基本情報

写真a

伊藤 稔

ITOH Minoru


職名

教授

研究分野・キーワード

表現論、特に非可換代数における不変式論

ホームページ

http://www.sci.kagoshima-u.ac.jp/~itoh/index.html

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 理工学研究科(理学系) 数理情報科学専攻 現象数理,助教授,2004年06月 ~ 2007年03月

  • 鹿児島大学 理工学域理学系 理工学研究科(理学系) 数理情報科学専攻 現象数理,准教授,2007年04月 ~ 2017年03月

  • 鹿児島大学 理工学域理学系 理工学研究科(理学系) 数理情報科学専攻 現象数理,教授,2017年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本数学会,1997年10月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 表現論・不変式論

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Twisted immanant and matrices with anticommuting entries,Linear and Multilinear Algebra,64巻 8号 (頁 1637 ~ 1653) ,2016年05月,Minoru Itoh

    研究論文(学術雑誌),査読有り,単著

  • 英語,Invariant theory in exterior algebras and Amitsur-Levitzki type theorems,Advances in Mathematics,288巻 (頁 679 ~ 701) ,2016年01月,Minoru Itoh

    研究論文(学術雑誌),査読有り,単著

  • 英語,A q-analogue of derivations on the tensor algebra and the q-Schur-Weyl duality,Letters in Mathematical Physics,105巻 10号 (頁 1467 ~ 1477) ,2015年10月,Minoru Itoh

    研究論文(学術雑誌),査読有り,単著

  • 英語,Extensions of the tensor algebra and their applications,Communications in Algebra,40巻 9号 (頁 3442 ~ 3493) ,2012年09月,Minoru Itoh

    研究論文(学術雑誌),査読有り,単著

  • 英語,On extensions of the tensor algebra,Casimir Force, Casimir Operators and the Riemann Hypothesis.Mathematics for Innovation in Industry and Science (edited by Gerrit van Dijk and Masato Wakayama, ISBN 978-3-11-022612-6, DE GRUYTER). (頁 135 ~ 145) ,2010年10月,Minoru Itoh

    研究論文(国際会議プロシーディングス),査読有り,単著

全件表示 >>