基本情報

写真a

上西 由翁

KAMINISHI Yoshio


職名

教授

研究分野・キーワード

遺伝子工学、食品微生物利用、鮮度管理

ホームページ

https://kadai-faqc.jimdofree.com/

プロフィール

1.魚類の薬物誘導型シトクロムP450遺伝子2.ウナギ筋肉の緑色蛍光タンパク質3.かつお節カビ付け菌の機能と特性4.水産物の鮮度・衛生管理

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 農水産獣医学域水産学系 水産学部 水産学科 食品生命科学分野,教授,2010年05月 ~ 継続中

  • 鹿児島大学 水産学部 水産学科 食品生命科学分野,准教授,2002年02月 ~ 2010年04月

  • 鹿児島大学 大学院連合農学研究科 応用生命科学 食品機能科学連合講座, ,2002年02月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本農芸化学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本水産学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 水産食品化学

  • 生物工学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,A novel cytochrome P450 1D1 gene in Nile tilapia fish (Oreochromis niloticus): partial cDNA cloning and expression following benzo-a-pyrene exposure,International Aquatic Research,11巻 (頁 277 ~ 285) ,2019年08月,Abeer A. I. Hassanin, Yoshio Kaminishi

    DOI:f,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著,水圏生命科学

  • 英語,Ubiquitous distribution of fluorescent protein in muscles of four species and two subspecies of eel (genus Anguilla),Journal of Genetics,96巻 1号 (頁 127 ~ 133) ,2017年04月,AKI FUNAHASHI, TAKAO ITAKURA, ABEER A. I. HASSANIN, MASAHARU KOMATSU, SEIICHI HAYASHI and YOSHIO KAMINISHI

    DOI:10.1007/s12041-017-0751-5,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Characterization of Tilapia (Oreochromis niloticus) aldehyde reductase (AKR1A1) gene, promoter and expression pattern in benzo-a-pyrene exposed fish,Toxicology Mechanisms and Methods,27巻 (頁 24 ~ 36) ,2017年01月,Abeer Hassanin, Yoshio Kaminishi and Takao Itakura

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Eel green fluorescent protein is associated with resistance to oxidative stress,Comparative Biochemistry and Physiology, Part C,181-182巻 (頁 35 ~ 39) ,2016年04月,A Funahashi, M Komatsu, T Furukawa, Y Yoshizono, H Yoshizon,Y Orikawa, S Takumi, K Shiozaki, S Hayashi, Y Kaminishi, T Itakura

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Effects of chlorpyrifos insecticide on CYP1 family genes expression and acetylcholinesterase enzyme activity in Oryzias javanicus,Fresenius Environ. Bull.,24巻 11号 (頁 3842 ~ 3852) ,2015年11月,Trieu Tuan, Yoshio Kaminishi, Aki Funahashi, Takao Itakura

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,サメの利用とタンパク質特性(食の科学),成山堂書店,2001年05月,上西 由翁

    単行本(学術書),単著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 日本水産学会,国内会議,2014年09月,福岡,培養細胞を用いたウナギGFPの機能解析,その他

  • 日本水産学会,国内会議,2013年09月,三重,ウナギ緑色蛍光タンパク質のウナギ属における分布,その他

  • 日本水産学会,国内会議,2012年09月,山口県下関市 独立行政法人水産大学校,トランスジェニックメダカを使った魚類CYP1Bおよび-1C遺伝子5′ 上流域の機能解析,その他