基本情報

写真a

岡本 繁久

OKAMOTO Shigehisa


職名

准教授

研究分野・キーワード

植物ホルモン、サツマイモ、ストレス、共生窒素固定、自家不和合性

ホームページ

http://www.agri.kagoshima-u.ac.jp/bio/pltmole/home.html

プロフィール

○植物ホルモンの作用機作に関する研究 ○植物のストレス耐性に関する研究 ○植物由来の抗変異原性物質に関する研究 ○自家不和合性の分子機構に関する研究 ○植物と土壌細菌の相互作用に関する研究

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 農水産獣医学域農学系 農学部 食料生命科学科 作物生産学,准教授,1993年01月 ~ 継続中

  • 鹿児島大学 農水産獣医学域農学系 連合農学研究科 先端応用生命科学連合講座, ,1993年01月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本園芸学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本農芸化学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本植物学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本植物生理学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本分子生物学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 分子生物学

  • 植物生理学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Heat shock protein 90 acts in brassinosteroid signaling through interaction with BES1/BZR1 transcription factor,Journal of Plant Physiology,178巻 15号 (頁 69 ~ 73) ,2015年04月,Tomoaki Shigeta, Yuichi Zaizen, Yasushi Sugimoto, Yasushi Nakamura, Tomoaki Matsuo, Shigehisa Okamoto

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Molecular evidence of the involvement of heat shock protein 90 in brassinosteroid signaling in Arabidopsis T87 cultured cells,Plant Cell Reports,33巻 (頁 499 ~ 510) ,2014年01月,Tomoaki Shigeta, Yuichi Zaizen, Tadao Asami, Shigeo Yoshida, Yasushi Nakamura, Shigehisa Okamoto, Tomoaki Matsuo, Yasushi Sugimoto

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 日本語, Differentiation-inducing effect of piperitenone oxide, a fragrant ingredient of spearmint (Mentha spicata), but not carvone and menthol, against human colon cancer cells.,J. Funct. Foods,8巻 C号 (頁 62 ~ 67) ,2014年01月,Nakamura Y, Hasegawa Y, Shirota K, Suetome N, Nakamura T, Chomnawang M, Thirapanmethee K, Khuntayaporn P, Boonyaritthongchai P, Wongs-Aree C, Okamoto S, Shigeta T, Matsuo T, Park EY, and Sato K

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Chemopreventive Effects of 4-Methylthio-3-butenyl Isothiocyanate (Raphasatin) but Not Curcumin against Pancreatic Carcinogenesis in Hamsters,J. Agric. Food Chem.,61巻 9号 (頁 2103 ~ 2108) ,2013年02月,Okamura T, Umemura T, Inoue T, Tasaki M, Ishii Y, Nakamura Y, Park EY, Sato K, Matsuo T, Okamoto S, Nishikawa A, Ogawa K

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Transcription of DWARF4 Plays a Crucial Role in Auxin-Regulated Root Elongation in Addition to Brassinosteroid Homeostasis in Arabidopsis thaliana,PLoS ONE・www.plosone.org,6巻 8号 (頁 e23851 ~ ) ,2011年08月,Yuya Yoshimitsu, Kiwamu Tanaka, Wataru Fukuda, Tadao Asami, Shigeo Yoshida, Ken-ichiro Hayashi, Yuji Kamiya, Yusuke Jikumaru, Tomoaki Shigeta, Yasushi Nakamura, Tomoaki Matsuo, and Shigehisa Okamoto*

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 英語,Antimutagenic and Anticarcinogenic Properties of Kyo-yasai, Heirloom Vegetables in Kyoto,Genes and Environment 30(2), 41-47, 2008-05-20 ,30巻 2号 (頁 41 ~ 47) ,2008年05月,Yasushi Nakamura, Tomoaki Matsuo, Shigehisa Okamoto,Akiyoshi Nishikawa, Toshio Imai, Eun Young Park and Kenji Sato

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,ブラシノステロイド研究の進歩と農業利用への期待,農業および園芸 ,82巻 6号 (頁 641 ~ 650) ,2007年06月,岡本繁久、田仲究、中村考志、松尾友明

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,ブラシノステロイドの内生量を調節するしくみ,化学と生物,45巻 1号 (頁 34 ~ 42) ,2007年01月,岡本繁久、田仲究、松尾友明

    総説・解説(学術雑誌),共著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 21st International Conference on Arabidopsis Research Yokohama Japan,国際会議,2010年06月,横浜 ,Both auxin and brassinosteroids (BRs) conotrol the transcription of DWARF4 gene encording a BR biosynthesis enzyme,その他

  • International Congress of Plant Molecular Biology,国際会議,2006年08月,オーストラリア,Molecular and genetic characterization of a CENTRORALIADIS-Like gene,PnCEL from Japanese morning glory,Pharbitis nil choisy,その他

  • International Postharvest Symposium,国際会議,2004年06月,イタリア,Effects of reducing compounds on agrobacterium-mediated transformation of sweet poteto,その他

  • 5th International Postharvest Symposium,国際会議,2004年06月,イタリア,Evaluation of chilling damage in tropical vegetables with three procedures,その他

  • 5th International Postharvest Symposium,国際会議,2004年06月,イタリア,Chemical and biological characterization of proanthocyanidins with different MW profiles prepared from several fruits and leaves,その他

全件表示 >>