基本情報

写真a

木方 十根

KIKATA Junne


職名

教授

研究分野・キーワード

都市計画史、施設立地計画論、建築・都市の保全、都市デザイン・景観計画

ホームページ

http://aae.aae.kagoshima-u.ac.jp/

プロフィール

近代都市計画史の研究、歴史的都市環境の保全に関する研究、都市デザイン・景観計画に関する研究

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学),建築史・意匠,名古屋大学,論文,2004年09月

  • 修士(美術),建築史・意匠,東京芸術大学,課程,1994年03月

  • 学士(工学),建築史・意匠,名古屋大学,課程,1991年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 理工学域工学系 理工学研究科(工学系) 建築学専攻,教授,2012年04月 ~ 継続中

  • 鹿児島大学 理工学域工学系 理工学研究科(工学系),副研究科長,2015年04月 ~ 2016年03月

  • 鹿児島大学 学長・役員等,学長補佐(キャンパス計画担当),2015年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • アメリカ合衆国イコモス国内委員会,インターン研修生,1992年06月 ~ 1992年09月

  • パリ・ラヴィレット国立建築学校,客員講師,2018年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本建築学会,1993年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本都市計画学会,2000年04月 ~ 継続中,日本国

  • 建築史学会,2011年04月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 建築史・意匠

  • 都市計画・建築計画

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 建築士(1級)

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 近代都市施設の立地と計画に関する研究,1995年05月 ~ 継続中

    近代 都市 施設 立地 ,建築史・意匠,都市計画・建築計画,個人研究,基礎科学研究

  • 近代の労働者住宅地に関する国際比較研究,2008年04月 ~ 継続中

    近代 労働者住宅 国際比較,建築史・意匠,国内共同研究,科学研究費補助金

  • 都市・地域の景観計画に関する研究,2010年04月 ~ 継続中

    景観計画,都市計画・建築計画,国内共同研究,科学研究費補助金

論文 【 表示 / 非表示

  • 日本語,自然環境と新田開発の統計的解析からみた薩摩藩域における麓集落の立地構成と景観特性,都市計画論文集,53巻 3号 (頁 1275 ~ 1283) ,2018年10月,新川 恵梨華, 木方十根 他

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著,都市計画・建築計画

  • 英語,Japanese Students’ Studies at the École Centrale des Arts et Manufactures in Paris in the 1870s and Its Impact on Urban Planning,Proceedings of The 18th International Planning History Society Conference (頁 435 ~ 446) ,2018年07月,Junne Kikata, Ken Nakae

    研究論文(国際会議プロシーディングス),査読有り,共著,建築史・意匠

  • 日本語,路上イベントに関わる道路占用制度の緩和過程 -1998年以降の中心市街地活性化を目的とした路上空間活用イベントとの関連に注目して-,日本建築学会計画系論文集,82巻 733号 (頁 745 ~ 755) ,2017年03月,岡松 道雄, 毛利 洋子, 木方 十根

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著,都市計画・建築計画

  • 英語,Assimilation of the industrial village concept by Japanese business circles at the turn of the twentieth century,International Planning History Society Proceedings,17巻 2号 ,2016年07月,Junne Kikata, Ken Nakae, Haruka Yokokawa, Hanna Okada

    DOI:10.7480/iphs.2016.2.1248,研究論文(国際会議プロシーディングス),査読有り,共著,建築史・意匠

  • 英語,Three modern campuses in Nagoya, Japan. - emergence in the 1960s, regeneration in the Twenty-First Century ,Les Campus universitaires - Architecture et urbanisme, histoire st sociologie, etat des lieux et perspectives -, Collection Histoire de l'art, Press Universitaires de Perpignan,7巻 (頁 421 ~ 443) ,2014年12月,Junne KIKATA

    研究論文(学術雑誌),査読有り,単著,建築史・意匠

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,日本都市史・建築史事典,丸善,2018年11月,都市史学会編

    事典・辞書,分担執筆,建築史・意匠

  • 日本語,私鉄郊外の誕生,柏書房,2017年08月,片木篤編

    単行本(一般書),共著,建築史・意匠

  • 日本語,近代日本の空間編成史,思文閣出版,2017年04月,中川 理 他

    単行本(学術書),共著,建築史・意匠,その他

  • 日本語,長崎の教会堂,河出書房新社,2016年02月,木方 十根, 山田 由香里

    単行本(一般書),共著,建築史・意匠

  • 日本語,「大学町」出現 -近代都市計画の錬金術- ,河出書房新社,2010年08月,木方十根

    単行本(学術書),単著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 日本語,鹿児島の都市形成史と「都心」の変遷,一般社団法人 再開発コーディネーター協会,再開発コーディネーター193号 (頁 13 ~ 17) ,2018年05月,木方 十根

    速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要),単著,都市計画・建築計画

  • 日本語,建築家の生涯とキャンパス建築という大仕事 -アントニン・レーモンドにとっての南山大学山里キャンパス-,南山アーカイブズ,アルケイア -記録・情報・歴史-12号 (頁 35 ~ 69) ,2017年11月,木方 十根

    総説・解説(大学・研究所紀要),単著,建築史・意匠

  • 日本語,長崎・天草の教会堂と世界文化遺産,一般社団法人 建築研究振興協会,建築の研究242号 (頁 6 ~ 11) ,2017年10月,木方 十根

    総説・解説(学術雑誌),単著,建築史・意匠

  • 日本語,鹿児島県の近代和風建築−鹿児島県近代和風建築総合調査報告書−,鹿児島県教育委員会文化財課,鹿児島県教育委員会文化財課,2017年03月,土田充義, 揚村固, 鯵坂徹, 木方十根 他

    その他記事,共著,建築史・意匠

  • 日本語,九州・沖縄地区の近現代建築資料保存状況,近現代建築資料の現状と今後の課題 -近現代建築資料全国調査WGを受けて- ・日本建築学会 (頁 46 ~ 47) ,2014年09月,木方十根

    総説・解説(学術雑誌),単著

全件表示 >>

作品 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学インフォメーションセンター,2007年04月

    建築作品

  • 「EGO-HOUSE 心理学博士の家」,2007年03月

    建築作品

  • 「庫裡御堂に住まう」(一宮薬師寺:近郊農村に建つ小寺院の改修),2005年07月

    建築作品

  • 「覗きみるショーケース」,2004年10月

    建築作品

  • 名古屋市営地下鉄名古屋大学駅・駅舎,2003年12月

    建築作品

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2015年04月 ~ 継続中,流域圏からみた鹿児島県下の麓集落の立地構成と景観特性に関する研究,木方 十根

  • 基盤研究(B),2015年04月 ~ 継続中,近代産業都市の居住地形成に関する思潮・理論の日本への伝播についての研究,中江 研

  • 基盤研究(B),2013年04月 ~ 2016年03月,大規模災害等に備えた歴史的建造物保全システムの構築に関する研究,永井 康雄

  • 基盤研究(B),2011年04月 ~ 2015年03月, 4. カンパニータウンの成立過程と空間構成に関する国際比較研究,池上 重康

  • 基盤研究(C),2010年04月 ~ 2015年03月,五島列島のキリスト教系集落群における文化的景観の体系的把握,木方 十根

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 日本建築学会九州支部研究報告,国内会議,2018年03月,鹿児島大学,旧薩摩藩域における麓集落の立地と地域開発に関する統計的解析-流域圏からみた麓集落の立地構成と景観特性に関する研究-,口頭(一般),都市計画・建築計画

  • 日本建築学会九州支部研究報告,国内会議,2018年03月,鹿児島大学,川内川流域圏における麓集落の立地構成と景観特性に関する研究,口頭(一般),都市計画・建築計画

  • 日本建築学会九州支部研究報告,国内会議,2017年03月,長崎,麓集落の立地と地域開発に関する統計的解析,口頭(一般),都市計画・建築計画

  • 日本建築学会九州支部研究報告,国内会議,2017年03月,長崎,九州地域の私立大学の移転・開設にみる大学と自治体との連携 地方における大学キャンパスの移転・開設に関する研究,口頭(一般),都市計画・建築計画

  • 日本建築学会九州支部研究報告,国内会議,2017年03月,長崎,上海市における労働者住宅地の形成及び保全の取り組みについて 上海市における歴史景観保全に関する研究,口頭(一般),都市計画・建築計画

全件表示 >>

 

学内委員会等 【 表示 / 非表示

  • グローバル人材育成支援室副室長,2016年04月 ~ 継続中

  • グローバル人材育成支援室室長,2015年04月 ~ 2016年03月

  • 国際交流委員会委員,2015年04月 ~ 2016年03月

  • 学長補佐(キャンパス計画担当),2015年03月 ~ 継続中

  • キャンパス計画室室長,2015年03月 ~ 継続中

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島市景観審議会,委員,2012年06月 ~ 2018年06月