基本情報

写真a

草野 秀一

KUSANO Shuichi


職名

准教授

研究分野・キーワード

EBウイルス、KSHV、HIV-1、HTLV-1、Phospholipid Scramblase 1、転写制御

プロフィール

EBウイルス・KSHVによる細胞がん化機構の解析、 Phospholipid Scramblase1の機能解析、HTLV-1 Tax・HIV-1 Tatによる転写制御機構の解析

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 東京理科大学  理工学部  応用生物科学科

    大学,1988年03月,卒業,日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京理科大学  理工学研究科  応用生物科学専攻

    修士課程,1990年03月,修了,日本国

  • 総合研究大学院大学  生命科学研究科  遺伝学専攻

    博士課程,1996年03月,修了,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学),分子生物学,総合研究大学院大学,課程,1996年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 医歯学域医学系 医歯学総合研究科 健康科学専攻 感染防御学講座,准教授,2006年02月 ~ 継続中

  • 鹿児島大学 医歯学域医学系 医学部, ,2006年02月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • アメリカ生化学分子生物学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • アメリカ微生物学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本ウイルス学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本分子生物学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 分子生物学

  • ウイルス学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 放射線取扱主任者(第1~2種)

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,I-mfa domain proteins specifically interact with HTLV-1 Tax and repress its transactivating functions,Virology,486巻 (頁 219 ~ 227) ,2015年09月,Shuichi Kusano, Makoto Yoshimitsu, Miho Hachiman, Masanori Ikeda

    DOI:http://dx.doi.org/10.1016/j.virol.2015.09.020,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Interaction of the phospholipid scramblase 1 with HIV-1 Tat results in the repression of Tat-dependent transcription,Biochemical and Biophysical Research Communications,433巻 4号 (頁 138 ~ 444) ,2013年01月,Shuichi Kusano, Yoshito Eizuru

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Human phospholipid scramblase 1 interacts with and regulates transactivation of HTLV-1 Tax,Virology,432巻 2号 (頁 343 ~ 352) ,2012年10月,Shuichi Kusano, Yoshito Eizuru

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,I-mfa domain proteins specifically interact with SERTA domain proteins and repress their transactivating functions.,Biochimie,93巻 9号 (頁 1555 ~ 1564) ,2011年09月,Shuichi Kusano, Yuki Shiimura, Yoshito Eizuru

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Human I-mfa domain proteins specifically interact with KSHV LANA and affect its regulation of Wnt signaling-dependent transcription.,Biochemical and Biophysical Research Communications,396巻 3号 (頁 608 ~ 613) ,2010年06月,Shuichi Kusano, Yoshito Eizuru

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,BARTs, BARF1,「EBウイルス(高田賢蔵監修)」,診断と治療社,2008年08月,草野秀一

    単行本(学術書),単著

  • 日本語,Tat遺伝子、「KEY WORD感染症(山口惠三、戸塚恭一 編集)」,先端医学社,2008年08月,草野秀一

    単行本(学術書),単著

  • 日本語,BARTs、BARF1、「EBウイルス(高田賢蔵監修)」,診断と治療社,2003年07月,草野秀一

    単行本(学術書),単著

  • 日本語,生きるための遺伝戦略、ネオ生物学シリーズ「細菌(吉川 寛編)」,共立出版,1996年12月,石濱明,草野秀一

    単行本(学術書),共著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第38回日本分子生物学会年会、第88回日本生化学会大会 合同大会,国内会議,2015年12月,神戸,Phospholipid Scramblase 1はEBウイルスBZLF1と相互作用しその機能を抑制する,口頭(一般)

  • 第63回日本ウイルス学会学術集会,国内会議,2015年11月,福岡,I-mfa Domain Proteins Specifically Interact with HTLV-1 Tax and Repress Its Transactivating Functions,シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)

  • 第2回HTLV-1学会,国内会議,2015年08月,東京,I-mfaドメインタンパク質HICはHTLV-1 Taxと相互作用しその機能を抑制する,ポスター(一般)

  • International Union of Microbiological Societies 2011,国際会議,2011年09月,Sapporo,Human Phospholipid Scramblase 1 Specifically Interacts with HTLV-1 Tax and Affects Its Transcriptional Activities.,その他

  • The 14th International Conference on Immunobiology and Prophylaxis of Human Herpesvirus Infections,国際会議,2009年10月,Kobe,I-mfa domain proteins specifically interact with KSHV LANA and modulate its regulation of Wnt signaling pathway,その他

全件表示 >>