Stougaard J, Becana M, Uchiumi T.

    DOI:doi:10.1093/jxb/erw290,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著,植物分子・生理科学,作物生産科学

  • 英語,Gene expression and localization of a β-1,3-glucanase of Lotus japonicus,Journal of Plant Research,129巻 4号 (頁 749 ~ 758) ,2016年07月,Osuki K, Hashimoto S, Suzuki A, Araragi M, Takahara A, Kurosawa M, Kucho K, Higashi S, Abe M, Uchiumi T.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著,植物分子・生理科学

  • 英語,Genome analysis of a novel Bradyrhizobium sp. DOA9 carrying a symbiotic plasmid,PLOS ONE,10巻 2号 (頁 e0117392 ~ ) ,2015年02月,Okazaki S, Noisangiam R, Okubo T, Kaneko T, Oshima K, Hattori M, Teamtisong K, Songwattana P, Tittabutr P, Boonkerd N, Saeki K, Sato S, Uchiumi T, Minamisawa K, Teaumroong N.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 日本語,植物と動物に共通の共生細菌制御機構,生物の科学 遺伝・(株)エヌ・ティー・エス,67巻 4号 (頁 460 ~ 465) ,2013年07月,内奈保子,内海俊樹,重信秀治

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,マメ科植物と根粒菌の共生は和気藹々とした関係か?根粒菌を共生状態へと分化させるマメ科植物の抗菌性ペプチド,化学と生物・日本農芸化学会,49巻 2号 (頁 79 ~ 81) ,2011年02月,内海俊樹

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 日本語,アグロバクテリウムが根粒を作る-病原菌と共生菌を渡り歩く根粒菌の共生プラスミド-,細胞工学別冊 植物細胞工学シリーズ19「分子レベルから見た植物の耐病性」秀潤社,※巻 ※号 (頁 82 ~ 85) ,2004年01月,内海俊樹,鈴木章弘,東 四郎,阿部美紀子

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,共生窒素固定の最新情報(9) -再び植物と根粒菌の相互関係-,農業技術,58巻 3号 (頁 133 ~ 138) ,2003年03月,内海俊樹, 阿部美紀子

    総説・解説(学術雑誌),共著

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 特別研究員奨励費,2006年04月 ~ 2009年03月,根粒菌の共生窒素固定活性の発現調節に関与する宿主植物因子,内海俊樹

    根粒菌の共生窒素固定活性の発現調節に関与する宿主植物因子

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 20th International Congress on Nitrogen Fixation,国際会議,2017年09月,Granada, Spain,Expression of phytoglobin genes of Glycine max as abiotic stress response,ポスター(一般),植物分子・生理科学,植物栄養学・土壌学

  • 20th International Congress on Nitrogen Fixation,国際会議,2017年09月,Granada, Spain,The role of Bradyrhizobium sp. DOA9 symbiotic plasmid and the nifV gene on the endophytic interaction with rice,ポスター(一般),植物栄養学・土壌学,作物生産科学

  • 20th International Congress on Nitrogen Fixation,国際会議,2017年09月,Granada, Spain,Nitric oxide scavenging activity of LjGlb1-1 is involved in nodulation and nodule senescence in the Lotus japonicus–Mesorhizobium loti symbiosis,ポスター(一般),植物分子・生理科学,植物栄養学・土壌学,作物生産科学

  • 20th International Congress on Nitrogen Fixation,国際会議,2017年09月,Granada, Spain,Mechanism of rice endophytic bradyrhizobial differentiation and its role on nitrogen fixation,ポスター(一般),植物栄養学・土壌学,作物生産科学

  • 4th Asian Conference on Plant-Microbe Symbiosis & Nitrogen Fixation,国際会議,2016年10月,Penang, Malaysia,The role of Bradyrhizobium sp. DOA9 nifV on nitrogen fixation under free-living and symbiotic stage,ポスター(一般),分子生物学,応用微生物学

全件表示 >>