基本情報

写真a

中島 祥子

NAKAJIMA Sachiko


職名

准教授

研究分野・キーワード

日本語教育、社会言語学、談話分析、ストラテジー、異文化理解教育

特記事項

伊藤 祥子(旧姓)

プロフィール

○日本語学習者と日本語母語話者との協働学習に関する研究 ○日本語母語話者のための日本語リテラシー教育に関する研究 ○地域共通語の動態

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 法文教育学域教育学系 教育学部 生涯教育総合課程(国際理解教育) 言語理解論,准教授,1992年02月 ~ 2017年03月

  • 鹿児島大学 グローバルセンター, ,2016年09月 ~ 継続中

  • 鹿児島大学 法文教育学域法文学系 法文学部 人文学科,准教授,2017年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 国語学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本語教育学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 異文化間教育学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 社会言語科学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本音声学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 日本語教育

  • 言語学

  • 異文化理解教育

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 日本語,多文化間プロジェクト型協働学習における留学生の学び―留学生と日本人学生がともに地域を学ぶプロジェクトから―,鹿児島大学教育学部研究紀要 人文・社会科学編 ,65巻 (頁 133 ~ 148) ,2014年03月,中島祥子

    研究論文(学術雑誌),査読無し,単著

  • 日本語,日本語学習者と母語話者の異文化理解の形成―電子メールプロジェクトワークを通して,『異文化間教育』、異文化間教育学会17号号 (頁 87 ~ 95) ,2003年03月,中島祥子、板倉ひろこ

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 日本語,IT時代における日本語教育―香港・鹿児島間の電子メール双方向型プロジェクトワークの試み,『世界の日本語教育<日本語教育事情報告篇>』、国際交流基金日本語国際センター6号 (頁 227 ~ 240) ,2001年03月,板倉ひろこ、中島祥子

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 科学研究費,2014年04月 ~ 2018年03月,大学・大学院でのキャリア形成に資する在学段階別日本語ライティング教育の開発と評価,村岡貴子

    大学・大学院でのキャリア形成に資する在学段階別日本語ライティング教育の開発と評価

  • 科学研究費,2012年04月 ~ 2015年03月,災害対応のための方言活用システムと方言ツールの開発,今村かほる

    災害対応のための方言活用システムと方言ツールの開発

  • 科学研究費,2010年04月 ~ 2013年03月,『多文化間プロジェクト型共同学習における相互行為とその影響・効果に関する研究』2010年度科学研究費補助金基盤研究(c)(1)課題番号22520534,中島祥子

    『多文化間プロジェクト型共同学習における相互行為とその影響・効果に関する研究』2010年度科学研究費補助金基盤研究(c)(1)課題番号22520534

  • 科学研究費,2004年04月 ~ 2007年03月,『心理療法におけるTherapistの変化成長過程に関する研究』2004-2006年科学研究費補助金基盤研究(c)(1)課題番号16530453,文珠紀久野

    『心理療法におけるTherapistの変化成長過程に関する研究』2004-2006年科学研究費補助金基盤研究(c)(1)課題番号16530453

  • 科学研究費,2002年04月 ~ 2004年03月,『心理療法における言語・非言語行動が心理療法過程と効果に及ぼす影響に関する研究』2002-2003年度科学研究費補助金基盤研究(c)(1)課題番号14510159,文珠紀久野

    『心理療法における言語・非言語行動が心理療法過程と効果に及ぼす影響に関する研究』2002-2003年度科学研究費補助金基盤研究(c)(1)課題番号14510159

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 日本語教育学会第1回九州・沖縄地区研究集会,国内会議,2016年04月,佐賀大学,留学生対象の授業に「学士力の育成」をどう盛り込むか ―「知識学習型」と「協働プロジェクト型」の実践を例に―,その他

  • 日本語教育学会,国内会議,2014年10月,富山,EPA による外国人看護師・介護士候補者の直面する方言の問題について,その他

  • 2011世界日本語教育大会,国際会議,2011年08月,中国(天津外国語大学),口頭発表における学習者相互評価と録画映像による振り返りの効果―大学における上級日本語学習者を対象として―,その他

  • 2009年度日本語教育学会研究集会(宮崎)第1回研究発表・講演会,その他,2009年05月,宮崎(宮崎大学教育文化学部),新たな日本語リテラシー教育の実践―「戦略的大学連携支援事業」としての試み―,その他

  • 日本語教育学世界大会2008(第7回日本語教育国際研究大会),国際会議,2008年07月,韓国釜山市(釜山外国語大学校),留学生と日本人学生がともに地域を学ぶプロジェクトワークの実践―参加者の地域理解と文化理解―,その他

学外会議企画運営 【 表示 / 非表示

  • 日本語教育学会支部集会【九州・沖縄支部】,日本語教育学会支部活動委員会,2017年06月