基本情報

写真a

叶内 宏明

KANOUCHI Hiroaki


職名

准教授

研究分野・キーワード

認知症予防、ガン、ビタミンB6

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.vet.kagoshima-u.ac.jp/kadai/V-Mol/bunshibyoutai01/Welcome.html

プロフィール

認知症の進行機序の解明と予防方法の確立細胞増殖・分化の制御機構の解明ビタミンB6の新たな機能 (ガン進行の抑制)

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学, ,2006年09月 ~ 継続中

  • 鹿児島大学 農水産獣医学域獣医学系 共同獣医学部 獣医学科 先端獣医科学,准教授,2012年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本ビタミン学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本栄養食糧学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本分子生物,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本獣医学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 栄養学

  • 生化学

  • 分子生物学

  • 栄養学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Effects of Fermented Rice Vinegar Kurozu and Its Sediment on Inflammation-Induced Plasminogen Activator Inhibitor 1 (PAI-1) Increase. ,Food and Nutrition Sciences,9巻 (頁 235 ~ 246) ,2018年03月,50. Naoki Ohkura, Fumiko Kihara-Negishi, Akira Fujii, Hiroaki Kanouchi, Katsutaka Oishi, Gen-Ichi Atsumi, Masanobu Nagano.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Effect of dietary fermented mushroom bed on egg production in laying hens.,Biosci Biotechnol Biochem,81巻 11号 (頁 2204 ~ 2208) ,2017年11月,49. Yoshida S, Mitani H, Kamata M, Ohtsuka A, Otomaru K, Obi T, Kanouchi H.

    DOI:10.1080/09168451.2017.1383846,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,The Brewed Rice Vinegar Kurozu Increases HSPA1A Expression and Ameliorates Cognitive Dysfunction in Aged P8 Mice.,PLoS ONE,2016年03月,Hiroaki Kanouchi, Toshiaki Kakimoto, Hideya Nakano, Masahiro Suzuki, Yuji Nakai, Kazuhiro Shiozaki, Kohei Akikoka, Konosuke Otomaru, Masanobu Nagano, Mitsuharu Matsumoto.

    DOI:10.1371/journal.pone.0150796,研究論文(学術雑誌),未設定,共著

  • 英語,Positive Association of Plasma Homocysteine Levels with Cardio-Ankle Vascular Index in a Prospective Study of Japanese Men from the General Population.,J Atheroscler Thromb.,23巻 6号 (頁 681 ~ 691) ,2016年01月,Mantjoro EM, Toyota K, Kanouchi H, Kheradmand M, Niimura H, Kuwabara K, Nakahata N, Ogawa S, Shimatani K, Kairupan TS, Nindita Y, Ibusuki R, Nerome Y, Owaki T, Maenohara S, Takezaki T.

    DOI:10.5551/jat.32243,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 日本語,機能性表示食品にいたるまで.,生物機能研究,19巻 ,2015年08月,叶内宏明

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等),査読無し,単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,獣医生化学実験 改訂第3版,緑書房,2012年04月,叶内宏明、岡達三

    教科書,分担執筆

  • 日本語,ホモシステインと健康・分析方法,一般社団法人生物機能研究所,2012年02月,食と健康を支援する 第2集

    単行本(学術書),単著

  • 英語,Heat Shock Proteins: New Research,Nova Science Publishers,2008年08月,Hiroaki Kanouchi

    単行本(学術書),分担執筆

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 日本語,乳がん細胞株におけるビタミンB6の遺伝子発現調節作用,ビタミン,85巻 8号 (頁 425 ~ 431) ,2012年08月,叶内宏明、岡達三

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,ブラジル産プロポリスエタノール抽出物摂食によるマウス認知機能の改善効果,生物機能研究,15巻 (頁 57 ~ 63) ,2011年11月,宮崎悠太、鈴木雅大、中野秀哉、松元光春、叶内宏明

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 日本語,ビタミンB6による転写調節機構の解明と過塩素酸可溶性タンパク質の発見,生物機能研究会誌,14巻 (頁 32 ~ 37) ,2010年10月,叶内宏明、岡達三

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,ホモシステインによる神経細胞死誘導機序,生物機能研究会誌,10巻 (頁 26 ~ 27) ,2007年11月,岡部正明、満生慎二、叶内宏明、岡達三

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,潜在的肝障害マーカータンパク質の生成機序に関する研究,生物機能研究会誌,10巻 (頁 28 ~ 30) ,2007年11月,吉村貴世、是枝輝紀、岡部正明、叶内宏明、岡達三

    総説・解説(学術雑誌),共著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第11回北里大学農医連携シンポジウム,その他,2015年11月,東京都港区,壺作り米黒酢摂取の健康増進効果,口頭(招待・特別)

  • 第4回あしなが予防医学研究会,その他,2015年11月,東京都港区,黒酢の抗酸化成分の分離,口頭(一般)

  • The 6th International Conference on Food Factors,国際会議,2015年11月,Seoul, Republic of Korea,Kurozu, brewed rice vinegar, feeding ameliorates cognitive dysfunction in aged SAM P8 mice.,口頭(一般)

  • 第62日本栄養改善学会学術総会,国内会議,2015年09月,福岡市,あまみ地域における食事習慣と血漿ホモシステイン濃度の関係,口頭(一般)

  • 第158回日本獣医学会学術集会,国内会議,2015年09月,十和田市,エノキ廃菌床乳酸発酵物による鶏免疫機能及び産卵成績への影響,口頭(一般)

全件表示 >>