基本情報

写真a

中馬猛久

CHUMA Takehisa


職名

教授

研究分野・キーワード

食中毒、細菌、薬剤耐性

プロフィール

○鶏のカンピロバクターに関する研究○サルモネラの薬剤耐性に関する研究

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 農水産獣医学域獣医学系 共同獣医学部 獣医学科 病態・予防獣医学講座 公衆衛生学分野,教授,2013年04月 ~ 継続中

  • 鹿児島大学, ,2013年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本カンピロバクター研究会,2015年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本食品微生物学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本細菌学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本獣医公衆衛生学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本獣医学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 獣医公衆衛生学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 日本語,Chronological Change of Resistance to β-Lactams in Salmonella enterica serovar Infantis Isolated from Broilers in Japan. ,Front. Microbiol,4巻 113号 (頁 1 ~ 5) ,2013年05月,Chuma T, Miyasako D, Dahshan H, Takayama T, Nakamoto Y, Shahada F, Akiba M, and Okamoto K.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 日本語,細菌培養検査と抗菌剤感受性試験,J-VET,24巻 1号 (頁 45 ~ 51) ,2011年01月,中馬猛久

    研究論文(その他学術会議資料等),査読無し,単著

  • 英語,Antimicrobial susceptibility of Erysipelothrix rhusiopathiae isolated from pigs in southern Japan with a modified agar dilution method.,J. Vet. Med. Sci.,72巻 (頁 643 ~ 645) ,2010年05月,Chuma T, Kawamoto T, Shahada F, Fujimoto H, and Okamoto K.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

著書 【 表示 / 非表示

  • 英語,Campylobacter jejuni ,最新 細菌・カビ・酵母 図鑑,2007年12月,中馬猛久

    単行本(学術書),単著

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 日本語,カンピロバクター食中毒予防の現状と展望,食品衛生研究,62巻 3号 (頁 7 ~ 15) ,2012年03月,中馬猛久

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 日本語,ペットから人へ、身近で起こる人獣共通感染症 (2)細菌感染症,日本防菌防黴学会誌,36巻 (頁 193 ~ 200) ,2008年03月,中馬猛久

    総説・解説(学術雑誌),単著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • The Internationational Conference of Korean Society of Food Science of Animal Resources and 49th Annual Meeting.,国際会議,2017年05月,Cheonan SangNoc Resort,Prevalence and antimicrobial resistance of Salmonella spp. isolated from broilers in Kagoshima, Japan.,口頭(招待・特別)

  • 平成28年度空気調和・衛生工学会大会,国内会議,2016年09月,鹿児島大学稲盛会館,人・動物・環境の調和と共存: 人獣共通感染症および食品由来感染症制御からのアプローチ,公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 第88回日本細菌学会,国内会議,2015年03月,岐阜,ブロイラー由来サルモネラにおけるセフェム系抗菌剤耐性率の減少,その他

  • 第7回日本カンピロバクター研究会,その他,2014年12月,東京,遺伝子型からみたブロイラー農場におけるカンピロバクターの経時的推移,その他

  • 第87回日本細菌学会,国内会議,2014年03月,東京,ブロイラー由来サルモネラから検出された薬剤耐性遺伝子保有プラスミドの特徴と分布,その他

全件表示 >>

学外会議企画運営 【 表示 / 非表示

  • 第12回日本カンピロバクター研究会,総会長,2019年09月