基本情報

写真a

寺田 竜太

TERADA Ryuta


職名

教授

研究分野・キーワード

藻類,海藻,海草,生物多様性,分類,生態,生活史,藻場,環境変動

ホームページ

http://phycollab.org

プロフィール

専門は熱帯亜熱帯域における海産植物の分類学,生理生態学,増養殖技術開発です。大型藻類(海藻)の新種記載から種分化,生活史,生理生態,有用海藻の利用まで,幅広く論文を公表しています。興味の幅は海藻に留まらず,淡水藻,海草,サンゴ,海藻食文化まで広範囲に研究しています。

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学  水産学部  水産増殖学科

    大学,1993年03月,卒業,日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学  水産学研究科  水産増殖学専攻

    博士課程,1999年03月,修了,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(水産学),水圏生産科学,北海道大学,課程,1999年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 農水産獣医学域水産学系 連合農学研究科,教授,2016年04月 ~ 継続中

  • 鹿児島大学 農水産獣医学域水産学系 水産学部 水産学科 水圏科学分野,准教授,2003年07月 ~ 2016年03月

  • 鹿児島大学 水産学部 水産学科,助手,2001年04月 ~ 2003年06月

  • 鹿児島大学 総合研究博物館,兼務教員,2001年04月 ~ 継続中

  • 鹿児島大学 国際島嶼教育研究センター,兼務教員,2001年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本藻類学会,2001年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本水産学会,2001年04月 ~ 継続中,日本国

  • 鹿児島県土地改良事業団体連合会農村環境保全専門委員会,2008年04月 ~ 2016年03月,日本国

  • 環境省絶滅のおそれのある野生生物の選定・評価検討会植物II分科会(レッドリスト植物II分科会),2015年07月 ~ 継続中,日本国

  • Asian Fisheries Society(アジア水産学会),2015年10月 ~ 継続中,日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 水圏植物学

  • 海洋生態学

  • 水産植物学

  • 藻類学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Combined effects of irradiance and temperature on the PSII photochemical efficiency in the heteromorphic life history stages of cultivated Pyropia (Bangiales): P. yezoensis f. narawaensis and P. tenera from Japan,Journal of Applied Phycology,31巻 2号 (頁 1251 ~ 1257) ,2019年04月,Terada, R., Nakahara, K., Borlongan, I. A., Watanabe, Y., Mine, T., Morikawa, T., Igari, T., Nishi, H., Endo, H., Nishihara, G. N.

    DOI:10.1007/s10811-018-1621-0,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Effect of photosynthetically active radiation and temperature on the photosynthesis of two heteromorphic life history stages of a temperate edible brown alga, Cladosiphon umezakii (Chordariaceae, Ectocarpales), from Japan,Journal of Applied Phycology,31巻 2号 (頁 1259 ~ 1270) ,2019年04月,Fukumoto, R., Borlongan, I. A., Nishihara, G. N., Endo, H., Terada, R.

    DOI:10.1007/s10811-018-1655-3,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Photosynthetic performance of Saccharina angustata (Laminariales, Phaeophyceae) at the southern boundary of distribution in Japan,Phycologia,58巻 2号 (頁 10.1080/00318884.2019.1571355 ~ ) ,2019年03月,Borlongan, I. A., Maeno, Y., Kozono, J., Endo, H., Shimada, S., Nishihara, G. N., Terada, R.

    DOI:10.1080/00318884.2019.1571355,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Plagiodinium ballux sp. nov. (Dinophyceae), a deep (36 m) sand dwelling dinoflagellate from subtropical Japan,Phycological Research,67巻 1号 (頁 12 ~ 20) ,2019年01月,Yamada, N., Dawut, M., Terada, R., Horiguchi, T.

    DOI:10.1111/pre.12336,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Assessment of photosynthetic performance in the two life history stages of Alaria crassifolia (Laminariales, Phaeophyceae),Phycological Research,67巻 1号 (頁 28 ~ 38) ,2019年01月,Borlongan, I. A., Nishihara, G. N., Shimada, S., Terada, R.

    DOI:10.1111/pre.12341,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,奄美群島の水生生物 −山から海へ 生き物たちの繋がり−,南方新社,2019年03月,鹿児島大学生物多様性研究会

    単行本(学術書),共編著

  • 英語,Seaweeds and seagrasses of the southern Andaman Sea coast of Thailand,Kagoshima University Museum,2017年03月,Coppejans, E., Prathep, A., Lewmanomont, K., Hayashizaki, K., De Clerck, O., Leliaert, F., Terada, R.

    単行本(学術書),共著

  • 英語,The Osumi Islands: Culture, Society, Industry and Nature,Hokuto Shobo Publishing,2017年03月,Kawai, K., Terada, R. Kuwahara, S.

    単行本(学術書),共著

  • 日本語,みんなが知りたい海藻の疑問50,成山堂書店,2016年06月,日本藻類学会

    単行本(学術書),分担執筆

  • 日本語,鹿児島大学島嶼研ブックレット5,生物多様性と保全,奄美群島を例に(下),北斗書房,2016年03月,鈴木英治,桑原季雄,平端樹,山本智子,坂巻祥考,河合渓

    単行本(学術書),分担執筆

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 日本語,薩南諸島の油類漂着問題に関する鹿児島大学調査ワーキンググループの取り組み,鹿児島大学,鹿児島大学環境報告書2018 (頁 17 ~ 18) ,2018年09月,西隆一郎,寺田竜太

    その他記事,共著

  • 日本語,韓国藻類学会第30回大会に参加して,日本藻類学会,藻類,64巻 3号 (頁 158) ,2016年11月,寺田竜太,川井浩史

    会議報告等,共著

  • 日本語,海藻・海草の多様性と環境,北限の熱帯性海藻・海草類,南海日日新聞社,南海日日新聞,2015年08月,寺田竜太

    その他記事,単著

  • 日本語,漁業者,地域住民と一体で取り組む沿岸環境・藻場の保全活動,鹿児島大学,鹿児島大学環境報告書2013 (頁 33 ~ 34) ,2013年09月,寺田竜太

    その他記事,単著

  • 日本語,書評「沖縄の海藻と海草(自然環境・養殖・海藻250種)」,藻類,61巻 1号 (頁 17) ,2013年03月,寺田竜太

    総説・解説(学術雑誌),単著

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • ひらめきときめきサイエンス推進賞,2017年07月03日,日本国,その他の賞,日本学術振興会,寺田竜太

  • 第14回日本藻類学会論文賞,2011年03月27日,日本国,その他の賞,日本藻類学会,寺田 竜太

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(B),2016年04月 ~ 2019年03月,環境変化に対するストレス応答と生産量予測から探る「海の森」の成立と衰退,将来予測,寺田竜太

  • 基盤研究(A),2014年04月 ~ 2018年03月,亜熱帯島嶼生態系における水陸境界域の生物多様性保全の研究,鈴木英治

  • 基盤研究(C),2013年04月 ~ 2016年03月,温帯,亜熱帯推移帯における温帯性藻場生態系の衰退プロセスの解明と将来予測,寺田竜太

  • 基盤研究(C),2013年04月 ~ 2016年03月,天然藻場における生態系一次生産の評価研究,Gregory N. Nishihara

  • 基盤研究(C),2011年04月 ~ 2014年03月,海産生物における記憶喪失性貝毒の生産・動態に関する研究,小瀧裕一

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 日本農芸化学会2019年度大会,国内会議,2019年03月,東京,カイニン酸新規類縁体の探索及び生合成経路の推定,口頭(一般)

  • 9th Natinal Conference on Algae and Plankton in Thailand,国際会議,2019年03月,Bangkok, Thailand,The photosynthetic responses to environmental gradient in the heteromorphic life history stages of some macroalgae,シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • 9th Natinal Conference on Algae and Plankton in Thailand,国際会議,2019年03月,Bangkok, Thailand,Effect of salinity and desiccation on photosynthetic performance of red alga, Bostrychia tenella (Rhodomelaceae) from Kagoshima, Japan,ポスター(一般)

  • 第66回日本生態学会大会,国内会議,2019年03月,神戸,環境省生物多環境省モニタリングサイト1000沿岸域調査(磯・干潟・アマモ場・藻場)10年のまとめ,ポスター(一般)

  • 日本藻類学会第43回大会,国内会議,2019年03月,京都,環境省モニタリングサイト 1000 沿岸域調査における藻場のモニタリング 2018年の成果,ポスター(一般)

全件表示 >>

 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 環境省絶滅のおそれのある野生生物の選定・評価検討会植物II分科会(レッドリスト植物II分科会),委員,2015年07月 ~ 継続中

  • 鹿児島県「希少野生動植物保護対策検討委員会」,委員,2012年09月 ~ 2016年03月

  • 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構「イノベーション創出基礎的研究推進事業」,書類審査専門員,2011年03月 ~ 継続中

  • 鹿児島県海域モニタリング技術委員会,委員,2008年06月 ~ 継続中

  • 鹿児島県土地改良事業団体連合会農村環境保全専門委員会,委員,2008年04月 ~ 継続中

全件表示 >>