基本情報

写真a

石橋 松二郎

ISHIBASHI Matsujiro


職名

教授

研究分野・キーワード

好塩菌、異種蛋白の発現、好塩性酵素

ホームページ

http://ace1.agri.kagoshima-u.ac.jp/agri0029/information/2014/03/oubi-home.html

プロフィール

○酵母、大腸菌による異種蛋白質の分泌系の確立 ○プロトプラスト融合による焼酎酵母の改良 ○好塩細菌及び好塩酵素のより幅広い産業的利用に関する研究

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 農水産獣医学域農学系 農学部 食料生命科学科 生命機能化学,教授,1998年08月 ~ 継続中

  • 鹿児島大学 農水産獣医学域農学系 連合農学研究科 先端応用生命科学, ,1998年08月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 農芸化学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 生物工学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 蛋白化学

  • 微生物学

  • 遺伝子工学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Stabilization of luciferase from Renilla reniformis using random mutations,Protein Engineering, Design and Selection,30巻 1号 (頁 7 ~ 13) ,2017年01月, Megumi Shigehisa, Norie Amaba, Shigeki Arai, Chisato Higashi, Ryo Kawanabe, Ayano Matsunaga, Fina Amreta Laksmi, Masao Tokunaga, Matsujiro Ishibashi

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 日本語,Dioscorea japonica Thunb.由来DJ1 タンパク質のクローニングと大腸菌による発現と精製, 応用糖質科学,4巻 3号 (頁 241 ~ 248) ,2014年09月,石橋松二郎,大内山愉佳,井上由紀子,岩下彩香,千貫友莉,遠城道雄,徳永正雄

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Halo-tolerant Lactic Acid Bacteria from Traditional Salted Pickle Yamagawaduke in Kagoshima.,Bull. Soc. Sea Water Sci., Jpn.,68巻 (頁 264 ~ 265) ,2014年08月,Keita OYAMA, Aya HAYASHI, Takekazu KOBAYASHI, Masao TOKUNAGA and Matsujiro ISHIBASHI

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 日本語,Dioscorea japonica Thunb.で高生産されYam Viscous Polysaccharide (YVP) 画分に含まれるDJ1・タンパク質の精製,応用糖質科学,4巻 2号 (頁 167 ~ 172) ,2014年06月,石橋松二郎,大内山諭佳,坂部猛仁,田中玲子,大林朋子,遠城道雄,徳永正雄

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 日本語,Improved expression in Escherichia coli and stability of halophilic ・B-lactamase-firefly luciferase fusion protein,Bull. Soc. Sea Water Sci.,68巻 (頁 341 ~ 343) ,2014年,Ishibashi M., Arake M., Tokunaga H., Arakawa T., Tokunaga M.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 英語,Is arginine a protein-denaturant?,Protein Expr. Purif.,42巻 (頁 1 ~ 6) ,2005年07月,Ishibashi, M., Tsumoto, K., Tokunaga, M., Ejima, D., Kita, Y., Arakawa, T.

    総説・解説(学術雑誌),共著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 日本農芸化学会,国内会議,2017年03月,京都,ウミシイタケ由来ルシフェラーゼの安定化,口頭(一般)

  • 日本農芸化学会,国際会議,2014年03月,東京,高度好塩菌由来nucleoside diphosphate kinaseの構造形成と塩の役割について,その他

  • 日本微生物生態学会,国内会議,2013年11月,鹿児島,好塩性微生物と好塩性酵素,その他

  • 日本農芸化学会,国内会議,2012年03月,京都,中度好塩菌Halomonas sp. 593由来好塩性アルカリフォスファターゼのクローニング・発現・精製とNaイオンによる活性化,その他

  • 日本農芸化学会,国内会議,2010年03月,東京,高度好塩菌由来nucleoside diphosphate kinase 変異体G114Rの解析,その他

全件表示 >>