基本情報

写真a

寺田 竜太

TERADA Ryuta


職名

教授

研究分野・キーワード

藻類,海藻,海草,生物多様性,分類,生態,生活史,藻場,環境変動

ホームページ

http://phycollab.org

プロフィール

専門は熱帯亜熱帯域における海産植物の分類学,生理生態学,増養殖技術開発です。大型藻類(海藻)の新種記載から種分化,生活史,生理生態,有用海藻の利用まで,幅広く論文を公表しています。興味の幅は海藻に留まらず,淡水藻,海草,サンゴ,海藻食文化まで広範囲に研究しています。

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学  水産学部  水産増殖学科

    大学,1993年03月,卒業,日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学  水産学研究科  水産増殖学専攻

    博士課程,1999年03月,修了,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(水産学),水圏生産科学,北海道大学,課程,1999年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 農水産獣医学域水産学系 連合農学研究科,教授,2016年04月 ~ 継続中

  • 鹿児島大学 農水産獣医学域水産学系 水産学部 水産学科 水圏科学分野,准教授,2003年07月 ~ 2016年03月

  • 鹿児島大学 水産学部 水産学科,助手,2001年04月 ~ 2003年06月

  • 鹿児島大学 総合研究博物館,兼務教員,2001年04月 ~ 継続中

  • 鹿児島大学 国際島嶼教育研究センター,兼務教員,2001年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本藻類学会,2001年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本水産学会,2001年04月 ~ 継続中,日本国

  • 鹿児島県土地改良事業団体連合会農村環境保全専門委員会,2008年04月 ~ 2016年03月,日本国

  • 環境省絶滅のおそれのある野生生物の選定・評価検討会植物II分科会(レッドリスト植物II分科会),2015年07月 ~ 継続中,日本国

  • Asian Fisheries Society(アジア水産学会),2015年10月 ~ 継続中,日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 海洋生態学

  • 水圏植物学

  • 水産植物学

  • 藻類学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,New records of Chondracanthus saundersii and Schottera koreana (Gigartinales, Rhodophyta) from Japan based on molecular and morphological analyses,Phycological Research,2020年11月,Masahiro Suzuki, Ryuta Terada, Kensuke Shibata, Hiroshi Kawai

    DOI: 10.1111/pre.12447,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Concise review of the genus Meristotheca (Rhodophyta: Solieriaceae),Journal of Applied Phycology,2020年10月,Iris Ann Borlongan, Ryuta Terada, Anicia Hurtado

    DOI:10.1111/pre.12447,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,The effects of temperature and irradiance on the photosynthesis of two heteromorphic life history stages of Saccharina japonica (Laminariales) from Japan,Journal of Applied Phycology,2020年10月,Iris Ann Borlongan, Ryo Arita, Gregory N. Nishihara, Ryuta Terada

    DOI:10.1007/s10811-020-02266-2,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Effect of water velocity on the physiology of a collapsing Sargassum siliquastrum canopy under a controlled environment,Phycological Research,68巻 ,2020年08月,Yukio Inoue, Ryuta Terada, Dominic F. C. Belleza, Gregory N. Nishihara,

    DOI:10.1111/pre.12437,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,The phenology of gross ecosystem production in a macroalga and seagrass canopy is driven by seasonal temperature,Phycological Research,2020年07月,Kenjiro Hinode, Peeraporn Punchai, Mako Saitsu, Gregory N. Nishihara, Yukio Inoue, Ryuta Terada

    DOI:10.1111/pre.12433,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 英語,The Tokara Islands. Culture, Society, Industry and Nature,Hokuto Shobo Publishing,2020年03月,Yasushi Ohtsuka, Ryuta Terada, Satoru Nishimura

    単行本(学術書),編著

  • 日本語,アマノリ生物学の最前線,GlobeEdit,2019年06月,三上浩司(編)寺田竜太,渡邉裕基

    単行本(学術書),光合成活性が示す世代間における環境耐性能の違い,分担執筆

  • 日本語,奄美群島の水生生物 −山から海へ 生き物たちの繋がり−,南方新社,2019年03月,鹿児島大学生物多様性研究会

    単行本(学術書),共編著

  • 英語,Seaweeds and seagrasses of the southern Andaman Sea coast of Thailand,Kagoshima University Museum,2017年03月,Coppejans, E., Prathep, A., Lewmanomont, K., Hayashizaki, K., De Clerck, O., Leliaert, F., Terada, R.

    単行本(学術書),共著

  • 英語,The Osumi Islands: Culture, Society, Industry and Nature,Hokuto Shobo Publishing,2017年03月,Kawai, K., Terada, R. Kuwahara, S.

    単行本(学術書),共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 日本語,藻場生態系 モニタリングサイト1000沿岸域調査 2008–2016年度とりまとめ報告書,環境省自然環境局生物多様性センター,モニタリングサイト1000沿岸域調査,磯・干潟・アマモ場,藻場,2008–2016年度とりまとめ報告書 (頁 183 ~ 224) ,2019年04月,寺田竜太,川井浩史,倉島彰,坂西芳彦,島袋寛盛,田中次郎,村瀬昇、吉田吾郎、青木優和、阿部拓三、太齋彰浩、本村泰三

    総説・解説(その他),共著

  • 日本語,薩南諸島の油類漂着問題に関する鹿児島大学調査ワーキンググループの取り組み,鹿児島大学,鹿児島大学環境報告書2018 (頁 17 ~ 18) ,2018年09月,西隆一郎,寺田竜太

    その他記事,共著

  • 日本語,韓国藻類学会第30回大会に参加して,日本藻類学会,藻類,64巻 3号 (頁 158) ,2016年11月,寺田竜太,川井浩史

    会議報告等,共著

  • 日本語,海藻・海草の多様性と環境,北限の熱帯性海藻・海草類,南海日日新聞社,南海日日新聞,2015年08月,寺田竜太

    その他記事,単著

  • 日本語,漁業者,地域住民と一体で取り組む沿岸環境・藻場の保全活動,鹿児島大学,鹿児島大学環境報告書2013 (頁 33 ~ 34) ,2013年09月,寺田竜太

    その他記事,単著

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • ひらめきときめきサイエンス推進賞,2017年07月03日,日本国,その他の賞,日本学術振興会,寺田竜太

  • 第14回日本藻類学会論文賞,2011年03月27日,日本国,その他の賞,日本藻類学会,寺田 竜太

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(B),2016年04月 ~ 2019年03月,環境変化に対するストレス応答と生産量予測から探る「海の森」の成立と衰退,将来予測,寺田竜太

  • 基盤研究(A),2014年04月 ~ 2018年03月,亜熱帯島嶼生態系における水陸境界域の生物多様性保全の研究,鈴木英治

  • 基盤研究(C),2013年04月 ~ 2016年03月,天然藻場における生態系一次生産の評価研究,Gregory N. Nishihara

  • 基盤研究(C),2013年04月 ~ 2016年03月,温帯,亜熱帯推移帯における温帯性藻場生態系の衰退プロセスの解明と将来予測,寺田竜太

  • 基盤研究(C),2011年04月 ~ 2014年03月,海産生物における記憶喪失性貝毒の生産・動態に関する研究,小瀧裕一

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 日本農芸化学会東北支部会,国内会議,2020年11月,仙台,生合成環化酵素を用いたドウモイ酸新規類縁体生産系の構築,口頭(一般)

  • 日本藻類学会第44回大会,国内会議,2020年03月,鹿児島,褐藻ヒジキの主枝の発芽と成長に対する複数環境要因の複合作用,ポスター(一般)

  • 日本藻類学会第44回大会,国内会議,2020年03月,鹿児島,褐藻ヒジキの熱放散能力に対する高温・貧栄養・強光の複合作用,ポスター(一般)

  • 日本藻類学会第44回大会,国内会議,2020年03月,鹿児島,鹿児島県馬毛島沖で採集された日本新産紅藻Chondracanthus saundersiiの報告,ポスター(一般)

  • 日本藻類学会第44回大会,国内会議,2020年03月,鹿児島,分子系統学的解析と形態学的観察に基づく緑藻ボニンアオノリUmbraulva kuaweuweu(アオサ藻綱アオサ目)の分類の再検討,口頭(一般)

全件表示 >>

 

学内委員会等 【 表示 / 非表示

  • 教育研究評議会評議員,2020年04月 ~ 継続中

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 環境省絶滅のおそれのある野生生物の選定・評価検討会植物II分科会(レッドリスト植物II分科会),委員,2015年07月 ~ 継続中

  • 鹿児島県「希少野生動植物保護対策検討委員会」,委員,2012年09月 ~ 2016年03月

  • 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構「イノベーション創出基礎的研究推進事業」,書類審査専門員,2011年03月 ~ 継続中

  • 鹿児島県海域モニタリング技術委員会,委員,2008年06月 ~ 継続中

  • 鹿児島県土地改良事業団体連合会農村環境保全専門委員会,委員,2008年04月 ~ 継続中

全件表示 >>